真逆を見る(ヘッドラインでもプロモーションでも、コア・バリューでも)

ビーコンコア・バリュー発見&自分プランニング合宿@箱根の2日間が終了。今回の開催場所は塔ノ沢にある福住楼。

ゲストとして参加してくれたセルフイメージ先生の小坂さん、そしてアシスタントとしてやってきた僕の従兄弟であるアキノリ。温泉から出た時、部屋に戻る途中にある案内板を見ながら、「ここは夏目漱石や川端康成、吉川英治などが文筆活動をした場所なんですよ」と説明。建物自体が重要文化財に指定されており、部屋それぞれの趣が違う宿。

例えば僕らが泊まった部屋である「せせらぎ」は川に面しているので、常に川音が部屋に聞こえてくる空間。ガラス戸はなくて障子をあけるとそこは外。その景色と音には小坂さんも感心したようで、「箱根にははじめてきましたが、いいですね」との感想。

合宿の男性部屋として手配した「桐6」は、川ではなくて庭側。だから音は何一つ聞こえてこない、静寂な空間。確か「桐3」はその静かさから、川端康成さんが好んだ部屋だとか。

そんな空間ではじまった今回の合宿。ビーコンではマンツーマンのコーチングとタレント化プログラムというサービスの他、2015年10月に開催したライブセミナーというサービスが有るのみ。これまで「大事ですよ」と伝えていながらも、これに特化したものがなかったので、今回グループという形式で「ビーコンコア・バリュー発見&自分プランニング合宿」を開催した次第。ある意味、ビート・ザ・コントロールという価値からすると一番大事なサービスになります。

コア・バリューという意識的に考えるのみならず、ふと湧いてくる言葉に委ねることも必要な価値観を書き出すにあたり、環境はいいものを用意しようと考えていました。そこで、川や木々、そして温泉から発生するマイナスイオンに満ち満ちた福住楼を選択した、ということです。

13時に全員が集うと、まずプログラムのタイムテーブルと狙い、書き出す時のヒントを解説していきました。木坂さんのセミナーで学んだことを早速使わせてもらい、島田さんの考え方やワイズマンの教えを織り交ぜながらの説明。そして自己紹介を経てグループワーク。その後は個人ワークを行い、自由時間へ。

自由時間と言っても女性陣は2時AMあたりまで、男性陣は4時30分AMあたりまで、各部屋で考え方やコア・バリュー発見のセッション。

小坂さんがひとりずつエピソードを聞いてコア・バリュー発見のヒント、パラダイムシフトを促していたことは、参加者にとってエライインパクトだったんじゃないかな、と思います。

個人ワークの「その人の主張を一言で表すと?」で最も伝えたであろうアドバイスは「両極をみてください」というもの。

たとえばですが、「良い父親でありたい」というような内容の一言が出たとします。僕はこういう言葉が登場すると「本当かな?」と感じるようになっていて、なぜならそれは、誰にとっても耳あたりの良い、木坂さんの言葉を借りるとアンタッチャブルなものだから。不可侵の領域。

これを否定しようとする人はいないでしょう。実際、こういう価値観は多くの人が持っていると思います。では、これが自分の「多くの人が◯◯だと思っているが、自分は△△だと思っている」に繋がるか?といえば難しい。なぜなら、だれにでも言えることだからです。もちろん、これを本当に思っている人もいるでしょうが、今回の定義からすると適切ではない。

だから真逆をのぞいてみる。すると、これまでやってきた行動の過程や結果から新たな像が浮かび上がってくる。確かに良い父でありたいという価値観もあるけれども、安心とか安定とかからは真逆の挑戦、チャレンジングな人生を求めているのではないか、ということも見えてくる。

自分の主張やコア・バリューを発見するにあたり、この真逆を見るというのはエライ大事。

ちなみにこれはコピーもそう。ヘッドラインを書き出すときに真逆を見てみると、驚きというヘッドラインにマストな情報が加わりますし、だから反対語辞典はなかなか使えますよ、という話。

コーチングでもタレント化プログラムでも、これまで僕はコピーの話をあまりしてきませんでしたが、この合宿で話した「両極を見る」はコピーでも使える考え方。ぜひマスターしてほしい、と思います。何より、コア・バリュー発見のためにも。

31日の朝食後は、自分の主張をブラッシュアップしてもらい、それを書き出し直したりし、出来上がったものを個別で僕に提出。

ひとりひとりにアドバイスを送り、最後は退出時に「自分の主張」を語り、ビデオに収録。そして2016年12月31日の自分宛てに書く手紙を僕に提出し、合宿終了。

真逆を見るだけではなく、今回のワークで行ったことや伝えたことは、どれもコア・バリュー発見やセールスコピーライティングで使えるもの。

自分でピンと来ないとか、いい商品だとは思えないとか、良い文章とは思えないとかって時、これは私見ですが、書き手の主張がないんですよね。主張が見えないから、「どこかで聞いた話だな」となる。

クラスメイトに話したら「うんうん、そうだよね」と大多数が頷く話に価値などない。自分だけが語れる、自分だけが経験上語れること、人に話したら顔をしかめそうな経験にこそ、人は貢献やつながりを感じるんだと思います、

ビート・ザ・コントロールでいきましょう。

小野貴正

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ビーコンコア・バリュー発見&自分プランニング合宿。

現在、箱根湯本駅前のルノアールにいます。

ルノアールといえば、ワイルドサイド部の活動場所が主にルノアールだったな、と。場所は箱根ではなくて新宿。ランチタイムから活動していた感があるので、いつもハンバーガーをセットで頼んでいたんだったかな・・・箱根湯本店にもあれば、試してみたいところです。

雪の様子はなく、この分だと移動は大丈夫そう。修学旅行や遠足のように振り返りがあるわけではないので、開催できそうでひとまずホッと一息。

僕にとっては、”Be yourself” ビーコンライブセミナー@名古屋に続いて2回目のグループセッション。出雲大社でも偶然というか成り行きというか、グループセッションを行いましたが、ちゃんとした感じで開催するのは、やっぱり2回目かな。

普段マンツーマンでやっていることを単にグループでやるのではなく、グループならではの形式を活かしたセッションにしたい。昨日のマンツーマンでの対面セッションでもアイデアをもらうなどし、先程までプログラムの内容を書き出していました。

コア・バリューを発見すると言ってもなかなか個人ワークでは難しいという方もいらっしゃいますし、自分のことは当たり前すぎてなかなか特徴に目がいかないもの。他者視点を借りることで、コア・バリューのヒントになり、またマスタープランや自分の人生を設計するキッカケになれば、と考えています。

個人ワークでもグループワークでも、先日受講した木坂さんの「7つの鍵」ライティングセミナーと、島田さんが教えてくれたピーター・ティールの隠された真実がヒントになりそうなので、活用させてもらう予定。それだけ、エライインパクトがあって、普遍的に使える内容だったんだな、と。

たとえば、ブログとメルマガを始めることを僕はオススメしているのですが、「ただ書き始めてください」と言っても「何を書けばいいのですか?」となるもの。役に立とうとする情報を書こうとするほど、何を書いていいかわからなくなるし、書くためのネタが無くなって書き続けられない。

そこで普段は、「自分のライフスタイルを書けばいいと思います。役に立つ情報を書こうとはしないでください」と話していました。

しかし実際のところ、読者にとって役に立つ情報、「この人は自分の人生に貢献しようとしている」と感じられない情報が読まれるかというと、読まれるわけがない。

じゃあどうするんだよ?となった時に、多くの人は役に立つ情報をノウハウとかテクニックとか、そういうものを想像すると思います。

しかしそういう一般論的な情報は、そこら中に溢れているので価値が無い。ワイズマンのいう情報に価値はない、ですね。これはまさに、です。

役に立つ情報の定義が違う、というのかな。これは一般論的な情報ではなく、3つのCを満たすもの。しかも高いレベルで。

3つのCについては機会があればまた話すとして(木坂さんが言うに、これはよく聞く話とのことで、オリジナルではないそうです)、それらに共通することは「主張」を書く、ということだと僕には感じられました(私見です)。

一般論は主張ではない。では、主張とは何か?それは、島田さんの言葉を借りると、

ピーター・ティールの隠された真実が近いのではないか、とのこと(こんなことを言っていたような)。

「賛成する人のほとんどいない、大切な真実は何ですか?」

読まれる文章を書く前に、読まれる人物である必要がある。では読まれる人物ってどんな人なのか?って考えてみると、

主張している人だ、というところにたどり着いた。毎日読みたくなるブログやメルマガって、そういうものだよね、と。

これ、ヘッドラインでも見出しでもそうなんですよね。他の商品やサービスにも使えるヘッドラインがエライ多かったりする。しかしこれって、主張がない分読む価値が無いよね、とも言えそうだ・・・。

コア・バリュー発見のみならず、セールスコピーの基礎体力をつけるためにもいいものにできれば。

あと2時間で、合宿スタートです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




来週から大学生(坊主はダメ)。

お楽しみ様です。小野貴正です。

来週から大学生になります。大学生、というよりは大学に通う人、という意味ですが。國學院大學です。神職養成講座があるので、それに通う、というわけです。

その資料が実家に届いていたので、昨日は実家に行ってきました。その資料を手にし、教科書や衣装などを購入しに行く必要があると考えたからです。

しかし・・・両親に言われてはいたのですが、驚愕することが一つ。それは、「丸坊主禁止」。

丸坊主禁止って何?

僕は一瞬固まりました。これまで長髪はダメでも坊主がダメなんて聞いたことがなかったからです。

コレでも連続坊主歴は、確か28歳の頃からでしたから・・・13年。生まれてから一度もウチ以外の美容院に行ったことがないほど、髪型にはこだわりなし。と思いきや、坊主にはこだわりあったんだな、と新たな自分を発見して少しうれしい。

しかし・・・正直坊主がダメなんて憤慨モノ。今では1mmの長さに揃えるほどの丸坊主好きなのに、いったいなんだよ・・・。

八幡宮で宮司を務める伯父さんに、父が聞いてみると笑っていたとのこと。それはないな、と。宮司の髪型は自由な感じだったので、坊主がダメなんて想像もしていなかったです。

ついでに言わせてもらうと、いわゆる始業式は紺か黒、もしくはグレーのスーツでシャツは白、とかまで指定されているなんて、これはやばいね、と。オレ、やっていけるのかな・・・。

百歩譲って「白一色」に揃えなさいはいいと思うんですよね。しかしこれはダメあれはダメと指定されたら、なんか反発したくなるじゃないですか。

セールスライティングに興味のある方なら、この反発心をわかってくれるかな、と思い書いてみました。

まぁ、もともとそういうルールが多い世界だろうなとは思いましたし、神職の世界に入ってみようと思ったのも僕ですからね。やるだけ、やってみようかと。

正座の練習と祝詞の練習をし、2月6日の初日を迎えるつもりです。その前に、練習する時間があるのかな、って不安ですが。

明日のビーコンコア・バリュー発見&自分プランニング合宿は、温泉宿。つまり、畳の部屋ですから、コレは正座の練習をしておきましょう、ってことかな・・・。

しかし髪型、どうしよう。資料を見ると、横と後ろは刈り上げてとか書いてあるので、横と後ろを1mmにすればいいのかな。

それで「何だその髪型は」とか言われたら、コレはコレで面白そう。

なんてひとりで笑っている自分が変に思えてきたので、今日はこのへんで。

明日は、箱根からの更新です。雪が20センチ積もりそうな天候らしいので、足元注意で移動、ですね。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




大は小を兼ねる。量は質を兼ねる。

お楽しみ様です。小野貴正です。

先日ファミリーマートに行ったらこんなポテトチップスを見つけましたので、購入してみました。

ご覧のとおり、MacBookの画面が隠れるどころか余りあるくらいの迫力。容量は500グラムとのことで、こんなの誰が食べるんだ、と言いながら開けて食べてみると、やっぱり胃のもたれが早いような。

しかし大きいことは素晴らしいなと思っていて、なんといっても食べても食べても減らないから、なんかおおらかな感じになれる。たぶんいつもよりも人に対して優しい自分である予感です。

もちろんこんな画像を紹介するのは、僕が大盛りが好きだとか、食べ放題が好きだとか、大きいことはいいことだなんて言いたいわけではありません。

むしろサイズ感でいったらちっちゃいほうが自分好み。たぶん、僕自身が大型サイズだから、ですかね。ないものねだりです。

このポテトチップスを今日買いたかった理由。それは、「おお!」と思ったのであればそれを経験してみようと考えたから。そして、コレはスキルアップの話に使えるんじゃないかな、って思ったからです。

スキルアップそのものに使えるというよりかは、記号として、ですね。

大は小を兼ねる、という言葉がありますが、スキルアップに関して言うと量は質を兼ねるというか、そんなふうに僕は思うところがあります。

もっとうまくやったほうが・・・

とか

もっと効率的にやったほうが・・・

とか

もっと質がいいものを時間かけて書いたほうが・・・

とか

セールスライティングスキルを学ぶ過程で、いろいろな方が僕にアドバイスをくださいました。

しかし、うまくやるとか効率的とか質がいいものとか言われても、僕自身がピンとこない。なぜなら、それらを僕は知らないから。知らないのにうまくやるとか効率的とか質がいいものとか考えて実践しようとしても、わからないものはわからないから、判断基準を持つことができない。結果、「コレって質がいいのかな?」と考えることになりそう。

要するに、下手な考え休むに似たりになるんじゃないかな、って思っています。

質がわかるのってそういうステージに行けばこそ。かけ算九九を知らない人が二桁の掛け算を効率的にやる方法を知らないのと同じように、セールスライティングの効率的な学び方だってそういう経験をした人でないとわからない。もうちょっと言うと、実戦経験がある人でないと、ですね。

実戦で書くと感じたのですが、どれだけレジを鳴らせるセールスレターを書けるかどうかは結局のところ、普段から語彙や文章、接続詞などを取り入れて、書き出してきたかによるんだな、と。

毎日の写経だってブログやメルマガの更新だって、オウンドメディアの記事ライティングだってセールスレターのライティングだって、インプットしてこそのアウトプットだし、アウトプットし続けたからこそのレジを鳴らせるライティングになるんだと思う。

時間がないんですよね・・・とかいう時間があるならば、量をただこなすことに集中。

周囲でいい感じにライティングしている人、プロモーションしている人は、皆さんコレをやっているんじゃないかな。

大は小を兼ねる。量は質を兼ねる。コレは経験上、真実だと思います。

P.S.
ミスターアルケミストのブログにちょっと感動した・・・やり続けられる人だという確信。いい感じなんですよね。

http://myasp88.com/l/u/F7tHX5mZrHn5inkg

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ぽっちり、島田さん、エスパー。

四谷の和食屋、金吹さんの前。

こんな香りしたっけなってくらいお香のかおりが鮮やか。コレならば、入りにくいだろうな、と考えていた地下に降りる階段へも、お香に誘われるままに行けそうだ、と一安心。

自分がセミナー参加者の時、つまりワイズマンの賢者舎体験会の時は、こんな風には思わなかったんですけどね。今回は、運営側としての参加ということで、やっぱり見方が違うのかな、と。

そんなことを言いつつも、金吹のオーナーさんとの話では、エライ年代物のキャッシュレジスターに目を奪われ、コレはカッコいいな、と心を奪われたり。まぁ、参加者目線ということで。来てくれた方がどう感じるのか?こういう伴走者視点てライティング時にでもプロモーション時にでも大事だよね、と。

どんな場面でもそれを思い出させる木坂さんのセミナーは、やっぱりスゲーな、と思いつつ。

今回、運営のお手伝いをさせてもらっているケイコさんは高知県にいらっしゃる方で、高知はご主人であるコージさんの田舎。

このご縁は島田さんからいただいたものなのですが、高知県の神社でちょっとした企てをやろうとしている僕にとっては、まあエライ偶然もあるものだな、と。偶然といえば、タルマーリーのイタルさんたちとも交流があるとか(確か)。

タルマーリーの地域内循環→高知県の神社でもごもご→嶺北での田舎暮らし→タルマーリー、って感じ。島田さんエスパー説が僕の中ではますます現実的なものに。さらっと、「それ、そうなるようにデザインしているんです〜」ですからね。ビーコンされちゃってるじゃん、なんてツッコミは置いておいて。

しかし無知とは恐ろしいもので、同じ高知県でも父方の田舎である東洋町方面と、ケイコさんたちが住んでいる嶺北方面では見事に気候が違う。高知県で雪が降るとは、ホントに初耳だったので。だって、高知といえば「南国」というイメージ。南国に雪が降るなんて・・・です。大寒波で九州にも雪が降ったと聞いていますが、そのくらいのインパクトがありました。

たぶん、神主やっている伯父さんも、「雪降るなんてないと思うき」とか言いそうなくらい。コレで方言、合っているかどうかわかりませんが。

そういえば、ご一緒している「ぽっちりライフプロジェクト」のぽっちりという言葉も高知の方言だとか。

ぼちぼちとかいい塩梅とかいい感じとか、そんな感じだったかな。いろんな方言、あるんだな〜と。高知には祖父が生きていた頃、毎年のように帰っていましたが、ぽっちりという言葉は聞いたことがなかったので、エライ新鮮。

しかし、耳に残る言葉だな、と。ぽっちり。

ケイコさんたちの生き方もまさにぽっちりという言葉がフィットするくらい、自然体なんですよね。良い意味で自分にやさしい。自分の生きやすい生き方を見つけていきましょう、ということを実践し、情報発信している。

実体験を伝えるのだから、その言葉には力が宿っているし、書き方によどみがないし等身大でそのまま書いているから、読み手に伝わる。

文章が良いかどうかの前に、「読まれる人物であるかどうか」が大事だということは、ワイズマンも木坂さんも異口同音に同じようなことを言っているのですが、読まれる人物であるかどうかってちゃんと実践しているかどうかというのが一つあると思います。

タルマーリーも、そうですよね。マルクスを読んで学び、資本主義経済に迎合しない生き方をしている。実際にそれをやっているからこそ多くの人を惹きつけるんじゃないかな、と。

似たような人には似たような人を惹きつける磁場ができるというのは、本当かもしれないですね。

あ、またスタンド使いはスタンド使いと惹かれあう、って言う言葉を思い出した。秘密結社トッシーとマルビルで会った時の島田さんからの感想がコレ。ウマいね。

2016年のマスタープランが続々と開始。来週からは神職養成講座がスタート。

ぽっちり、やっていきましょう〜

P.S.
写真は・・・コージさんとケイコさんと島田さんたちとで参加したセミナー会場より。なんというか、記号として。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




隙間理論。その説得力。

「7つの鍵」ライティングセミナー2日目。

これまで書いてきたセールスレター、そしてブログやメルマガなどでなぜかうまくいった理由が明らかになり、2日連続で前のめりな一日になりました。

7つの鍵なんて、ハロウィンの”Keeper of the seven keys”だけは好きな僕にしてみれば、もうたまらないネーミングだったんですけど、

鍵をひとつずつ手に入れていける過程が、ロールプレイングゲームのようで面白い。

このあたりも、物語としてデザインされているな〜と感じます。

しかしよくもまぁ、僕が求めている根拠を次々と明かしてくれるもんだな、と。

林崎さんや島田さんが、「こんなことに感激する男がいるのですが」とスパイ活動していたんじゃないかってくらい。それほど、ど真ん中のストレートがビシビシと投げ込まれてくる感覚でした。

実のところ昨日は、ややうつろうつろしていたのですが。井ノ口さんの1秒で寝る話じゃないですけど、僕も相当に眠るタイプなんですよね。話がそれました。

昨日はひとつ質問をしました。隙間理論からするとどこまでも情報を開示していい理由がよくわかったし、僕自身もそれは体験している。

しかしそれでも、どこまで開示するかのさじ加減があるならば、それを知りたいと思うのですが。

こんな質問だったと思います。これに対する答えはこうです。

さじ加減は不要です。出せるだけ出しても隙間は残りますから。募集締め切り日などの制限がある場合、その日までに開示できることはすべて開示する、こうなります。

こんな感じでした。プログラムの内容を開示する場合、募集締め切りというタイミングがひとつの制限になります。これを活用している、ということですね。

隙間理論そのものは聞いていましたが、こうも使えるものかとただ感心。これはステージ上がるよね。

なぜ情報を開示していいのか、有料級であっても開示していいのか、これを論理的に理解させてくれる人っていなかったな、と。

例えばリストを集めるときのやり方として、先に情報を与えましょう、不思議なんですけど、そうするとうまくいくんですよね、みたいな感じにの説明はありました。

しかし隙間理論はなかった。だから思わず前のめりになり、驚いた。

学びの好循環。よくデザインされているな〜と。

初日と2日目で3つの鍵を受け取りました。

内容と形式の話、アイデンティティや読み手の話。

セミナー後の打ち合わせでも早速使えるなんて、よほど整理しやすい教え方なんだな、と。

道具箱に整理して入れていく。早速、ビーコンでも活用しよう。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




道具箱がないと、語彙も文章も技術も入れられない。

かなり前のめりに興奮しています。木坂さんの「7つの鍵ライティングセミナー」初日。

島田さんや林崎さんから2015年にもっとも耳元で囁かれた名前であろう木坂さんのセミナーに初参加。ミスターアルケミストからも木坂さんについては聞いていたので、

島田さんからワイルドサイドマスタークラスを木坂さん講師でやりますよと聞いたときは、レターを見ないで申し込むほど(林崎さんがそうらしい)、2016年に実現するマスタープランのひとつでした。

実は、ライティングのセミナーかどうかは二の次で、これはビジネスアーティストの永田さん・・・月収2,000万円の男といったほうがいいですかね・・・も言っていたのですが、木坂さんに会うために来た、というのが一番の理由。

そういう場に投資するなんて、やっぱり永田さんはセンスがいいよね、なんて思いました。

セミナーの内容そのものは永田さんの奥さんである紘子さんが「珍しく眠らなかった 笑」ほど、とても面白い。

感覚的にやっていることを論理的に理解できるようになりたく、2016年はインテリジェンスを学ぼうよ、というのも僕のマスタープランに入っているのですが、まさにそういう内容でした。

読まれるかどうかは誰が書くかで決まる(ワイズマン今井先生も同じことを言っていました。情報に価値はないってやつです)

書くということは読み手ありき。読み手の設定により、書く形式を変える。内容では必ずしもない。

道具箱を持つ。4つの箱にしまっていく事で望む文章が書けるようになる。

木坂さんの話は大枠の話から細やかな話になるとのことで、昨日の初日は「7つの鍵」のうち1つ目の途中で終了。

つまり、ここが肝ですよってことかな。

WHY HOW WHATで言えば、WHYの話。なぜとか在り方の話です。

永田さんが、「木坂さんの話は抽象度が高くて難しいと思っていましたが、わかりやすかったです。紘子も眠らなかったですし・・・」と仰ったので、これはなんでだろうと。

たぶん

大枠の話から入る、というところがヒントになるのかな、と。

ここで読み手、道具箱という整理棚を用意してあげることで、参加者はそこに整理できる。だから話を聞きやすくなる。理解しやすくなる。こんな感じかな、と。

もちろん、ある一定の情報処理力というか、そういうものは必要であり、誰にでも理解しやすいものではないと思いますが、

それでも相当にわかりやすいと思います。

WHYの話に人は惹かれるというのも、もしかしたらそのほうが理解しやすいから、というものがあるのかな、と今朝ふと思って、

なぜWHY HOW WHATの順番に語ると伝わりやすいかというと、最初にWHYという器を用意してあげることで、人はその器の中にHOWとWHATというやり方や技術をしまうことができるからかな、と。

器がないと、整理整頓できない。その器がどんな器なのかがわからないと、何を入れていいのかわからない。

道具箱を用意しましょう。そこに学んだことをしまい、取り出して使っていきましょう。

教え方が秀逸。

島田さんのような、ある意味手放している雰囲気にも興味津々。

答えなどない。主張する。そうなんだよね。

同じ言葉を持つ人だな、と思いました。

インテリジェンスを学ぼうよ、で研鑽します。

P.S.
ちょうど千秋楽でした。ここに来たの、はじめてです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓