アタックス横山さんのたとえ。お金は旅のようなもの。

何をするにしても「なぜ」が大切。目的が大切ですと話す僕ではありますが、同時にただそれがあるとゆたかな気持ちになれるから、まずはなんでも手に入れてみるべきなんですよ、という事も同時に話していたりします。「今一番大切なことを一番大切にしましょう」とかですね。気持ちがおもむくままに “アタックス横山さんのたとえ。お金は旅のようなもの。” の続きを読む

「なんでもできる」だと迷うんですよ。

島田さんが主催する通称クレイジーパパの皆さんと、今日は課外活動。

レンタカーを借りて向かったところは、國吉さんが営むオーダーデニムの工房。

「美味しい沖縄そばがあるので」と一緒に食事をしたあとは工房に戻り、ひとりずつジーンズをオーダーしていく。

ジャケットに合うジーンズをと思い、サンプルを手に取っていくと、ああまさにこういうのが欲しかったんです、というものがあったので、それを國吉さんに伝え、サイズ合わせ。

股上が深いもの、普通のもの、浅いものどれにしましょうか、という質問にはじまり、普通ものと深いものを試させてもらい、着心地が随分違うことに驚く。

デニムを縫う糸の色、ボタンの素材と色と見た目、ベルトの部分につける革の素材、そしてポケット部分の生地まで國吉さんの質問で選んでいった後に、

「ポケットには財布など入れますか?・・・入れないならば、シンプルなものでいきましょうか」

となり、質問は終了。あ、もう一つ聞かれたことは、

「ここからさきはカスタマイズになります、たとえば・・・」

と話し、どんなカスタマイズができるかを教えてくださったのですが、それを聞いた後に僕は

「なんでもできるんですね」

と一言。

すると國吉さんは、

「なんでもできると言ってしまうと逆に」

というので

「ああ、選べないんですよね、迷う」

と加える。

革にレーザーで入れる文字や革の種類、ボタンかファスナーかといった、割と目につくところのカスタマイズであれば想像できるけれど、

例えば右と左で糸のカラーを変えたり、隣りにいた島田さんのジーンズを見ても、片方の糸だけで赤とか黄色とか緑とか、エラいたくさんのカラーが使われていたり。

なるほど、個人の好みに合わせて一着のジーンズを仕立てていくことは、確かにオーダーの醍醐味なのかもしれないけれど、それだとオーダーできない人もいるだろうと。

だから國吉さんが一つ一つ導いていくかのように質問をしていく様子には、とても安心したし、職人の提案とともに一緒につくりあげることもまた、オーダーの価値だと思った。

個人的に前のめりになったのは、沖縄の染め物でポケットの裏地をつくる、といったところ。

一見、ヤコブ・コーエンのようなテーラードジャケットに合う、いわゆる「きれいめ」ジーンズではあるけれど、脱いでみたらポケットの裏にはゴーヤやシダをあしらった模様が染められているなんて、しかも右と左で模様が異なるなんて(これも選べるということで、選んできました)、エラく感情がくすぐられた。

遊び心があるというか、そんな感じ。

導かれるままにできあがっていったジーンズの完成は、7月あたりになりそう。

ツイードのジャケットができるのは来年になるけれど、それまでには馴染むように、ジーンズを育てていきたいと思う。

自分だけの一着、というのはしかし、くすぐられますね。

コピーを書くときにもこれは、大切にしたい視点だと思います。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




肝心要のシーンで城ドラ。

今回の訪タイは本日開催された次男のお遊戯会のため。

実際にお遊戯会に行ってみると、お遊戯会というよりは、年長さんの卒園記念がメインの発表会というか、そんな感じの式典的ニュアンスがあったようで、参加されているご両親がちゃんとした格好できておりました。

普段から割とちゃんとする格好の幼稚園だとは思いましたが、いざご両親が集まってみるとなかなかに歴史のある幼稚園なんだろうなということが伝わってきますし、女性陣の気合の入り方がまたすごい。

僕が小さい時、お母さんはあんなに張り切っていたっけなって思うほど、席取りも一所懸命だし、お洋服もなかなかのもの。

いつでもどこでも女性はスポットライトを浴びて輝くもの、また輝いていてほしいものだなぁ、と感じました。

次男は今でも人がたくさんいると怖いのか不安なのかで泣いてしまうのですが、今日の発表時は練習していた甲斐があってか最初のワンシーンにおいては誰よりも目立ってカッコイイ振り付けが様になっていたと思います。

おお、あんなに開脚してぐるぐるやってるぜ、と誇らしげになりました(他の子よりも腰を落として開脚しての踊りがカッコよかったのです)。

まあ、他の踊りにおいては目の前にいる女の子に見とれていたのか、ほぼ直立状態でニコニコ手を降っていましたが。

不安になると両親を探すというのは次男に限らず他の子もそうみたいでして、2才児クラスの子たちは演台に登場するとエライ勢いで泣いてお父さんやお母さんを探していました。

妻が言うに、次男もああなるから隠れていたほうがいいのよ、とのことでしたが、次男が登場するやいなや最前列に駆けていき、写真や動画を撮ったとうれしそうにしていました。

僕はというと、荷物番という使命もあったので、席からはそう離れなかったのですが、右手にiPhone、左手にハンディカムを持って次男を撮影。

人の壁で見えなかった箇所はあったものの、次男がニコニコして躍る姿に満足し、ああ、来てよかった、と感激しておりました。

次男の出番は2回あったのですが、それが終わると次男が妻の元へ。

次男が家に帰りたい、と言うのでそれならと妻と長男と一緒に腰を上げ、出口に向かう。

しかし途中で先生に呼び止められて、まだ出番があるので帰らないでください、とでもいわれたらしく、再び席へ。

多分あと30分程度だろうと思い、城ドラの画面を開いて今日から育てはじめた魔導騎兵の武具開発に勤しんでいたところ、妻が隣で、

「ユウキが泣いているよ」

と言うので前方を見ると、先生に連れられて次男が演台に向かっているではありませんか。

このときは一体何がはじまるのか想像もできなかったのですが、再び魔導騎兵の武具開発に夢中になっていると、隣の妻が立ち上がって何やら撮影しようとしていることに気付きまして、

パッと前方を見てみると、演台上で校長先生のような人から何か紙のようなものを手渡され、記念撮影している次男の姿が。

3秒ほど眺めたあと、次男がその場を離れはじめたことで状況が飲み込めまして、ああ、今日は進級証書みたいなものをもらう日だったのか、と衝撃。

お遊戯会もメインだけれども、進級証書をもらう日だってメインじゃないか・・・と城ドラに夢中になっていた自分自身に失笑しつつ、

また来年も来ようと誓った次第です。

妻には、再来年の卒園時に来たほうがいいと思うけどね、とは言われましたが。

限度あるリソースをどこに振り向けるか、どんなパーソナリティが集まってもいかにして勝つか、ということを学び、実際に事業運営で役立つあたり、城ドラには感謝の気持ちでいっぱいですが、

とは言いつつも、今ここで一緒に過ごすひととの時間も大切だよなぁ、と思いまして、今日はこのへんで。

明日は宇都宮あたりから更新予定です。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




自分の息子を満員電車内で思い切り押せるのだろうか。

このブログとメルマガの他、現在定期的に更新しているものといえば、

License to beatの自分という器クラスとセールスライティングクラスそれぞれに毎週配信する『週刊オノタカマサ』があります。

このどちらだったかな、片方の週刊オノタカマサで書いたのですが、

満員電車に乗らないと決めたのに、時間を理由に満員電車に乗るとは自律できていないなぁ、と。

そんなことを書いたからかどうか、なんとも言えないのですが、本日帰りの山手線で、こんな経験をしました。

セミナーの撮影道具を持っていたため、右手にはTUMIのバッグと左手には上海のユニクロでもらったトートバッグ。

両手が塞がっているなかで、恵比寿から山手線に乗り込もうとしたところ、

一本目の電車は混んでいたので、それには乗らず次の電車を待つ。

次の電車には乗ることができましたが、エラくギュウギュウ詰めの車内でして、

両手が塞がっているので発車やブレーキの際に、前後の人がぶつかってくると、バランスを保つのが大変。

倒れたくないな、と願ったことがよかったのか、何とか無事に乗っていました。

しかしある駅で、原宿か代々木だと思いますが、「せーの」とか「えい」とかの掛け声とともに、まあとんでもなくエラい力で僕の背中を押す、推測50代の男性がいました。

そのくたびれた後ろ姿からは酔っ払っているであろうことが推測できたのですが、声をかけて道をつくるようお願いすることもなく、最初の行動が僕の背中を押すでしたから、

満員電車もここまで来たか、と半ば驚き、半ば呆れました。

アーユルヴェーダ効果が持続しているのか、僕自信は程々に穏やかな気分でいられたのですが、

あれが別の男性や女性なら、口論になればまだよしで、怪我どころか事故になってもおかしくありません。

それほど、強い力で僕を押してきましたから。

あの力に動かされるとは僕も鍛えないと、と思いつつ、

「仮に自分の息子があそこにいたとしたら、同じように押すだろうか」
「仮に自分の息子があのシーンを目撃しているとしたら、同じように押すだろうか」

こんなふうに、考えたんですね。

たぶん、押さないでしょう。

自分の息子にはやらないのに他の乗客に対してやるというのは、分け隔てなく接することが一流の条件と考える僕にしてみれば、なんとも妙な行為でしかない。

気分こそ穏やかなものの、この空間に毎日浸かっていたらこんな風にもなるんじゃないかな、と悲しくもなる。

子どもに対して真摯に向き合えるような、そんな大人は今、どこにいるのだろう。

子どもの目がなくたって模範となるような、そういう大人に、なりましょう。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




iPhone購入を考えざるをえない・・・のか?

現在、高知にいます。

高知は高知でも徳島の県境である東洋町甲浦は、当然のように高知市とは異なり、何が大変かというと、インターネット環境の確保が大変。

父の実家には光回線が入っているので、ソレを前回チェックしていた僕はLANケーブルがあればインターネット接続できるだろうと考えており、先ほどホームセンターに行って購入してきました。

しかし、2ヶ月前から使い始めたMacBookAirはLANケーブルを咲きこむ穴がない・・・ということで、接続アダプターを買いに再びホームセンターへ。

しかし接続アダプターは見当たらず、取り急ぎ納品すべきメルマガを一本、セブンイレブンのWIFIを利用して納品。

そして再びどうしようかと考えている次第です。

このブログとメルマガ、そしてプロモーションが進行中のメルマガは必須でインターネットを利用するので、またセブンイレブンに行くか、昨年のようにホテルのロビーを利用させてもらうかかなぁ、と。

高知の田舎に来ると、普段どれだけ便利な環境にいるかがわかります。ちなみに、WIMAXは使えません。

実は神奈川と出雲大社で、iPhoneを新しくしておこうとソフトバンクショップなどに顔を出していました。冒頭の写真は出雲大社横の博物館で撮った三越さんの昔のポスターでして、手ブレしているのも新しく購入することを暗示しているんじゃないかと思ってしまう次第。

ソフトバンクに顔を出していたのは、高知に来たらインターネット回線が課題になることはわかっていましたし、3Gや4Gでインターネットに接続できるということは万が一の際に役立ちますし、仕事上必要だからです。

現在持っているiPhone4Sは3G回線が故障しており、電話はつながるものの3Gでインターネットに接続することができません。

あえて便利でない状況にしておこうとiPhone4Sを5年程度使っていますが、意外とこれまではなんとかなってしまうものだったんですよね。

しかし、インターネット回線を求めて街を走り回るよりも、iPhoneを新しくしたほうがカンタンですし、そう考えると新しいモノが欲しくなってきたのも事実。

東洋町甲浦では入手できそうもないので、こうなったら高知市内まで出て購入してこようかと考えています。

ああ、3G回線が使えたら、AppleShopで購入して配達してもらえるんじゃないかとか、そういう世界が次々と脳を満たしはじめ、

だったら早く買っておけばよかったじゃんと、別の声が聞こえてきます。

今月はまた高知に来ますし、来月はインドにも行きますから、新調する理由は十分にあるので、買おうかなぁ。

とりあえず、このブログとメルマガを更新しに、インターネット回線求めて外出してきます。

仕事をしてきますね。

P.S.
そういえばiPhoneSEでいいんじゃないかと出雲大社で3つの場所を回ったのですが、ありませんでした。これ、すでに新しい機種ではないのかな・・・。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




目から入るものも大事。一貫性の法則。

今朝は新宿御苑で目覚めました。

遮光カーテンがかかっているので夜明けの日差しには気づきませんでしたが、ちょっと暑くなってきたなとベッドから起きて光の線が僅かに見えるカーテンを開けてみると、そこには一面の緑。

地平線代わりに新宿のビル群があり、確かドコモさんのビルだと思いますが、そのビルも目の前に。そして、梅雨明けにふさわしいなぁ、と感じる青い空と形がくっきり整った白い雲。

なんといっても新宿御苑の緑です。景色を見て、ここの部屋になってよかったと思ったのは久しぶりです。おかげで目がハッキリと覚め、覚めたどころか昨日のアイソレーションタンク効果も相まって頭が冴えている状態。

久しぶりに、時間こそ税理士さんとの打ち合わせ時間が近づいているのだけれども、それは置いておいてブログを書こうという気持ちになりました。

ブログというのは僕にとって第二領域・・・毎日1つは書くものという意味では第一領域に近いものですが、第二領域のものは朝やると良い、と考えています。

僕の場合は、ブログや写経、腹筋がそれです。ビジュアライズに関しては朝晩やるので例外ですが。

夕方以降になるとエネルギーを使ったせいか、脳から発せられる言い訳に耳を傾けやすくなるものです。今日は頑張ったから、日課を今日だけ休んでもいいか、とか、どうしても眠いから、今日の分を明日やろう、とか、ですね。

しかし、こういう発言をする人が翌日に日課をしたことはそうないでしょうし、翌日はできたとしても、いずれやらなくなることは目に見えています。

なぜなら、一度でもやらないことを経験してしまうと、「昨日やらなかったから今日もやらないでいいか」という言い訳が成立してしまうからです。

これは私見ですが、人は一貫性を保とうとするものだと考えておりまして、

例えばフット・イン・ザ・ドアというテクニックがあります。訪問営業の人が家を訪問した際、「結構ですから」と言われた瞬間足をドアに踏み入れて、ドアを閉じられなくすることから、このネーミングになった、んだっけな・・・。

そして、「1週間見るだけ、タダですから」と「小さいお願い」をし、「はい」と言ってもらったら1週間後に、「1ヶ月契約してください」と「大きいお願い」をし、「はい」と言わせてしまう。

ロバート・チャルディーニ博士の『影響力の武器』や『影響力の科学』を眺めると書いてありますが、人は一貫性を保ちたくなるような性質を持っているそうです。ですから一度でも「はい」と言ってしまうと、それに関することについては「はい」と言いたくなる。

だから、自分との約束についても一貫性を保ちたくなるのでは、というわけです。少なくとも僕は、自分自身に一貫性を保つ力が働いていることを、日々感じています。ゆえに、自分との約束を守り続ける、というのは大事な信条なんですよね。

実際この3年の間に変化した状況を眺めてみると、これは大事だなぁ、と思うわけです。

話がエライそれた感もありますが、目から入るものも大事。

ある状態に変化したいなら、付き合う相手を選んだほうが良いですよ、と僕は思いますが、その理由の一つに耳から入ってくる言葉を変える必要があるから、というものがあります。

意識せずとも僕らは周囲の音を聞いています。聞こえてはいなくても、周囲の声を聴きとっているわけです。

その聴こえてくる声のような人物になっているなぁ、ということを感じたので、僕は付き合う相手を選ぶようになりました。こういう生き様の人っていいよね、という人と過ごすようにしたのですけど、すると入ってくる言葉も変わるわけです。

どちらかと言うと肯定的で積極的な、ポジティブな感覚の言葉が増える。

それで今の自分が在るということを体感しているわけなんですけれど、耳からではなくて目から入る情報も無意識は見ているんですよね。

だから目から入るものも、大事。それを見ながら深呼吸すると、心が広がる感じを僕は持ちます。

パッと見た瞬間に「おお!」とか「ああ、いいな」と感じたものを大事にしてみると、いいかもしれませんね。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




「小野さん」のような文章を書く方法。

小野さんのような文章を書けるようになりたいのです。強すぎず柔らかすぎず、カッコいいというか(面と向かっていうのは恥ずかしいんですけど)。

ある日のビーコンコーチング対面セッションで、こんなこと言われてうれしい反面ビックリ。自分自身で「カッコいい」というのは意識したことなかったからね・・・(名古屋の小娘さんにはイケメンじゃないって言われていたので・・・まぁ、顔と文章は違いますが)。

でも、強すぎず柔らかすぎず、というのは意識しているから、コレはわかる。コレに気づいてくれるなんていうのもうれしいのだけれども、確かにコレを意識している人っていないかもしれないので、ちょっと書いておきます。

「〜だ。〜です。などの言い切りは、本当にそうだろうか、と問いかける」

まずはコレ、というかこれが全てと言ってもいいくらい、僕はココに気を使っています。ある人の話す内容にリアリティがあるかどうかはここにかかっていると考えていて、

コレはあるコーチングメンバーから聞いたのですが、クライアントによっては「言い切ってください」という依頼が来るらしいのです。

確かにそれはそうだろうな、と思っていて、例えばお医者さんや弁護士みたいなその方面のプロフェッショナルとして書かなかればならない文章の場合、言い切ることで読み手を安心付けることもできますし、権威付けることもできますから、「言い切ってください」というのはわかる。

しかし「すべて言い切ってください」だと、本当にそうなのだろうか、と僕は反応します。なぜなら、すべてのことを理解しているなんてありえないだろう、って思っているから。だから言い切ることもあれば、言い切れないこともある。コレはどんな人であっても同じだろうと、僕らは無意識のうちに知っているんですよね。

だから、クライアントが語り手としてセールスレターを展開する場合でも、すべてを言い切りにするということはない。

では僕の場合、どうやって強すぎず柔らかすぎず、カッコいい・・・信頼に足る文章を書くのかというと、伝聞推定を使うことを意識しています。これが2つ目に意識していること。

「〜が言うに、〜らしいです」「〜だと思う」、こんな感じです。

言い切りも必要ですが、伝聞推定も必要。なぜなら、僕らは普段の生活から、自分自身が、またその他大勢の方々が同じように言い切りと伝聞推定を併用していることを、無意識のうちに知っているからです。

信頼性が高まる文章のコツ、というものがあったとして、もちろんその鉄則というかセオリーはあるのだろうけれども、その文章を誰が読むのかも加味すべきことだと考えています。

セールスライティングスキルを伸ばすなら、人というものをよく知ること。

人というものをよく知るというのも、ライティングというアウトプットには必要な、インプットなんですよね。

セールスライティングスキルを磨くなら、人を知りに外へ出ましょう。

これは大事なことだと、思うんですけどね。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓