仕事選びに必要な視点。

昨日の打ち合わせが興奮するものだったというか、個人的な課題のためにもエラい貴重なものだったというか、そんな感覚を体感したので、奈良のホテルに移動したあとはフロントにお願いしてチェックアウト時間を延長してもらい、ビート・ザ・コントロール株式会社のコア・バリューとマスタープラン “仕事選びに必要な視点。” の続きを読む

グランドデザイン。

木坂さんのパフォーマンスアップセミナー初日が終わったあと、島田さんとともに恵比寿へ。

焼き鳥をつまみつつ、少し城ドラに興じたあとはグランドデザイン作成の続きへ。

前回までに考えた内容を島田さんがチャットワークとノートに記してくれているのでそれを再度確認しつつ、大枠から細部へと数字で落とし込んでいく。

僕はこれまで大まかな数字設定はしていたものの、その数字には根拠が無いというか、それほど数字目標を重要視してきませんでした。

先に年収目標を決めることにそれほど意味があるとは思えません、というような発言をすることもあるのですが、「こういうふうに仕事をして生活をしている」という必然性があってはじめて必要とする年収が決まり、年収目標を設定する、という順序だと考えているからです。

実際、曖昧な数字ではあっても方向を定めたらまず試してみて、市場がありそうだとなったらブラッシュアップしてさらに試す、ということをやってきたら自ずと数字は増えていくことにもなりますから、数字よりも行動のほうが大切だと、マイケル・マスターソンがいうところの「構え・撃て・狙え」のほうが大切だと思っているわけです。

しかし、こと今回のように、会社のグランドデザインをつくるということに関しては、現実的にかつ具体的に数字を設定することが大切だと思いましたし、必要だと感じました。

なぜなら、例えば現在募集を開始している「ライティング実績と報酬を獲得する半日セミナー」にしても、「セールスライティングの裏話半日セミナー」にしても、

またLicense to beatのセールスライティングクラス、コンテンツライティングクラスにしても、どれだけの方に募集の扉を開き続けていられるかどうかは、どれだけのライティング記事本数を提供できるかという「数」に関わってくるからです。

年間で1,000万円規模の記事を提供できるならば2016年度と同じ程度ですし、2,000万円規模の記事を提供できるならば、2016年度に比べて倍の方々に機会を提供することができます。

オウンドメディア記事のようなコンテンツライティングだけではなく、ステップメールやセールスレターも同様で、こういった案件があらかじめ「ある」と事前に知っているならば、実戦の場としてこれも約束できる。

安心と言ってもいいと思いますが、そういうものを法人である以上より提供する必要があると。

だから、昨年度の実績をベースにし、そこから現実的な数字をまず知ってグランドデザインとして書き込んでいく。

そこで出てきた数字に現実性と妥当性があるならば、クライアントさんにその数字分の依頼に対する価値を提供できますよという提案をしに行く。

必要であれば、1つ2つとクライアントさん、プロジェクトを増やしていく。あるいは、ライティングできる方々を増やしていく。

現実的で妥当性のある数字だからこそ、行動もまた現実的で妥当、そして必要なものになる。

そんなことを感じた、恵比寿の焼き鳥屋さんでのセッションでした。

実はもう一つ気付いたことがありまして、それは抽象度のコントロールに関することなのですが・・・

ライティングを行ったり、事業をつくったり、プロジェクトを進めたりする人々というのはある意味、「コミュニケーションを生業とする」方々だと考えておりまして、

そんな方々にとって「抽象度のコントロール」は大切だと伝えておきたく。

ワンメッセージワンアウトカムの原則から外れてしまいますので、これはまた明日にでも。

今日はパフォーマンスアップセミナーの2日目に参加したあと、神戸へ。

また、明日。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




手帳を取り出し、2017年12月31日の欄にこれを書こう。

元旦から父が仕事に出かけて、妹も朝からどこかへ出発。

母と妻と長男次男、そして僕で迎えた元旦は、いつもと変わらない感じ。

たぶんですが、おせち料理が朝起きてから登場するかしないかで、僕にとっての日本におけるお正月がはじまるかそうでないのかが決まるのだと思います。

しかし父が仕事に行っていますから、おせち料理は夜までおあずけ。

そして2日と3日は箱根駅伝。これが僕にとっての3が日。

元旦にまだまだスキキライのある次男がバナナを「美味しい」と言って、コクコクうなずきながら食べている姿に胸キュン。

いつもと変わらないながらも、いい姿を元旦早々体験することができたことに、感謝です。

昨年同様、年越しは車のなかで行いまして、少しだけ違うのは妻と長男と次男、そしてタクシーの運転手との年越しでした。昨年は父と母が羽田まで迎えに来てくれたので、その帰り、首都高速のどこかで年を越した記憶があります。

1月1日の日付がついた領収書を受け取り、トランクから荷物を出すと運転手さんが両手で長男次男にバイバイしてくれていました。

なんというか、こういうふれあいっていいなぁ、と感じる年始でした。お正月の効果ですかね。

4年前にはまだ実現していなかった、タイの家族を日本に連れてきてのお正月は2016年と2017年で2回目です。

このままだとオレは後悔すると決意し、マイケル・マスターソンの『大富豪の仕事術』をきっかけに、マスタープランをつくりだしまして、その中に日本で年を越すというものもあったように思えますが、

4年間というのはエラく長い感じがするけれども、4年経過してみるとあっという間だったなと思える程度の長さしかなく、

しかしその真逆を行くかのように、成し遂げていることはより多い。

そういうふうに在ろうとして思考して行動してきたのだから、そういうふうになっていること自体は当たり前なのですが、

4年前まではそれも当たり前じゃなかったことを思い出してみると、マイケル・マスターソンであったり、ダイレクト出版であったり、寺本さんであったり、小坂さんであったり、島田さんであったり、

こんな感じの人っていいよね、と僕が思う人たちとの時間を何よりも優先させてきたことが、「そういうふうになっていた」理由のひとつだと思います。

それも、とても大きな。

セールスライティングをキッカケに、またマスタープランとかコア・バリューをキッカケに、ビート・ザ・コントロールのブログやメルマガ、僕自身を知ってくださる方がほとんどだと思いますが、

誰もができるけれども、誰もがやらないことである、「一緒にいるべき人と過ごし続ける」。

これこそ、僕が考える人生を変化させはじめる秘密です。

2017年の1月1日ということで、カンタンにできる、しかし誰もがなかなかやらないことを紹介しました。

ぜひこの1週間程度で、

「誰と一緒に過ごし続けるか」
「それはなぜか」

を考え、手帳を取り出して2017年12月31日の欄に書き込んでおいてください。

そして2017年12月31日にどうなっていたか、コメントくださると。

2017年も、ビート・ザ・コントロールでいきましょう。

小野貴正

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




飛行機の予約をしたらオレは笑った。しかしハタから見てみると・・・

昨晩というか、明朝というか、確かセールスライティングクラス用の講座スライドを書き上げる前だったから、丑三つ時あたりかな・・・

妻が「子どもたちが雪遊びしたいって」というので、だったら北海道だろうとなり、

少し前から北海道に行こうかな、という計画を立てていたのですが、

北海道行く前に日本に来なければならないだろうと気づきまして、飛行機の予約をしました。

その前に上海行きのチケットは購入していたので、バンコク発香港経由東京間と、その前にバンコクに行く必要があるので、東京バンコク間の飛行機を購入。

なぜ香港かというと、妻から「香港がキレイなんだってー」と写真付きで紹介されたから。

長男次男が小さいうちはいろんな場所でいろんな人や空間に触れておくといいんじゃないかと思い、前回は立ち寄れなかった香港にも今回は往路と復路で一泊ずつ。

前国王の崩御に伴うものなのかどうなのか、いつもにもまして年末年始の休みが大型なので、今回はまるまる2週間近く、日本に滞在するスケジュールです。

今回僕の中でもへえと思ったことがありまして、それは、27日と30日には木坂さんの西洋思想史クラスと歴史学・地政学クラスが開催されるので、

北海道には24日から27日の朝まで滞在し、27日のお昼には東京に戻り、妻と長男次男をどこかに連れていきつつ僕はセミナーに参加するという試み。

アプレンティスの時に、島田さんが家族を連れて東京に来ているという話を聞き、ああ、こういう生活っていいよね、僕がタイでやろうとしている生活と似ていることをしているのだな、と思ったことを、思い出しました。

3年越し、3年半越しかな、わざわざセミナーの予定を入れているわけではないですが、こういう生活っていいよね、というものが一つまた実現するというのは、いい感じで歳を取っているんじゃないかな、と思います。

そんなわけで、飛行機の予約を取ったため、こうなったらもうこれについては考える必要はないですし、マスタープランの一つをまた実現することはもう目前。

個人的には結構ニヤニヤしていたんですけど・・・

どうもハタから見ると、小野の健康状態は良くないんじゃないか、という話を今日は複数の方々から聞きまして。

その理由はと聞くと、眠そうだから。

普段僕を心配する言葉を言ったことがないような男まで真っ先に「実は心配しているんですよ」ときたので、

そう言われてしまうと、たしかになぁ、とも思ってしまう不思議さ。

明日は自分という器クラスで、その準備もする必要があるのですが、12月はこれまでのまとめ的な内容の資料を作成することと、メインは「ゆるく、たのしく、てきとーに」を島田さんはどういう意味で使っているのかをディスカッションする予定なので、

準備はそんなに時間を要しないかな、と考えています。

セールスライティングクラスの参加者が今朝くださったサンドイッチを、全部食べていなかったことに気づいたので、先程それを食べ、

心配してください方々に感謝しつつ、今日は早く寝ようかなぁ、という感じ。

もろもろ、ありがとうございます。おやすみなさいー。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




答えはすでに、自分が知っている。

ビーコンライブセミナー@東京が終わり、特典セッションも対面の方々には昨日終え、あとはスカイプと当日休まれた方向けのセッションと残すのみとなりました。

今回のビーコンライブセミナー@東京『Be yourself』を伝えるにあたり、昨年の名古屋、そしてLicense to beatのレターを確認しつつ、

またダイレクト出版の寺本さんからもらったメール、そしてワイルドサイドの島田さんからいただいたメッセージなどなどを見返していると、

自分でも驚くほど、同じことをいい続けていることに気づきました。

つい最近もブログで書きましたが、セールスライティングスタートアップガイドの第1章と第2章も読み返してみると、今セールスライティングクラスで伝えていることと同じでして、

異なることはといえば、木坂さんのセミナーに参加したり、岡本さんからの案件に納品したり、島田さんとのプロジェクトを進めていくにあたり、改善されたところ、新たな知見を得たところ。

あれ、ココまで書いて既視感ありますが、まぁいいや、このまま書きますと、

こう見せようとか自分をつくる必要はなく(相手に対する礼節は必要という意味で、身なりを気にしない、という意味ではないですよ。よく見せるのも控えめに見せるのもナルシストという言葉を島田さんか木坂さんが言っていましたが、そのとおりだと思います)、他者からこう見られたいとか思う必要もなく、自分自身の本音で在るだけ。

本音というのはラクなんですよね。最近、僕もこのラクという意味がわかるようになってきました。

一応くれぐれも、今のあなたでいいんですよ、変化する必要などないんですよ、あなたはあなたでいいんですよ、というような意味ではないことも、付け加えておきます。

むしろ僕が考える、自分自身であれ、Be yourselfというのは、なんとなく甘いというか甘やかされるというか、そういうものとは違うステージのものですので。

昨日も特典セッションに参加する皆さんと話していて思いましたが、すでに答えは自分で知っていたりします。

ただそれに気づいたり、それを口に出したりすることは怖かったりするので、それを見ないふりしてその他大勢の人がそうしているように「建前」で行動する。

人と違っていいと口では言うものの、人と違うことを恐れる。これが普通だと僕は考えています。

だから人と違う自分の本音に気づくと、まぁ、怖くなりますよね。

え、オレって本当にこんなこと考えているの?ってなる。

他者との関係性の中で生きている以上、それは当然だと思いますし、そういう選択を取ったほうがいい人生だと思い込める人もいるでしょう。

いずれにしても、自分の本音。

本音というのは実のところ、自分にしかわからないものですし、すでにそれは知っているもの。

セールスライティングスキルが必要ですと言うならば、それは本当に必要なのか。

自分に問いかけてみた時に、どこかで聞いたようなセリフしかでてこないのであれば、それは建前じゃないかと考えてみることも大切だと僕には思えます。

デニーロのように「セールスライティングは必要ないです」と認めてはじめて、それが実は必要だと気づく場合もある。

本音に耳を澄ませ、それに身を委ねてほしいなぁ、と思います。

セミナーでどんな話をしたのかは、ちょうどデニーロと、角舘さんが書いてくれていたので、あと写真を見たらこれはセミナー開場だということで、京都日々新さんのブログを紹介しておきますね。

http://warashibetaxi.com/2016/11/08/osaka-taxi-blog90/
(こちらはデニーロのブログで)

http://kankakukabin-futoko.com/2016/11/07/セミナーでした/
(こちらは角舘さんのブログ)

http://kyotohibishin.com/mind/real-intention-and-public-position
(写真だけセミナーの画像ということで、京都日々新さんのブログ。内容は・・・偶然にも?本音と建前。数日間のブログはセミナーの内容を先取りしているようで、面白いですよ))

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




予告:ビーコンライブセミナーの募集開始は本日23時から(先着特典あり)。

今日は実家にいます。

明日は母方の田舎に行って、お墓参りをしてきますので、まさにこの締め切り効果で先ほどビーコンライブセミナーの案内状を書き終えることができました。

今回は前々から書き始めていたのですが、書いては止め、書いては止めを繰り返しまして、

結果として2つの下書きを破棄し、3つ目の下書きを使って案内状にしました。

License to beatの案内状と同様に、読むだけでも面白いというか、セールスライティングを学ばれている方にとっては、それなりに得るものがある案内状になっているかと思います。

License to beatの時は70名を超える方々が手に取ってくれたようですので、今回も多くの読者さんが手に取ってもらえれば、そして役立ててもらえればと思い、

書き終えた次第です。

過去の配信予告はさておき(遅くなりまして、申し訳ございません)、今回はメルマガ読者の方々に配信予約をしておりまして、

早ければ23時に、遅くとも23時5分までには配信される予定です。

案内状をご覧になるとわかりますが、今回は先着順に特典をつけています。

言うなればこれはちょっとしたコンサルティングのようなものになるのですが(コンサルティングという言葉が適切かどうかはわかりませんが)、

この特典を得たい、興味がある場合は、早めにメルマガ登録されることをオススメします(もし登録がまだの場合です)。

ちなみにこの特典ですが、もしもメルマガ登録されていない方から依頼された場合、5万円にて設定しています。

とはいえ、先着メンバーに入ることができなければ、5万円を受け取ることもできませんが。

ちょうど昨年も、同じような日に案内状が完成し、メルマガの希望者に配信した記憶があります。

今回の場合、メルマガに登録している方々は希望さえすれば、ビーコンライブセミナーの案内状をお送りしますので、今のうちに登録しておくと、いいかもしれません。

セミナーで話す内容は案内状を確認してほしいのですが、かいつまんでお話しておきますと

□奈良在住のタクシードライバーが一銭も使うことなく、智頭合宿や秘密結社ワイルドサイドの中間報告会に参加できたのはなぜ?「2日で48,000円+プライスレスな価値」を引き寄せた一言(ゲーリー・ハルバートとテッド・ニコラスの15万円のアレと同じ)

□セールスライティングを学びたいと50万円払っても100万円を払っても、途中でやめてしまう人がいるのは当然です。むしろ学び続ける人のほうが変な理由(もちろん、学び続けてもコレがなければ、経済的自由を手にすることはできません。伸びるか伸びないかは、その人を見ればわかります)

□セールスライティングじゃ食えないからとマーケティングやプロモーションに手を伸ばしたら食えるんですか?(わかりません。ただしセールスレターを書くだけでも1,000万円は 稼げるけどな・・・もちろん、条件付きですが)

□2015年9月28日にダイレクト出版から来た契約解除通知の恐怖と希望(セールスコピーの師匠から契約解除通知が来たのですが、なぜこの時怖さと希望を同時に感じたのか。そしてワイルドサイド島田さんが電話で伝えてくれたオファー)

□誰もが「今」、必要と思っているわけではない。それでも「今」、セールスライティングスキルを持ったほうがいいと僕が思う理由(ユニクロの業績に見る「ゆでガエルになるな」。バンコクと上海で感じたこと、再び低価格路線へとカジを切ったことから感じたことをお話します)

□インドのハリドワールで知った、僕らは何者にもなれないという絶望。だからこそ大衆の逆を行くが真実だとわかった瞬間の、目に焼き付いている光景が伝えてくれる普遍的な真実(年収1,000万円や年商1億円、車も家も稼ぐ動機にならない理由。ヒント:これらは手段であり、その他大勢です)

・・・と案内状に書いてあるブレットから、抜粋しました。

なかにはどうしてもメルマガに登録したくない、という方もいるかと思い、もしかしたらブログからでもビーコンライブセミナーに申し込めるようにするかもしれませんが、

その場合、先にお伝えしておくと、参加費は5万円です(先着特典も希望するとあわせて10万円ということですね)。

昨年のビーコンライブセミナー@名古屋では、「この内容なら5万円だと思いますよ(確か)」という感想を頂いたので、そんなものだろうと思い、この参加費設定にしています(メルマガ読者には別に設定しています)。

ですのでこの数字にオッと思った場合は、メルマガに登録した方がいいと思います。

セールスの鉄則的に、まずは近い方々が最も得をするように、組み立てますので。

それにメルマガ登録なら、マイル利用で懇親会にも参加できますから。

一応上記、お伝えしておきます。

・・・と、なんともセールス色ありありのブログ記事になってしまいましたが、

ここまでして何を語るというのだろうと興味津々の方

セールスライティングを学び、またセールスライティングで飯を食っている方

そして男は女のATMであれに共感する紳士淑女の方々

ひとまずはメルマガに登録してみてください。

本日23時にメルマガで、お会いしましょう。

小野貴正

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




P.S.
License to beatの時にご覧になった方もいると思いますが、ビーコンライブセミナー@名古屋の映像を一部公開します。参考になれば。

P.P.S.
こちらは初公開。ビーコンライブセミナー@名古屋に参加してくださった財津さんの感想です。こちらも、参考になれば。財津さん、昨日のブログにも登場してくださいました。ありがとうございますー。

P.P.P.S.
冒頭の画像は、昨年のビーコンライブセミナー@名古屋前に、ワイルドサイド部の阿部「デーモン」閣下からいただいた言葉。偶然見つけたので、いいタイミングだなぁ、と思い。

P.P.P.P.S.
今までになく書き出しや完成までに時間を投資しましたが、これまでにないほど楽しんで書くことができた案内状でした。お待ちくださり、感謝申し上げます。

マイケル・マスターソンに手紙を出し、思い出したこと(コア・バリューとマスタープラン)。

先ほど、プーケットからバンコクに帰ってきました。

妻がホテルのベルボーイさんにタクシーを頼んでおいたのに、時間通りに来なくて、しかも空港についたら荷物のセキュリティチェックが大渋滞で、

だから早く出ればよかったのにー、とムキーッとしながら言いそうになりましたが、

そこはさすがのタイでして、抜け道を教えてもらってセキュリティチェックの渋滞を回避、飛行機のチェックイン時間に間に合いました。

日本からタイに帰るときもそうでしたが、帰るときというのは妻も長男次男も、僕もやや元気がない状態なので、

何かスキあらばガーッと言いたくなるような、そんな一触即発の雰囲気が漂うんですよね。

これまでの僕ならガマンするか、そもそもストレスなくニコニコしているかのどちらかだったかもしれませんが、今日はというと、何かあればスコーンとソフトに口に出して、ストレスコントロールをしていました。

冒頭で書いたとおり、さすがに妻に向かって「早く出ればよかったのに」とは言いませんでしたが、

今回のプーケット往復で、いかに飛行機に強いか、妻がわかればいいなぁ、と思いました。大人げないっすね。

昨日に引き続き、腰はギックリなので極力動かしたくないことを理由に、

朝食後は妻に行って部屋で休むことに。

日課は起きてからやっていたので、そういえばとワークデスクの引き出しを開け、ホテルの便箋と封筒を手にとり、

マイケル・マスターソンへの手紙を書き始めました。

昨年は1月か2月に送っていたのですが、今年はまだ送っていなかったので、

10月だけれどもまぁいいか、時間はコントロールできないからねと、

「自転車に乗り遅れたから遅刻しました」

のような、セルフコントロール的にはどうかと思いますけれどもそんな言い訳をしつつ、

Google翻訳で英訳しながら、万年筆で書き進めました。

しかしGoogle翻訳、素人目に見てもエライ性能が上がっていますね。

これでだいたい伝わるだろうという感じに書き進め、ホテルの会計時に投函をお願い。

出したあとはエラくスッキリしつつ、あらためてコア・バリューとマスタープランというものを考えてみました。

その内容についてはさておき、コア・バリューとマスタープランを書き出すことの利点というのは、

「一番大切なことを一番大切にする」

という、判断基準を持てることにもあると思います。

これがないと、面白そうだとか、儲かりそうだとか、目先の利益に飛びついてしまいますからね(そういうケースが多いと思います。経験上)。

最近、あらためてこれを徹底しないとならないというか、やらないことを決めるというか、

そういう状況にあるなぁ、と感じています。

そういう意味では、マイケル・マスターソンへの手紙というのは僕にとって、マスタープラン上大切なことですし、誤解を恐れず言うと、新しいお客さんからセールスレターの依頼を受けるよりも優先順位は高いわけで。

そんなことに気づかせてくれたのだから、やはり来年も、マイケル・マスターソンに手紙を書こうと決めた次第。

昨年も今年もタイから送っているので、来年もかな。

あ、マスタープランといえばもうひとつ、今週末に実現するものがあるので、

それについても機会があれば、書いてみます。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓