稼げるスキルを獲得して望む人生を選択する − こんな価値観に共感するあなたへ。

カテゴリー:書籍・オーディオブック・教材

「普通の文章を書きたい!」そんな方が家族と別居してでも読む本(村上春樹編)

一昨日の記事では写経用に『伝説のコピーライティング実践バイブル』を。 昨日の記事では僕が好きな作品として村上龍のものを紹介しました。 そして今日は、村上春樹、ですね。 村上春樹の場合、「この一冊を読みましょう」的な作品は決まっ…

詳細を見る

「普通の文章を書きたい!」そんな方が家族と別居してでも読む本(村上龍編)

昨日は『伝説のコピーライティング実践バイブル』を紹介しました。 このブログとかベネマンのブログを以前からご覧の方にはおなじみなことなので、「すでに持っているよ」と思われた方もいるでしょう。 まぁこの本は写経用としてお考えくだされ…

詳細を見る

「普通の文章を書きたい!」そんな方が家族と別居してでも読む本。

セールスコピーを書こうとしても、人に伝える文章を書く技術が伴っていない場合、セールスどころか読まれない文章ができあがる。 これは残念なことなのだけれども、よくあることです。 コピーを教える方々は「文章力は不要です」とは言いますが…

詳細を見る

執行草舟さんの「わからぬがよろしい」を地で行く勇気。

お楽しみ様です。小野貴正です。 メルマガでもコーチングでもタレント化プログラムでも、割と最近僕がどこに行ってもオススメしている本があり、それが『生くる』(講談社刊)です。 作者は執行草舟さんで、若い時は『モオツァルト』などを著し…

詳細を見る

Judgement is unnecessary.

ものごとをつねに善か悪か、正か否かに分類しなくなれば、意識はもっと穏やかになっていきます。判断という重荷を捨て去った瞬間、心のなかで交わされる対話はもっと穏やかになり、無心の境地(思考と思考の合間)にもずっと簡単に入っていけるようになるので…

詳細を見る

ステップメールの作り方(セールスレターに使えそうな本)

今日は小野さんにご質問があります。 小野さんはステップメールのライティングなどもやられてますが、 ステップメールのライティングを勉強するのに、何か参考にしたモノや、参考にしてるモノなどがあったりするのでしょうか? …

詳細を見る

原始の光景、そしてその感動のエクスタシーに震える。

僕達はこの世で機能していくために、これは木、これはテーブル、これは地面、これは自分と名前をつけ、一つひとつ区別し、独立した存在として整理している。だが、実はすべてのものが流れるような意識であり、光り輝くカオスなのだ。そのことが理解で…

詳細を見る

人生のリスト作り。

僕はさっそく自分のリストを作ることにした。これを作ることが、僕流の通過儀礼を完結させることになるのだと思った。 考えては書き、書いては消し、また考えては書く。こんな調子で、僕は何日間かこのリスト作りに夢中になった。 こうして百の…

詳細を見る

エグザイルスな旅に出る。

所属する場所を捨てて旅に出た僕は、自分という「所属する場所」を再発見することができたのだ。誰にも束縛されることなく、楽しく、情熱的に生きたい―僕が旅に託した想いは「場所」ではなく、この「自分」が可能にしてくれるものだということに気が…

詳細を見る

自分をなくして、自分を知る。

異国の街の一郭にあるカフェやレストランに座って、道行く人たちを静かに眺めていると、たまに自分が誰なのかわからなくなる時がある。ほんの一瞬だが、僕という歴史がなくなり、ただ周りの景色や騒音を受け入れている、意識だけがそこにある。そんな時、…

詳細を見る
単身赴任サラリーマンのスキルの秘密

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密
などの無料メルマガはここからどうぞ

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密