オウンドメディア記事のライティングレベルを知る方法と1,000万円クラブ。

2日前だったと思いますが、ダンコレの打ち合わせを兼ねて岡本さんのところへ。心斎橋に構えた店舗では岡本さん自身がお客さんと接するということから、また表の世界にでてきたんだなぁ、と。もうミスターフィクサーという呼称では無理があるかなぁ、と思います。

35階に上がり店舗に入ると、目の前にはなんばやその向こうの景色が足元からズラーっと広がる。夜が深まるごとに、街のネオンが煌めく絨毯のよう。

足元から天井までの窓ガラスは、部屋と外を結ぶ唯一のモノであり、あまりにキレイな窓ガラスに気づかず頭をぶつけてしまう人もいるほど。

窓ガラスの外はバルコニーのようなものはもちろん、ひさしのようなモノも何一つないため、ギリギリまで近寄るのが怖いほど、つま先から30センチ前の地面を見て取ることができます。窓ガラスがなかったらそのままダイビングができるほどのつくり。強化ガラスなのでしょうが、それでもなかなかの迫力と怖さでした。

オープン用に準備しているホームページやランディングページのイメージとダンコレ店舗のイメージが一致しているかどうかを確認するためにも訪れたのですが、重厚な雰囲気と洗練性。服を売るというよりはライフスタイル提案。そういう意味でやや硬めながらもスタイリッシュな文章とビジュアルをイメージしていましたが、見に来てよかったなぁ、と。

岡本さんも言っていますが、ライティングに必要なセンスのひとつに「現実を知っているかどうか」もある。リアリティのある、読み込ませる文章というのはライティング担当の体験や現実味のあるリアリティにかかってくることが多い。

社長や経営者、起業家でないのに彼らの悩みを理解することはできない。逆もまた然りで会社員でないのに彼らの悩みを理解することなどできない。だからこそ両極を経験すべきで、いうなればこれは、「なんでもやってなんでも経験しよう」ということ。大前研一さんもそんなこと言っていたなぁ、と。

レジを鳴らすことそのもの、家族と過ごすことそのもの、人と接することそのものを楽しむべきであり、それこそが人生の質を高める。意訳するとそんなことをジョン・カールトンも言っていたような。違ったかな。

ライティングやコンサルティング、マーケティングなど、集客やセールスに関わるならば、人を知るということは必須。人への興味と両極まで見る人生経験こそが、それらの質を高める。

昨日、対面セッション終了後に阪急メンズ館に行き、靴やボリオリ、ベルルッティを見て回りましたが、一緒に行ってくれた東原さんが、「器が大きくなった気がします」と言っていました。

その感じ方はセンスがあるな、と思いまして、なぜなら自分の知らない世界を知ったことがうかがえるから。

僕自身もそれは同様で、例えばスーツケースといえば僕にとってはリモワ。ジェラルミン素材でつくられた銀のリモワは見た目の通りクールな印象を与えてくれます。一方ベルルッティのスーツケースはその革の表情からして温かみがあり、見ているだけで気持ちが整ってくる。人に寄り添うスーツケースというか、そんな感じ。そして値段はリモワの5倍は違う。

そういうものがあるということを知るだけで、自分の経験、自分の常識はアップデートされます。僕はこういうアップデート作業、自分の常識を超えることが大事だと思っているので、ぼーっと店内を回ったり旅をしたり人と話したり、というのをやっています。

結果的に、自分という器が広がっていく。他者の経験まで体感できれば、人間についてより多くを知ることになります。どんな悩みを抱えていてどんなことを望んでいるのか。他社の経験を体感すればするほど、リアリティをもって理解できるようになり、リアリティのあるコピーが書けるようになる。適切なインプットがあって、適切なアウトプットができる。

こういうリサーチをする人が評価されているのは喜ばしいことで、京都日々新さんの記事は、知る人ぞ知る投資系教材を販売する会社の、オウンドメディア担当から認められています。なんでも、相当に鍛え上げたライターさんと同等の文章を、京都日々新さんは書いてくるそうですから。岡本さんいわく、その担当者は日本で一番オウンドメディアの記事を読み込んでいるのでは?とのこと。元プロレスラーというのが、いいですよね。

その担当者が岡本さんに「小野さんを紹介してください」とお願いすることからは、ビーコンコーチングメンバー全体の記事レベルの高さもうかがえるという意味で、僕自身恵まれているなぁ、と思ったり。

僕が自分自身のセールスコピーレベルを客観視できるようになったのは、実際にレジを鳴らすことを体感したからですが、業界の第一人者的な人から評価されるというのもまた、自分自身のレベルを客観視できる機会になります。

面白いもので、そういう他者理解を得られるようになると、一層レベルが上がってきます。自分自身の目が肥えて、自分自身への要求水準が上がっていくというか。

そうなると、毎日が面白くなってくるんですよね。

岡本さんからは「メンバーさんが増えてきて僕からの依頼では物足りないということでしたら、直接その担当者とやり取りできるようにしましょうか」と言ってもらえるなど、仕事そのものを発注するだけではなくて、クライアントさんそのものを紹介できるようになってくるかな、と。

1,000万円クラブが、現実的になってきたかな、コレは。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ビーコンランチミーティングとダイレクト出版とミスターフィクサー

こんにちは。小野貴正です。

現在、京都の河原町松原にいます。ホテルの1階に窓側一面がカウンター席になっているカフェがあったので、移動する前にブログを更新しておこうと思った次第。

昨日は3つのイベントが行われました。1つはビーコンランチミーティング@大阪、2つ目はダイレクト出版訪問、3つ目はミスターフィクサー訪問です。ミスターフィクサーのみ、ちょっと詳細明らかにできないのですが、かいつまんで共有しようかと。

ランチミーティングは参加される方の関係で、早めに開催しようと考え、予約していたアフタヌーンティー(ハイティーというらしいですが)は11時からだったのですが、10時集合に変更。予約していたロビーラウンジでコーヒーでも、と思ったのですが、なんとそのロビーラウンジ自体が11時からオープン。それで急遽同じフロアのレストランでコーヒーが飲めるかどうかを確認し、そこで一次会を開催。

今回の参加者は方やセールスライティングを学び始めたばかり、もう一方の方はスキルにフォーカスで取り組みつつ仕事も獲得しています。

現在、感想を集めていますので、集まり次第、ブログで紹介しますね。

その後は15時からダイレクト出版さんで約束があったので、本町に移動。本町は昔、何かで取材をした記憶がありましたが、随分街が変わっている印象でした。ビルが出来て近代的になったというか。もともと、ビジネス街っぽい感じでしたけど。

寺本さんに「ひよこサブレ」を渡し、ごますってきました。ワイロです。詳細は省きますが、東京都合わせて大阪のメンバーさんとも挨拶できたので、良かったです。予想していたとおり、仕事が変わるな、と思いました。というか、変わるんですけどね。

寺本さんと打ち合わせた後は、レスポンスチームの山田さんと編集長の桑原さんが登場です。今回ホントに偶然だったのですが、僕が寺本さんにアポとったタイミングで山田さんからもメールを貰い、

「お願いがあるのですが・・・」

というヘッドラインで僕の興味を掴みつつ、コレはスゴイ寺本さんとの合わせ技だな、と思ったのです。しかし、ホントに偶然だったことには驚き。大阪に引っ越そうかな、と一瞬思いましたね。

山田さんと何をしたかというと、もしかしたらいずれわかるかもしれませんので、ココでは伏せておきます。というかたぶん、オフレコですよね、というよりも、僕も何をするのか分かっていないので。

この日はダイレクト出版さんに呼ばれているな〜という兆しが朝からあったのですが、それは寺本さんのメルマガです。ゴールありきで目標を、というやつですね。Be Do Haveです。この話で使われていたエピソードとリンク、僕が書いたセールスレターだったので、寺本さんに聞きました。

「今朝は、メルマガで素晴らしいメッセージをありがとうございます!」

と。すると寺本さんは、「・・・」「・・・」「・・・え?」という感じで、「あ、それは偶然ですね。アレ、小野さんだったんですか〜」とのこと。アプレンティスで提出したのに。。。

ちょっとコレ話が尽きないですね。あと2つ。1つは、小川さんが歩いているところを見ました。山田さんに「あ、あ、あ、あ、あ、アレ、お、お、お、小川さんですよね!」と言ったら、普通に歩いていますよ〜とのこと。こっちをチラチラされていたので、挙動不審感がいいですね〜。山田さんが言うに、「小川さんは小野さんの存在もレターも知ってはりますよ」とのこと。

あ、あいさつ忘れた、、、また今度にしよう。

そして最後、ミーティングルームですが、ホントに椅子なしの立ちっぱなしです。しかしコレ、頭冴えますね。オススメです。

で、最後のイベントはそのまま本町の居酒屋でミスターフィクサーと会うのですが、、、この人、たぶん僕らが知っている有名ドコロの方々の先生です。エライ兄貴っぷりのいい方で、もう頭の回転はもちろん、人を見抜く目がスゴイのなんの、って感じです。

この人との話で、僕が持っていたビジネスアイデアを2つ走らせることにしました。そして新しいものもイケるかな、という感じです。

ですので、またコレもブログでお知らせできるかな〜と思います。ただ、ミスターフィクサーのことは内緒ですが。なんか業界が激震しそうなので(大げさですね)。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ワイズマン、ヤバイ!(1,000万円クラブを実現しようと思ったら)

こんにちは。小野貴正です。

2015年のマスタープラン実現のため、コレまたマスタープランにスケジュールしていることに「1,000万円クラブ」というのがあります。

コレは簡単に言ってしまうと、コーチングプログラムに参加されているオーナーさんと一緒にライティングビジネスを作り上げ、目安としては1,000万円程度の報酬を、毎年安定して得ていきましょう、というもの。

この1,000万円規模のライティングビジネスはあくまでもビジネスなので、成長し続けられるように設計します。ですから瞬間最大風速的に、倍額返金保証つけてドーンと売り切る類のものではなく、

クライアントさんやエンドユーザーさんと一緒に成長し続ける、WIN-WINのビジネスモデルを作っていく感じです。

核となるスキルはセールスライティングですが、ビジネスを作っていくのであればデータ分析とかコールドリスト用の打ち手、ハウスリスト用の打ち手、強みやウリを発見してソレを市場に伝えていくコンセプトワークのやり方などなど・・・

こういったものもあったほうがいいので、ソレを例えばですがダイレクト出版さんのセミナーで楠瀬さんが話されているところの「休眠顧客集客代行」と組み合わせて使うとかして・・・

クライアント獲得だけではなく、無料コンサルティングをオファーにし、クライアントさんと一緒に成長できるライティングビジネスを作っていく、ということです。

コーチングに参加されるオーナーさんは、ライティングスキルを獲得して伸ばしたいことももちろんなのですが、それ以上に理想のライフスタイルの実現とか安心できる毎日の実現とか、そういうところに重きを置いていることがわかりました。

ですから僕としても、スキル獲得はひとつの手段として、ゴールに到達するためにどうすればいいかを考え続けてきたところ、

この1,000万円クラブというのが出てきたわけです。

僕の目的は1,000万円規模のライティングビジネスを作り出していって、それをコーチングのオーナーさんに譲っていくことで、オーナーさんのゴール実現を成し遂げる、ということ。

僕一人でライティングするビジネスをしたって一人で書ける本数は決まっていますし、それよりはむしろ、そのビジネスをオーナーさんに譲渡していくことで、より多くのライティングビジネスを生み出すほうが、

僕の価値観には合っている、と思ったんですよね。コレ、明確にそう思ったのはつい最近ですが。

元々コーチングをはじめた時、「オーナーさんとビジネスを作っていく」という考えでしたので、実際にそういう考えのもので現在もコーチングをしています。

1,000万円クラブについてもっと知りたい!と思われる方は、メルマガにご登録ください。近々、メルマガ読者にお知らせする予定です。

さて、ワイズマン。

この1,000万円クラブを早く的確に稼働させようと考え、4月からワイズマン率いる賢者舎で学び始めました。参加の決断はワイルドサイドの島田さんの影響が大きいのですが、

僕自身が1,000万円超のライティングビジネスをやっている経験に加え、事業プランニングをプロとしてやっている人から学んだほうが早いので。

1,000万円クラブを稼働させるとか、ゴールは決まっていますから、後は誰に学ぶかが大事、というわけです。

それがワイズマンであり島田さん、ということですね。

それで昨日ワイズマンの動画を観たのですが、確か最後、画面に近寄ってきて「あなただけです」という一言をこちらに投げかけるのですが、コレがまたエライカッコ良くてしびれました。

独自の雰囲気が感じられるパワーポイントのスライドとか語り口とか、オープニングとエンディングのロゴとか、あ〜コレはハマるな、って感じ。

誰に学ぶかで大事なのは、その誰を信じられるかどうかだと僕は思っていて、

どんなに実績があってもその人個人を信じられないなら多分スキルアップには繋がらない。たとえばダイレクト出版の寺本さんに学んでも、寺本さんを信じられないならライティングスキルは伸びないんじゃないかな、と思います。

しかしあの動画を見たら、ワイズマンを信じる人は続出するんじゃないかな〜ってくらい、カッコいいエンディングでした。第2章が楽しみです。

そうそう。

あまり大きな声では言えませんが、第1章の課題はマスタープラン作成でしたよ、と昨日のブログで書きました。マスタープランとは言っていませんが、似ています。他にも言葉は違えど、付き合わない相手を決めて断つことの大事さなど話されていましたので、

コレは原理原則なんだな、と思いました。

あらためて、コア・バリューとかマスタープランとか、今日は「誰に学ぶか」の話をしましたが、それ以前に「何のために学ぶのか」、これらが大事です、とお伝えしておきます。

P.S.
写真は松陰神社で撮影した「明治維新胎動之地」石版です^ ^

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓