なぜタケノコは朝掘りがいいのか?(朝活も同じ)

朝から母がせっせとタケノコを切ってはデカイお鍋に入れていました。外に出てみると、父が早朝から行ってきたタケノコ採りの成果か、デカイタケノコがごろんごろん。

なんでも、タケノコ採りのプロのような人と一緒に山に入って “なぜタケノコは朝掘りがいいのか?(朝活も同じ)” の続きを読む

なぜ、日比野さんはプロデュース契約を依頼されたのだろう?

先日のウェビナー開催時、本人から「使ってください」と許可をもらいましたので、なぜ日比野さんがプロデュースの年間契約+成果報酬を依頼されたのか?僕視点で書いてみたいと思います。

ビート・ザ・コントロールシリーズとして、独立起業している、また独立起業する皆さんの参考になれば “なぜ、日比野さんはプロデュース契約を依頼されたのだろう?” の続きを読む

吉報続編。

『江副浩正』を読んだからなのか、今日は新大阪でホテルを取りました。

新幹線の駅にビルを建てていったという話を本の中で初めて知りまして、旧本社ビルである通称G8ビル、そして僕が通っていた通称G7ビルと同じようなハーフミラーのビルを探していたら、南口になるのかな、ロータリー前にありました。

かつては “吉報続編。” の続きを読む

吉報。

歯医者の予約前に渋谷のマルイにやってきまして(今でもマルイなのかはわかりません、、、)、スターバックスでほうじ茶を飲み、『江副浩正』を読了してチャットワークを開くと、メッセージが。

ある新規プロジェクトに関する1年間のプロデュースとライティングを、プロデュースは言い値で “吉報。” の続きを読む

成長、ブレイクスルーの条件。

月一度のプライベートコーチングとグループコーチングの場が、僕にとっては憩いの場になりつつあります。

かつてアプレンティスに学んでいたころを思い出しました。アプレンティス開講日以外は会社に行き、会社の就業時間前後でセールスライティングの勉強と実践。

だからアプレンティスの日が “成長、ブレイクスルーの条件。” の続きを読む

何が何でもやる、と決めたらやる。それが習慣を変える。

何が何でもやる、と決めたらやる。と言うのはカンタンで、行うは難し。難しといってしまったら本当に難しとなるので普段は言わないようにしていますが、今日は書き出してみました。

現在、コメダ珈琲におりまして、しかも新宿です。なぜ “何が何でもやる、と決めたらやる。それが習慣を変える。” の続きを読む

手遅れ、ということはない。

「変化する瞬間があって、そこに情熱を感じる」

こう教えてくれたのは加納さんで、彼女は集客のコンサルティングをしています。クライアントのひとりは元小学校の先生だったようで、その人がこんな言葉を話していたとか。

これを聞いたとき、ああこれはわかる、と相槌を “手遅れ、ということはない。” の続きを読む

目の前の仕事は遠くのゴールに繋がっている(ゴールだけ見ていても到達できない)。

ハタから見ていると、それじゃゴールにたどり着かないぞ、とわかるのに、自分の目標達成に繋がるかになるとわからなかったりします。

僕自身、こういうことを体感しておりまして、それに気づくたびに、穴に入りたい気持ちになるのですが・・・

穴に入ってもモノゴトは改善するわけでも “目の前の仕事は遠くのゴールに繋がっている(ゴールだけ見ていても到達できない)。” の続きを読む

今日の勝利感。今日してしまった言い訳。

「小野さん、ゆでガエルになってますよ」

と言われたかどうかはわかりませんが、2017年は見るべきところを見て行動していなかったというか、違和感を感じていたのに「我慢しなければ」とか言って蓋をしていたとか、本来焦点を当てて注力すべきところに注力できていないと結果が示してくれた年でした。

2018年も継続して “今日の勝利感。今日してしまった言い訳。” の続きを読む