暑い国から寒い国へ。

お楽しみ様です。小野貴正です。

現在、上海の浦東空港にいます。トランジット時間を利用してビジュアライズや腹筋、写経、ブログの更新をしているところです。アメリカーノが飲みたいと思い、第1ターミナル一番奥の方にあるスターバックスで、コレを書いています。

バンコクのスワンナプーム空港では半袖とかハーフパンツとかがデフォルトでしたが、ここではダウンジャケットやコートがデフォルト。暑い国から寒い国へ。見た目にも違いは明らか。

もし上海で雪が降っていたら中国に入国しようと飛行機のなかで考えていたのですが、外は雨。このまま外に出ると、生煎や焼きそばのグルメツアーになりそうだ・・・と思い、外に出ることをやめておくことに。

スタートアップガイドの動画解説版作成やプロモーション、そしてレビュー。また、マスタープランに関する課題をやっていこうかな、という感じです。

そういえばひとりでいるのは1ヶ月ぶりくらい。12月の後半からタイに行って家族と合流し、一緒に日本に行ってタイに戻ってきましたから、結構長い間生活していたんだな、と。一人でスタバに入って椅子に座ってMacをタイプしているというのは、エライ新鮮な感じ。

しかし、鼻がぐじゅぐじゅしているということは、やっぱりここは寒いんだな、と。

念の為にと携帯していたダウンジャケットを着るほどではないですが、ほかの皆さんがほとんどダウンなどを着ているのを見ると、コレは僕も着るべきなんじゃないかと思えてきます。多分現在、寝不足の関係で体温調整がおかしくなっているので、どうしたものかと。

寒暖差に対する体調のセルフコントロール術を身に着けたいとつくづく思います。妻は薬を買ってそれ飲んで調整しているようですが、極力薬は飲みたくない・・・。

僕の場合、不思議なもので寒いほうがこういう発想が湧いてくるみたいです。もしかしたらそれが普通かもしれませんが、暑いところに行くとダラ〜ンとしちゃうので、「こうしたほうがいいかな」という発想自体がなくなりがち。

そう考えると、タイの、特に男性たちがダラ〜ンとして働かないというのは、うなずけるところです。僕もタイで生まれていたら、そうならないとは限りませんから。

コレは私見たっぷりですが、というよりも調べてもいないので個人的な思い込みに過ぎないかもしれませんが、変化とか改善とか、イノベーションとか、そういうものって寒いところ、寒い季節があるところから起こるような感があります。それならシベリアとかアラスカとか、そういうところがもっと発展していていいだろうとか言われそうですが、極端すぎるのはちょっと違うかな、と。

北欧とかドイツとかフランスとかイングランドとかのヨーロッパ諸国、アメリカ。そして日本や韓国、中国などなど。

もちろん最近ではインドとかインドネシアとか、タイやマレーシア、シンガポールなどのアジア諸国もグーンと伸びてきていますし、中東の国々もそう。

なんとなくですが、工夫のはじまりは寒さがある国から、のような感覚があります。たぶんですがその理由は、

暑い国は、生活するにあたって寒い国ほど工夫が必要ない。だったら、変化を起こす必要性がないのかな、と思ったり。作物も、エライ豊かに育つイメージがありますから。何があっても食べることはできる。でも寒さがある国は、そういう訳にはいかないからこそ、ビニルハウスとか、ね。

そんなことを上海で思いました。

次にタイへ戻るのはソンクラーン前の3月。この時期は暑いというよりも熱いという漢字がフィット。

この時期に長男次男の送迎をやるというのは、ある意味試練なんですよね。ホントに、熱いので。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




結婚記念日(8年らしい)。

お楽しみ様です。小野貴正です。

朝起きると妻が何やらニヤニヤしているので、何かあったのかと聞いてみたら今日は結婚記念日らしい。アレ、僕は21日だと思ったけれど、20日だったっけ・・・。まぁ、妻が言っているのだから20日がそうなのでしょう。

9年だっけ?と言ったらちょうど8年で、これから9年目とのこと。どうも、1日とか1年とか早く、僕のほうがカウントしているみたいですね。

1月20日を一緒に過ごすのはかなり久しぶりで、7年ぶりか8年ぶりくらいになると思います。2015年はマスターマインドやコーチングの関係で、1月17日に帰国していたみたいなので。そういえば毎年、結婚記念日なのに・・・とか言われていたような感もありますね。

そういう意味では、久々に1月20日を一緒に過ごせてよかったな、と。今日の夜には空港に向かうので、夜は訪日で妻が美味しいと言っていた「そうめん」を振る舞うつもり。日本から揖保乃糸とつゆ、チューブ入り生しょうがを持ってきたので。

しかし結婚して8年か〜。結婚しても別居生活をずっと続けていたので、ここ1年の生活のほうがよほど新婚生活な感じがあります。

長男の幼稚園に行って父親イベントや家族イベントに参加したり、送迎したり、塾に通わせたり、小学校受験したり。

小学校に通うことを考えて、また妻にとっての環境を変化させたくてバンコクのコンドミニアムを借りようと引っ越しを考えたり、下見に行ったり。

コンドミニアムの下見は日本と変わらず、1つ2つ見て「ここで」と決めてしまうくらい、いろいろまわる情熱はありません。しかし、小学校から徒歩10分以内ということと、駅そばであること、そして住んでいる人の雰囲気や従業員、ガードマンの雰囲気、プールやジム、緑のある環境であることが決めていた条件だったので、あとは車を走らせている時にビクンときたコンドミニアムに飛び込んで、という感じですぐ見つかりました。

先日パタヤで泊まったアコーホテルグループの枕やベッドシーツを妻が探したり、僕は僕でヘブンリーベッドとヘブンリーピローが通販で買えることを確認したり。一度経験していいなと思ったものがいいよね、ということで、特に枕は大事だと思いますから。

食器は長男次男がうっかり投げたりしても割れないような材質を選ぼうねとか、まぁ、8年経ってようやく家族の生活というものを楽しんでいます。

そういえば、「お父さんという名の知らないおじさん」的な視点で長男から見られていた僕ですが、2015年後半から2016年の今にかけて、エライ関係性がグッと縮まりました。だいぶコミュニケーションも取れるようになってきましたし、僕の言うことも聞くように変化してきました。

歯磨きやご飯をひとりでやろうね、と言うとちゃんとひとりでやったり。毎日のように「ラック ポー マクマーク」、お父さん大好き、みたいな感じですね、と言ってくれ、今では次男までもその言葉を真似するように。

同じ場所で時間を過ごすだけで、こんなにも変化するものなんだな、と。環境が大事とはよく言ったものですね。

このブログやメルマガでも言い続けていますが、家族はもちろん、親族や友人、知人、仕事で付き合う人など、一緒にいる人たちで自分の行き先も決まってくるのも事実。

それ言ったら結婚相手って大事だよね、ってことにもなるのですが、妻が『バビロンの大富豪』や『7つの習慣』を読んで、変わりつつあることも事実。

ずっと一緒にいないからこそ夫婦ゲンカもしないとは一理ありますが、とは言え8年間一緒にやってきたのも事実。

9はタイにおいてはラッキーナンバー。9年目の2016年は、より良い年にしていければ、と思います。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




正解はない。

お楽しみ様です。小野貴正です。

1月の訪タイテーマも今日で一段落。

長男の学費を納め、次男の幼稚園を予約し、コンドミニアムも予約した。あとは妻に任せても大丈夫だろうということで、近々日本に戻ります。

戻ってからは打ち合わせとかプロモーションとかセミナー参加、ビーコン合宿に対面とスカイプコーチングなど、2月5日までは割と活発。2月6日からは國學院大學に通って神職免許を取得するため、1ヶ月ほど静かになる予定(表向きはです)。

3月後半にまたタイに戻るので、その時はタイ語の家庭教師をつけることになりそう。たまたま長男が通っていた塾っぽいところの先生が、「弟が翻訳とかタイ語と中国語などの先生をやっているの」となり、「よかったら家まで行って教えることもできるわよ」というので、ぜひ、となりました。タイのことなので、マイペンライでスルーしちゃうこともあるかもですが。

しかし3月からの新生活を迎えるにあたり、準備するのはなかなか面白いものです。食器とかベッドシーツとか、何色にして・・・みたいな話を妻にしています。明日で結婚8年目か9年目に入るのですが、思えばこういうことを今までやってこなかったな・・・とちょっとしみじみ。

生活の空間が変わるというのは、エライインパクトのある出来事だと思っていて、習慣を変えるのにももってこいだと考えています。長男次男が自主的に歯磨きとかごはんを食べるとかできるようになるよう、最初は特にタイでの生活時間を増やす予定。

日本には1ヶ月に一度戻る感じで打ち合わせやコーチング、セミナーなどを行うことができれば、と考えています。

日本でお世話になった家賃35,000円のアパートも、3月いっぱいでお別れ。8年間、結婚生活と同じくらい長く付き合った部屋ですから、やっぱり少しは感慨深くなる。

2016年はいろんなところで、新しい生活が始まります。

さて、正解はない。

打ち合わせやコーチングをしている時によく話す内容の一つに、正解はありません、というものがあります。例えばセールスライティングスキルを身につけることに関して、こうすればうまくいく、なんて方程式はない。

生まれ育ちはもちろん、現在に至るまでの過程が異なるわけですから、ある人にとっての正解が、別の人にとっての正解であることはマレ。正解が似ていることはあっても、同じことはまずないんじゃないかな、と思います。

例外は、原理原則的なこと。コレは在り方とかインサイドアウトとか、なぜそれをするのかとか、そういうもの。しかしこれは「型」としての正解であり、内容そのものではない。自分の価値観が他者と同じということは、まずないのですから(私見です)。

正解がないと、人はもやもやするもの。だから、仮にでもいいから「こうである」という絶対的な解が欲しくなる。

AはBで、BはCだったら、AはCである。こんな風に人生とかライティングスキルアップ方法とかを当てはめることができれば、どれほどラクか想像に難くないですし、こういうものを求めている人こそ、いわゆるノウハウコレクターとかチャンス追求型とかなんだろうと思います。

正解がないというもやもやした状況を、飲み込んでおいておく。望む人生を歩みたいならば、こういう在り方を身につけておきたいもの。

わからぬがよろしいで、いきましょう。

・・・とここまで書いたら、以前もこんなこと書いたな〜と思い出しました。

ついでに、と言ったら失礼ですが、ミスターアルケミストもそんなこと書いていましたので、紹介しますね。

(なんでもいいから)病名をつけて欲しい。
(Be Alchemistより)

P.S.
メルマガもはじめたみたいですよ。錬成陣とは、古風な感じにヤラれた。執行草舟さんに好まれそうだ・・・。

P.P.S.
写真は、長男の制服採寸会場。僕が知るかぎり、タイはどうも幼稚園から制服みたいです・・・高校まで、男の子は半ズボン。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




LINEが連絡網のインフラになっていてビビった。

お楽しみ様です。小野貴正です。

先程まで5月から入学する小学校の父母説明会に行っていました。小学校らしからぬエライ広い大講堂とエライ寒い室温。寒い寒いと肌をこするタイの方続出でも温度を上げないというのは、昔ながらのタイを見た感があります。

今日の説明会、というよりもオリエンテーションになるのかな、その会場はこの小学校の高校部門。14階とかそのくらいまである建物にはその昔、小学校部門もあったとのことですが、生徒数が増えて今では小学校を別の場所に移転したとか。

全体でのオリエンテーションが終わったあと、各クラスにわかれてオリエンテーション。長男がお世話になるタイ人の先生と英語ネイティブの先生が待つ教室に行き、そこでしばらく説明を受ける。しかし・・・声が細いのか、全く聞こえず。まぁ、妻が聞いているから大丈夫だろう、と。

その後、なんとなくそんな予感はしていたのですが、父母が自己紹介することに。コレももちろん、「やってね、お願いね」と妻にワイして話せば大丈夫だろうと思ったのですが、どうも僕の前2人が男性だったので、妻が「父親がやったほうがいいよ」といい、仕方ないので立って頭を下げる。

妻が難聴であることを先生に伝えてくれると、その先生がそばによってきて話をしてくれたのですが、やっぱり聞こえず「聞こえません」と伝える。先生と妻がフォローしてくれ、自己紹介終了。難聴はともかく、タイ語と英語の聴き取りをやらねば、と火がついた瞬間でした。

しかし・・・イヤダイヤダというのにお化け屋敷に入れられて、「あとからついていくから先に行ってね」と約束したのに、僕を立てにグイグイ押されてお化けの盾にされる・・・そんなことを思い出した自己紹介でした。

この日はじめて知ったのですが、長男のクラスは授業をほとんど英語でやるとか。タイ語の授業は別にあり、基本の授業用言語は英語。あ〜だから、英語ネイティブの先生が英語で説明していたのか、と思いました。つまり、お父さんもお母さんも英語できますよね、と。そういえば英語できそうなお父さんお母さんばかりだった・・・。

妻も僕も英語は苦手なので、やっとかないと長男の宿題を手伝えないな〜と思いながら、説明会は終了。

驚いたのはここから。

先生がスマートフォンを取り出して、何やら言い始めました。なんと、LINEのID交換がはじまった!

妻もさも当然のように先生とLINE IDを交換し、あ、先生個人のLINEではなくてクラスのLINE IDみたいですが、早速クラスのお父さんお母さんが写真送ったり自己紹介したり。

まさか、というか多分ですが、連絡網とか欠席連絡とかも、LINEを使うんだろうな、と。もう、インフラストラクチャーですよ。LINEは。

Facebookはなぜこういうインフラには使われないのだろう(使っているところはあるかもしれません、私見です)、と考えたところ、機能が多すぎるんだろうな、と思う。あと、登録時のハードルが高い。Facebookはデータベースのようなイメージです。だからチャット機能だけを使うには重い感じがするのかな、と。

LINEの場合、基本的にはチャット機能ですから、お手軽感があります。機能を絞るというのは、長所にもなるんだな、と。

マーケティングは排除である、と似ているな〜なんて思いつつ、LINEというイチ企業のサービスを学校のインフラにして大丈夫なのか?とか思ってしまいました。

サバーイでサドゥアックなタイならではの現象なのか、と思いつつ、日本でもそんな状況になっているのかどうか、妹にでも聞いてみようと思います。

P.S.
そういえばタイの繁華街でも連絡先交換はすっかりLINE。電話番号交換が懐かしい・・・

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




パタヤ。ルーズさが贅沢なんだよね。

砂浜に足を踏み入れると迎え入れてくれた女性が「こちらへどうぞ」とデッキチェアヘと先導する。そのチェアに座るとメニューが手渡され、パラパラとめくる。妻が生ガキや焼エビなどを注文し、その後は砂浜を往復する売り子が柔らかい子ガニの唐揚げや揚げ春巻きを勧めてくる。

朝の雨模様は姿を隠し、太陽が降り注ぐなかで目の前にはパタヤの海が広がる。注文したモノが次々に登場し、それを妻と一緒に口へと運びながら長男次男が砂浜で遊ぶのを見守る。

1メートルか2メートル先はもう波打ち際。パタヤのビーチで食べるカキやエビが、とても贅沢なものに思えた。

小野貴正です。

現在、パタヤを離れてすでに家。15時ころにパタヤをでたら17時には家に着いていました。

タイ時間で5時から10時まではスカイプを行い、その後は妻と長男次男が一足先に向かったホテルのプールゾーンへ。このホテルのプールは2つあり、1つは5階のレストランに併設されているプール。食事やお酒を楽しみながら泳げるような、大人向けのもの。そしてもう1つが1階にあるプールで、ここではウォータースライダーや結構な高さからの飛び込みが楽しめるなど、子どもも大人も楽しめるもの。

日本であれだけ公園に行ってはすべり台を楽しんでいたので、長男も次男もウォータースライダーを楽しむのかな、と思いきや、長男は子ども用の短いものを楽しむのみで、次男は「クルア〜」といって近づこうとしない。かろうじて水には入るようになったものの、怖がりなのは変わらず。

妻に促されて僕は一人で長い方のウォータースライダーへ。こんな本格的なものを楽しむなんて、何年ぶりだろう。いや、十年とか二十年ぶりかもしれないな・・・。

スラっとしたスタイルの多分インドとかそのあたりの国籍の女の子から「お先にどうぞ」と言われ、「いやいや、どうぞ」と譲りあったのち、僕が先に滑ることに。

まあこんなのたかが知れているよね、とスライダーに飛び込んだ瞬間、なんかエライ勢いで加速してチューブ状の上側がなければ、激しくコースアウトして吹っ飛んでいるくらいの状態に。

思わず目をつぶりそうになると黄色いチューブの景色が外の景色に変わり、視界が開けたと思ったら水の中にジョボーンとダイブ。

鼻に水が入って少し痛かったものの、かなりの爽快さにウキウキ。

氣を良くした僕は、飛び込み台に向かい、階段を登る。そばにロッククライミング用の壁もあり、岩を模した飛び込み台はなかなか良く出来ていて、途中の飛び込み台から下をのぞくとそんな高くないと感じたことから、雰囲気を楽しみに一番上の飛び込み台へ。

そこで岩場に手をやり、水面を覗き込むと、ちょっとビビる。あれ、意外に高いじゃん、って。

しかしギャラリーの目もあるので「なんかあの坊主、ビビってるんじゃない?」って思われるのもシャクだから、エイヤと水面に向かって足から飛び込む。

ドッポーンと水しぶきを上げて僕は、3メートルの深さまで潜り、その後空気を吸おうと上へと向かう。

やっぱり鼻に水が入ったものの、エライ爽快な感じ。

コレは長男次男にも父親のたくましさを見せねばと、「ちょっと一緒にやらない?」と誘ってみるものの、長男はプールで出来た友だちと遊ぶのに夢中で次男も友だちと水際でのミニカー遊びに夢中。

仕方ないので、一人で3回ほどスライダーと飛び込みを繰り返し、チェックアウトをするためにプールをあとにすることに。

プールでも海でもそうなのですが、監視員の方がエライルーズな感じ。日本でウォータースライダーとかやる場合、必ず監視員の方の合図で滑りはじめたりするイメージが有りましたが、ここでは見ているだけ。正直、玉突きが起こってもおかしくないなかで、コレはなかなか勇気がいるよな、と思いました。

コレはタイのホテルが高層階でも外に出られることと関係しているのかな、と思います。自己責任の文化というか。安全が守られる感のある文化も、子ども連れには安心ですから、う〜ん、甲乙つけがたい。

しかし、このルーズさが僕にとっては自由度が高く、エライ贅沢に感じます。

明日は、5月から通う長男の小学校で父母向けのミーティングが開催されます。個人的には、ミーティングそのものよりも学校そばのホテルにあるロビーラウンジでケーキとコーヒーを楽しむことに、頭がいっぱいです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓