走らされない。自ら走る。

昨日だったと思いますが、たまたま父が観ていたテレビを眺めていたら、『球辞苑』だったかな、こんなタイトルの番組が放映されておりまして、一緒に見ていました。

青い稲妻と呼ばれた松本さんがゲスト的に参加しており、日本のプロ野球界で「リード」が上手な選手にリードの極意を聞き出すというもの。 “走らされない。自ら走る。” の続きを読む

団らん。

グレートジャーニの余韻に浸りながら、今朝は5時ころに母を相模大野駅まで送りに車を走らせました。母と母の妹である叔母とで北海道に旅行にいくというので。

いわゆる亭主関白的な父と一緒だった母は友だちが一人もおらず、なぜなら若い時に遊びに行こうとしても「お前は家にいろ」と父に言われていたのだとか。 “団らん。” の続きを読む

LP30本。

LP30本を10月稼働でコミットしました。50本書いてと言われそうなので、ビビる前に控えめコミットです。

LPとはランディングページのことでして、着地点となるWEBページのなかでも、資料請求などの無料オファー、見込み客のリスト取りをするためのWEBページ、という定義です、ここでは。 “LP30本。” の続きを読む

何のために。

徳島にいます。

先ほど電車に乗りまして、海部駅で乗り換えて甲浦駅まで。祖父が住んでいて現在は伯父が住む家は、八幡宮の隣にある甲浦駅から歩いて5分程度です。

こう書くとアクセス便利な場所に父方の田舎はあるわけですが、実際のところ電車で徳島駅から向かうのは今回が初めてです。 “何のために。” の続きを読む

接客には接客の卓越性がある。

高知へと出発する前に、ANAクラウンプラザホテルに戻ってきましてコーヒーを頼み、仕事をしています。なぜJAL好きなのにANAかと言うと、ここのコーヒーはニッコーのボーンチャイナを使っているからです。しかもエリートモダンシリーズのシルクブラック。気分を盛り上げてプランニングとライティング。ハタから見たら痛いオトコかもしれません。実は、ホテル日航福岡ではニッコーが使われているかどうか、未確認なのですが。 “接客には接客の卓越性がある。” の続きを読む

大切な仕事はなかなか動き出せないもの。スタイル。

確か宮崎駿さんの言葉だったと思いますが、「めんどくさいめんどくさい」とつぶやきながら、アニメをつくっていたシーンをテレビで観たことがあります。

大切な仕事とはめんどくさいもの。

こんなニュアンスの言葉だったと思いますが、コレ聞いてそうだよな、と思ったものです。 “大切な仕事はなかなか動き出せないもの。スタイル。” の続きを読む

理容室初体験@日本。プロフェッショナル。

博多キャナルシティのグランドハイアットにいます。

これから依頼されていた取材を受けるのですが、前日に島田さんと話していたところ、いい写真を撮ってくださると言うのでコレは身なりを整えたほうがいいな、と考えまして、行ってきました、理容室へ。 “理容室初体験@日本。プロフェッショナル。” の続きを読む

予告。グレートジャーニーシーズン2のファイナル。

博多に戻ってきました。

グレートジャーニーシーズン2の南方ルート編は、『魏志倭人伝』から辿る邪馬台国への道をテーマに、1泊2日の行程を終了。

なぜ、地理的な南方ルートの移動ではなく、「魏志倭人伝』と邪馬台国をテーマにしたのかと言うと、日本人の精神的、文化的なルーツに焦点を当ててみたからです。 “予告。グレートジャーニーシーズン2のファイナル。” の続きを読む