世界のどこにいても。

僕の場合、場所と時間を問わず仕事をするということは、世界のどこにいてもいつでも仕事ができる状態を指しておりまして、実際バンコクにいても上海にいても仕事をするためにこそ、今のような仕事の仕方を選択している、ということです。

一カ所にじっとしていることがなかなか難しいみたいなので、今のような仕事を選択できるのはとてもありがたいことだと思っていますし、仕事を依頼してくれる人たち、一緒に仕事をしている人たちあってのやり方であるとは常々感じています。

仕事に限らず、生活することに関してもまた、世界のどこにいてもというのはテーマになっておりまして、そこにいなければならない、と言うものから離れるように動く。

こう書いてみると、「そういう生き方っていいですよね」と言われることもあるのですが、僕自身にとってはそうだろうけれど、他のひとにとってそれが適しているかどうかはなんとも言えない。

憧れとその人の性格にフィットするかどうかは、また別物だと思いますので。

バンコクでクレイジーパパのディスカッションを行ったとき、ふと思い出すのは上海でもバンコクでもイスタンブールでも、僕はそこに行く理由があるんだな、ということでして、

自分ではフラフラしているように思っていても、実際はフラフラしているわけではなくて、たぶん考えている。

理由もないのにやっているように思えるけれど、たぶん理由はあるんじゃないかとも思います。

無意識での決断みたいなものを意識してみるといいのかなぁ。

先ほど、バンコクフロートセンターでアイソレーションタンクに入ってきたのですが、90分のセッションを終えてシャワーを浴びて外に出ると、オーナーがいました。

久々に会ったのですが、会うと顔がニヤッとなりまして、どちらからともなく近寄っていって握手してガッシリ抱擁。

アイソレーションタンクは一種のコミュニケーションツールのようで、入った人はそれだけでわかり合える感覚になり(個人差はあると思います)、なんか距離感が近くなるんですよね。

言葉をかわしたわけではないのに、不思議です。

便宜上、どこかの国でとかどこかの都市でとか書くことはあるけれど、そういうものを超えたところにあるコミュニティの中で生きているということを、アイソレーションタンクのようなモノを経験すると感じるようになります。

コレはたぶん、虎ノ門の料亭もそうですし、ナイフで切っても肉汁が出てこないお肉の店もそうですし、ナポリのス・ミズーラもそう。

世界のどこにいても、とはタイトルで書いてみたものの、実は世界などどこにもなくて、自分が認識していることが全てなんじゃないかとか、

まあそれはアタリマエのことかもしれないんですけれども、アイソレーションタンクに入った効果かこんなことを思いましたので、記しておきます。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ペルソナを設定した!けど、、、残念なコピーによくある3つの間違い。

お楽しみ様です。小野貴正です。

セールスコピーを学ぶなら、ペルソナやアバターの設定は大事であることはきっとご存じでしょうし、セミナーや教材でもそう教わる人も多いでしょう。中にはペルソナヒアリングシートなど、携帯して使っている人もいるかもしれませんね。

ペルソナやアバターの設定はコピーを書き出す前に必要な基本原則ですが、せっかくペルソナやアバターを設定しているのに残念なコピーを見かけることもしばしば。

そこで今日は、特に見かける残念なコピーの3つの間違いについてお話します。

3つの間違いその1:その訴求、本当に響くの?

例えば30代とか40代経営者で事業がうまくいっていて世界を飛び回り、人と違った見た目にこだわる人に対して高価格なファッションに関するコピーを書くとしましょう。

そんなペルソナに対して、「ユニクロを超える高品質!」と問いかけたところで、響かないで終わるもの。いや、もちろん、ユニクロ好きな人もいるでしょうが(個人的に、ユニクロの下着はエライよくできていると思うのですが)、見た目にこだわり「それってユニクロですよね?」とか言われたくないであろうことは想像できるもの。また日本におけるユニクロのイメージは毎週の折込チラシからも安さがついてまわるので、コレでは響かない。

彼らが普段どんな服を着てそんな会話をしているのか。スーツならゼニアでジャケットならハリス・ツイード。そんなことを考えたら、

「機能的かつ見た目で差をつける。そんなジェットセッターなあなたへ」

こんなふうに訴求ポイントを選んだほうがいい、となります。あとは語りかける言葉も、彼らが使っている言葉で。20代と40代なら、明らかに違うものですよね。このリサーチはそれぞれの世代に向けた雑誌が参考になります。

3つの間違いその2:ペルソナ以外に浮気していない?

ヘッドラインからオープニングにかけて、そしてコピー全体を通してやりがちな間違いはコレ。30代40代男性経営者をペルソナにした。そのペルソナに向けてファッションに関するコピーを展開していくと思いきや・・・「あのハリス・ツイード並みの品質を誇るこのジャケットでマクドナルドやバーガーキングに行ったら・・・周囲の目はあなたに集中間違いなし」ときた。

コレは極端な例ですが、途中で他のペルソナに浮気、またペルソナが混濁したコピーに変わってしまっているなど、一貫してペルソナに向けてのメッセージになっていないコピーも見受けられます。

特にヘッドラインやオープニングでは一貫してペルソナに対するメッセージになっているのに、ボディコピーで「他のペルソナも欲張っちゃえ」とやると、ここまで読み進めている読者の頭に「?」が点灯します。こうなるともう離脱は時間の問題。

ヘッドラインの役割はオープニングを読ませること。オープニングの役割はボディコピーを読ませることですから、一貫したペルソナに対してメッセージを送り続けること。浮気は、厳禁です。

3つの間違いその3:そのベネフィットにペルソナはうれしくなる?

特徴ばかりのコピーよりはベネフィットまで踏み込んだコピーの方がいい。では、そのベネフィットはペルソナにとってうれしいものになっているかというと、必ずしもそうではない。

例えばですが、安いことを特徴として打ち出す場合、安いから給料日前でも買えるとか、安いから貯金を切り崩さずに済むとか、そういうベネフィットが考えられます。普通なら1つしか買えないけど、2つも買えちゃうとか、ね。

しかし30代40代の経営者でお金はまあある人たちにしてみれば、安いに越したことはないけれど安さに対してベネフィットを感じられない場合もある。その場合どこにベネフィットがあるのか。安さよりも早さとか品質の良さとか、そういう視点からベネフィットを考えた方がいい、となります。

・・・やっぱり私見たっぷりな内容になったな、と思いますが、いかがでしょう。共通するのは、「その言葉って、ペルソナは使うのかな?」というもの。特に自分と同世代以外に対してコピーを書く場合、どれだけその世代の言葉遣いを書き出せるかがレジを鳴らすことにつながると僕は考えています。

もちろん男性視点、女性視点もです。常に人の脳を覗きこんで彼らや彼女たちの会話に飛び込んでみると、いいかもしれませんね。

P.S.
アイソレーションタンクに行ってきました。ワイルドサイドな888イベントをご存じの方なら、セリフの意味がわかるかもです。あ、セリフが間違っていまして、正確には・・・

「今日もっとも大切なことがひとつだけあるとしたら、それは何だろうか?」

今日はアイソレーションタンクbefore動画です。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




アイソレーションタンクにビクン。

お楽しみ様です。小野貴正です。

もうまもなく9月。2015年は残すところ4ヶ月。マスタープランを見てみると3つのビジネスを稼働させるというところは予定通りの模様・・・え、マジですかって感じ。

毎朝毎晩マスタープランを読み上げているのですが、ふと気づいてみたら「いつの間にそんなことが進行していたんだろう」って感じで自分でも驚き。

他にも一昨日のクライアントさんとの打ち合わせ中に出てきた神社の話はさらに新たな展開を生みそうで、思考と思考のはざまで身を委ねるパワーを体感。このあたり、気になる方はディーパック・チョプラ博士の本を読んでみてください。

さて、9月1日から上海に飛び、9月4日からはバンコクに飛びます。そこでまたふと思い出しました。バンコクに行くとき連絡ちょうだいと、僕が大学時代にアルバイトで教えていた男に言われていたことを。

そこでLINEを使って連絡。バンコク行くのでよかったらどうぞ、と。そしたら行こうかな、という返信があり。

この男も謎な男で、その昔大リーグに挑戦しに行ったと思ったら、何やらカフェをオープンし、その後は消息不明になり、気づいたら大富豪になっていたという。大富豪かどうか、わからないんですけどね。まぁ、何かやっているみたいで。

それでそんな大富豪が、「小野くんはどんなビジネスやっているの?」ってくるものだから、「十分なお金が入ってくるだろうに・・・なんで気になるの?」と聞いたら、「単純に興味あるんだよね〜」とのこと。

ちなみにこの男からはその昔、「小野くんて口だけだよね〜」と言われた過去あり。コレはどういうことかというと、僕は大学時代に政治家を志したことがあって、その時に「オレは内閣総理大臣になる」とか言っていたんですよね。

でも実行が伴っていないから、当時25歳とかだった僕は19歳の男からそんなことを言われてしまっていたわけで。

一方で、学校の先生とかが言わないようなことを言っていたらしく(常識を疑え、とかかもですね)、それには感謝していた模様。で、今に至るって感じです。

今回、彼がバンコクに来る決め手の理由はよくわからないのですが、キーワードのひとつに「アイソレーションタンク」があるみたいです。コレ、僕がふと思ったので伝えてみたんですけどね。「バンコクで何するの?」ときたので、「アイソレーションタンクとか国境かな〜」と。

それで「それなに?」と来たので、「詳しくはバンコクで〜」と返信しておきました。

たぶんこの男なら、アイソレーションタンクにビクンと来る気がしたんです。コレ、ビクンと来る人と来ない人がいるのですが、感覚的に彼は来るかな、と。

もし彼が来るなら、旅の仲間ができたということで、国境の街に行って、ついでにマレーシアでも行ってこようかな、とか考えています。高城さんがよく行く国みたいですし、一度行ってみないと。

それに陸路で国境越えるって、日本にいるならなかなかできないので。コレはいい経験になるんじゃないかな。

P.S.
白金フロートセンターを紹介しようと思ったのですが・・・アイソレーションタンクを説明するのがメンドクサイのでバンコクに来てって話でもあるんですけどね。このブログをその男が見ていたら、きっと爆笑です。

P.P.S.
白金フロートセンターはこちら。紹介なら初回20%オフみたいですので、僕の名前使ってください。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




再新再生のアノ問いかけの意味。

今朝起きてからいつものように、御神札に備えるお水を新しいものに取り替えていたところ、ふと気づいたことがありました。それは何かというと、

子どもの頃って思考とか行動が何からも自由だったな、と。そして感じたとおりに話す。

その遠慮のなさが子どもを可愛らしいと思う特徴であり、同時にコノヤロウ〜と思う特徴でもあるのかな。

今、長男が5歳で次男が2歳ですが、次男のほうがなんかエネルギーが強い。たぶんそれは、無意識のままに動いているから。

一方で長男はコミュニケーションができますから、すでに自分自身で解釈することができるようになっています。言い換えるとコレは、我が入るようになっている、ってこと。

それでも、いわゆる大人に比べたらゆるいものだと思いますが。

生まれたての赤ちゃんとか幼児とかを抱っこするだけでエネルギーを貰えるとは耳にした話ですが、この理由はなんとなくわかります。無垢とか素直とかありのままとか、そういうものは、たぶん周囲に伝染するので。

ニコニコした赤ちゃんがそばに居て、ずっとブスッとしていられる人ってそうはいないだろうな・・・と。

さて、本題。

コア・バリューが大切です、のようなことを聞きますが、「コレは変わっていくものなので、その都度アップデートするといいと思います。完璧なものを最初に書きだそうとはしないでください」とも聞きます。

なぜ変わっていくのか?を考えてみると、環境が変わればその人の在りようも変わるから、というのがひとつの答え。だから、思考も変わるってこと。思考が変われば志向も変わる。だから、コア・バリューも変わる、ということかなと。

まずはコレを繰り返しやることが大事なんじゃないかな、という前提の上で、気づいたことをお話すると、

実はコア・バリューっていうのはすでに僕らの中に在るものだったりします。しかしすでに在るものを発見することがなかなか難しいので、まずは思考して探してみましょうと。しっくりくるまでアップデートすればいい、となる。

『7つの習慣』の中に登場する「再新再生」。ココで語られているストーリーの中に、「よく聴きなさい」と「振り返りなさい」という問いかけが登場します。

コレは僕の主観ですが、この「よく聴きなさい」とは思考と思考のはざまに入ることを指していて、「振り返りなさい」とは無意識の記憶をたどることを指しているんじゃないかな、と。

その後で「自分の真意を見つめなさい」と「抱えてきた不安を書き出しなさい」という問いが続くのですが、この「自分の真意」というものがコア・バリューに近い、もしくはそのものなんじゃないかな、と気づきました。

考え続けることでそこに到達するのだと思いますが、逆に言うとコア・バリューとは考えただけでは出てこないものかもしれないな、と。

なぜなら、考えるときには「我」を入れてしまうことがあるので。というか、ほとんどの人は我だらけ。何も考えずにそのまま受け取るってことがなかなかできない。

たとえばこの文章を読んだ時に、「無意識の記憶をたどるなんて・・・」と思ったとしたら、「なんて・・・」が主観、「我」です。

そう考えると、「我」を取り外す装置がアイソレーションタンクでありタイムドメインなんだな、ということがよくわかります。

なぜ「再新再生」で「振り返る」というワークをするのか?

それは子どもの時、生まれた時からコア・バリューを知っているからなんじゃないかな、って思うのは、僕だけですかね?

P.S.
無意識の領域を意識するようになると、レジを鳴らすセールスライティングスキルを身に着けるなら、なぜ写経とかブログの更新が大事なのかもより理解できるようになるかと。

P.P.S.
そうそう。コア・バリューとセルフイメージって似たものだと思っていたのですが、今では異なるものだ、という認識です。コア・バリューは無意識、セルフイメージは意識、のように考えています。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




セールスレター納品後にチェックすべきポイントはココもある。

お楽しみさまです。小野貴正です。

ワイルドサイドな888のイベントは12時正午でお開きとなり、部屋に戻ってきました。24時間通しで本当にやるとは、、、ワイルドサイドのパワーには驚きです。ミスターワイルドサイド島田さんとミスターシンクロニシティ末広さんの眠らないエネルギーにもビックリでした。

僕はといえば、ソファーに座っている時とアイソレーションタンクに入っている時、そしてマインドスパをやっている時は目をつぶっていたので、完徹という感じではないみたいです。とはいえ、8月9日の朝に8月8日夜分の日課を終え(中継されていましたが、、、人前で個人的なことを思い切り読み上げるのは恥ずかしいことを知りました、、、)、先ほど8月9日の朝分の日課である腹筋とビジュアライズ、写経を終えました。それで現在、ブログを更新しているところです。

今日はこの後、書きかけのセールスレターを書き、できればもう1本ライティングし、今週の納品スケジュールを確認しておく予定です。13日早朝からは高知ですから、WIFI環境がなくても活動できるようにしておかなければ、です。

さて、888イベントで島田さんと伊藤さん、小坂さんと一緒にコピーに関する話を動画で撮ったので、その内容を共有します。

何本かあったのですが、そのうちの一つが「セールスレター納品後にチェックすべきポイント」。クリック率や成約率をみることはもちろん、クライアントさんにどの数字をチェックするべきなのかを説明したり、それを計測するシステムを持つ必要があったりということも必要ですよね、といった話をしました。伊藤さんは確か、流れをチェックして全体としてのどうパーセンテージを上げていくか、みたいな話だったかな。何かを65%くらいまで高めたこともあると言っていました。コレ、スゴイ。ちなみに小坂さんの話は聞こえなかったみたいですので、、、島田さんから動画を観せてもらったチェックしてみます。

そしてもう1つ僕が話したのは、

ペルソナ通りの人物が来たかどうかをチェックする

コレです。規模にもよりますが、僕はまず「セールスレターの効果」を見るならば、ペルソナが来るかどうか、が大事だと考えています。なぜなら、僕らのビジネス、セールスライティングというスキルはリピートありきのものだと、基本的には考えているからです。リピート、つまり良好な関係性がないと成立しない。コミュニティを作っていくイメージです。

だから、ペルソナがちゃんと来ないとセールスレターの効果としては良いかどうかわからない。コミュニティに入ることがイメージできるお客さんじゃないと、利益が出にくいので。ビジネスとしてはマズイんですよね(フロントエンドとバックエンドについて調べてみてください)。

ペルソナが来たなら、バックエンドまでの仕組みを作ればいわゆる「自動化」できますし、もしペルソナの人数が少ないなら、そもそも市場性が小さいのかもしれないという仮説をたてることもできます(検証が必要ですね)。

このペルソナが来たかどうかは島田さんも見ると言っていました。ワイルドサイドを歩こうよのメルマガで、「神宮に野球みにいかない?」とかはペルソナに向けたメッセージ、というわけです。

コレを個人的なメールでやるのではなく、全体へのメルマガでやるというのが、空気とか場作りに役立っているというのもスゴイんですけどね。

セールスレターを使ってみてチェックするべきもの。

その1つに、ペルソナが来たかどうかを加えてみるといいと思います。クライアントさんとの事実共有にもなりますし、事実を基にした提案もつくれますので。

P.S.
写真は、白金フロートセンターのアイソレーションタンク。電気つけての撮影ははじめて。なかなか、迫力あって感動。このミニマル感はやっぱり良かった。白金フロートセンターはこちら。オーナーの原田さんの本質をとらえた言葉は(経験した話でないと意味がないとかね》、必聴だと思いますよ。
http://floatcenter.jp

P.P.S.
888イベント中に、バンコクフロートセンターのオーナーさんからもメッセージを貰いました。共時性の波に乗っていますね。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




いいモノをいいと思う理由。

お楽しみ様です。小野貴正です。

今朝は実家に来ています。これから母と叔母と一緒に、茨城に行ってきます。目的は、母方のお墓参りです。実は、これまで一度も僕は行ったことがなかったんですよね。。。

厳密に言うと、小学校に入る前にもしかしたら一度行っているかもしれませんが、学校に通うようになってから茨城に行った記憶はなく、、、仕事で、一度土浦に行ったくらいかな、確か。

母に聞くと、どうも今年は母の両親が他界してから50年のようで、だったらお墓参りはしておいたほうがいいだろうと思い、ちょこっと行ってくることにしました。最初は一人で行こうと思っていたのですが、母も行くというので一緒に。そしたら叔母も行くというので、ついでに、という感じです。

長男次男がいるのも、父方と母方のご先祖様がいてこそですから。血族に感謝しようとふと思った次第。ブラッドライン。不思議ですね、これは。

さて、いいモノをいいと思う理由。

このブログでもベネマンのブログでも採算にわたって紹介しているモノに、アイソレーションタンクとタイムドメインがあります。最近はこの2つに加え、エルセ・シャワーヘッドも加わりました。これら3つを語る時の僕と言ったら俯瞰している僕自身が「こいつはヤバい人だ」と思うほど、ホットになります。しかもいう言葉が「ヤバい」ばかりですから、ハタから見たら「お前のほうがヤバいだろう」となる。

先日、勇気あるメルマガ読者さんからそんなことを言われ、「たしかにな、、、」と思いました。自分でも自覚あったので、確かに、なんですよね。

これら3つが僕にもたらす効果は、もちろんそれぞれ違いもあり、ゆえにベネフィットも異なるわけですが、共通してもたらしてくれる効果もあり、それは例えば、「リラックス」「思い込みを外す」「ありのまま見て感じる」というようなものです。

普段から僕らは意識的にいろんなことを考え、いろんなことに不安を抱え、いろんなことに悩むものですが、この意識的な思考をクリアにするというかリセットしてくれるというか、そういう状態をもたらしてくれます。

アイソレーションタンクは感覚を遮断することにより、スマホや街から容赦なく浴びせられる情報の雨も遮断することができる。タイムドメインは滝や水の音、木々のざわめきなど、僕らがリラックスする音をそのまま自然に脳に届けてくれる。そしてエルセ・シャワーヘッドは皮膚というか身体に近い自然な状態の水と空気を作り出し、まさにエアリーな水というか気体のような水の感覚で身体中をくるんでくれる。

もちろん人によって感じ方は違うのでしょうが、ある条件を満たす人たちならば同じ感覚をもたらすことができると考えています。これらの装置は。

だからこそ僕にとってこれらは「いいモノ」なんですよね。誰もが同じ感覚になれるので。だから、言語がなくてもコミュニケーションできるようになる。言葉が消えるんです。

こういうものって世の中にまだあるんだとしたら、そういうものこそ僕らは手にすべきなんじゃないかなって思ったりしたので、記しておきます。

こう書いていたら、ワイルドサイドの島田さんが言う、「ステージが上がったら、食べるものもステージを上げる」という意味や、イタリアのスーツ職人さんとか沖縄のジーパン職人さんからモノを購入する理由が、また少し明確になってきたような気がします。

P.S.
最近、バンコクフロートセンターで検索される方、増えてきましたね〜。Facebookでフロートセンターのオーナーさんがようやく友だち申請にクリックしてくれたのですが、こういう流れも、あるのかもですね。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




自分をなくして、自分を知る。

異国の街の一郭にあるカフェやレストランに座って、道行く人たちを静かに眺めていると、たまに自分が誰なのかわからなくなる時がある。ほんの一瞬だが、僕という歴史がなくなり、ただ周りの景色や騒音を受け入れている、意識だけがそこにある。そんな時、僕は言いようのない高揚感に包まれる。自分が、羽根のように軽い存在になったような感じになり、そのままふわっと立ち上がり、自分ではない人間のまま、雑踏の中へと消えていけるような気がするのだ。

もしかしたら僕は、自分を探すために旅をするのではなく、自分をなくすために、自分ではない誰かになるために旅をしているのかもしれない。

(引用:『ワイルドサイドを歩け』ロバート・ハリス著/講談社)

僕が苦手な言葉のひとつに、「本当の自分とはなにか?」というものがあります。なぜこれが苦手かというと、「本当の」という単語が持つ曖昧さは、自分一人で考えても答えが出ないだろうと思うからだし、世の中的にはウマく使われすぎている感じがするからです。

あなたは本当の自分を知っていますか?
あなたが本当にしたいことはそれですか?
あなたが本当にするべき仕事は、それですか?

インターネット空間をサーフィンすると、この「本当の」という単語を見ない時はないくらい、僕はこの「本当の」とか「本当の自分」には、辟易してしまいます。主観で定義できる言葉でコミュニケーションしてしまうことにも怖さを感じるし。

たぶん、これが出発点ではそんなものはどこに行っても見つからないだろう、と思うからです。まずはじめは、「すべて、本当の自分だ」。これが、僕の出発点。

「本当の自分とはなにか?」というのは、もし自分一人しか世の中に存在しなかったら、決して訪れるはずのない問いかけだと僕は考えています。

子供の頃から想像した、世界に自分以外は誰も存在せず、唯自分という存在だけが地球上にあるのを僕は宇宙から眺めている。コレになんとも言えない怖さを感じていたのは、他者との関係性において自分という存在を僕が認識しているから。もちろんこれは僕の主観です。

こう気づいたのは、高校生の頃に二元論とそうではない灰色の空間があると教えてくれた先生の影響であり、バックパックを持ってタイやトルコ、ヨーロッパを旅した影響だったような気がします。

旅で出会う人々はそれが日本の方々であっても、現地の方々であっても、僕を知る人達が僕に対して貼っている「レッテル」を知らない。だから、「灰色の空間」にいる僕を彼らは僕の中に見るし、それを僕に教えてくれる。

出会った人の数だけ、僕という人間が存在する。他者との関係性の中で確かめられる自分。だから自分ひとりで「本当の自分か?」と問いかけて考えること自体、あまり意味がない。他者という鏡を通して自分を見ている。社会という合わせ鏡から見る自分の姿は、どれも自分だろうと。

旅の最中に僕を知らない人々と接し、「自分をなくした」ことで、僕は自分を見出すことができた、という感じかな、たぶん。人々の数だけ存在する自分の中から、共通するモノを抜き出して概念化する。すると、普段から接する友人や知人、両親や恩師たちも、そういう「概念化された僕」で僕を見ていることに、気づくことができました。

この概念化された僕が、いわゆる「本当の自分」であるかもしれないし、そうでないかもしれない。

でも「自分をなくしてみる」というのは確かにそのとおりだよな、と思います。

アイソレーションタンクという「感覚をなくす」装置に惹かれるのは、自分をなくして自分の声を聴くことができるからなんじゃないかな、ってふと思ったので、

記しておきますね。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




インターステラー!

お楽しみ様です。小野貴正です。

バンコク往復時、往路のデルタ航空にも復路の中国東方航空にもあった映画が『インターステラー』。ダイレクト出版の小川さんが絶賛していたので名前は覚えており、一度iTunesで借りてみようかなと眺めたことはあったのですが観ずじまい。

しかし往復ともにこの映画があり、復路では少し見てみたものの英語と中国語で内容がよくわからず、何より「宇宙」というテーマに惹かれてこの映画に呼ばれている感があったので、昨日日本に戻って日課を終わらせた後で、観てみることにしました。

宇宙といえば僕の中ではアイソレーションタンクが思い出されるのですが、人によってはアイソレーションタンクの中で時間と空間の感覚がなくなり、自分自身が波と一体化したような感じになり、そして宇宙にいる自分を感じることもあると思います。バンコクのイードさんがそういっていたので、僕ひとりではないかと。白金フロートセンターの原田さんもそのような内容をホームページに記載されています。「宇宙と一体化していくような体験」、ですね。

それで、僕がアイソレーションタンクの中で経験した宇宙。『インターステラー』はその宇宙の話だったので、昨日は特に僕の興味を引きました。

内容については触れませんが、この映画は観てよかったと思います。アイソレーションタンクで経験したことは、宇宙でも経験できることなのか、ということが自然と理解できましたし、宇宙というものを身近に感じることができるようになりましたので。

あの映画のいいなと思ったところは、宇宙とか時間の流れとか空間の在り方にきちんとした根拠をもって説明してるところです。監督か脚本の方がこの映画のために大学に入って相対性理論を研究したというのも納得。ワームホールの説明で、いわゆる「タイムワープ」の考え方が登場するのですが、コレ観てなるほど、と思いました。根拠がある。レジを鳴らすセールスコピーのように、論理的に優れていますし、そして何より、感情的にも優れています。

ヒューマンストーリーとして観るのもいいですが、「自分とはなにか」と考え続ける人やアイソレーションタンクを経験した人には、ぜひオススメしたい映画だなと思いました。アイソレーションタンクで「宇宙と一体化していくような体験」をした方は、僕がこの映画にエライ興奮している理由がピンとくるかもしれません。

ミスターシンクロニシティが言う意味での「時空間を超える」とか、「機械でできることは機械に任せ、人は人でなければできないことをやる」というのが、『インターステラー』の中で表現されていました。

もちろん涙もろい僕は、途中数カ所で目に涙があふれるほど、ヒューマンな話でもあります。しかしこの映画は単にヒューマンであることだけではその魅力が半減されてしまい、宇宙の在り方を捉えているところにこそ、そのヒューマン性というか、感情のトリガーを引く秘密が隠されていそうです。

愛を可視化してメッセージを送るシーンはエライ感動しました。ああ、信じるからこそコレができるんだな、と。

もし興味あれば、お楽しみください。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コレは共通言語だ(アイソレーションタンク)

お楽しみ様です。小野貴正です。

昨日はまた面白い体験をしました。バンコク・フロート・センターで。意外にも僕が使うタイ語も結構通じるのかな、と冗談のように思いましたが、そう思えるくらい普段よりタイ語が口から飛び出し、オーナーのドンさんとコミュニケーションが出来ました。

なぜなら、妻も含めてその場にいる人はアイソレーションタンクと出会っているし、体験しているし、その力を知っているから。共通した体験が共通認識を生み出し、それが共通言語になっている。だから実はタイ語を使っていてもいなくても、意思疎通は成立するんじゃないかってくらい、脳を覗きこんで話ができた感があります。

聞くところによると、ドンさんがアイソレーションタンクと出会ったのは2008年のこと。奇しくも2008年とは僕が妻と結婚した年。妻がそれを聞いて真っ先に「え〜偶然ですね〜」と笑顔になり、妻自身の緊張感もなくなりました。

電話でドンさんにアポを取ってもらったとき、その声色から「もしかしたら訪問を歓迎していないかもしれない」と妻が言っていたので、妻自身は緊張していたんですよね。

出会った場所はアメリカ。生まれた場所か学校がアメリカなのかは聴き取れなかったのですが、アメリカで出会い、今はアイソレーションタンクサロンを経営している。

かつてはプーケットでリゾート経営(タイではホテル経営みたいなものです)をしていたのですが、その経営は毎日面白くなく、今では手放した、と言っていました。

その点アイソレーションタンクサロンの経営は面白く、心が穏やかだ、と話されていました。

妻に警戒されているかもと言われたので、今回の訪問における基本方針は、「オーナーと友達になる」でいくからね、と妻に伝えておきました。

しかしその甲斐あったのかどうかわかりませんが、ドンさんが言うに「アイソレーションタンクを知る人なら友だちになれるんです」とのこと。あ、コレまさにだな、と思いました。

すでにアイソレーションタンクに入り、同じ感覚と価値を共有できているので、話が早い。アイソレーションタンクって、こういうものだよね、と話すと「うん、そうだよね」となる。

コレ、スゴイですよ。人それぞれの思い込みを「観念」といいますが、その観念から共通する要素を抜き出して抽象化した「概念」が、出会う前からできている。

定義付けとか不要です。言葉をひとつひとつ定義する必要はありません。なぜなら、おなじ感覚と価値を共有しているから。

極端な話、アイソレーションタンクを知る人が2人いて、片や「アレってコピー書くときいいよね」と言い、片や「アレって事業プランニングにいいよね」と言っても、その言葉に秘められた概念は同じになる。こういうものに触れたとき、こういうものを語るとき、言葉は上辺に過ぎないことがわかる。

こう言い切れるのは、タイ語と英語ネイティブであるドンさんと日本語ネイティブの僕が、コミュニケーションできているから。アイソレーションタンクの本質みたいなものがわかると、言葉はいらなくなる、ってことです。

もちろん、言葉は大切です。どこまで共通認識を「近く」する言葉を選べるか。この社会においては大事なスキルの一つですし、セールスライティングとか事業プランニングで言えば、伝える相手にちゃんと伝えることは必須だと思いますから。

でもたぶん、言葉で伝える前に伝わっている関係性を築きあげることのほうが多分大事。アイソレーションタンクを経験しておくとか、食事を一緒にしておくとか、ですね。

なかなか、アイソレーションタンクほど、初めて会う人が概念を共有できるものってなかなかないと思いますが・・・あ、アレもそうだ。タイムドメイン。

こういう場、言語不要の話を作り出すことも、コピーライティングの醍醐味というか、役割だと僕は思います。

P.S.
バンコク・フロート・センターはこちら。ドンさんは普段いないようですが、イードさんという女性スタッフがいたらいろいろ喋ってみてください〜。身振り手振り、可愛く伝えてくれますよ。

P.P.S.
日本で気軽に体験したいなら白金フロートセンター。紹介で20%割引です。面白いイベントもやっているみたいですよ〜。僕は7月に、また予約したいと思います。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




アイソレーションタンク体験@Bangkok Float Center

2回目のアイソレーションタンク経験もまた、不思議な模様が見えました。暗闇にいるにも関わらず。

白金フロートセンターでの初アイソレーションタンクの時は、ありありと長男次男が車に乗ってニコニコしているシーンを描写できたと思ったら、次に気づくと光ひとつ入らない空間にいるはずなのに、濃い青紫色っぽい模様が波紋のように見え(これを見て衝撃を覚えたことはよく覚えています)、その後は白い光が頭部を包み込むように広がり(これは目を疑いましたね)、次の瞬間には気を失っているかのような体験をしました。

そして、バンコク・フロート・センターでの体験。

設置されていたアイソレーションタンク(このフロートセンターのタイプはDream Podと言うそうです)に入り、LEDライトを消し(このタイプはLEDライトをつけたり消したりできます)、しばらくプカプカと浮いてエプソムソルトをふんだんに使った液体の波紋に揺られながら、その波紋が落ち着くのを待つと(ちなみにこの時、自分も波になった感じがしました。人間の身体の80%は水分というのは、なるほどな、ど思います。波紋と一体化するような感じです。アメーバみたいにクニュクニュって感じ)、多分一瞬眠りに入ろうとしたのだと思いますがハッとした次の瞬間、

万華鏡を覗きこんでそれを回しているかのように模様が動き出し、その次の瞬間は雫が水の上に滴り落ちた時に広がるような波紋がその万華鏡模様に現れ、再び気を失ったと思ったらハッと目覚めていつの間にか白い光の渦が眉間から頭部を包み込むように広がっていく。

こんな体験をしました。

確か上記の体験をする前に、とても鋭利な映像で何かの金属物を緑のなかでいじっているシーンがあり、「鋭利な映像」と表現するほどエライギラついてくっきりした映像でした。刃物ではなくて、定規みたいなものなのですが、アレ、何だったんですかね。天気のいい日に太陽の下で、緑があふれるところで(多分雨上がり)銀に光る定規を持っている。神社で改修工事をやっているので、そのシーンかもな、と今思いました。

白金フロートセンターの時よりはリラックスした状態でタンクに入ったせいか、90分という時間はあっという間に過ぎ去った感覚です。気づいたら水の中から音が聞こえ始め(多分始まりと終わりに流す音かもです)、その後は水流が発生するので(多分タンク内の濾過です)、ハッと気づいて起きたらすでに90分経過。

時間の感覚は、本当に不思議な感じです。もう1分とか1時間とかは意味を成さないというか。便宜上の単位に過ぎないんだな、って思います。

脳科学を勉強すると、脳は未来も現在も過去も「同じものとして認識する」ことがわかりますが、アイソレーションタンクに入るとコレにピンとくるかもしれません。未来も現在も過去も、人間が便宜上考えだした「時間という概念」ですから、脳にとってはソレは関係がない、というのもなるほど、なんですよね。

コレもちょっと違うのでしょうが、どちらかと言うと平面上に東京とバンコクという2点があって、そこに移動することと時間は似ている感じです。

なぜ「ちょっと違うのでしょうが」と書いたのかというと、空間的な縛りも本来はないんじゃないかな、と思ったからで、例えば昨日ですが、万華鏡模様の次は宇宙の星々の中にいるシーンが見えました。先ほどスカイプでコーチングをしていたのですが、そのオーナーさんからは「どこの星にいたんですか?」みたいに聞かれ、ちょっと笑ってしまいましたが。

僕が小学校の時から想像している、宇宙から地球を眺めているシーン。これが現実のものになった感じです。もちろん肉体は地球にありますし、アイソレーションタンクの中にあるのですが、

エプソムソルトが含まれた液体のなかで揺られて液体と一体化している肉体から、あの瞬間は僕の意志というか潜在意識というかは外に出ているんだな、と思います。

ちなみに、揺られていると気づくと思いますが、水滴一つが滴るだけで、その波紋で身体も動きます。右側のタンク壁に触れていたと思ったら、水滴一つで左側のタンク壁に触れたりします。自然と一体化するとはこういうことかと思えるような、そして自然のパワーを感じることができます。

バンコク・フロート・センターは「エンタープライズ・パーク」という複数のマッサージ店やショップが軒を並べる中にあり、「メガバンナー(MEGA BANGNA)」と呼ばれる巨大ショッピングモールから3kmに位置しています。

スワンナプーム空港からは多分タクシーで30分かからないくらいじゃないですかね。大通りに面していますし、駐車場もあるので、行きやすいです。

その時にいた店員さん「イード」さん(女性)のサービストークでなければ、高城さんも来たことがあるとか(来ていても不思議じゃないですが)。このお店ではなくても、バンコクのスクンビット通りの方にもう一店舗あるので(こちらは金額が高め設定らしいです)、そっちに行っているかもしれませんね。

1階から3階まであり、1階はラウンジ兼受付、2階と3階がアイソレーションタンクルームで、リビングにソファーやマッサージチェア、飲み物などが置いてあり(3階はソファーだけです)、それぞれにアイソレーションタンクとトイレ、シャワーが完備されています。

客層の大半は欧米の方々、日本人は僕で2人目か4人目、中国人(多分シンガポールとかも含めていると思います)も来るみたいです。タイ人はあまり来ないとのこと。

そうそう。

タイ人である妻は、エライスッキリして「また来る!」と言っていました。長男と次男を抱っこしたり、毎日長男の送迎で車を運転しているのですが、そのせいで凝る肩や首周りがラクになったそうです。

イードさんと僕で盛り上がっていた「模様」と「白い光」は体験できなかったそうですが、たぶん何回か行けば体験できるんじゃないかな、と思います。妻に聞くと、目を閉じるとお義母さんに預けてきた長男次男が気になって、それを考えていた、ということなので。しかし夢うつつの状態・・・シータ波の心地よさは体験できたみたいで、夢のなかで段差からスッと飛び降りた時のような身体がピクッとなる経験はしたみたいですので。

オーナーさんはアメリカ人で多分奥さんはタイ人みたいです。

「会えますか?」とイードさんに聞いたら「ダーイ!(できますよ!)」と言っていたので、妻に電話してもらって会いに行こうかな、と思います。妻に通訳してもらえるのでラッキーです。

あ、Dream Podですが、シンガポールの会社かなと住所見て思ったのですが、台湾で購入されたようです。白金フロートセンターの原田さんも、バンコクのアイソレーションタンクは台湾製ですよ、と話されていたので、なるほど、と。

シンガポールじゃなくて、台湾によって日本に帰るかもしれません。

これぞ『7つの習慣』で言うところの「再新再生」かな、と思います。

ワイズマンが言うところの「ソフトフォーカス」を常時やるような状態。

つまり潜在意識にアクセスできている、ってことなのですが、ぜひ興味のある方は、一度体験してみてください。

P.S.
白金フロートセンターの原田さんは、アイソレーションタンク内で起こった現象を話すだけで、その根拠を教えてくださいます。初めてのアイソレーションタンクで、バンコクに飛ぶのもオススメですけどね^ ^

白金フロートセンターはこちら。紹介で20%割引ですので、よかったら僕の名前を使ってください。

P.P.S.
ワイルドサイドの島田さんが話していますが、

日常では味わえない
脳内トリップを体験できますので、
僕らみたいに脳を資本として
活動している人間にとっては
大きな効果があるように思います。

とは確かにその通りだと思います。島田さんの記事はこちら

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓