セールスコピーとダイレクト・レスポンス・マーケティング。

これを書こう、と決めた時、なんだか今さら感があったのですが、、、書いておこうと思います。

僕はこれまで、セールスコピーやセールスライティングという単語でくくられるものを学び、クライアントさんからの依頼を受けて仕事として書いてきましたが、ダイレクト・レスポンス・マーケティングを “セールスコピーとダイレクト・レスポンス・マーケティング。” の続きを読む

フィルター。

木坂さんのラスト?インプットクラスに参加したあとは、島田さんのエグゼクティブ・コーチングということでそばにあったヒルトンのラウンジへ。

そこで3月4月の数字の確認をしつつ、僕自身の過去を振り返って問題点を “フィルター。” の続きを読む

誰のバスに乗るか。誰をバスに乗せるか。

春は別れと出会いの季節ということで、僕の周囲でもそういう光景を目にすることがあります。

地元をランニングしていると、制服に着られている高校生が自転車に乗っていますし、時間が合えば小学生の下校風景も目にします。

聞くと、すでに “誰のバスに乗るか。誰をバスに乗せるか。” の続きを読む

サービスつくりのアイデアはどこからやってくる?

グループマネジメントクラスの朝活のおかげで、朝が早くなってきました。今日は2時に起床です。

日中はチャットワークやメールを見ないようにマネジメントするものの、どうしても見なければいけない時もあります。

しかし見ると仕事のパフォーマンスはよろしくなくなってきますので、ほとんどの人が活動を “サービスつくりのアイデアはどこからやってくる?” の続きを読む

リサーチの第一歩。

セールスライティングネタが続いています。たぶん、セールス・スタートアップ・ライティング、通称SSWに焦点を当てていて、クライアントさんの声をもらってきたり、先日打ち合わせをした新案件の全体設計を考えているから。

そして僕がどのようにリサーチをしているのか、教材をつくるために “リサーチの第一歩。” の続きを読む

リサーチは客観的に、ライティングは主観的に、そして編集は客観的に。

セールスコピーを書く時、どのように僕は書いているのだろう。

セールスライティングの本や教材で書かれているような一般化されているものはもちろん取り入れている。しかし成果を出すコピーを書き続けている以上、何か違いはある。

同じ本や教材、同じ人に学んでも、レジを鳴らす人とそうでない人はたぶんいるので “リサーチは客観的に、ライティングは主観的に、そして編集は客観的に。” の続きを読む