バンコクでケーキ屋やりたい(マーケティングって楽しい)

こんにちは。小野です。

つい先程まで外出していました。行き先はバンコクのスクサワット通りという、ちょっとバンコク中心部から離れた通りにあるケーキ屋さんが目的地です。

店の名前は「Bake a wish」で、ここは日本人の方がオープンしたケーキが中心のお店。店内に入ると、タイのローカル色は一切なく、日本風(欧米風?)で洒落たケーキ屋さんの雰囲気そのもの。強いて言うとタイにありがちな縦に長い店舗なので、ちょっと横幅は狭く、圧迫感を感じますが、

それでも1階のケーキが飾られているショーケースのところは2階がなくて吹き抜けになっており、横幅の狭さを忘れさせてくれるほどでした。

コレまたタイには割とよくある建物の作りになっていて、5階までがお店の所有になっています。1階と2階は店内の食事用フロアで、ココではライチタイムとかにパスタや日本食が食べられます。タイに長いこと住んでいるとタイ料理以外が食べたくなるので、このメニューはなかなか、と思いました。ちなみに今日はカルボナーラを食べましたが、普通に美味しかったです。タイにありがちな甘すぎて辛すぎるというワケでもなく、日本で普通に売られているのと変わりませんでした。

IMG_3582

レシピ管理がちゃんと出来ているんだな、と思います。ついでに店員さんの対応もさぼりがちなタイの方にしては珍しく、サボりながらもお客さんが来たらサボりを中断して(中断しないタイの方もお店によっては多いです^ ^)、会釈したり何かありましたかとか聞いてきたりするので、教育もできているかな、と。

3階と5階はケーキビュッフェ客用のフロアになっており、4階はケーキビュッフェです。ケーキだけかな、と思いきや、ちょっとしたチキンナゲットやウインナーの揚げ物といったサイドメニューから、日本風カレー(コレがうれしい)にタイのグリーンカレー、クラムチャウダー(美味しかった!)、シーフードパスタ(妻が1階で別注文して食べていたので、最初からビュッフェにすればよかったと悔しがっていました)、カシューナッツとチキンの炒めものやお好み焼き(普通に美味しかったです)などのフードメニューもあり、そしてアイスピーチティーやアイスアップルティーなどのドリンクと、8種類くらいのアイス、ケーキとマカロンなどが20種類くらい、すべて食べ放題でした。

あ、あと別注文でワッフルとかハニートーストとか、パフェも食べられます。ビュッフェ価格に込みです。

食べたものはどれも美味しく、一緒に行った妻もご満悦なほど美味しかったので、タイ人の人が食べても美味しいんだな、と。実際、店内はタイ人客ばかりでかなり混んでいました。

日本人的に圧巻だったのはその価格で、日本円で1人1,000円くらいなんですね。タイバーツだと300バーツ。妻と僕は1階で別にパスタを食べたので、普通よりも200バーツほど多く払いましたが、それでも二人合わせて800バーツ強。3,000円くらいです。

食べる物そのものが普通に美味しいことはもちろんですが、店内自体も清潔で居心地がいいので、店員さんの教育さえできていれば、ある程度は立地が良くなくても(正直、なぜここに?というくらいバンコクの中心部から離れています。普通の日本人駐在員は行かないのでは・・・観光客はまず来ないと思います)、うまくいくんだな、ということが推測できました。

持ち帰りにシュークリームとか購入したり、スムージーを買って外で飲みながら仕事に戻る、なんて人もいそうです。

でやっぱり、バンコクで妻が店をやるならケーキ屋がいいな、と思いました。なぜならこれだけ流行っていてもマーケティングはしていないからです。少なくとも、店内ではマーケティングしていませんでした。

コレでマーケティングしたらどうなるんだろう・・・と考えながら、帰りのクルマを運転したんですけど、メンバーシップカードとか3人組でビュッフェ300バーツ割引とか、リピートさんにする施策がバンバン浮かんでくるので、あ〜コレはケーキ屋かな、と思いました。

妄想半分、ですけどね。

ケーキ屋オープンしたら、このブログやメルマガでもキャンペーンやりましょうか。お客様の声をくだされば、飛行機代出します、とか。

もちろん、日本人駐在員の奥様とか、タイ人女性の方がターゲットですが。

IMG_3593

妻に、ココで修行したらとこの募集ポスター見ながら提案してみました。まんざらでもなさそうですが^ ^

リスクのない報酬のとり方(ハイブリッドで)

毎月、食べていく分、種まきしていたものが収穫できなくても
生きていける分くらい確保できればいい。

「ワイズマンの金言」で紹介したワイズマンはこれを
wave型、average型と分けていた。

波のようなwave型の収入と
毎月一定額の収入をもたらすaverage型、、、
どちらが良いのではなくてどちらも大切。

で、両方を組み合わせると強固になる。

けど、案外、みんなこの視点がないんだよなーって思う。

(引用元:「ワイルドサイドを歩こうよ」イタリアからタイ

一昨日のブログで紹介した島田さんがうまく言葉にしてくださったので、本日もその記事を紹介します。

一昨日僕は、

それで、最近特に感じていた違和感の正体に気づきました。毎月の報酬って別にこだわる必要がないんですよね、本来。1ヶ月で1年分の報酬を得ることも可能でしょうし、6ヶ月無報酬でも7ヶ月目に6ヶ月分以上の報酬を得ることも可能なんだと思います。

という言葉を書きました。定額の報酬をもらっているゆえ、どうしても自分自身で時間と場所のコントロールがしきれない。だから報酬のとり方を変えていけばいいと。

しかしこれだけにこだわるリスクを今日の「ワイルドサイドを歩こうよ」で島田さんがわかりやすく書いてくださいました。

一昨日のブログで僕がチョロっと書いた・・・

コレをやってはマズイと思いながらコレを選んでいたわけです。もちろん、この取引をしているのはこれだけが理由じゃないのですが。

・・・この箇所を代弁してくださったんですが・・・実はココ、僕は「結果にフォーカスする報酬のとり方に変えるって宣言しておきながら、リスクヘッジのために定額も必要ですっていうの、カッチョわりー」って思って、ボカした箇所だったんです、、、スミマセン、懺悔しますm(_ _)m

告白すると、定額を毎月クライアントから貰うのは家族の成長を担保するためです。家族が安心して暮らせる環境を創りだしておくことが、僕自身の精神安定剤になるんですね。

精神的なストレスを抱えるとうまくいかないことが多いですから・・・自分自身の突破力とか推進力とか、もちろんセールスライティングとか、そういうものを活かして世の中に価値を提供するためにも、ストレスを抑え、脳が透明な状態にしておくことが必要だと、僕は考えています。

だから、島田さんが言葉にしてくれた「両方大切」というのはとてもわかりやすく、あなたにも伝えたいと思います。

僕が特にそうなのですが、両極端に走りがちです。片方を選んだんならもう片方は捨てなきゃ、となる。

時にはそういう判断も必要でしょうが、両方選んだっていい。というか、両方のイイトコどりをしたほうがいい場合もあります。

そういうことを島田さんがとてもわかりやすく書かれているので、ぜひぜひご覧のほど^ ^

P.S.
島田さんのブログ「ワイルドサイドを歩こうよ」はこちらからどうぞ。
http://beatthecontrol.net/l/u/92WBmKWGTh8DTGMM
(本日の記事、「イタリアからタイ」にジャンプします)

P.P.S.
一人用ベビーカーに二人乗り・・・もワイルドかな〜と思い、、、長男次男もワイルドで行くかな〜。

時間をコントロールされたらダメだ(報酬のとり方を変えればいい)

こんにちは。小野貴正です。

多分再納品が必要だろうな・・・と思っていても、ついそれを見なかったことにして(逃げてしまい、、、)寝てしまった結果、、、先ほどクライアントさんから連絡がありました。再納品いけそうですかね、という内容なのですが、かなりドキッとしました。

なぜなら・・・逃げていたからです。。。午前中にイロイロと用事を済ませていたのですが、ちょうどいいタイミングで帰ってきてよかったな、と思います。

それで連絡を確認したあと、「こうしたほうがいい」というアイデアは昨日のうちから考えておいたので、割とスグに書きなおすことができ、先ほど再納品しました。現在は、クライアントさん側での確認待ちです。

クライアントさんとやり取りをするときの反省点として、いつまでに再度仕上げるのか(もちろん初回も同様)を確認しておく、というものがあります。わかっちゃいるけど・・・ついつい精神的なプレッシャーから逃げたくなってその確認を疎かにし、結果的に慌てるなんてこともたまにあるので、コレは猛烈に反省だ、と思います。

一方で・・・

クライアントさんがいる以上ある意味当たり前なのですが、時間をコントロールされてしまっているな、とも思います。もちろん今回の件は、僕が先手を打って確認すればよかっただけの話ですが、とは言えクライアントさんがいるということは、相手の都合で動かざるをえない場合もあるわけで(急遽納期が変わった、とか仕様が変わった、とかですね)。

で思ったのは、コレは僕の望むスタイルじゃないな、と。時間も場所も自分で決めることのできるスタイル。コレこそ僕がうれしいスタイルだ、と思ったんですね。

それでたまたま、最近読んでいるブログが有るのですが、そこで報酬のとり方に関する記事が今日ありました。あ、そうか、と思ったのは、報酬のとり方を結果にフォーカスして決めているかどうか、ということ。

結果次第で売上の30%とか40%とか、利益を折半とできるのは、結果が出なければ報酬ゼロというリスクを負っているから、というようなことが書かれていたのですが、なるほどな、と思いました。結果ありきなので、時間とか場所は自分で決められるんだろうな、と。

それで、最近特に感じていた違和感の正体に気づきました。毎月の報酬って別にこだわる必要がないんですよね、本来。1ヶ月で1年分の報酬を得ることも可能でしょうし、6ヶ月無報酬でも7ヶ月目に6ヶ月分以上の報酬を得ることも可能なんだと思います。

でも、毎月の支払があるから、決まった額のお金を毎月欲しくなる。だから、月額固定での取引とか定量での取引が欲しくなる。

しかし、コレをやってしまうと、自分でコントロールできる時間が少なくなります。まさに、安定と引き換えに時間のコントロールを手放すような、そんな感じですね。

コレをやってはマズイと思いながらコレを選んでいたわけです。もちろん、この取引をしているのはこれだけが理由じゃないのですが。

自分にかけているブレーキの正体に気付けたかな、と思います。報酬のとり方を変える。もっと自分自身に対して正直であっていいんだな、と。

自分が望むスタイルで生きている人から学べることってエライあるな、と思いました。

ところで、

あなたは自分の願望にブレーキをかけていませんか?

外す方法は、あなたの理想を体現している人が、教えてくれるんじゃないかな、と思います。

ぜひ、一歩踏み出してみてください(決して無理はしないように、ですよ)。

P.S.
写真は・・・無関係ですがいい感じなので。全然関係ない話ですが、タイは結構食料品が値上げになっているようで、ジュース類は350ml缶が245ml缶に、500mlのペットボトルが350mlのペットボトルに変わっていました(全部が全部かはわかりませんが)。日本では値上げでしたが、タイではサイズダウンで価格据え置き、なんですね。

別にセールスライティングじゃなくてもいいんじゃ?(大衆は常に間違っている)

こんにちは。小野貴正です。

最近、なんか自分の立ち位置って結構微妙だな〜と思う時があります。セールスライティングのスキルでマスタープランを実現しており、セールスライティングというスキルで副業や独立を考える方の役に立てばとスタートアップガイドも書いており・・・

しかし一方で、別にセールスライティングのスキルこそ「あなたの望みを叶えます!」とか言うつもりはないですし、そんなはずないだろう、と思っています。

多分ですが、僕がセールスライティング、セールスコピーを知った2013年2月の時点と比べると、セールスライティングを知った人の数は増えていると思いますし、学ぶ人も増えていると思います(業界ツウに言わせれば、むしろ減ったと答えられるかもしれませんが)。

でも・・・「大衆は常に間違っている」という言葉は言い得て妙だと僕は考えていて、大多数の人はこのスキルを本来必要としないのではないかな、と思ったりもします。つまり間違った選択をしてしまっている、ということ。この場合大衆とはすなわち、「流行に乗っかりたい人」です。

流行に乗っかりたい人って情報感度が高いといえるのかもしれませんが、僕からするとある意味ラクをしたい人なんじゃないかな、とも思います。

流行に乗っかってさえいれば、自分で考える必要はないですから。この考える、というのが一番シンドイからこそ、僕は流行に乗っかりたい人=ラクをしたい人、というふうに思うのですが(もし違う方がいれば、スミマセン)。

ちなみに「シンドイ思いをしようぜ」と言っているわけではありません。ラクにできるなら、そうすることに越したことはないと思うからです。

でも多分、「ラク」という言葉の捉え方がちょっと違うかも。別に精神的にも身体的にもラクをしたいわけではなく、欲求に素直になりたい、自分に正直であることのラクを僕は望んでいます。

セールスコピーに変わって稼ぐ方法って他にありますよね。セールストークでもいいし、セールスパフォーマンスでもいい。コピーにこだわる必要は一切ない。

コレが大事なんじゃないかな、と思うのは、あなたが望む人生って何?に答えられること。そしてそれを実現するために、必要なスキルは何なのか、ということ。

ゴールありき、です。逆はたぶん、ないと思います(あくまでも個人的には、です)。

あなたのゴールはどこですか?

そのゴールにセールスライティングのスキルはなぜ必要?

お暇な時に、考えて紙に書き出してみるといいと思います。

時間は有効に使ってください。

P.S.
あなたの価値観の発見やゴール実現をもしかしたらサポートできるかもしれないガイドを作りました。僕の歩みが分かる「単身赴任サラリーマンのスキルの秘密」の無料購読で、42ページのガイド(PDF版)が手に入ります。一度、よかったらお試しください。
http://beatthecontrol.net/l/u/ytctYygCEWvAgFra

信頼残高・・・

こんにちは。小野貴正です。

いや〜、、、まさに信頼残高の大切さとコミュニケーションの大切さを痛感する出来事が昨日から今日にかけてありました。。。

コピーとかマスタープランとかには関係のない話ですが、もし良かったらお楽しみください。

昨晩ですが、次男に続いて長男も夜に「オエっ」とモドす事件が発生しました。なぜモドしたのかはわかりませんが、たぶん、昨晩僕と目一杯身体を動かして遊んだせいじゃないかな、と思います。今朝は普通に幼稚園に行きましたので・・・風邪とかではないかな、と。

それで、その時僕も起きて妻の手伝いをしようと思ったのですが、妻が「あなたは寝てていいから」となんか怒っている・・・。経験上、妻が怒っているときは何かを言うと、押し問答になるので、

様子を見ながら手伝いをしていました。それで、ひと通り片付いたので、再び眠りにつくと、今朝・・・

「3月に日本へ行けないから」と言ってきました、妻が。

コレは、怒っているな、と思ったので・・・コレまた経験上、何も話さずに長男を幼稚園に送り、その後次男を連れてバンコクにあるサミティベート病院まで行きました。アレルギーのチェックをするためです。

相変わらず妻とは口数が少なかったのですが、必要なことは話せたので、コレはますます何かオレがしたんだな、と思いました。なんとなく、昨晩の件だな、とは想像していましたが・・・ココで何か聞くとうわ〜って怒り出すので、まだやめておきました。

次男の検査が終わり、家に帰る途中、妻が「スクサワット通りにあるケーキ屋さんが日本人の人が作っているみたいで美味しいらしいよ」と話していたのですが、僕はその時不慣れな道を運転中で、しかも頭痛がしていたので、妻のその問いかけには空返事しておきました。

途中、今まで僕の耳が悪いことを知っていても補聴器の話などしなかった妻が、iPhoneで補聴器を探して僕に画像を見せるので、「持っているけど、難聴にはあまり効果が無いんだよね」のようなことをタイ語で返しました。しかしこれで、妻が怒っている理由を特定することができました。昨晩の騒ぎで僕が自ら進んで起きなかったこと(これは妻の誤解もあるのですが・・・)で、耳が悪いなら補聴器をすればいいじゃない、ということかな、と。

それで、帰宅後に昼食を食べていると・・・

昨晩の話になりました。それで、誤解があることを伝えたんですね。すると妻が・・・

「バンコクに住むようになったら、私が子どもたちの件で困っても、あなたは気付かないでしょう。だから、なんでも一人でやらなきゃと考えちゃって、怖い」

と言います。それで僕は・・・

「確かにそれはそうかもしれないけど、バンコクに行ったら家政婦さんを雇うからそれは大丈夫。しかしやっぱり誤解しているけど、昨日だってオレは起きていたんだから、気付かないということはない。だけど、君は怒っている時にオレが何かを言っても聞かないしむしろ怒るでしょう。オレが頭痛いって言っても、なぜ?って言って怒るでしょう。オレはそれが嫌なので、話せないんだよ・・・」

と答えました。

結局のところ、ちゃんと望んでいることを話すようにしよう、という感じでその場は収まったのですが、

これまでよりも一緒にいる時間が増える分、今までみたいに言葉が多少通じなくても問題ない、という状況ではなくなってきたな、と思います。

信頼残高の預け入れを普段からすることは大事、とはわかっていますが、その預け入れをするのに役立つのは言葉なんですよね。

タイ語をマスターする時が来たな、と思います。

そしてコミュニケーションですね。相手の話を聞くこと。そしてこちらも伝えるべきことを伝えること。

パートナーとの関係性がまずくなるとそれ自体がストレスになりますから、自分自身のパフォーマンスを高めるためにも人生を豊かにするためにも、信頼残高の預け入れって大事です。

あなたもぜひ、信頼残高の預け入れを日々行ってください^ ^

P.S.
長男次男への信頼残高の預け入れはどんどん増えているみたいです^ ^

面白い日本語(日本人以外は気付かない面白さ)

こんにちは。小野貴正です。

プラプラデーンに帰ってきました。今朝は長男を幼稚園に送ったあと、妻と一緒に朝食を食べ、そのまま電気代の支払いと郵便物の受け取りを済ませ、マッサージを受け、妻の美容室に付き合い、先ほど家に戻りました。

戻ってから時間を見たら13時を超えていたので、日本は15時過ぎ・・・やっぱり2時間の時差は結構大きいな、と思います。あれこれしている内に14時過ぎですから、日本は16時過ぎ。もうすぐ、会社員ならば終業の時間ですから。

ところで、フアヒンからの帰りに立ち寄ったテーマパークみたいなところが面白かったので、一つご報告です。

ギリシャのサントリーニ島をイメージしたテーマパークで、建物が白と青を基調に作られています。雰囲気自体は青い空と相まって、あ、確かにサントリーニ島ってこんな感じかもしれない、って思えるものでした。

しかし・・・さすがというかやはりというか、タイならではの「合わせ技」が結構炸裂していて、たとえばサントリーニ島って南国ですから雪とか降らないですよね(ココ調べていませんが・・・)。ところが施設のひとつに「スノーワールド」みたいなところがあり・・・

ココでは雪を楽しめる、というわけです。他の遊園地みたいなところでも経験したことがありますが、タイの人は雪を普通経験しないので、雪に対するあこがれみたいなものはあるみたいです(妻も長男も、日本に来たら雪が見たい、って言っていました)。

ところがサントリーニ島をテーマにしているんだったら、雪はおかしい。さらには食べ物も、いかにもアメリカンなダブルチーズバーガーとか、いかにも日本的な焼きそばやカツ丼もなんか違和感があります。

買い物にいたってはサントリーニ島を彷彿させるものは何もなく(たぶんです)、スーパーマンとかバットマンのシャツが売られている「ハリウッドスタジオ」とか、ティンバーランドとか、アディダスとか、なんかアウトレットモールがガッチャンコしたような感じ。

だから外観はいかにもサントリーニ島か!と思っても、中に入ったら違和感がありまくりで、ガックリする。昨日はそんな感じでした。

写真の通り、面白い日本語があったのでコレはコレで笑いました。コレは英語かタイ語をそのまま機械翻訳?しているのでしょうか・・・シャキシャキとかズルズルとかツルルン、って食べるときの音を「サウンドサウンド」と訳してあるのだと思いますが・・・なんか思わず写真を撮っちゃいました。他に、段差に注意とかも変な日本語でした、そういえば(詰めセットロール、という表記が書かれたどんぶり屋さんもありました。ちなみに、店の名前は確か「KATSU-O」。たぶん、カツオですね。カツ丼とか売っているので)。

1つのテーマに統一する、というのは広告を打つときも大事ですし、リピート客を作るためにも大事かと。セールスレターのセオリーとして「1つのセールスレターで1つの商品を売る」ということをロバート・コリアーは話していますが、ごちゃごちゃさせたらダメだな、と改めてこのテーマパークで気付いたので、いい機会だったな、と思います。

あなたもセールスレターを書く時、また広告を打つときなどはお気をつけください。

夜明け前の成田(なんで24時間営業じゃないんですかね)

おはようございます。小野です。

今5時前なのですが、成田空港の第2ターミナル2階にいます。3階が出発階なのですが、3階と4階はセブンイレブンに買い物へ行く以外、いてはダメみたいなので・・・他のお客さんたちと一緒に2階にいる、という感じです。

さっきから僕の周りを通るお客さんが結構いるので、それとなく観察しているのですが、スーツケースとかを乗せるカートを押して10往復するくらいしている男性もいれば、2歳くらいの小さい子どもを連れたご夫婦もいたりして(しかも子どもは元気に歩いていました)、結構いろんな人がいるもんだな、と勉強になります。

ホントは椅子に座りたいのですが・・・早く来た人がベッド代わりに椅子を占領してしまっているので、、、僕は座ることができないのです。

コレって人間性なんですかね?ちなみに僕は今、その椅子で眠る人たちを横目に、通路の隅に座っています。あぐらです。ちょっと足が痛いですね。

思えば2003年にバックパック背負ってタイとかギリシャとかトルコとかを旅していましたが、オーストリアで僕もベンチを占領して野宿したことがあったな、と。あの時は荷物を取られないように、チェーンでバックパックをベンチにくくりつけて鍵かけて横になっていましたが・・・もしかしたら僕が占領していたベンチに座りたかった人もいたかもしれません。。。こう考えると、因果応報です、まさに。

ベネマンのブログに書いたのですが、セブンイレブンだけが第2ターミナルで24時間営業しています。成田空港は24時間発着していないので、お店が営業していなくても仕方ないですが、なんで成田って24時間営業にしないんですかね。何か理由があった気もしますが・・・日本への観光客を増やしたいなら24時間営業にして飛行機の発着陸枠を増やし、交通網も24時間体制にしないと、近隣の国と比べたら日本て不便だな、ってなりそうですが。

あ、今幼稚園くらいの子が僕をジーっと見て歩いて行きました。スーツケースを机にしてMacを叩いているのが珍しいんですかね、コレは。

珍しいといえば、ホントにどこででも仕事ができています。マスタープランに書いた、時間と場所を選ばずに稼ぐ、というのは実現しています。ホントに、できるんですね。

エアポートバスに乗るために、深夜の道をスーツケースをゴロゴロ押しながら歩いたのですが、その時「目標を達成できない人は、行動以前にどこに到着したいのかもわかっていない」という誰かの言葉を思い出しました。

僕は行動しさえすれば目標は達成できると考えていますが、確かに目標を設定することなしに、そこに到達することはできません。

僕の場合、何を成し遂げたいかは明確だったので(曖昧なものもありましたが、徐々に明確になっていったものもあります)、どっちに向かって行動すればいいかも明確だったんですよね。

新年の目標を立てる場合、どこに到着したいのかを明確にすることを、ぜひ意識してみてください。

・・・そういう意味では、やっぱりなんで観光客数を増やしたいという目標があるのに、24時間体制にするという行動を取らないのかが、不思議です。。。集団の目標だから、推進力に欠けるんですかね、やはり。

個人がそれぞれ目標を達成できるなら、日本は豊かになると思いますが、、、あなたはどう思います?