何のためにトレーニングする?

トレーニングというと最近僕が取り組んでいるファンクショナル・トレーニングを思い浮かべる人もいると思いますが、セールスライティングのトレーニングなんかも思い浮かべる方がいるかもしれません。ブレットライティングでトレーニングするとかですね。

この際、何をトレーニングするのかはさておき、ある本を読んでいたらこんな一節が “何のためにトレーニングする?” の続きを読む

気分転換にレイアウト変更

お楽しみ様です。小野貴正です。

煮詰まった時とかは気分転換した方がいいですよ、という言葉をよく聞きます。かつて僕が会社に勤めていた時にやりたいな、と思ったことは、こんな感じのこと。

朝起きて会社に出社する。ミーティングが終わったらホワイトボードに「どこどこに訪問して、そのまま直帰」と書く。会社を出ると「なんかやる気しないな〜」とつぶやいて、訪問するお客さんに電話。「すみません、今日体調がちょっとマズイので訪問をあらためさせてください」と伝え、アポイントをキャンセル。

その後は吉野家に行き、牛皿とビールを注文。10時AMからビールを飲み、オレってなんてダメな奴なんだ〜〜〜と自己嫌悪に陥る。

そして新橋とかにある18禁映画館に入り、さらに「オレって昼間から仕事もせずにエロ映画観るなんて、なんてヤバいやつなんだ、、、」と落ち込む。

その後は立ち飲み屋を数件はしごし、気づいたら公園のベンチで寝ている。すでに夕暮れ時で学校帰りの子どもの手を引いて、お母さんたちがイソイソと帰宅を促している。あ、1日が終わったな、とつぶやく僕。

少し脚色しましたが、こんなことをやっている先輩社員がいたらしく、社内報で告白していました。こういうのが面白いと思われる会社だったんだな、と思います。お酒が飲めない僕でも、これはやってみたいな、と思ったので。なんか、気分転換でも極端でいいな、と。

よく聞く気分転換といえば、お酒を飲んだり遊びに行ったり、というもの。そういえば昨年のこの時期、ライティングばかりやっている僕を小坂さんが連れだしてくれたっけな・・・プロ野球とか、日米野球とか。

お酒でも飲めるものなら、こういう時こそマッカランとかを取り出してオンザロックで楽しむとか、ロバート・ハリスがイタリアの旅行記で書いたように、氷河の氷を叩き割ってお酒に入れるとか、そんなことできたらいいだろうな〜と思う。しかし現実的に考えると、お酒飲むとしんどくなるので、気分転換にならない。息が吸えなくなるので。

それで気分転換をどうするか、というのが僕の課題になるのですが、昨日は1時間くらい散歩して、ラーメン食べて家に戻り、寝ることにしました。そして起きてからは写真のように、普段と違う感じでライティング。

いつもは背後に見える白い机にMacを置いてライティングしているのですが、今日は脚立でライティングしています。手を置く位置が普段よりも下になるのですが、脚立のほうがガッチリしているので、ブレずにライティングができる。そのせいか、いつもよりもタイピングの心地よさがいいです。床からタイピングの振動が伝わってくるというか。カタカタという音が振動として身体に伝わってくる。

脚立に置いておいたタイムドメインも床にレイアウト変更。前々から床に置いたほうがいいですよ、という話を聞いていましたが、確かにいい感じです。難聴ゆえ、耳のそばにスピーカーがあったほうが安心するので躊躇していたのですが、試してみるって大事ですね。

ラーメン食べて寝てレイアウトを変えて、というのが昨日今日の僕の気分転換でした。参考になれば・・・なるのかな・・・うれしいです。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




休むべき時のサイン(僕の場合)

お楽しみ様です。小野貴正です。

久々に東林間の部屋に戻り、なんか腰を痛めたものの、予定通りに先ほど東海大相模まで走ってきました。予想通り、優勝おめでとうの横断幕とかが出ており、周辺の商店街にも優勝おめでとうのポスターがたくさん。

賑やかになって、なんかいいですね。

野球部は練習していたっぽいですし、なんか試合もしていたっぽいのですが、彼らが東海大相模かどうかはわからず、しかしいつもよりも人は増えている感じです。優勝効果、ですかね。学校の垂れ幕を写真に収める方もいらっしゃったので。

帰宅後はコレまた久々にエルセ・シャワーヘッドで水を浴びてスッキリし、玄米炊いてごま塩ふりかけて食べようかな、と思案中。走ってスッキリしたはいいですが、腰が痛い。それで、夕方出かける前にちょっと休もうかな、と。

さて、休むべき時のサイン。

今日のように腰が痛み出したとかあれば、それもひとつの休むべきサインとして捉えていますが、それ以上に最近気をつけているのが、なにやらモノ申しはじめた時。たとえばですけど、「最近Facebookのニュースフィードでイライラするな」とか「もうこのニュースレターはダメだな」とか。

頑固親父さんが言う「オレが子供の頃はヨ・・・暑くて外に出ないなんてそんなひ弱なこと言わなかったもんだぜ」とかみたいに、「ひ弱な」とか言ってしまった時。

要は、主観的に物事を捉え、それを口に出したりしている時点で、休むべきサインだと考えています。なぜなら、思考と思考のはざまに入ることができていないので。だから、我が入ってしまう。ありのままをありのままで捉えることができない。

こんな時は情報を一旦遮断して、身体を伸ばして目をつぶり、眠ってみるといいのかなと考えています。コレは過去の経験上の話です。そういえば今日は、腰のせいか眠れてないことを思い出しました。もしかしたら脳の短期メモリがいっぱいなのかもしれません。デリートしなければ、ですね。

ここまで書いて、批評家はなぜあまりよろしくないのか、ピンときた感があります。批評が主観的な考えとなっている場合、そこには我が入り込んでしまっているから、かなと。

そうではなくてありのままをそのまま見て捉えること。主観で述べるのではなくて、客観的に捉えてそのまま述べる。意見を述べるなら、前提条件として客観的な状況なども述べておく。

こう意識してみるだけで、在り方とかセールスレターの書き方とかがいい方向に変わると思いますが・・・いかがでしょう?

ちなみに思考と思考のはざまに入ることって、いわゆるクリティカルファクターの壁を超えると似ているんじゃないかな、と思います。ワイズマンが言っていましたが、ボヤッと眺める。ミスターシンクロニシティもそう言っていたかもです。

後半、意味不明になりましたがこのまま残しておきます。なんか自分でブツブツ言い出したな、と思ったら、休むべきサインかもしれませんよ。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




なぜ健康を目指す?(玄米食べててふと思ったこと)

https://www.facebook.com/groups/654598774675859/

第七回ワイルドサイドランチミーティング(大阪)
http://artistinnovation.net/?p=1787

お楽しみ様です。小野貴正です。

玄米食にして数週間が経ちました。と言っても、毎食玄米を食べているわけではなく、外にいたら別のものを食べますし、家にいても他のものを食べる、って感じでやっています。

とはいえ、玄米。玄米を食べるというのはかつての僕では選択肢としてなかったのですが、今では普通に食べているというのも不思議。

そもそもなんで玄米を食べるようになったかというと・・・2015年の6月1日に高城さんのトークライブにミスターシンクロニシティと一緒に行き(そういえば、ライブの音声が聞こえなかった僕のもとに書き起こし文が届いたのはビックリ。facebookのフィードが活躍してくれました)、それをきっかけに高城さんを知って興味を持ち、

『ライフパッキング』という本で玄米とごま塩が主食だと知り、コレはやってみようと考えた次第。

生活そのものをミニマル化して、スーツケースひとつでどこにでも行けるようにするというのを、僕は12年前から・・・20年前かな・・・考えていました。この時は漠然と、子どもと一緒に生活しながら世界を見て回り、仕事もするために、みたいな感じだったかな、確か。

すると高城さんはコレに近い生活をすでにしていると知り、コレは!と思ったわけです。

僕がミスターワイルドサイドに興味をもったのも、同じ理由なんですよね、そういえば。島田さんもそういう雰囲気で生活をしている感があったので。いつでも、どこにでも行ける、という。

各地を転々とするなら荷物は少ない方がいい。食べるものも最低限のものがいい。そこで、高城さんが玄米とごま塩だけを食べている、と知った。もうコレは、やってみようかな、と。

やり始めるといろいろと面白くて、つい先日は無農薬無肥料の発芽前玄米を探し、炊飯する時に水につけて発芽させて炊くようにしようとか、そんなことを調べてから購入したりしました。ごま塩も意外に美味しかったので、追加注文したり。ついでに、わかめのふりかけも買ってみたり(買いすぎたらミニマル化でないですが、、、)。

それで先ほどふと思ったわけです。なぜ玄米なのか?と。

ミニマル化といいましたが、これだけだと答えにならない。荷物は少なく、最低限のものが食べられればいい。つまりコレは、健康な身体を維持できるだけのモノがあれば、ということかな、と。

健康な身体を求めての玄米、でもあったわけです(ごま塩も健康そうなので、、、)。

すると今度は、なぜ健康を目指すんだ、となる。別に健康になりたいわけじゃないんですよね。健康の結果、何かを僕は得たいからこそ健康を目指すわけです。

たぶんそれが、

*時間と場所からの自由であったり
*子どもの成長を見続けるためであったり
*親孝行するためであったり
*家族に事業を残したり
*神社で何かをしようとしたり

かな、と。

セールスコピーを学ぶ時、動機が明確でないと、学び続けてレジを鳴らせるスキルを獲得することは難しいものです。

コレは健康を目指す場合も同じで、動機が明確であるほど、健康に向かって僕は行動し続けることができるんじゃないかな、って思います。

健康って誰もが目指しやすいものですが、実際に健康に向かって行動し続ける人って、やっぱりなかなかいないですから。

P.S.
第七回ワイルドサイドランチミーティング(大阪)
http://artistinnovation.net/?p=1787

https://www.facebook.com/groups/654598774675859/

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ライティングのコツ(書き続けるには姿勢が大事かも)

こんにちは。小野です。

昨日更新したブログ記事で呼びかけたメッセージに早速のご返信を頂いたのですが、コミュニケーションが双方向になるってなんか素晴らしいな、と昨日はしみじみ思いました。このブログやメルマガをご覧になってくださる方々にもそれぞれのドラマがありますから、そういうものを垣間見ることができる、というのもなかなか素敵な経験だなと思います。ご連絡くださり、ありがとうございました。

それで、その方からどんな机とかを使ってライティングをしているのですかという質問を貰いましたので、今日はそれについて記したいと思います。

【机は何を使っているのか?】

今日の見出し画像が普段使っている机なのですが、机というよりも病室にあるような可動式のサイドテーブルといったほうがいいかもしれません。コレ、Macが載っている場所に注目して欲しいのですが、手前に傾いていますよね。逆に奥に傾かせることも可能です。コレが奥に傾けた場合ですね。

IMG_2976

基本的に僕は、ライティングするときの座り方により、可動テーブルを手前に傾けたり奥に傾けたりしています。そしてその座り方はちょくちょく変えています。ちなみに椅子は、無印良品で15年くらい前に買ったソファーベッドなのですが(未だに使い続けているのも我ながらスゴイと思いますが、コレ丈夫なんです)、僕はこの椅子にあぐらをかいたり、背もたれに寄りかかって深く腰掛けたりというポジションをとっています。それで、なぜ姿勢をちょくちょく変えるのかというと・・・

同じ姿勢をとりつづけると、脚のむくみがハンパじゃないから

・・・なのですが、厳密にはこのむくみに気付いたのは自宅で仕事をしている時でした。自宅では妹が学校の先生なので、日中は妹の机が空きます。それで妹の机に6時間くらい座って仕事をする時があるのですが、コレは普通の学習机みたいなものなので、座るポジションを変えることができません。結果、エライむくんでシンドいんですよね。

でも、自分の部屋でライティングしてもむくまない。コレはなぜか、と思ったら姿勢を変えているからだ、という答えになったわけです。

背もたれに寄りかかる時はテーブルを手前に傾け、あぐらをかいて前かがみになる時はテープルを奥に傾けています。つまり、背筋が常に伸びた状態になるようテープルを調整する、ということです。

こうすると、自分にとってラクな姿勢でライティングし続けることができますから、身体へのストレスは少ないと思います。

後はウロウロすることですかね。散歩行ったり。身体をほぐすことを心がけていると思います。あとは煮詰まったらお風呂に入る。半身浴で汗をドバーって感じです。

【ちなみになぜこの机を使っているのか?】

実はこの机ですが、寝違えがヒドくて起き上がることができなかった時、数年前になるのですが、通販で買ったものです。僕は病院で入院をしたことがないのですが、ベッドに座りながらごはんを食べるためのテーブルってあるじゃないですか?アレを妻が出産するときに病室で見かけて、

「これあれば寝ながらでも仕事ができるな」

という、今書きながらニヤけましたがある意味クレイジーな発想ですが、実際起き上がれなくなった時にこのテーブルがあれば寝ながらでも仕事はできるので、購入しておこうと思ったんですよね。

それまでは部屋で仕事をする場合(あ、当時はコピーのことは知りませんでしたから、会社の仕事です)、コタツで仕事をしていました。つまりあぐらですね。ちなみにタイではRIMOWAというスーツケースを机にしてあぐらかいて仕事しています(今月末の訪タイでは仕事環境づくりがテーマの一つです)。

IMG_2049

あぐらだと、腰に悪いんですよね。それで、寝違えたついでに起き上がれなくなるくらいのダメージが身体に来てしまったのだと思いました。

このテーブルを使ってからというもの、割とラクにライティングはできています。この傾きが絶妙なんですよね。ご覧のとおり、スゴく小さいテーブルですが、かなり重宝しています。

【小野の寝違え防止方法】

ついでの話ですが、寝違えると仕事に支障をきたすので、いかにして寝違えないようにするかを考えていました。これまでは1年に1回は寝違えて1週間近く歩くのもシンドい、という時がありましたので、これを防ぎたかったんですよね。

これは僕の場合、テンピュールのオリジナルピローを使うことで解決しました。もう不思議としか言いようが無いのですが、テンピュールのオリジナルピローを使うと、寝違えません。皆無です。ちなみにコンフォートピローだと低いせいかダメです。低くても、オリジナルピローなら大丈夫です。これまでXSとS、L(普段はLで、XSとSは長男次男がタイで使っています、たぶん)と試してきましたが、本当に寝違えません。

事実、Lを購入する前は他の枕を使っていました(XSとSはタイに置いてきてしまい、気付いたら長男次男が使っていたので持って帰ることができず・・・)が、寝違えたんですよね・・・。

かれこれテンピュール歴は7年近いですが、7年間、テンピュールのオリジナルピローを使っているときは寝違えないってスゴイな、と。

ただ、枕は個人差があるので、一度試したほうがいいかもしれません。低反発がダメな方っているらしいので。

【最近気をつけていること】

これはここ2ヶ月位の話ですが、ランニングをするようにしています。血行とか身体の循環を良くするためと、身体を絞るためにです。血流をスムーズに流すことを意識すると、ライティングしても身体に負担はかかりにくくなるような気がします。

今日のところはこれで。また気付いたことは記していきますね。

眠れません。。。

こんにちは。小野です。

以前ベネマンのブログに書いたのですが、最近はよく眠ることができていません。眠れる時もあるのですが、、、なんでだろう。。。

考えられることとしては脳の疲れと身体の疲れのバランスが悪いのかな、ということなのですが、、、そもそも、このバランスが睡眠に影響あるかどうか不明なので・・・実際のところ、どうなんですかね?

昨日は14時間くらいライティングとかリサーチをしていたので、脳は疲れていると思うのですが、ランニングもしてそこそこ身体も使っているんですけどね。なかなか、うまくいきません。

振り返ると眠れる時というのは、外出した時が多いかもしれません。なぜかはわかりませんが・・・。

フリーで仕事をするにしても会社を作って仕事をするにしても、自分の時間は自分でコントロールできるわけですから、特に体調を最良の状態にする生活習慣が課題になるな、とは思っていたので、9月の目標から健康に関することを一つ入れていました。

実際、よく眠れないと長時間ライティングはしているとはいえ、もっと早くもっと上手くできるだろうと思えることも多々ありますから、、、早くも体調管理の大切さを体感している日々です。出社しなくなって2週間なのですが、早いですね。

フリーで働いている方々の時間の使い方に関する悩みが、わかる気がします。

ところで

今水道橋に到着したのですが、これからセルフイメージの先生と会ってきます。何をするかは不明なのですが、何やらアレンジしてくださったとのこと。楽しみです。

フリーで働くということはホントにやりたいように時間が使えるということでもあるので、セルフイメージの先生を待つ間、ちょっと考えてみたのですが、

どこかの温泉旅館に行って1週間泊まりこみで仕事をするとか、沖縄にでも行って仕事をしてみるとか、それとも年末をまたずしてタイに行って子どもたちと一緒に仕事をしてみるとか、

それこそいろいろなことができるんだな、ということに気付きます。上記は仕事ばかりですけど、、、実際、お客さんから幸いにも、怒涛のように仕事が来るので。イヤ、ホントにうれしいですけどね。インフォ・ビジネスをきちんとやる時間を作らないとな、とつくづく思う次第です。

会社員の方が独立したいと思っても、なかなか独立しない理由ってこのへんにもありそうです。出社とか勤務時間という制約があると、時間の使い方を考えるときに少しラクです。今ならよくわかります。今の僕は、24時間の裁量を持っているので、24時間分の時間の使い方を決めることができます。しかし会社員時代は、裁量を持っているのは6時間から8時間くらいでしたから、3倍から4倍、今では考える必要がある、ということです。

当面の課題をお伝えしましたが、もしあなたも時間の使い方で悩んでいるなら、ぜひお知らせください。ソレを考える時間も、今の私にとっては救いです^ ^

P.S.
といっても、ホントにスケジュールは埋まっているんですけどね、、、この状態なのに時間の使い方で悩むとは、、、贅沢なものです。。。

P.P.S.
写真は妻がタイで撮ったものです。癒しになるかと^ ^

睡眠とコピーの相関関係。

こんにちは。小野です。

あなたは睡眠とコピーの相関関係をご存じですか?

デイヴィッド・オグルヴィやジョン・カールトンなど、コピーライターとして誰もがスーパースターと認める人の多くは、睡眠の大切さを話しています。

ジョン・カールトンは少しでも疲れていたり眠りたかったりと感じるなら、コピーは書かないことだ、30分で終わるライティングに4時間かかることも珍しくなく、しかもいいものはできない、と話しています。

これは確かにそうだ、と思えることがありまして、

たとえばお客さんのブログ記事やメルマガ記事をライティングしている時、通常30分で終わるはずなのに1時間経っても書き終わらず、読み返してもイマイチな内容・・・ということはよくあります。

つまり、スーパースターたちが話すように、睡眠とコピーには相関関係がある、ということです。

反応が出るコピーを書きたいなら、睡眠をきちんととって脳が常に元気な状態にしているかどうかこそ大事、というワケですね。