納税完了しましたー。

昨日税理士さんからは、「30日は10時AMでお願いします」というメールを頂いていたのですが、橋本駅でブログを更新し、タクシーで家に帰ったら、1時30分程度だったので、

いや、寝る時間よりも満員電車に乗りたくないという理由で税理士さんには今日、

「11時にはうかがえるようにします」

と返信。

新宿の税理士さん事務所に到着した時は、たぶn11時30分程度だったのですが、待っていてくださり助かりました。

決算の報告を受けてから納付書を受け取り、その間に自分という器クラスとセールスライティングクラスでやっていることと、今後の事業展開について話していたら、税理士さんがふと

「世の中のためになることが、ビジネスになるってあるんですねー」

と言うので、

何を寝ぼけたことを言っているんだよ、とは言わずに、「なりますよね」と回答。

僕の私見ですけれども、世の中のためになっていないことがビジネスになるなんてない。

しかし税理士さんの視点からすると、僕がやっていることは奇異に映るようですから、よほど担当している会社さんがよろしくないのかなぁ、なんて想像しています。

役員報酬などの取り決めを12月中にできればやりましょうとなり、税理士さんに見送ってもらいつつ納付書を持って、銀行へ。

銀行で法人税などを納付した後は、妻に送金するため別の銀行へ。

どうもトレーニング中らしく、新入社員ぽい女性がエレベーターで同行して、窓口まで連れて行ってくれたのですが、

エレベーターに入って二人になるとこちらを振り向いて、

「そのジャケット、スーツっぽくないですね、とてもかっこいいと思います」

なんていうものですから、これがダンコレ効果かと驚いた次第。まぁ、岡本さんに言わせると当たり前ですよ、なんですけど。

そういえば、女性受けがいいって言っていたなぁ。

僕の気分が良かったからか、ダンコレのおかげか、今日は受付の方も感じのよい方でして、

最近お決まりのようにイライラしていた海外送金の理由を復唱せずに済みました。

やはり自分が変わると相手も変わるのかな、とも思った次第。

第二期の法人税などを納めたので、10月1日から始まったビート・ザ・コントロールカブシキガイシャの第三期は続行。

昨日まではやや緊張していましたが、今日になって納付したら、気分がラクになりました。

第三期を引き続きお付き合いのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今日はこれから、恵比寿に行って講座会場の内見。

その後はプロジェクトの打ち合わせを渋谷でするかどうか、という感じです。

また、明日ー。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




1ヶ月のなかで最もくつろげる場。

先ほどまで両国におりまして、食いトレ部の活動に参加。

そして現在、橋本に帰ってきました。

プロジェクトのメルマガなどを発行しなければならないということで、家に帰る前に明かりのあるレストランに移動し、先ほどメルマガを送ることができたので、

ビーコンブログを書いています。

両国にあるハンバーガー屋さんに行き、ワイルドなんとかというバーガーしか選択肢はないよねということになり、お肉がパンでその間にチーズやトマトが挟んであるというバーガーを食べたところ、

肉社長であり闘うキックボクサーでもある城戸さんが、

「これはステーキを食べたほうがうまいですね。ハンバーガーというイメージとは異なり、ちょっと・・・」

と言うようなことをおっしゃるので、確かにそれはその通りで、バーガーといえばパンに挟まれているお肉を期待するなぁ、と同意。

それで不完全燃焼ということで、城戸さんと一緒にジャッキーチャッキーだったかな、ちょっとお肉が他のハンバーガーと異なりナマナマしさがあるものと、ベーコンチーズバーガーを注文して、半分ずつ食べました。

さすがはグルメブラザーズがウマいと言ったバーガーは一味違い、城戸さん共々、これはウマすぎますね、と目が覚めました。

やはりハンバーガーにはパンが必要だなぁ、イメージの力ってスゴいなぁ、なんて思いながら食し、解散。

食事をしながらの話題はもっぱらザッキーニこと林崎さんの存在に関することでして、これについてはここでは書きませんが、あれだけ話題を提供する人物もスゴいなぁ、と思います。

今日は打ち合わせで部活動に参加しなかった島田さんと、西洋思想史クラスのあとで少し話したのですが、この日のテーマとインプットクラスのテーマが同じキーワードになったこともあり、

これはセールスライティングクラスと自分という器クラスの関係性にも使える話なんですよ、ということを話しつつ、

「1ヶ月で最もくつろげる場が、このセミナーなんですよね」

という話もしました。

思えばアプレンティスのときもそうでしたが、僕はどうも基本的に何かしらの活動をしているようで、何かをやらなくてもいい時間というのは、このセミナーの間程度なんですよね。

だからこの時間だけは何からも遠い世界に行けるということで、最もくつろげるのかもしれません。

以前、小学校時代からの同級生であるマーボーくんがコメントをくれたように、僕は普段から察知している情報量が多いのか(皆さんも多いと思いますけどね)、テキスト情報も音声情報も、映像情報も、それらに触れすぎるとイライラしがちになります。

だから情報を遮断することって大切なんですよね、僕にとっては。

しかしセミナーの時間はもう木坂さんの話とか今井先生の話に集中せざるを得ませんから、

他のことをやらなくてもいい合意を得やすいわけです。

WIFI接続や携帯通話などできない飛行機を好む理由は、ここにあります。

もろもろ書いてきましたが、こういう自分を相対化して眺めることもまた必要だよね、ってことで。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




人は見たいものしか見ない。

現在、浅草の蔵前にいます。

浅草と言っても目の前に雷門があるわけでも浅草寺があるわけでもなく、住所に浅草がよく登場するのでこのへんは浅草なのだろうと推測している次第です。

明日は両国で木坂さんの西洋思想史クラスと(歴史学だったかな・・・)、その前にはケイコさんと島田さんとでプロジェクトのミーティングがあるため、

また朝にはスカイプでのセッションを予定していたため(ご自愛くださいー)、前乗りして今ホテルにいます。

浅草と推測していることもそうですが、人は一般的に、見たいものしか見ていないと常々感じています。

僕がよく「9割聴こえていないのです」というと、島田さんが

「小野さん、普通に聴こえる人でも聴こえていませんから、大丈夫です」

と冗談のような話をするのですが、

これは言い得て妙だなぁ、とつくづく思います。

例えばですが、僕が浅草にいますというと、僕が上に書いたように「浅草寺にいるんだな」とか「雷門にいるんだな」とか、「天ぷらでも食べているんだな」と人は想像するかもしれません。

想像する内容はなんでもいいのですが、多かれ少なかれ、僕が「浅草にいます」というと、これを読んだ人は独自の浅草を思い浮かべている、ということです。

これ、当たり前といえば当たり前ですが、コミュニケーションを行うにあたっては怖いなぁ、と思うことでもありまして、

ある言葉を発した瞬間に、意図していない意味合いでそれを受け取られてしまう可能性があるからです。

これは情報発信する側の力量によるところもあるのですが、例えば僕の発するメッセージをシロと受け取る人もいればクロと受け取る人もいる。

この違いはどこから来るのか。

私見ですが、ひとつは感情的なもの、僕に対する感情的な気持ちに左右される感があります。

好意的ならば好意的に見るし、好意的でないならばそのように見る。

そして言葉の定義。

これは一緒にいる時間の長さ、共有する経験の数により、文脈が共有できるようにもなりますので、僕の話すように聴き取れるようになってくるようですし、逆もまた然り。

このブログを初めて読む人は「男は女のATMであれ」を「なんてマッチョなやつだ」と読むかもしれませんし、ブログを読んで長い人は「まぁ、まっとうだよね」と読むかもしれません。

いずれにしてもわかるのは、人は自分の見たいようにみるものだし、それは訓練でなんとかなるのだけれども、なかなかそれは骨が折れるよなぁ、ということ。

よく「我を外したほうがいいですよ」といいますが、これは逆にいうと、いろんな色メガネを付けたほうがいいですよ、ということでもある。

自分を相対化してみるというのは、コミュニケーションの上ではもちろん、コピーを書くときにも大切なんだよなぁ、と思いつつ、

それもそうだけれども、自分の伝える力というものを鍛えないといけないなぁ、と思う今日このごろです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




MMM的に考えると。

現在、新宿にいます。

昨日、「深夜の1時からならスカイプ可能かもしれません」と言ってしまった、のではなくて能動的に伝えたので、これから準備して帰ってスカイプをするわけですが、

先ほどまで賢者舎に参加しておりまして、今は何をしているかというと、城ドラミーティング。

7名が集まっているのですが、うち6名が城ドラプレイヤー・・・城ドラーズということで、これから「リーグ」をやるために集まったみたいです。

城ドラフェスに参加してからと言うもの、この世界観というか、将棋のような戦略性というか、マネジメント育成というかそういうものがよりいっそうクッキリと学べることがわかりまして、

いやもちろんそういう損得勘定だけではないんですけど、純粋にフェスで優勝した方々と肩を並べたりしたいなぁ、と、

そういうロマンを感じることのできるゲームはファイナルファンタジー以来なので、なんかうれしい気分です。

先ほどまでの賢者舎は第4期のファイナルということで、久々に今井先生の壇上前というか、今井先生から見ると一番左の席に座っていたわけですが、

例によってウトウトしていたら、「小野ー!」とお声がかかりまして、

あ、これは指名が入ったな、と冷静さを装い、いかにも眠ってなどいませんよという感じで、「何でしょうか?」と返す。

すると質問というのは、

「PPC広告とコピーライティングというのは相性が良くないんだけれども、それがなぜかわかる?」

と来ました。

最初この質問を受けた時は「???」という感じだったのですが、いや、もちろん眠かったというのも在るんですけど、今井先生が補足説明をしているうちに脳が動いてまいりまして、

ああ、こういうことかな、と思い至ることになりました(今井先生もヒントをくれていたんですけどね)。

それで回答した内容というのは、

「えーと・・・あのー・・・この曲線なんでしたっけ・・・MMM曲線じゃなくてー」

とど忘れしてしまって曲線の名前が出てこず、今井先生には突っ込まれたのですが、

「まぁ、あの成長曲線的な、CBAA’ですね(注:プロダクトライフサイクルの曲線です。今思い出しました)。あれのA’に位置する商品とかサービスは価格競争に行くわけなので、これこそがPPC広告向きだと思うのですが、

つまり価格勝負になるので、コピーライティングの力というのは必要が無いわけです。だからだと思います」

こんな感じの回答をしました。

その後の今井先生の補足で、プロダクトライフサイクルの右に行けば行くほどにNEED型の商品になるわけで、だから価格競争に行くという感じの説明だったと思いますが、

賢者舎に1年半通い続けたら、自分のことや今井先生のことを、相対化してみることができるようになってきたな、と感じています。

すなわち、

「今井先生が質問をする場合、根拠もなしにするだろうか?」

という色メガネをかけることで、今井先生ならどう回答するだろうかを考える。

ビジネスはMMMだというわけだから、MMMを使って回答するだろう。

それで、思い出したのが、プロダクトライフサイクル曲線、というわけでした。

これ、昨日の木坂さんインプットクラスでもそうですが、自分という器クラスでやっている「俯瞰・鳥瞰」というのと同じです。

大切なあり方というか、スキルでもあると思うんですけどね・・・誤解を恐れずいうと、セールスライティングやプロモーション、プロデュースよりも。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ゆとりができると、自律がラクになる。

現在、新宿にいます。

妹から車を借りている関係で、1時ころに終電で帰る妹を迎えに行く必要があるため、

今20時25分なのですが、仕事とブログをやっておこうということで、バーガーキングに入り、バーガーを食べないということにもチャレンジしています。

全く関係のない話ですが、僕の初めての海外はアメリカのニューヨークでして、一緒に行った友人とともに映画で観たスターバックスに行き(エスプレッソしか知っている単語がなく、エスプレッソを頼んだら、あまりの少なさにショックを覚えました・・・映画で観た、あのトールサイズとかグランデサイズのコーヒーが飲みたかったのに・・・)、バーガーキングの美味しさに驚き、毎日バーガーキングを求めて歩いていた思い出があります(州によって税金が異なるので、州をまたいでのバーガーキング巡りをし、その価格の上下に興奮していました。日本だと、当時は地域差を感じることが、僕にはなかったので)。

ちなみに、タイで当時付き合っていた女性(というか、付き合っていたと思いこんでいただけだったんですけど)とよく空港で食事したのもバーガーキングでしたし(僕が食べるのではなくて、女性の方がよく食べていましたね)、ATMになりきれず、ホロ苦い別れを経験したのもバーガーキングでした。

そんなわけで僕にとってバーガーキングといえば、何かの象徴的存在ですし、ここに来たからにはワッパーとかそういうものを食べないといけないだろうという条件反射的何かが働くのですが、

コーヒーだけ飲むというのは、初めての経験で、新鮮です。

妹を迎えに行く必要から、僕も終電までには新宿駅に行き、京王線に乗る必要はあるのですが、

それでも駅についたら車があるというのは、何らかの安心感があります。

バスやタクシーに乗らなくてもいいという安心感というか、自分で決めていいというゆるやかさというか、

たぶん、余裕、ゆとりです。

選択肢が増えるとゆとりがでるとか、普段よりもお財布にお金が入っているとゆとりがでるとかもそうですね。

ものでもココロでもゆとりがあると安心できるというか、落ち着くというか、冷静になれるというか、まぁそんな感じなので、

自ずとセルフコントロールもできるようになります。

自分で自分を律しやすくなる。

深呼吸とか瞑想とか、気持ちを穏やかにする方法は様々だと思いますが、これはいうなればゆとりを生み出すために、やっているんじゃないかな、とふと気づいたので、

今これを書いています。

イライラしたり、泣き出したくなったり、そういう状態であると自律は骨の折れるモノ。

ダンコレを購入するとか、機械式の腕時計を購入するとか、これらもある種のゆとりを生み出すものなのだろうと思ったり。

一方で、お金は使いますから、そこは稼ぐ必要があるわけなんですけど。

あ、店内が混んできたので、今日はこのへんでー。

いい土日を!

P.S.
そういえば、先日京都で人力車に乗った時、これはなかなかゆとりのある体験だよな、と思いました。自分という器クラスでは、こういう経験もしてもらいたいなぁ、なんて考えています。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




早朝のドライブには青空と雪化粧された山が似合う。そして、情熱とか熱量とか。

12月に以前お世話になった学校法人さんのオープンスキーに参加するため、今日は神奈川県の海老名・・・綾瀬かな、まぁ、そこまで行くことに。

妹に前から25日は学校まで送迎して、とお願いされていたので、今朝は妹の車に乗って勤務する中学校まで。

妹が学校に行くのを見送り、そこから自分で車を運転し、先ほど海老名駅そばまでやってきました。

この学校法人さんとの付き合いは、僕が広告営業を担当していたときだから・・・もう16年前とか15年前からになります。

最初にオープンスキーへと参加させてもらったのは結婚前だったことは覚えているのですが、ということは、8年とか9年前になるのかな・・・いや、その前にも一回参加しているか・・・

いずれにせよ、今回で参加は三回目。

以前の参加時に「来月結婚してきます」と言って以来ですので、今回は結婚報告をしに行く、という感じかな。

担当者さんとは1年前か2年前に一度飲みに誘ってもらい(僕は飲めないんですけどね)、札幌のろばた焼きの店がオススメのようで、じゃあそこで、と約束をしていたので、

来月それが2年とか3年越しに実現できることは、うれしい限りです。

さて、早朝のドライブ。

昨日雪が降ったせいか、今日の青空は一層澄んでいて、太陽の光がエラく眩しい。

しかしふと横を見ると雪化粧された山と青空の境目がくっきりしていて、これこそ早朝にドライブすることのベネフィットだよな、と思った次第。

冷たく澄んだ空気を吸い込むかのように、目から入る景色も澄んでいて、脳が冴えるようになる。

車を持っていた頃は、よく朝も夜も走らせていたように思いますが、車をもたなくなってからは何はなくとも走らせることなど当然のようにしなくなるため、

たまに父か妹に借りての運転が、とても新鮮になります。

ライティングでもなんでもそうですが、常に新鮮さを感じるように、冷たく澄んだ空気をスーッと吸って爽快な気分になるかのように、

そんな感じでできるようになると、それ自体がうれしいことになります。

家に閉じこもってリサーチしたり、図書館やシェアオフィスにこもってライティングしたりも大切ですが、それ以上に新鮮さというか、外の空気感を味わうとか、

そんなふうに動けるようになると、いっそう早く良いレターを書けるようになるものだと僕は考えているんですけど、

これに同意してくれる方がいると、うれしい。

僕らの役割は、セールスレターや記事を書くことではなく、レジを鳴らしたりアクセスを集めたり、読み込ませたりすることですから、

自分自身が熱量というか、情熱を注げるものでない限り、それは言葉を通して伝わらない。

逆もまた然りで、単にこなそうと思って書くレターや記事は、それが読み手に伝わってしまうもの。

なんかうまいけど、読まされている気がする・・・

こんな風に言われたことあるのは僕ですが、1年半程度前に言われたこの言葉も今では、よくわかるような気もします。

うまさじゃないんですよね、読まれるというのは。

現にダイレクト出版さんのスプリットランテストで勝ち続けた時は、熱量が勝因でしたから(私見ですけどね)。

P.S.
ちょうど昨日今日の『ワイルドサイドを歩こうよ』は、熱量が溢れている感じ。さすがに、本業城ドラと名乗るだけあるなぁ。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




自分で自分を評価することは、大して意味がない(と思う)。

11月に雪を見るなんて、僕の人生においては初めて(たぶん)。

ニュースか何かを見ると、50何年ぶりとか(関東地方・・・東京ですかね?)。

僕は一年の中においては冬に好感をもっておりまして、もちろん春や夏、秋も好きなんですけど、ピリッとするような澄んだ空気感と冷たさの中で研ぎ澄まされていく肌の感覚、遠くを見渡せるような目の奥の緊張感的なものが感じられるのは、冬なんですよね。

雪が降るとその感覚はさらに鋭利になってきて、だから雪山の頂上なんかは怖さも相まって安らぐ場所でもあります。

実家は神奈川の中でも雪が積もりやすい場所にありますが、今朝指を玄関に積もった雪にさしてみると、3センチか4センチは積もっていました。

積もってほしいなぁ、と思いつつ、積もったら明日の車移動は難しいかなぁ、とも思いつつ。

降り積もる雪を見ながらのブログ更新は、なかなかに贅沢だなぁ、とも感じつつ。

さて、自分で自分を評価する。

僕もよく自分で自分を評価しがちというか、前置きをした上で自画自賛することもあるのですが、本来評価というのは他者がするものであって、自分で自分を評価することってそれほど意味は無いのではないか、と考えています。

身体性を伴う経験をし、そうなるとそれは客観的に自分を眺めることができるようになりますから、例えば、セールスレターを書いて成約率を10%にしたとかですね、それを評価することはいいかもしれませんし、10%の方々から評価されたといえるかもしれませんから、こういうのはいいんじゃないかな、と思います。

しかし僕が危惧するのは、

まだ会社をつくっていないのですが・・・

Uターンなのですが、地元でまちおこしをやっています・・・

僕なんて、まだサラリーマンですから・・・

こんな感じにどちらかと言うと自分をマイナスに評価しているというか、勝手に評価してしまっているというか、そんな表現を使ってしまうことです。

まだ会社をつくっていないのですが・・・の裏に透けて見えるものは、会社をつくっていない自分に対する恥ずかしさみたいなもの。

Uターンなのですが・・・の裏に透けて見えるものは、Iターンのほうが本気度が高いよねと思っている自分に対する恥ずかしさみたいなもの。

僕なんて、まだサラリーマンですから・・・の裏に透けて見えるものは、独立していない自分に対する恥ずかしさみたいなもの。

自分の価値基準としてそう思ってしまうことは本人の自由だと思いますが、その結果自分自身をおとしめてしまうというか、いわゆるセルフイメージをよろしくないものに固定してしまうというか、そういう影響を考えると、

自分で自分を評価する表現を使うことは、極力避けたほうがいいんじゃないかなぁ、と思うわけで。

日本語だから、謙譲語とかへりくだるとか、そういう言葉を使うことで向き合う方々に対する敬意を示すこともあるでしょう。

僕も経験ありますが、どこかの会社の社長とか役員に会う時は、謙譲表現を使うこともありました。

しかし

誰彼構わずにへりくだった表現を使ったり、自分で自分を低く評価することってたぶん、相手にとってそれほど気持ちのいいものではないし、何よりその人自身にとっていいものではないと、僕の経験からは思えます。

特に、人生を変化させたいと願う人たちにとっては。

なんで自分で自分を勝手に評価してしまっているんだろう、と僕は感じてしまうのですが(いや、気持はよく分かるのですが・・・僕もそうだったので)、だったら真逆の選択をすればいいのに、と今では思います。

選択の結果、それをやっている。つまり好きでそれをやっているのだから。ガマンしているかもしれないけれど、好きでガマンして生きているのだから。

イヤなら、真逆の選択をすればいい。

それに人は自分が思うほど、その人のことを見ていないし気にしてもいないもの。

「自分を盛ってみせることも控えめにみせることもナルシスト」

とは、島田さんや木坂さんが言っていた言葉だと思いますが、

自分で自分を評価する人たちの表現を見て僕が違和感を感じるのは、まさにナルシストを感じてしまうからなのかなぁ。

人生を変えたいなら、自分に対する見方を変えていかないとね。

能動的に変えることができるのは、自分しかいないのだから。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓