自分をなくして、自分を知る。

異国の街の一郭にあるカフェやレストランに座って、道行く人たちを静かに眺めていると、たまに自分が誰なのかわからなくなる時がある。ほんの一瞬だが、僕という歴史がなくなり、ただ周りの景色や騒音を受け入れている、意識だけがそこにある。そんな時、僕は言いようのない高揚感に包まれる。自分が、羽根のように軽い存在になったような感じになり、そのままふわっと立ち上がり、自分ではない人間のまま、雑踏の中へと消えていけるような気がするのだ。

もしかしたら僕は、自分を探すために旅をするのではなく、自分をなくすために、自分ではない誰かになるために旅をしているのかもしれない。

(引用:『ワイルドサイドを歩け』ロバート・ハリス著/講談社)

僕が苦手な言葉のひとつに、「本当の自分とはなにか?」というものがあります。なぜこれが苦手かというと、「本当の」という単語が持つ曖昧さは、自分一人で考えても答えが出ないだろうと思うからだし、世の中的にはウマく使われすぎている感じがするからです。

あなたは本当の自分を知っていますか?
あなたが本当にしたいことはそれですか?
あなたが本当にするべき仕事は、それですか?

インターネット空間をサーフィンすると、この「本当の」という単語を見ない時はないくらい、僕はこの「本当の」とか「本当の自分」には、辟易してしまいます。主観で定義できる言葉でコミュニケーションしてしまうことにも怖さを感じるし。

たぶん、これが出発点ではそんなものはどこに行っても見つからないだろう、と思うからです。まずはじめは、「すべて、本当の自分だ」。これが、僕の出発点。

「本当の自分とはなにか?」というのは、もし自分一人しか世の中に存在しなかったら、決して訪れるはずのない問いかけだと僕は考えています。

子供の頃から想像した、世界に自分以外は誰も存在せず、唯自分という存在だけが地球上にあるのを僕は宇宙から眺めている。コレになんとも言えない怖さを感じていたのは、他者との関係性において自分という存在を僕が認識しているから。もちろんこれは僕の主観です。

こう気づいたのは、高校生の頃に二元論とそうではない灰色の空間があると教えてくれた先生の影響であり、バックパックを持ってタイやトルコ、ヨーロッパを旅した影響だったような気がします。

旅で出会う人々はそれが日本の方々であっても、現地の方々であっても、僕を知る人達が僕に対して貼っている「レッテル」を知らない。だから、「灰色の空間」にいる僕を彼らは僕の中に見るし、それを僕に教えてくれる。

出会った人の数だけ、僕という人間が存在する。他者との関係性の中で確かめられる自分。だから自分ひとりで「本当の自分か?」と問いかけて考えること自体、あまり意味がない。他者という鏡を通して自分を見ている。社会という合わせ鏡から見る自分の姿は、どれも自分だろうと。

旅の最中に僕を知らない人々と接し、「自分をなくした」ことで、僕は自分を見出すことができた、という感じかな、たぶん。人々の数だけ存在する自分の中から、共通するモノを抜き出して概念化する。すると、普段から接する友人や知人、両親や恩師たちも、そういう「概念化された僕」で僕を見ていることに、気づくことができました。

この概念化された僕が、いわゆる「本当の自分」であるかもしれないし、そうでないかもしれない。

でも「自分をなくしてみる」というのは確かにそのとおりだよな、と思います。

アイソレーションタンクという「感覚をなくす」装置に惹かれるのは、自分をなくして自分の声を聴くことができるからなんじゃないかな、ってふと思ったので、

記しておきますね。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




運を天に任せ、前向きに突っ込んでいく。

ロウ・ポイントというやつは、来るのが見える時もあれば、何の予測もなしにやって来る時もある。後者の場合、どう対応すればいいのか、ずっと考えてきたが、いまだにはっきりとした答えは見つからない。その内容によって対応策が変わるからだ。
運を天に任せ、前向きに突っ込んでいく、これが一番いい姿勢だと思う。いくら抵抗したり、運命を罵っても、起こってしまったことを変えることはできないからだ。反動や抵抗は無駄な労力を生む。そんな時間があるのなら、新しい局面を受け入れる努力をしたほうがいい。

(引用:『ワイルドサイドを歩け』ロバート・ハリス著/講談社)

昨日は、628ワイルドサイド部と賢者舎。ワイルドサイド部員が増え、賢者舎もメンバーが増えた。そのせいかどうか、雰囲気がエライ変わった感じです。気のせいか、ワイズマンの雰囲気も変わった気がします。ホントになんとなく、ですが。トゲがなくなってきた感じ。

コミュニティーとの親近感が増してきた、ということかな・・・それとも?

何がスゴイって、共時性の波がスゴイ。7人集まったら6人がアイソレーションタンク経験者。賢者舎に行っても、自ずとアイソレーションタンクの波に引き寄せられる感じで、ワイルドサイド部以外でも4名だったかな、アイソレーションタンク経験者とお話しました。

波に乗るとはこういうこと。これが毎日のように発生していると、もう人生面白くて仕方がないです。

そして、ロバート・ハリス。

『ワイルドサイドを歩け』を読み進めています。彼の言葉はエライ簡易だけど、深く入る。いいですね、ロバート・ハリス。

冒頭の引用文は今日僕が「これは」と思った箇所。ロウ・ポイントは浮き沈みでいうところの沈み時。何やってもうまくいかないとき、そんな時ですね。

運を天に任せ、前向きに突っ込んでいく、これが一番いい姿勢だと思う。いくら抵抗したり、運命を罵っても、起こってしまったことを変えることはできないからだ。反動や抵抗は無駄な労力を生む。そんな時間があるのなら、新しい局面を受け入れる努力をしたほうがいい。

ココにはしびれた。まさに僕もそう思う。自分の内なる声が向かう方に行く。これが運を天に任せるってことだと思います。これは決して「神頼み」ではないってところが深いんじゃないかなって僕は考える。なぜなら、「前向きに突っ込んでいく」から。何かに従っている感じがします。委ねるってことです。

昨日、ある方が「何かを買おうと思った時、身体が前のめりになるなら潜在意識が求めているということ。もし身体が後ずさりするなら、潜在意識はそれを求めていないということ」と話されていたのですが、確かにコレは、自分がソレを本当に欲しいのかどうか、手に入れたいのかどうかを判断する基準になります。

コレは個人的にですが、価格を見ないでやったほうがいいです。価格はそれだけで色メガネになりがちなので。

もしソレを見て前のめりになったら、価格を見る。仮にそれがエライ高くても、前のめりになるなら「どうすれば今日それが手に入るのか?」を考えて、潜在意識は答えを見つけてくれるはずです。

そうそう。コレは、セールスライティングなどのスキルについても多分同じです。

この時前のめりにならないなら、、、そのスキル獲得は待ったほうがいいかもしれないな、って思います。

自分が疑っているスキルを学んでも、学び続けられないし価値を生み出さないってことです。それよりは価値を生み出すことをした方がいいのではないかな。

P.S.
写真は・・・前向きに突っ込んでいく感が出るものを、と考えましたが、、、

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ワイルドサイドを歩け

目指すのは安定でも、社会的地位でも、リスペクタビリティーでもなく、本物のフィーリングを常に感じていられる人間であることだった。そのためにはどんな代償を払っても、どんな辛い目に遭ってもいいと思った。とにかく、自分のビートで、自分のスタイルで、ワイルドサイドを歩いていきたかったのだ。

(引用:『ワイルドサイドを歩け』ロバート・ハリス著/講談社)

お楽しみ様です。小野貴正です。

今日は28日、大安です。今ロマンスカーで新宿に向かっています。11時に四ツ谷で約束があるので、それまでにブログの更新とメルマガの配信をやっておこうと考え、ちょっと早めに家を出ました。山田さんからお願いされていた「感想」を思い出し、先ほど慌てて送信。「今週中にできれば・・・」と言われていたのですが、間に合うことを願います。

四ツ谷の後はワイルドサイド部と賢者舎。今6月ですから、ちょうど3ヶ月経ちました。この3ヶ月、まぁとにかくいろんなことが変化しています。たとえば4月に萩で書きだした事業プランもさらに増え、現実化してきた感じです。実際、書きだしたことの1つはコーチングオーナーさんとのチーム戦という感じで具現化しているので、いい感じですね。

賢者舎の課題として出そうと考えている事業プランは、タイに行ったことで、状況を現実的に眺められるようになってきたので、もうホントに次回の訪タイ・・・9月にはスタートしていたみたいな状況に成っているようにするつもり。実際、今考えているとおりかどうかはさておき、何かは進行しているんだろうな、と。

それだけ、今の僕にとっては時間密度はエライ濃い。気づいたら1ヶ月とかは過ぎ去っていて、しかも成果が目に見える形になっている。潜在意識にアクセスできている証拠、です。

さて、ワイルドサイドを歩け。

コレはロバート・ハリスの『ワイルドサイドを歩け』です。コレをカバンに入れて、ブログとかを書き終えたら読む予定です、、、と書いておきながらさっき中央線快速の中で読み始めました。なぜコレを読んでいるかというと、某部活動の課題で指定された本だからです。

旅が個人にもたらす効果はエライいいものがあると僕も考えていて、

たとえば人生は選択の連続であることに気づいたのは、3ヶ月の旅をしている最中、チェンマイからバンコクに向かう深夜バスの中でしたし、なぜそれに気づいたかというと、トーマス・クックの時刻表を片手にヨーロッパを点々とし、トルコでは『地球の歩き方』を片手に行き先を決めていたからこそ。

自分の選択が、その時出会う人を決める。

自分の選択が違えば、出会う人も違う。

社会というものは自分ひとりで成立するものではなく、他者との関係性において成立するものだと僕は考えていて、自分が属するコミュニティというのも他者との関係性があってこそ。

であれば、出会う人によって自分のコミュニティ、社会というのは変わる。

自分の選択で右に行くか左に行くか、トルコに行くかタイに行くか、敷かれたレールを歩むのかワイルドサイドを彷徨うのか。

当然、出会う人は違う。生まれているコミュニティも異なる。

人生とは選択の連続であることに気づくと、人生が面白くなる。なぜなら、どうにでも自分でそうなることができるから。

「自分のスタイル」を履き違えしちゃう人もいますが、自分の中から発する言葉に耳を傾けてまとう自分というのはたぶん、「自分のスタイル」です。

同じ言葉を持つ人っているんだな、と思いました。しばらくは、ロバート・ハリスにハマります。

P.S.
部活動というのは・・・「ワイルドサイドを歩こうよ」を参照ください。多分、どこかに書いてあるかと。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




セールスライティングの穴場。

お楽しみ様です。小野貴正です。

今日は講演会と懇親会に参加してきました。在り方としてはロータリークラブとかそういうものに近いのかな、と思いましたが、それよりもむしろ理念とかそういうものに重きをおくコミュニティ、という感じだと思います。

この講演会に参加しようと思ったらもともとの理由というのは父方が宮司なので、その後継をどうしようかと考えた時に、この講演会に登壇する方その道の第一人者でしたから、何かしら参考になることがあるのではないかと思い、足を運んだ次第でした。

今回でお会いするのは2回目。シンクロニシティの波に乗るとまぁビックリすることがよく起こりますが、ココでもビックリしたことが発生。その登壇する方と席が隣り合わせになりました。ホントにビックリしました。

話の内容は割愛しますが、懇親会まで参加すると面白い話になりました。事務局長の方とコミュニティの方とで話をしていたのですが、まさにこれからこのコミュニティはダイレクトマーケティングで会員数とかを増やしていくことを検討しているとのこと。だからステップメールとかセールスレターを作成できるプロのライターが必要ですと。そんな話になりました。

このコミュニティではメルマガは毎日発行しているものの、会員集めとかセールスの仕組みが出来上がっていないようです。そして話を聞いていてこれは面白い、というか致命的だな、と思ったのは、

誰にでも来てほしいというスタンスで講演会とかをプログラムしてしまっているということ。

僕が今日の講演会に参加した段階で、アンケートに「会員になる」とか「8月のイベントに参加する」にチェックマークをつけなかった理由というのはまさにそこで、

「誰にでも来て欲しい」で集客すると、誰も来ない。いや、誰か来たとしても変な人が来てしまう。自分探しの人とか(これがマズイわけではありません)、言葉がネガティブな人とか。

ワイズマンが、「マーケティングは排除である」と言っていますが、僕はこの考えに賛成で、絞りきったところにこそ大ファンになってくれる人たちが居て、その人たちとのWIN-WINなビジネス関係を構築することができる、というわけです。

ということは、セールスプロモーションの設計をコンセプトワークからできれば、セールスライティングを学んでいる方ならエライ大きな仕事を獲得できるわけです。それこそ、権利収入をもらおうくらいのものが。

リストを持っていて、リストにメルマガを配信しているとはいえ、ダイレクトマーケティングができていない、そのリストからお金を生み出していないお客さんは結構いると思います。

セールスライティングというスキルを持つ僕らは、こういうお客さんを狙うべきだよな、と考えたので、このブログに記しておきます。

いわゆる穴場は、あるものですね。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




インターステラー!

お楽しみ様です。小野貴正です。

バンコク往復時、往路のデルタ航空にも復路の中国東方航空にもあった映画が『インターステラー』。ダイレクト出版の小川さんが絶賛していたので名前は覚えており、一度iTunesで借りてみようかなと眺めたことはあったのですが観ずじまい。

しかし往復ともにこの映画があり、復路では少し見てみたものの英語と中国語で内容がよくわからず、何より「宇宙」というテーマに惹かれてこの映画に呼ばれている感があったので、昨日日本に戻って日課を終わらせた後で、観てみることにしました。

宇宙といえば僕の中ではアイソレーションタンクが思い出されるのですが、人によってはアイソレーションタンクの中で時間と空間の感覚がなくなり、自分自身が波と一体化したような感じになり、そして宇宙にいる自分を感じることもあると思います。バンコクのイードさんがそういっていたので、僕ひとりではないかと。白金フロートセンターの原田さんもそのような内容をホームページに記載されています。「宇宙と一体化していくような体験」、ですね。

それで、僕がアイソレーションタンクの中で経験した宇宙。『インターステラー』はその宇宙の話だったので、昨日は特に僕の興味を引きました。

内容については触れませんが、この映画は観てよかったと思います。アイソレーションタンクで経験したことは、宇宙でも経験できることなのか、ということが自然と理解できましたし、宇宙というものを身近に感じることができるようになりましたので。

あの映画のいいなと思ったところは、宇宙とか時間の流れとか空間の在り方にきちんとした根拠をもって説明してるところです。監督か脚本の方がこの映画のために大学に入って相対性理論を研究したというのも納得。ワームホールの説明で、いわゆる「タイムワープ」の考え方が登場するのですが、コレ観てなるほど、と思いました。根拠がある。レジを鳴らすセールスコピーのように、論理的に優れていますし、そして何より、感情的にも優れています。

ヒューマンストーリーとして観るのもいいですが、「自分とはなにか」と考え続ける人やアイソレーションタンクを経験した人には、ぜひオススメしたい映画だなと思いました。アイソレーションタンクで「宇宙と一体化していくような体験」をした方は、僕がこの映画にエライ興奮している理由がピンとくるかもしれません。

ミスターシンクロニシティが言う意味での「時空間を超える」とか、「機械でできることは機械に任せ、人は人でなければできないことをやる」というのが、『インターステラー』の中で表現されていました。

もちろん涙もろい僕は、途中数カ所で目に涙があふれるほど、ヒューマンな話でもあります。しかしこの映画は単にヒューマンであることだけではその魅力が半減されてしまい、宇宙の在り方を捉えているところにこそ、そのヒューマン性というか、感情のトリガーを引く秘密が隠されていそうです。

愛を可視化してメッセージを送るシーンはエライ感動しました。ああ、信じるからこそコレができるんだな、と。

もし興味あれば、お楽しみください。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




現在、飛行機にて、、、(僕にとっては日課とは、、、)

お楽しみ様です。小野貴正です。

久々に中国東方航空で日本に戻っています。現在、成田行きの飛行機でこのブログを更新中。ちょっと遅れて飛んでいるみたいですが、14時位には日本に着くのかな、という感じです。さきほど機内のトイレに居ましたが、エライ揺れて慌てて戻ってきました。一度、機内で急降下して身体が浮いた経験があるので、トイレでそれはヤバいと思い、、、ですね。

ちなみにトイレと言えば変な話で恐縮ですが、久々に「紙」を使うトイレを経験したな、と空港で思いました。タイは基本、水洗いなので。文化風習上、コレはぜひ伝えたおきたく。。。

飛行機の中で腹筋50回をやり、朝のビジュアライズを行い、このブログの前には写経も終えました。今日の写経はAWAIのスワイプファイルより、International Living。Picture、Promise、Proof、Pushだったかな、4つのPがあり完璧、と言われているセールスレターです。もし手元にこのスワイプファイルがあれば、ぜひ一度ご覧になってみてください。

それで今日のブログとメルマガ。これが終わってからは納品する広告があるのでそれをやろうかな、という感じです。

最近、コーチングのオーナーさんや出会う人と話していて気づいたのですが、それは僕が毎日日課をやっているとは思っていないんだろうな、ってことです。どんなときも、「日課」という名称の通り、毎日やっています、と言うとちょっと信じられないな、という空気になります。

個人的には信じようが信じまいがどちらでもいいのですが、、、日課とはその名の通り日課であり、僕はこの日課が成果をもたらしていることを知っていますから、これはもはや「21日間で習慣化したから」やめるようなものでもなく、今や「自己研鑚」のための日課となっています。ですからずっとやるんじゃないかな、と。

飛行機の中で日課を行うというのは僕にとって変わった環境なので、これはコレで面白いものなのですが、中には「そんなところでまでやるなんて、、、」と閉口する人もいるでしょう。家族旅行していても、子どもの送迎をしていてもやると聞いたら、そこまでやる必要があるのか、と思う人もいるでしょう。

僕の行動見てそれを真似するだけなら、そう思うかもしれませんが、、、僕が経験した結果を見てそれを真似するなら、たぶん僕がなぜやり続けているのか、分かる人もいるはずです。

ちなみに誤解なきよう伝えておくと、僕は「毎日やる」ことを人に聞かれたら勧めますが、毎日やることを強制しているわけではありません。これは人それぞれですし、マスタープラン実現につながるようセルフプランニングすることが大事だと考えていますから。

なぜ毎日やることを勧めるかというと、脳にやらない言い訳をさせるスキを作らないためです。僕は相当、物事を後回しするタイプで何かにつけてサボる理由を探すタイプでした。そんな僕が、「1日おき」でやろうと決めたらどうなるか。「昨日は休んだし、1日おきでも2日おきでも同じだろう」と脳がささやき、またサボる。そしたら「3日おきでも同じだろう」となり、またサボる。いずれ、やらなくなりますよね。コレだとマズイ。

僕は自分の習性を知っているからこそ、毎日やるだけにしたい。価値観がそれぞれ違うように、人は違うものですから、僕はその人の価値観は大事にしたいな、と。

ですから別に1日おきでも2日おきでも大丈夫なんです。ただひとつだけ。

大事なのは、やり続けることだと僕は思います。特にレジを鳴らすセールスライティングスキル、何らかのスキルを身に付けるなら。

そしてやり続けるエネルギーになるのが、価値観の中でもコア・バリュー。言い換えると自分が実現したい世界。その実現に向かう行動なのかどうか。そのスキルを獲得する理由はその世界を実現するからなのか。

セールスライティングスキルがほしい人って、誰もいないですよね。ほしいのは、もたらされる結果、ベネフィットですから。

何を学ぶかよりも誰に学ぶかのほうが大事。そしてそれ以上に、「何のために学ぶのか」のほうが大事ですよ。

P.S.
この写真の方は・・・ホントに毎日同じ場所で仕事していますよ〜仕事によりけりですが、こういうの、大事だと思います。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




2010年6月24日。

この日、妻から生まれるかもと聞いた僕は外出先から航空券を電話して購入し、翌日の夕方便でタイに向かったことを覚えている(たしか、翌日便だったと思う)。

初めての子どもが生まれたと聞いたその飛行機の中。ついに僕の父親か〜というようなことを考えていたわけではなく、ただ妻と生まれた長男が無事であればいいなという気持ちと、なんとなくボヤッとした不安みたいなものがあった。

確かに空港からバンパコック3病院に向かうタクシーのなかで、そしてタクシーを降りて歩いて病院に入る途中、

「本当にオレの子どもなのだろうか、、、」

と(不謹慎にも)考えていたことは妻に内緒なのだけれど、コレは不安の根源ではなかった。

僕もタイで妻と長男と一緒に生活していけるのかどうか。会社は大きくなりつつあるとはいえ、先のことはわからないから、その漠然とした先行きに対する不安は確かにあったと思う。

何しろ、初めての子どもだし、刹那的な生き方をする妻が居て、これまでも急な出費が多かったから。

しかし生まれた長男にはエライ元気に育って欲しいし、そのためにはお金を稼いで時間の自由を獲得せねばと改めて自分につぶやいた。

漠然としていた不安。それは、僕がかねてから自分に約束していた「お金を理由に子どもの選択肢を諦めない」を実践するステージに来たからこその不安だったのかもしれない。

病室に入り、妻の元気な様子を確認すると、長男に目を移した。先ほどまで(不謹慎にも)オレの息子だろうか、と考えていたものは、長男に触れた瞬間にどこかへ消えてしまった。触れた瞬間に、目がうるんだ。オレの息子だ、と感じた。

妻もなにか察したみたいで、泣いて喜んでいた(涙もろいのです、妻も僕も)。

あれから5年。

妻は変わらず刹那的な生き方をするものの、『バビロンの大富豪』を読み、長男が来年入学する小学校での生活を見据え、ライフスタイルを変えようと模索中。

そして長男は元気に大きくなり、しかしやはり妻に似て面倒くさがりなところはある。しかし、次男に対する優しさとか愛情とか、次男の気持ちを代弁して僕に教えてくれるところとか、まぁ立派に育っているな、と感じている。妻がそうなので、ホントに子どもは親に似るんだな、と。

1年間に7日程度しか合わなかった時、特に長男が3歳から4歳の時期は僕を見る目が「お父さんという名の知らないおじさん」だったけれど、

この半年は90日程度一緒に生活しているせいか、一緒にキャッチボールをしたり、ボールをバットみたいなもので打ったりということを楽しむようになり、ちゃんと面と向かって僕を「ポー」と呼び、僕の妙なタイ語を聞き取ろうと努め、自分の考えを僕に伝えようと努力してくれている。

僕がセールスライティングを身につける過程は次男の誕生がそっくりそのまま当てはまる一方で、長男が小学校に入るまでに「お金を理由に子どもの選択肢を諦めない」と僕は決めていたから、あの時あの選択をしてよかったと本当に思う。

もしあと1年遅れていたら、いやもし1ヶ月、1週間、1日遅れていたら、今日と同じ日が来ることはなかったかもしれない。

多分誰の目の前にもチャンスは転がっていて、あとはそれをチャンスと知るかどうか。偶然をシンクロニシティと感じ、素直に従う勇気があるかどうか。

そしてあとは、ただやり続けるだけ。

ビート・ザ・コントロールを志す方に、ぜひこれを伝えたいと思いました。

P.S.
2年前と1年前に書きだしたコア・バリューとマスタープラン通り、2015年は長男次男の誕生日を一緒に過ごすことができました。9月は妻の誕生日なので、9月もタイで過ごします。家族全員の誕生日を一緒に過ごす。これは僕にとってエライうれしいことなのです。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓