新しいアイデアの出し方。

現在、プロモーションの一環として必要なセールスレターのアイデアが出てくるのを待っています。

厳密には、セールスレターのアイデアを待つというよりは、プロモーション全体のアイデアを待っている、という方が精確かもしれません。

なぜならば、どんなにセールスレター一本のアイデアがレジを鳴らすに足る “新しいアイデアの出し方。” の続きを読む

飢えた狼の群れはどこにいる??TOYOTAの凄い仕掛けにうなった。

昨日からマイルとの交換を開始した書き起こし文。この書き起こしに協力してくれた皆さんを招待するランチ会の東京会場でのこと。

参加された方のお仕事が僕の環境に近くて、コピーも学び始めたしおもしろいなぁ、と思っていたところ “飢えた狼の群れはどこにいる??TOYOTAの凄い仕掛けにうなった。” の続きを読む

License to beat.

4年に一度のうるう年である2016年、そして2月29日。こういうタイミングというのは4年に1度かどうかはともかく、なかなか来ないんじゃないかというほど、驚きがありました。木坂さんの「7つの鍵」ライティングセミナー。これを紹介してくださった島田さんに感謝です。

何度かこのブログでも書きましたが、僕には感覚的にやってきたことを論理的に説明できるようになる、というテーマがありました。

いや、テーマというよりも、説明できるようにならなければならない、言語化しなければならない、と考えていました。なぜなら、ビーコンコーチングやタレント化プログラムに参加するメンバーが次のステージに行くようサポートするため、そしてこれが再現可能なことを証明するためです。

小野さんだからできるんですよね、なんて言われるほど、僕がやってきたことは独自性のあるものではないし、特殊なものでもない。まぁ、環境は、特殊だったかもしれないですけどね。

僕がやってきたことが再現可能であることは、今度インタビューで紹介しようと考えているミスターGがある意味証明してくれたのですが、誰にとっても再現可能な技術でありたい。だからこそ、論理的に説明できるように言語化しなければならない。

その解を求めて、木坂さんのセミナーに参加した、ということです。

全4日間のうち3日目は、神職養成講座における祭式作法の試験があったため参加できなかったのですが、1日目と2日目、そして4日目のセミナーから感じたことは、よく練られているな、と。セミナーで紹介してくださった「7つの鍵」が使われていて、こういうふうにして使うんだよ、というメッセージも聞こえてきた感があります。

そして7つの鍵をマスターしたことを前提にして登場した8つ目の鍵と9つ目の鍵。9つ目の鍵が最後の鍵。

奇しくも8つ目の鍵なら賢者者に参加したことのある人なら、そして9つ目の鍵はビーコンライブセミナー@名古屋に参加してくれた皆さんならわかるもの。ああ、同じ言葉が来た。こう感じる人も多いはず。

論理性を求めてセミナーに参加したところ、感覚的な僕が持っている同じ言葉にたどり着いたっていうのは、両極を見るとかそういうことが大事なことなんですよ、というメッセージのようにも思えます。

このあたりの話は機会があればお伝えするとして、セミナーに参加したおかげで論理的に言語化できるようになってきました。

よかったら2016年の3月21日と22日、3週間後あたりですが予定を開けておいてくだると。春ということでビーコンライブセミナーを開催しようと考えています。

前回の名古屋会場に参加できなかった方や参加された方はもちろん、ビート・ザ・コントロールという在り方や僕の在り方に興味がある人ならば、楽しめる内容になるんじゃないかな、と。名古屋での経験から推測、ですが。

セールスライティングスキルを身につけようとかプロモーションスキルを身につけようとか、そういう風に考えている方も、予定を開けておいてくだされば。

募集はメルマガからになりますので、上記案内を受け取りたい場合、案内はともかく何をするのか興味がある場合は、メルマガに登録しておいてください。

メルマガでは先行して募集を開始しますね。

小野貴正

P.S.
木坂さんの許可はもらっていませんが、このタイトルは利用させてもらおうかと。Be yourselfも、今日登場しましたからこれはきっと使っていいですよ、ということなんじゃないかな、って拡大解釈です。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




自分の情熱も大事。市場性も大事。

お楽しみ様です。小野貴正です。

先程まで四ッ谷にいました。エイトスターダイヤモンドの田村社長に会いたいな、と思ったら、ミスターシンクロニシティーが行くというので、便乗です。せっかくなのでたい焼きわかばで1つたい焼きを食べたら、熱々のあんこで舌をやけどしましたが。あ、写真撮り忘れた・・・。久々のたい焼きわかばは、まあエライあんこがズッシリで、食べごたえあるたい焼きです。皮がパリパリで先っぽまであんこ。やっぱり、いい味でした。

現在はロマンスカーで相模大野に向かうところで、まもなく新宿を発車かな。

道中、ブログを更新して、相模大野に到着したら別件のライティングを再開する予定。明日は賢者舎の最終ライブセミナーなので、未提出の課題、多分2つを今晩やるってところまではスケジュールに入れています。

ワイズマン先生のラストダンスに向かって昨日・今日・明日と賢者舎祭りという感じですが、やっぱり学ぶ内容はてんこ盛り。どういう偶然なのか、現在進めているプロジェクトにも通じる内容がスカイプゼミでも登場し、これはホントに不思議としか言いようが無いんですよね。賢者舎とワイルドサイド部、プロジェクト那岐、そして僕。

さて、昨日の賢者舎スカイプゼミで気づいたことを一点。

あるビジネスに関する質問を、スカイプでしていたところ、ワイズマンから一言。

「プランニングしてください。もう答え出ているけどね。カンタンだよ」

僕が参加するのは3回目なのですが、その度に「答え出ているけどね、カンタンだよ」と言っている気がする。確かに、ワイズマンにしてみれば引き出しがありますから、カンタンといえばカンタンなのかもしれない。

質問タイム中にミスターシンクロニシティーが月額の希望売上と稼働日数をヒアリングしてくださったこともいい感じでした。

それでこれらをヒントにしてプランニングを考えてみると、ああ、これは分かる人にだけセールスすればいいんじゃないかな、と思い、年間プログラムを売ることを提案しました。スカイプゼミでは難聴ゆえ、ほとんど聞こえていないのですが、聞こえないなりになかなかいい線いっているんじゃないかな〜ニヤニヤ。

ミスターシンクロニシティーの回答も、「小野さんと似ているのですが」ときたので、うお、コレはいいかもよ・・・と興奮していたら、その後はさすがのプランニングをするわけですが。やっぱり、この見方と思考は違うな・・・。入れ物を見る。コレはメモ。

全員のプランニングが発表された後で、ワイズマンの語りが始まります。分かる人にだけ売るという路線はいい・・・しかし、ときた。ああ、やっぱりそうか。これだけだと足りないような、と思いました。

僕が足りなかった視点であり、これはスゴイな、と思ったのは、情熱は大事だけれどそれだけではビジネスとしては不十分。市場性があるのかないのかを見る。ないなら、市場をつくりだせばいい。つくり出すにはこうだ・・・

という感じに二手先三手先までパッと出てくること。毎日写経とかライティングしているとわかりますが、このパッと出てくる仕組みは、毎日の自己研鑚なしにはできない。ライティングで僕がやっていることを、プランニングでワイズマンは20年間かな、それだけやっている。ああ、こういうのを凄みっていうんだよな、と思いました。

プランナーだから事業を立ち上げて走らせることが役割(だったかな?)。情熱だけではなくて市場性があるかないかを見て、それに応じて手を考えて打っていくことができる。訓練だな、と思いました。

その人を「神」にするビジネスという話を聞いた時、また本を書くとかタレントになるという話を聞いた時、そういう単語はすでに脳の中にありました。僕に足りなかったのは、それらを論理的整合性を持って結びつけていることなんだろうな、と。

しかしそれにしても、相変わらずワイズマンは愛の人だよな、と思いました。スカイプゼミの数が何本あったかわかりませんが、これらはすべて勝てるビジネスになるわけです。

そういうビジネスが生まれるかどうか。それは、実際にプランニングする人、実際に責任を担う人の行動次第。

ワイズマン、スゴイな。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ミスターフィクサーの視点は市場から。

お楽しみ様です。小野貴正です。

女満別空港から新千歳空港へ。1時間くらいトランジットしてから伊丹空港へ。久々の大阪です。

空港で蓬莱の豚まんを買い、エアポートバスに乗り込みなんばへ。12日のコーチングがなんばなので、なんば駅前、というよりもなんば駅上のホテルにチェックイン。

その後はミスターフィクサーと食事をしに、上本町方面へ。美味しいお寿司屋さんがあるのでそこにいきましょう、とのことで、17時30分から予約済み。ミスターフィクサーの名前を告げると、すでにいらっしゃいました。

一緒に食事をするのは半年ぶりくらい。半年前はコーチングオーナーさんのライティングスキル向上のために、仕事の発注をお願いしたな、と思い出しました。あれから半年とはあっという間だったな、と。

コンスタントに依頼を出し続けてくださり、冗談なのか本気なのか「チームのペースでドンドン書いてもらって構いませんよ」と最近は言われる。実際、書けば書くほど仕事が出てくるので、これは本気なんだろうな、と。今や、他の案件もあってチームでのライティングに遅れが生じているくらい。実はもっとペース上げてもいいですよと言われているので、どうしようかな、と考えています。

個人的に、ライティングスキルを向上させるなら、実戦で書くことが大事だと考えています。これは自分自身の経験上。アプレンティスというセミナーで課題として指定されたセールスレターを提出し、そこで選ばれればダイレクト出版さんのコピーライターさんとスプリットランテストができる。そこで勝てばそのセールスレターが採用されて、賞金がもらえる。

仕事というよりもコンテストみたいな感じでしたが、それでも実際に使われるものを課題として書いて、いい結果が出ればお金がもらえる。これがライティングスキル向上の秘訣の1つだったんだろうな、と考え、コーチングでも採用しているというわけです。

報酬のある案件で書かないと、見込み客のリサーチとかで甘えが出てしまうので。商品も大事ですが、ある意味それ以上に大事なのは市場です。市場なしに、商品は売れませんから。バランスも大事なんですけどね。

ミスターフィクサーの視点も市場から入っていて、市場を眺めるというか市場と寄り添う感じ。やっていることもそうですが、島田さんに近いな、と思いました。お店に入ったりすると店内を眺めて売上とか利益とかの数字換算するのが習慣になっているあたり、15年以上コンサルタントをやっている凄みを感じます。

「マーケティングコンサルタントを名乗っている人が増えています。しかし、数字が分かる人っていないんですよね。そして、お客さんの数字を理解しないでマーケティングを語るから、机上の空論になりがちだと思うんです」

集客の方法はセミナーとか本を読めば手に入れることができる。そしてそれを語ることもできる。セミナーのネタとして使うこともできる。しかしそれをそのままお客さんに話したところで、お客さんは使うことができない。なぜなら、利益率とか売上規模とか市場性などが異なるなかで、画一的に当てはめることが難しいから。

コピーにおいてもスワイプファイルの当てはめ方に似ているな、と思いました。スワイプファイルは大事ですが、市場の在り方を理解することなしに、決めることは難しいと思っています。フロントエンドかバックエンドかでも選び方は違いますし、見込み客がある商品に対して知っている程度によっても、スワイプファイルは異なりますので。

市場から見る。「どんな方法で」やればいいかを語るよりも、「ゴールを設定」する。そして「ゴールから逆算」して提案し、お客さんと寄り添う。この順番が、大事なんだと思います。

普遍的な原理原則、うまくビジネスをやる人に共通するような在り方や思考でしたので、またいずれ別の話も紹介できれば。有名どころのコンサルタントさんやマーケターさんから慕われるだけあって、経験もビジネスへの姿勢も凄味がありますので、参考になることは多いかと。

相変わらず兄貴っぷりのよい、男前なあんちゃんでした。

P.S.
コーチング時はお昼を心斎橋で食べ、その後なんばへ。初めての道頓堀に興奮。ここにあったのかと感動。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




マーケティングは排除である。

お楽しみ様です。小野貴正です。

先ほど、友人が日本へ飛び立ちました。明日の朝には日本に到着してから何らかの企画をLINE@宛に流すそうなので、寒い機内で風邪を引かぬことを願います。

最終日は今の事業をどんな事業へと切り替えていこうとしているかについての話を主にし、その後はコピーの話がメインになりました。コピーの話がメイン、というよりも、彼がリリースしている企画に関するアドバイスと「僕ならこうする」を伝え、その場で文章のアウトラインを書き上げた、という感じです。

その時一つ面白い気付きがあったので、それを共有したいと思います。

コピーを書く時にペルソナを決めて書く、というのはよく聞く話だと思いますが、コレを知っていながらも多くのライターさんは「この人もあの人も」と欲張り、見込み客を広げすぎてしまう傾向があります。

例えばですが、あるメルマガ読者さんが300名いたとします。しかしメルマガを毎日書くにあたり、300名を見込み客として書くわけではありません。

「この人」に向けて書き、そうでない人にはむしろ読んでもらわなくてもいい。そういう感じで書いたほうがいい。なぜなら、誰にでも読んで欲しいは誰にも響かない文章と同じだから。

友人もそれは頭では分かっているものの、文章を作っていくウチに「あ、こんな人も読んで欲しい」「あんな感じの人にも読んで欲しい」となり、文章自体がだんだんぼやけていく。

コレを指摘しました。1つのメッセージにつき、見込み客は1つ(もしくは1種類)で考えると引き締まるよ、と。

ワイズマン先生の言うところの、「マーケティングは排除である」なんですよね、まさに。この言葉がエライしっくり来る。

あの人にもこの人にも読んで欲しいと考えると、自分の軸がブレます。しかし情報を発信するならば、軸がブレることはよろしくない。なぜならば、その軸を好む人こそが読んでもらうべき読者であり、長く付き合うべき読者でもあるので。

「これは主観だけど、どんなメルマガにも一定数の割合でノウハウコレクターさんているよ」

と友人に伝えたら、やっぱりな〜といっていました。普段のメインコンテンツよりもタイとかに行っています的な特別コンテンツは閲読率がよろしくないようです。

これはビーコンのメルマガでも同じで、コピーに関する内容だと閲読率がいいけど、タイに関する内容だと閲読率が下がる、ってことで。

だから情報発信するならば、どんな価値をどんな人に伝えるのかを具体的にすること。

でないと、呼ばざる読者さんを集めてしまうことになりますから。

そういう意味では、このビーコンのメルマガもブログも、デザインのし直しが必要なんだろうな、と思います。

P.S.
写真は深夜のトゥクトゥク

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




セールスライティングの穴場。

お楽しみ様です。小野貴正です。

今日は講演会と懇親会に参加してきました。在り方としてはロータリークラブとかそういうものに近いのかな、と思いましたが、それよりもむしろ理念とかそういうものに重きをおくコミュニティ、という感じだと思います。

この講演会に参加しようと思ったらもともとの理由というのは父方が宮司なので、その後継をどうしようかと考えた時に、この講演会に登壇する方その道の第一人者でしたから、何かしら参考になることがあるのではないかと思い、足を運んだ次第でした。

今回でお会いするのは2回目。シンクロニシティの波に乗るとまぁビックリすることがよく起こりますが、ココでもビックリしたことが発生。その登壇する方と席が隣り合わせになりました。ホントにビックリしました。

話の内容は割愛しますが、懇親会まで参加すると面白い話になりました。事務局長の方とコミュニティの方とで話をしていたのですが、まさにこれからこのコミュニティはダイレクトマーケティングで会員数とかを増やしていくことを検討しているとのこと。だからステップメールとかセールスレターを作成できるプロのライターが必要ですと。そんな話になりました。

このコミュニティではメルマガは毎日発行しているものの、会員集めとかセールスの仕組みが出来上がっていないようです。そして話を聞いていてこれは面白い、というか致命的だな、と思ったのは、

誰にでも来てほしいというスタンスで講演会とかをプログラムしてしまっているということ。

僕が今日の講演会に参加した段階で、アンケートに「会員になる」とか「8月のイベントに参加する」にチェックマークをつけなかった理由というのはまさにそこで、

「誰にでも来て欲しい」で集客すると、誰も来ない。いや、誰か来たとしても変な人が来てしまう。自分探しの人とか(これがマズイわけではありません)、言葉がネガティブな人とか。

ワイズマンが、「マーケティングは排除である」と言っていますが、僕はこの考えに賛成で、絞りきったところにこそ大ファンになってくれる人たちが居て、その人たちとのWIN-WINなビジネス関係を構築することができる、というわけです。

ということは、セールスプロモーションの設計をコンセプトワークからできれば、セールスライティングを学んでいる方ならエライ大きな仕事を獲得できるわけです。それこそ、権利収入をもらおうくらいのものが。

リストを持っていて、リストにメルマガを配信しているとはいえ、ダイレクトマーケティングができていない、そのリストからお金を生み出していないお客さんは結構いると思います。

セールスライティングというスキルを持つ僕らは、こういうお客さんを狙うべきだよな、と考えたので、このブログに記しておきます。

いわゆる穴場は、あるものですね。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓