空気感。

昨日は島田さん主催のグループセッションが虎ノ門で開催され、今日は城ドラのオフ会で秋葉原へ。

共に共通するメッセージを感じまして、それは空気感。

先ほど帰ってきたばかりで僕のなかではまだホットな “空気感。” の続きを読む

答えはすでに、自分が知っている。

ビーコンライブセミナー@東京が終わり、特典セッションも対面の方々には昨日終え、あとはスカイプと当日休まれた方向けのセッションと残すのみとなりました。

今回のビーコンライブセミナー@東京『Be yourself』を伝えるにあたり、昨年の名古屋、そしてLicense to beatのレターを確認しつつ、

またダイレクト出版の寺本さんからもらったメール、そしてワイルドサイドの島田さんからいただいたメッセージなどなどを見返していると、

自分でも驚くほど、同じことをいい続けていることに気づきました。

つい最近もブログで書きましたが、セールスライティングスタートアップガイドの第1章と第2章も読み返してみると、今セールスライティングクラスで伝えていることと同じでして、

異なることはといえば、木坂さんのセミナーに参加したり、岡本さんからの案件に納品したり、島田さんとのプロジェクトを進めていくにあたり、改善されたところ、新たな知見を得たところ。

あれ、ココまで書いて既視感ありますが、まぁいいや、このまま書きますと、

こう見せようとか自分をつくる必要はなく(相手に対する礼節は必要という意味で、身なりを気にしない、という意味ではないですよ。よく見せるのも控えめに見せるのもナルシストという言葉を島田さんか木坂さんが言っていましたが、そのとおりだと思います)、他者からこう見られたいとか思う必要もなく、自分自身の本音で在るだけ。

本音というのはラクなんですよね。最近、僕もこのラクという意味がわかるようになってきました。

一応くれぐれも、今のあなたでいいんですよ、変化する必要などないんですよ、あなたはあなたでいいんですよ、というような意味ではないことも、付け加えておきます。

むしろ僕が考える、自分自身であれ、Be yourselfというのは、なんとなく甘いというか甘やかされるというか、そういうものとは違うステージのものですので。

昨日も特典セッションに参加する皆さんと話していて思いましたが、すでに答えは自分で知っていたりします。

ただそれに気づいたり、それを口に出したりすることは怖かったりするので、それを見ないふりしてその他大勢の人がそうしているように「建前」で行動する。

人と違っていいと口では言うものの、人と違うことを恐れる。これが普通だと僕は考えています。

だから人と違う自分の本音に気づくと、まぁ、怖くなりますよね。

え、オレって本当にこんなこと考えているの?ってなる。

他者との関係性の中で生きている以上、それは当然だと思いますし、そういう選択を取ったほうがいい人生だと思い込める人もいるでしょう。

いずれにしても、自分の本音。

本音というのは実のところ、自分にしかわからないものですし、すでにそれは知っているもの。

セールスライティングスキルが必要ですと言うならば、それは本当に必要なのか。

自分に問いかけてみた時に、どこかで聞いたようなセリフしかでてこないのであれば、それは建前じゃないかと考えてみることも大切だと僕には思えます。

デニーロのように「セールスライティングは必要ないです」と認めてはじめて、それが実は必要だと気づく場合もある。

本音に耳を澄ませ、それに身を委ねてほしいなぁ、と思います。

セミナーでどんな話をしたのかは、ちょうどデニーロと、角舘さんが書いてくれていたので、あと写真を見たらこれはセミナー開場だということで、京都日々新さんのブログを紹介しておきますね。

http://warashibetaxi.com/2016/11/08/osaka-taxi-blog90/
(こちらはデニーロのブログで)

http://kankakukabin-futoko.com/2016/11/07/セミナーでした/
(こちらは角舘さんのブログ)

http://kyotohibishin.com/mind/real-intention-and-public-position
(写真だけセミナーの画像ということで、京都日々新さんのブログ。内容は・・・偶然にも?本音と建前。数日間のブログはセミナーの内容を先取りしているようで、面白いですよ))

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




P / PCバランス、コア・バリューの再言語化、そして再新再生。

こんにちは。小野貴正です。

流れがいいというか、めぐりがいいというか、タイミングがいいというか。

こういうこともあるんだなと思い、今日のブログを更新しています。

昨日はオーナーさんとコーチングの初回セッションを新宿で開催しました。当初考えていた予定では話を伺いながら、コア・バリューとマスタープランの確認を行い、客観的な視点からの強み発見と言語化、そしてマスタープランの再書き出しやビジネスプランの書き出しをやろうと考えていました。僕の認識では、ホットシート、ですね。

しかし話を聞いていくうちに、コレはアプローチを変えたほうがいいかな、と思いました。なぜなら、自分に何ができて何ができないのか、何を信じることができて何を信じることができないのか、に迷いや不安が見られたからです。

ですから客観的な判断基準をまず提供し、自分自身で抱えている不安を解消してもらおうと考えました。そしてこの判断基準こそ、何らかのスキルを習得して実績を得ることでもたらされる効果なんじゃないかな、と気づきます。

『7つの習慣』で黄金の卵とガチョウ、PerformanceとPerformance Capability、「P / PCバランス」の話が登場しますが、この場合スキルとはPCです。スキルを習得することなしに、報酬や成果などのPが生み出されることはないですし、スキルを磨くことなしに、報酬や成果などが大きくなることはありません。

そして、報酬や成果、生み出された価値を手にし、また体感してこそ初めて、人のために役立ったといううれしさ、そして自分自身が提供した価値を客観的に信じることができる。

バランスが大事なんですね、きっと。

ですからまずは自身のスキルを客観的に判断できるようにし、その上でプログラムを組み上げたほうがいい、と考えています。

この自分が置かれた状況というのは意外に自分自身では気付くことが無いですから、同じ方向を見る他者とのコミュニケーションでこそ気づけるものなのかな、と思います。コーチングもそうですが、マスターマインドが大きな効果をもたらすのは、コレなのかな、と。

コレは僕自身も同様で、自分自身の価値観に気付けているようで明確には気付けていなかったりします。たとえば、セルフイメージ先生の小坂さんに言われたのは、

「小野さんのコア・バリューは、稼げるスキルを提供し、いろいろな人生を選ぶ選択肢をその人に提供する、なんですよね」

・・・あ、そうだな、と。自分で言語化していなかったことが他者により言語化されると、ふと気づくことってあります。

ぜひ、あなたも価値観について誰かと対話してみてください。

そうそう。この時、話をする相手は誰でもいいわけではなく、価値観の方向が近い人にしたほうがいい。共感が大事だからです。自分の行動を心から応援してくれる人ですね。

もうひとつ。

いいタイミングだな、と思ったのは、小坂さんから再新再生を勧められたこと。ちょうど寺本さんが今日のメルマガで書かれていましたが、僕自身が妙な疲れを感じていました。しかし、それは気のせいだろうと自分の内側を見ようとしなかったんですよね。

それを小坂さんが見抜いてくれて、それだけ成果を出して別のステージに行っているわけですから、海に行って何もしない日を作ったほうがいいですよ、と。

というわけで、再新再生をしようと思います。毎日の瞑想とかビジュアライズとかではなく、1日何もしない日、というものですね。

「でも小坂さん、レターのスケジュールでいっぱいなんですけど」と言ったら、

「小野さん、刃を研げば小野さんなら、3時間で書き上げられますよ」と。

確かに、です。ちょっとスケジュールしてみます。

目標を実現できない理由(ナポレオン・ヒル博士によると)

おはようございます。小野貴正です。

今朝もロマンスカーに乗って新宿に向かっています。相模大野駅始発のロマンスカーのようで、結構空いているな・・・と思いきや、乗ってくる方多いですね。通勤利用のようです。

そういえば予約する前にもう少し遅い時間を調べてみたところ、満席でした。通勤利用する方、多いんですね。会社勤めしていた時はそもそもこういう特急が田園都市線にはありませんでしたが、仮にあったとしても使わなかっただろうな、と思います。価値観の変化、ですね、きっと。

ところで僕が毎朝の日課にしているビジュアライズの中に、ナポレオン・ヒル博士の『思考は現実化する』にある「自信を育む公式」というパートがあります。ソレを毎朝読んでビジュアライズの仕上げとしているわけですが、たまたま今日は、パラパラと他のページも読んでみました。

あらためて『思考は現実化する』を読むと、新鮮な学びや気付きが得られるもので、不惑の40歳がなになにとか、38歳の時に読んだ時とは違う言葉に反応するようになったな、と思います。実際、また読み返したくなるほど、ピンとくる箇所がありました。

その中に、失敗をもたらす30の原因のような箇所があるのですが、そこにあったものを1つ紹介したいと思います。

*失敗の最たる原因:願望・目標を明確にしていないこと

ナポレオン・ヒル博士が言うに、願望・目標を明確にしていないこと(本の中で紹介されている表現とは異なりますが、こんな感じです)が失敗の最たる原因だとか。うまくいかなかった人100人中、98人が願望・目標を明確にしていなかったことから、ヒル博士はコレが最たる原因では、と語っています。

『7つの習慣』でも「目的を持ってはじめる」や、マスタープランなどが大事と語られていますが、コレには僕自身も頷くところ。

たとえば、「なんかうまくいかないな〜」とか「人生もっと楽しくならないかな〜」という口癖を持っている人って、ほとんどの場合はうまくいかないと思います。なぜなら、たどり着きたい場所、願望や目標が明確ではないから。

モルツ博士のサイコサイバネティクスを学ぶとわかりますが、脳の「自動追尾装置」を稼働させるためには、明確な願望や目標が必須です。明確にソレを描写できてこそ(しかも現実的に)、脳はそこにたどり着く方ほうを探すようになる。繰り返し願望や目標を脳に語りかけることによって、潜在意識がそこにたどり着く方法を探すようになる。だから、いつの間には願望や目標が実現している、という流れです。

明確にゴール設定することなく、うまくいった人って僕は知らないのですが、それもそのはずでゴール設定していないとそこに辿り着いたかどうかさえわからないので、ある意味当たり前かな、と。

今述べたような話は珍しいことではなく、どこかで聞いたことがある人も結構いらっしゃると思います。しかし多くの人はコレをなかなかやらないんですよね・・・たぶんですが、考えるって大変だから。

ドラッカー博士が言っていたと思いますが、仕事の本質は考えること、だそうです。コレ、なるほどな、と思います。考えるって結構大変ですし、コレよりは日々決まったルーチンワークをやるほうがよほどラク。だからこそ僕は、考えることと行動を分け、前日のうちに次の日の行動を考えて書き出しておくことで、行動そのものに取り組むハードルを下げ、「ただやるだけ」の状態にしていると言えそうです。

コア・バリューの発見やマスタープランの作成もそうですが、これらはとても頭を使いますし、1日2日でできるものではありません。

だからこそ、これらを明確に書き出してしまいさえすれば、ゴール実現までは時間次第、と僕は言い切ることができるのですが。

もしあなたがまだ、セールスライティングスタートアップガイドの第1章を手に入れていないなら、また手に入れていてもワークに取り組んでいないなら、ぜひ今すぐ取り組まれることをオススメします。

今年も6分の1が過ぎました。残すところ10ヶ月ですから、10ヶ月あれば、ゴール到達できそうな成長を感じることはできると思います。ただし、願望や目標を明確にしてこそ、ですが。

ゴール到達を目指し、一緒にがんばりましょう。

付き合う人は選んだほうがいい(人は変わらない。唯一つを除いて)

こんにちは。小野貴正です。

昨日は秋葉原でセミナーに参加したあと(ドラッカー博士が「誰に何をどのように伝えるか」を事業のマネジメントにおける基本的な考え方とされていることを知り、コレは原理原則なんだな、と思いました。セールスレターの場合、「誰に何を約束するか」、ですね)、新宿のスタバでコーチングに参加されているオーナーさんと待ち合わせ、ライティングのために貸していた冊子を持ってきてもらいました。A/Bテストを依頼してくださったクライアントさんへの納品準備を進めるためです。

オーナーさんが書かれたセールスレターをレビューしてレジを鳴らせるように改善し、もう一案は今回僕が書くことになりそうですので、リサーチをあらためてするため、ですね。

セールスレターを複数見てもらい、現在の自分が書かれたセールスレターが他と比べてどう違うのかを確認してもらったあと、ふとしたことでお客さんを獲得するなら選んだほうがいい、という話になりました。

例えばですが、セールスレターの反応が思わしくない場合、成果が出るまで改善を繰り返すお客さんじゃないと付き合わないほうがいいとか、です。

コレは人により考えが異なると思いますが、初回のセールスレターから反応がドンと出るっていうのは、かなりレアなケースだと僕は考えています。なぜなら、見込客のこと、商品やサービスのこと、発注するクライアントさんのことを理解できているわけではないからです。当たり前ですが、接触回数を増やすほど、わかってくる。だから反応を出しやすくなる(もしくは撤退を提案できる)。

ですので、セールスレターをテストと考えて成果が出るまでやり続けるクライアントさんと一緒にならないと、初回に投資した時間がムダになりがちです。そしてそのクライアントさんの姿勢は、変わらないかな、と。口では「成果が出るまで改善しましょう」と言っても行動に移さない場合、そういうクライアントさんでありつづける、ということです。

だから、付き合うクライアントさんは選んだほうがいいですよ、という話をしました。

一つだけクライアントさんにしてもよく付き合っている知人にしても、変わることができるとしたら、それは自分自身で変えようと思い行動した時だけです。

僕はそこに期待を掛けたくなってしまいますが・・・やっぱりココに自分の時間を投資すべきじゃないな、と思っています。いつ変化するかわからない、また変化しないであろうことに、時間を使うならば他のことに時間を使ったほうがいいので。自ら動けるクライアントさんと付き合ったほうがいい。

「付き合わない人を決める」というのはなかなか骨が折れる、勇気が必要なことですが、

コア・バリューの発見とマスタープランの作成とともに、あなたがゴールに到達するためにはとても有効な手段ですので、ぜひ勇気を持って絶ってほしいと思います。

鉱脈クラブ(コア・バリューがもたらす効果)

こんにちは。小野貴正です。

リクルートで学校法人さん向けの広告営業をやっていたころ、先輩に誘われて多摩大学に訪問したことがあります。訪問した目的は確か、野田稔さんという方へのインタビューか、セミナーへの参加だったと思います。

要は先輩の仕事ぶりを学ぶとか(この先輩がエライマーケターなのです)、手伝いをするとか、そういう目的で連れていってもらったんじゃなかったかな・・・確か。

そしてこのセミナーで講演されていた当時の学長が中谷巌氏。今では名誉学長だと思います。この人が語るある話にエライ感銘を覚えました。

その話とはいったい何か?それは中谷氏の専門であるマクロ経済の話ではなく・・・「鉱脈クラブ」という話です。

鉱脈クラブとは何かというと・・・鉱脈を掘るために、一点をツルハシでひたすら掘って掘って掘っていくと、いずれ鉱脈に当たる。そしてその鉱脈にツルハシが辿り着いた瞬間、堰を切ったようにパーンと鉱脈がはじけ飛び(・・・と語っていたような気がします)、すべてを理解するようになる、といった話です。

簡単に言うと、ある専門性を身につけようと思ったらひたすらそれに1万時間を投資する。1万時間を投資してその専門性を身に付けた瞬間、他の分野にも通じるようになる、ということです。

アール・ナイチンゲールの語る、1万時間理論ですね。僕はコレを、中谷氏の講演から初めて聞きました。だから、彼が語った1万時間理論をよく覚えています。

この1万時間というのは土日も含めて毎日8時間ずつ投資しても、3年半近くかかります。土日は休むとしたら5年近くはかかる、のかな、たぶん。

誰もが1万時間を1つのスキルに投資すれば世界的な専門家になれる。しかも、全てに通じる専門家です。スター・ウォーズで言うと、ジェダイが使うフォースを身にまとうような、そんな感じでしょうか(イメージとして)。

しかし・・・コレってスゴく魅力的な話であるにもかかわらず、ほとんどの人は1万時間を1つのスキルに投資しようとはしません。新年に誓いを立てても、いずれ忘れてしまい・・・というのは誰もが身に覚えのある事だと思います。

じゃあどうすれば1万時間投資できるようになるのか?しかも、面倒くさくも苦痛でもなく、1万時間の投資が楽しいと感じながら。

『7つの習慣』を見てもそうですが、その答えはコア・バリューにあります。このコア・バリューと1万時間投資すべきものが相容れるものであれば、普通にやり続けることができるでしょう(むしろ、途中で止めることが苦痛になります)。

セールスライティングにしてもマーケティングにしても、たとえば「最新の」という言葉に踊らされて小手先のテクニックに走り続ける人が多いようですので、今日はこんな話をお届けしました。

ソレよりはラクな道などないと受け入れ、セオリーとも言えるスキル獲得に1万時間を投資したほうがいいと思います。新しいものより、古くて効果実証済みのもの。スワイプファイルなら、古典的なもの、ですね。

写真ですが、フランクリン・プランナーから拝借しました。ピラミッドの土台は、価値観の明確化、ですから。

コレなしに、目標立ててもあまり意味は無いかと。スキルアップも、しかりです。

あなたも、鉱脈クラブに入会しませんか?

マインドセットを変える方法(たぶん、かなり影響力あり)

こんにちは。小野貴正です。

先週はセールスレターのパーツについてお話を続けました。このシリーズはまた再開しますので、楽しみにお待ちくださると、うれしいです。

今日は僕がなんで走り続けていられるのかという秘訣みたいなお話をしたいと思います。どこかで書いた気もしますが、コレは何度でもお知らせした方がいいと思うので、ぜひお楽しみください。

かれこれちょうど2年前に、ダイレクト出版さんの『世界一シビアな「社長力」養成講座』を購入したことで、僕の人生が変わりだしたのですが、この時に出会ったダン・ケネディとの接触を僕は持ち続けているという秘密があります。

もちろんコレは、現実世界であっているわけではなく、別の方法・・・音声プログラムをずっと聴き続けている、という意味なのですが、この効果はエライ絶大なんじゃないかな、って思います。

例えばですが、値引き交渉とかってあるじゃないですか?アレ、僕はそれまでなら部下から「小野さん、実は値引きの要求が・・・」ってあれば、「競合の価格とか相見積もりの相手はどのくらいなのかを探ってみて、それで交渉してみよう」みたいに、反応していました。割とよくあるような、対応の仕方ですよね、コレは。

しかし、ダン・ケネディの音声プログラムをずっと聴いていると・・・期間にすると半年間は毎日3時間聴き続け、1年365日の内に363日は聴いているみたいな、そんな感じだったのですが、

例えば「値引き要求が・・・」と相談されたとすると、「そのようなお客さんは切りましょうか」って感じに対応が変わりました。コレは、自分でも笑ってしまうのですがホントの話です。

値引きが・・・と誰かが発した途端にムカってくるんですよね。まさに、ダン・ケネディの魂が入ったな、と。そんな感じです。

コレは一例なのですが、音声を聴き続けることによって、脳の深いところにその言葉とか考え方が刻み込まれます。だから、「写経は大事。なぜなら・・・」「毎日1つは資産形成に繋がる行動をする。だからお客さんとの接触を・・・」とかを聴き続けることで、その考え方が自分にとって普通になり、行動することも普通になります。

この音声を耳から入れる効果でさらに不思議というか興味深いというか、コレはラクだな、って思うのは、意識して理解しながら聴かなくても効果がある、ってことです。実際、僕はダン・ケネディの言っていることで覚えていることって言えば、

写経のこと、値上げのこと、請求書は群れに送れ・・・くらいかもしれません。もちろんもっと覚えていますし、考えたり質問されたりすると出てくると思いますが、パッと思い浮かぶのは数えるほどだったりします。

そしてどの音声プログラムでどんな話をしていたのかも覚えているわけではありません。つまり、聴き流しているわけです。もっと言うと、寝ながら聞き流している時もありました。特に通勤電車では寝ながらでも聴き続けることを意識していたので、電車に乗って席に座る、もしくは立ったままでも目を閉じて、あるいは外の景色を楽しみながら、ダン・ケネディの音声を聴き流してしました。

僕はなぜコレほど多くのセールスレターを短期間に書けたり、お客さんのレジを鳴らすセールスレターを書けるようになったのかといえば、ダイレクト出版さんのアプレンティスに参加して、寺本さんからレビューを受けたおかげですが、

他にも毎日4時間、土日祝日なら10時間のコピーを学ぶ時間を確保し、それを今でも・・・今はもっと多くの時間を投資できています・・・やり続けているのは単に習慣化のコツを知ったから、だけではないような気もします。

なぜなら、習慣化のコツを知ったからって習慣化できるわけじゃないし、レジを鳴らせるコピーを書けるようになるわけでもないからです。

習慣化の場合、コア・バリューとかマスタープランとか、これらがカギを握るのはセールスライティんすスタートアップガイドの第1章でお知らせしたとおりですが、

自然と必要な行動が取れるようになったのは、やっぱりダン・ケネディの音声プログラムが僕の脳に入っているから、だと思うんですよね。つまり、マインドセットが変わったと。

コレはやり続けないと成果を試せるものではないのですが、もし興味があればあなたもお試しのほど。

ちなみに僕が聴き続けている音声プログラムは「レネゲイド・ミリオネア・システム」です。