License to beatで思うこと。

License to beatの案内状を読みました。

普通の読み物として、普通に楽しんで読んでしまいました。
なんというか、小野さんの核心の部分を見た気がします。
存在意義とバランス感覚。
これが軸なんですね。

今井先生の賢者舎のプレセミナーも、なぜ自分が受けたいのか案内状を読んで理由が分かりました。ロジカルなものの考え方を手に入れたかったからです、多分。
プレで、せめてエッセンスだけでも持ち帰りたいと思います。

余談ですが、小野さんが小学校の頃夢で経験した宇宙空間、これは大人になってから体験する人が多いんですよね。しかもリアルで。
生死をさまようような事故とか大病をした時に体験する人が多いみたいです。
そして大体の人が人生観が変わってしまうらしいです。
感謝の気持ちで一杯になって3日間泣き続けた人の話とかたくさんありますが、小野さんは逆に孤独を感じたんですね。しかも小学生で!
小学生という若さで経験させられたことにとても意味を感じます。
ちなみに私は中学生の時に、夏休みにほとんど寝ずにノンストップで30冊、ある小説を読破している時に、小説の中で宇宙空間を経験しました。なにをとっても中途半端です(笑)おかげで人生観は変わりましたが。

この案内状、保存します。
ありがとうございました~。

License to beatの案内状を発信してから、こんな感想をもらいました。他にも「もう〜、軽く感動しちゃいました」とかそういう感想も。

あ〜読み物として面白いっていうのはなかなかいいなぁ、と思いつつ、なんか違和感を感じたんですね。で、その違和感とは何かというと・・・

男性の反応がないじゃん。

というもの。

個人的に、男性向けに書いたんですけどね・・・男は女のATMであれ、とかね。女性に配慮しつつ。

すると反応してきたのは女性という、まさに想定外の事態が発生しており、License to beatを続けるべきかどうか迷っています 笑。

まぁ、もう少し、様子を見ることにしようかな、と。

ちなみにこの案内状。過去にないほど時間をかけたレターになるのかな、と思います。自分で眺めてみても、これまでとは違った雰囲気というか、そんなレターになっていて、変わるものだなぁ、と。

ワイルドサイドの島田さんと林崎さんを通じ、木坂さんの存在を知りましたが、ああ、ミスターアルケミストこと池田さんからも木坂さんのことを聞いていましたね。ちょうど木坂さんという存在を知ってから、1年かな。その当時は彼のセミナーに参加することになるとは、思いもしなかったですけど。

人の変化は人によって変わる。すなわち、誰と付き合うかで自分がどうなるかは決まる。

今の自分から変化するってことは、今の自分という限界、「自分の常識」の外に行くってことですから、自分一人ではなかなかその判断ができないもの。

だからこそ、「なりたい自分」のような人と付き合うって大事だし、セミナーや講座選びのコツはココにあると思っていて、

何を学べるのかよりも誰に学べるのか。そして、誰と過ごせるのか。

これが大事なんじゃないかなぁ。

もちろん、「なんのために学ぶのか」は「なりたい自分のようになるため」「よい人生を送っているな、と思う人と付き合うため」。これがないと、学び続けることが難しいからね。

そういう意味では、今回の案内状というのは僕のやっていることが問われると考えていて、なんでかというと、ココに来ればライティングスキルアップやどう生きたいのかの発見も、ビート・ザ・コントロール株式会社が発注する仕事を通じ、報酬も実績も得ながら行うことができるから。

この条件でココに誰も来なければ、そもそも僕と一緒にやっていきたいって人はいないとも言えますから・・・ちょっと笑っちゃいましたが。

そしたらブログもメルマガもやめて、バンコクかな。

よかったら、メルマガに登録の上、読んでみてください。時折メルマガ上で、案内状へのお知らせを添付しますので。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ミスターGをてんてこ舞いにさせようキャンペーン。

何やらミスターGが、ブログを新設したらしいんですけど・・・

冒頭画像の通り、ザイアンス効果たっぷりのトップページなんですが、読み込んでみると未投稿のページがちらほら。何でもゴールデンウィーク後には「順次アップしていきます」とのことですが・・・

面白いのはメルマガのオプトインページを用意したものの、まだ肝心要の2話目ができていないという。

なんとも笑ってしまう展開ではありませんか、みなさん。

というわけで、ゴールデンウィークを地元香川で過ごすミスターGを応援するキャンペーンと称し、メルマガに登録してプレッシャーをかけましょう。

なんでも、このゴールデンウィークはクライアントさんからの依頼でてんてこ舞いらしく・・・昨日聞いた限りでは、ステップメールが30通程度とミドルエンドとバックエンドのセールスレターが数本・・・とか言っていたような。

それ聞いた時はいいませんでしたけど、僕は明日までにセールスレター5本とWEBページ10ページのライティングなんですよね。

期間の長さを考えたら、ミスターGもまだまだマッチョさが足りないよね〜ってわけで、皆でケツを叩いてあげましょう。ミスターG、早くメルマガ2話目をお願いします、とかね。コメント欄が「2話目、はやく〜」とかであふれたら、面白いですね!

じゃあこのキャンペーンに参加したらなにか良いことあるの?

って思った方。スルドイ!

それこそミスターGがメルマガでつけてくれる特典に期待!といきたいところですが・・・サービス精神旺盛な彼のことですから、スワイプファイルとか、リクエストしたらくれるかもしれませんよ。

まぁ、このへん未確認ですが、ゴールデンウィークを地元に帰って仕事三昧なんていう、なんと贅沢なことをやっているんだけしからんというわけで、皆さんの協力を仰いでミスターGをてんてこ舞いにさせよう、って考えた次第です。

よかったら、この衝撃的なページを見てみてください〜。

手書き「金返せ」っていうのが、リアリティあっていいですよね。4,700万円の借金を抱えた男は違うな〜と。

では、皆さんの参加をお待ちしていますね!

P.S.
ちなみに、ミスターGのブログ、衝撃的なページはこちら。
http://gotonobumasa.com/mailmagazine/

ブログの更新案内はメルマガで届くんですけど・・・僕がほしいのは借金4,700万円抱えた男のストーリー、なんですよね。

P.P.S.
ミスターGって誰?という方には、こちらのビーコンインタビューをご覧ください。

(前編)
http://beatthecontrol.jp/gotonobumasa-beacon-story/

(後編)
http://beatthecontrol.jp/gotonobumasa-beacon-story-second/

P.P.P.S.
ビーコンメルマガに登録すれば、ビーコンインタビューの感想を書いてもミスターGの特典がもらえますよ。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ライティングフィールド全開。

その昔、というか今でも流行っているのかもしれませんが、エヴァンゲリオンてありましたよね。「逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ」のアニメ。

難聴な僕でもよく覚えているセリフが、逃げちゃだめだ逃げちゃダメだと「ATフィールド全開」。たぶん、ATフィールド全開だったと思うのですが、この2つは覚えています。話の本筋に関係あるセリフかどうかわかリませんが、なんか今でも覚えているんですよね。

で、今ライティングフィールド全開中なんですけど、いまさらながら思ったのは、ライティングってなかなかのハードワークだなぁ、ってこと。

2年ほど前に1ヶ月10本ずつのセールスレターを納品していたのだから、ハードワークなんて知っていたでしょうなんて思われがちですが、当時はハードワークどころじゃなかったというのが正直なところ。

なんでかというと、夢中だったってことなんですけど、他と比べることがなかったからでしょうね。

「ハード」という形容詞を使うってことは、反対語の「イージー(かな?)」という言葉が対にあるものです。エライシンドい仕事、エライ骨が折れる仕事だからこそハードワークというのであり、その対極にはそうでもない仕事がある。

なんというか、「ハード」と形容する以上、その人の脳の中には対極の「イージー」があるんですよね。ある仕事がシンドイものだとして、かつてシンドくない仕事の経験がある場合、人は「あ〜今の仕事はシンドいな〜」ってなる。

比較の結果、ハードという見方が生まれるということ(だと僕は思います)。

経験して自分自身の世界を広げていく以上、仕事だってハードなものもイージーなものも在るでしょう。それはそういうものなんだと思います。しかし一方で、ハードもイージーもなく、単に仕事として在った場合、そこにハードだからシンドいとか、イージーだからうれしいとか、そんな感情はないですよね。

知見を広めていく一方で、もう修行僧のように集中して行動することだって大事なんじゃないかな、と僕は思うわけですけど、そう大した量も時間もこなしていない方々が「この仕事はハードワークですよね」なんて言うのは違和感があるので、しばらく僕自身も、「ライティングはハードワークだ」なんて言うのはやめようかなぁ、なんて思います。

ただ、世の中一般的に言われている「セールスライティングとかセールスコピーはラクに儲かるぜ」なんて言うのはある意味ウソだよ(ある意味ホントなんだけど)、っていうことを伝えるために、ハードワークですよ、って言うことはあるかもですが。

まぁ、ウマい話ほど裏があるって本当だよな、という意味で、量も時間も投資して書き続けるって大事ですよ、ってことで。

1年は、毎日3,333文字以上を書いてほしいなぁ、と思います。もちろん最低でも、ですけどね。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




妻がタイ人でよかったと思った件。

タイに住んでいるからある意味当たり前なんですけど、僕の長男はタイの小学校に通っています。つまり、タイ語でやりとりするわけですね。英語を使った授業をするコースらしいんですけど、父母による連絡は見事にタイ語なわけです。冒頭の写真は、長男のクラスで使われているLINEグループのやり取り。う〜ん、もう何がなんだかわかりません。

今日とか昨日とか、たまたまLINEを開いたらもうすごい勢いで、100件とかそのくらいの書き込みがなされていました。僕の妻も参戦しており、見る限りちゃんとコミュニケーション取れているようで、この辺り妻のたくましさとかスゲーなーと思うのですが、僕はもうお腹いっぱい。

100件もの書き込みなんて、たとえタイ語じゃなくなって見たくありません。こんなこと書くと誤解を招きそうですが、みんな暇なんじゃないかな、って思ったり。

そういう意味では妻がタイ人でよかったな、と思うわけです。仮に妻が日本人で日本の学校に行かせていたら、そしてその学校LINEグループがあって書き込みがあったら、やっぱり言われると思うんですよね。「あなたも書き込みなさい」って。

いやいや、それは本当にかんべんしてほしいなぁ、と思う日々。まぁ、そんなことはないと思うので、大丈夫ですが。

しかしやっぱりタイ語の勉強はしないとな、って思います。この書き込みを理解するだけでも、長男がどういう環境にいるのかわかると思いますし、僕自身父として、タイの学校環境をちゃんと知らないとね、って思うようになったので。

両親に「いっそ沖縄に移住しない?」と聞いてみたら、畑仕事ができるならいいわね〜となって、乗り気になってきたんですよね。先日の木坂さんインプットクラス島田組で沖縄に行って以来、たぶん雰囲気がタイと似ているからか、僕の中でも沖縄いいな〜って思う気持ちがむくむくと湧いてきた次第。

神職のこと考えたらまずは高知なんでしょうが・・・沖縄のステーキ文化とか、あの雰囲気はやっぱり好きなんですよね。

母が言っていたのですが、沖縄だったらアンタの家族をタイから連れて来てもいいじゃない、とのこと。これは確かにな、と思うところでして、沖縄なら妻も長男次男も過ごしやすいだろうな、と。

学校のことはありますが、僕だけじゃなくて妻も長男次男もデュアルライフを楽しめるようになれば、いいんじゃないかな、と。

小学校1年生はバンコクで過ごし、2年生は沖縄で過ごす。3年生は上海で過ごして、4年生はマイアミで過ごす。5年生はサフランボルで過ごして、6年生はロドス島、とかね。

流石に思いつきだと妻に怒られそうなのですが、見聞を広めるという意味ではいろんな土地の学校に行くのもありなのかなぁ、と思ったり。

ちょっと学校についていろいろ調べてみようかな、と思いました。

何か参考になりそうなことがあれば、お知らせしますね。

P.S.
自分が転校した時に友だちと別れた関係から、その昔母に「妹には転校させないほうがいいと思うよ」と進言したことを思い出しました・・・長男次男も、友だちと別れたら悲しいかもなぁ・・・。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




リアリティのない話アレルギー。

咳がとまらず、ああ、こういう時は呼吸が浅くなるから深呼吸を心がけようってことで、スーッハーッスーッハーッてやっているうちにラクになってきました。飛行機の中で鼻水をジュルジュルすることは対策によりだいぶ緩和されましたが、その分ノドが痛むとは・・・これは次回の課題ってことで。

そんなアンタの風邪が移ったのよと母から叱責を受けました。そんな母が眠れなくなるとよろしくないので、ただいま実家の一階に降りてきて、美容室にてブログを書いています。コレを書いた後はLicense to beatの続きをライティング。

License to beatとは別に、特に4月いっぱいは、ダンコレのランディングページなどを複数納品するために、ライティングに集中しなければならないということで、極力情報をカットしている状態。いつもに増して、メールの送信者名を見ては削除ボタンを押していき、不要な情報が入ってこないようにしています。

送信者によってはどこかで聞いたような、リアリティのない話をドバドバ送ってきてくださるので、コレはコレで勉強になるのだけれど、毎日同じような情報が送られてくるわけだから、まぁいいか、という感じで削除ボタンを押していきます。特に、法人からのメルマガはそんな感じかな、と。

コレは反面教師だよなってことで、自分自身も気をつけなければと思う。そこで近々、再びさよならぐっばいを行おうと決意。今月のそれで、50名程度の方々とお別れしましたが、たぶんもっと多くの人がこのブログはともかく、メルマガを必要としていないんじゃないかな〜と見てとっています。あと50名程度の方々に、順次お別れしていかなければな、と。読まない情報など、循環を妨げるものでしかない、と考えているので。

さて、リアリティのない話。

さも経験したかのように書かれた文章を読んだとき、コレは本当に経験したのかもしれないと思われるような文章を目の前にしたとき、それでもなんか違和感を感じることがあります。添付される写真が他から持ってきたものだったり、やっぱりどこかで聞いたことあるな、という話だった場合です。

こういう場合、僕にはそこにリアリティがあるのかどうかを確かめようがないのですが、自分の感覚を信じるようにしています。つまりリアリティがないな、と思ったらそういうものだとしておく。白黒ハッキリはしておかずに、ただ置いておく。決めつけるのもよろしくないですから、宙ぶらりんにしてほうっておくわけです。

すると不思議なもので、その文章のリアリティを脳が探してくれるようになる。それで書き手と会う機会があった時は、自分の感覚を信じてよかったな、となる。百聞は一見にしかず、なんですね、やっぱり。

翻って、経験したことを書く、というふうに決めている僕ですが、果たして本当に経験したことだけを書いているのか。読者の方々に役立とうとしているのか。ということを自問する次第。

人は清らかなだけじゃないと思うけれども、それでも清らかな存在でありたいって僕は思う。

自分の経験を書くか、さも経験したかのように書くか。

そこにその人の本質が見て取れると僕は考えているのだけれども、果たして、どうなんだろうか。まぁ、その人のためを思ってさも経験したかのように書くことが必要であれば、そこは清濁併せ呑むんですけどね。

ああ、もちろん、小説などは違いますよ。僕が上記を書きながら考えていたのは、ブログとかメルマガとかの話です。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




「それは本当にそうなのだろうか?」常識を鳥瞰するスキル。

「思考という器」クラスとして位置づける賢者舎、というよりもLicense to beatの3クラスに関するQ&Aセッション後、賢者舎のプレセミナーへ。

3期の時に比べると会場にはゆとりが感じられるほど、机と机の間が大きく取られていて、コレは今井先生が歩きまわるにふさわしい舞台だな、と。

生ライブセミナーのパフォーマンスは毎回楽しみにしていて、なんでかというと、会場の空気をつくりだす言葉、身振り手振り、そして今井先生の情熱を体感することができるから。なんというか、ああいう会場の顔ぶれや雰囲気見て、即興で空気をつくりだすのは、なかなか見ることができないものだと思う。ちょっと違うかもしれないけれど、職人芸というか、そんな感じ。

Q&Aセッションから参加したウメハラさんと一緒に一番前の席に座り、今井先生に挨拶。ウメハラさんは鳥取から飛行機で来たということで、その行動力に感心。3年前、アプレンティスが大阪開講だったとしたら、僕は行くかどうか正直わからないから。距離というハードルを飛び越えてやってくるというのは、それだけで望む場所で何かをやるということを実現しているということ。だから、いいなぁ、と。

ライブセミナーの休憩時間に、ビーコンメルマガから来ましたとカベさんが挨拶に来てくださり、さらにあたりを見渡すと、木坂さんのインプットクラス時には金髪だったオオサワさんの姿も。沖縄での車の中で、賢者舎について話したことを覚えていたとのこと。木坂さんのセミナーに参加するあたり、本質的なことを学ぶセンスがあるんだろうなということで賢者舎のことを話していたのですが、金髪を黒っぽく変え、早速プレセミナーに参加してくるあたり、行動力があるなぁ。

懇親会時、周りのグラスの空き具合を気にかけ、スッとドリンクを注文して持ってきてくれる(しかも今井先生スペシャルドリンクまで)カベさんの立ちまわりは、人生経験の豊富さを感じさせるもの。セールスコピーでもプロモーションでも、人生経験て大事なんですよね。どれだけいろんなことを経験し、どれだけいろんな人とコミュニケートしているかどうか。

さて、プレセミナー。

「人生は空間と時間と人間の間の限界。その限界を人生と呼ぶ」
「自由とは、3つの間の限界からの解放である」

そして

「あなたのあなた=我からの解放」

これまでもいい続けてこられた内容だけれども、とても簡潔に言い直された形式をみて、今井先生自身の研ぎ澄まされた感というか、スケールアップ感というか、参加者に合わせた形式の選択というか、そういう配慮が感じられるとともに、やっぱりコレはそのとおりだな、と。

自分というものを見つめる時、現在の自分を内側から見つめるだけではなくて、外からも鳥瞰するイメージ。そういう見つめ方じゃないと、自分という間の限界を眺めることはできないし、限界を眺められないということは、そこから外に出ることもできない。つまり、変化させることができない。なぜなら、鳥瞰して外から自分を眺めることができないと、どう変化させればいいかわからないし、変化を実感し得ないから。

コア・バリューや在り方を書き出す時はこの視点が大事。それを簡潔に話してくれるあたり、やっぱりおもしろいな、と。

「あなたのあなた=我からの解放」、という言葉からは、木坂さんがいう「それは本当にそうなのだろうか?」という問いかけを持つこととも通じるな、とも。

島田さんが「抽象度が高まると同じになるんですよね」という話をしていたのだけれど、本質的な話になればなるほど、そうだなぁ、と納得。

「まず自分のLife Styleを決めろ」
「そしてそれに合うことをやれ」

在り方を決める。そしてどう行動して何を得るか。Being→Doing→Having。

また半年、賢者舎で自己研鑚していこう。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




風邪ひいたらハンバーガーだ。

小野貴正です。

今朝起きたらのどがイガイガしていて、どうも母親も僕と同じように咳をしている。タイでうつされたと思ったのですが、これは日本発の風邪だったのかもしれません。咳がムオッと湧いてくる感じで、あまりいい感覚じゃない・・・後でのど飴買ってこよう。

現在、新宿の喫茶室ルノアールにいます。ここ、ワイルドサイド部の活動場所なので2015年はよく来た場所のひとつなのですが、なにげにハンバーガーがイケるんですよね。

お昼になるとランチメニューとして2つのハンバーガーが登場するのですが、「2種のチーズベーコンバーガー」というのを先ほど注文したところ、これがいい感じで盛られているわけです。

この盛られたお肉とかをギュッとパンでつぶして食べる。つぶして食べるハンバーガーがなんでか好きで、これだけで味はともかくイケるんじゃないかって思ってしまうほど。風邪なのか体調がよろしくないせいなのかはわかりませんが、別にハラは減っていないのに頼んでしまったという・・・まぁそれくらい、好きってことで。

ああ、そういえば、ワイルドサイドの島田さんが「風邪をひいた時はカツサンドだろうよ」という言葉を書いていましたね、以前。この言葉を見た時ちょうど新幹線に乗るところで、お弁当何買おうか迷っていた時にこの言葉が目に入ったものですから、思わずカツサンドを買ってしまった、という思い出があります。

確かこの話は、風邪をひいた時は好きなモノを食べようぜみたいな、そういう島田さんの主張だったと思いますが、僕にとってはこれがハンバーガーにあたるのかなぁ、と。今日みたいな体調がよろしくない日でも、割とどの店に行ってもハンバーガーが目につくんですよね。

しかし目についたとしてもそれを注文するってなかなかできなかったりする。たとえばですが、ステーキのお店に来たらステーキを食べるじゃないですか、普通は。そこでハンバーガーがあってもステーキのほうが良いんじゃないかっていう先入観が働いて、ホントはハンバーガーを食べたいんだけどステーキを頼んでしまうっていう。

特に会社勤めしているときはこういう周りを見ての注文てよくありました。というか普通でした。最近では割と食べたい時に食べたいものを食べるようになりましたが・・・「これを食べよう」というのに脳を使いたくないので、誰かに勧められたものを食べることも多々ありますけど。

過去を振り返ってみると、自分の食べたいものを食べるってなかなかにハードルが高い事なのかもしれないな、なんて思います。そもそも自分の食べたいものがなんだ、ということだってわからないかもしれませんから。

自分の食べたいものを知り、それを買いに行ったりお店に行って注文する。

これを毎日意識的に取り組むだけでも、結構な意思決定のトレーニングになりそう。個人的にこのコツは、お金と場所と時間を考えないこと。

僕はコレやると、なんでかうれしくなるんですよね。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓