長男との距離感がより近くなったと感じたプーケット旅行と妻と長男のケンカ。そして誰と一緒に過ごすかは大切。

現在、スターバックスに来ています。

今日の深夜に成田行きの飛行機にのるため、長男次男と一緒に過ごしていたいのですが、

家にいると腰にとって優しい作業環境がなかったので、移動してきた次第です。

タイ時間で20時ころまで仕事をし、その後は家に戻ってシャワーを浴びて、空港に向かう予定。

次男の幼稚園に収める学費や長男の小学校に収める課外活動費など、妻に確認しておかないと、と考えています。

日本に帰ってから「いくら必要なの」と言われても、「ああ〜」という感じなので。

妻もそれはわかってくれているみたいで、極力早めに伝えようとしてくれているのですが、それでも、3日前とか2日前とか、当日が普通。

これもタイだからなぁ、と妙に納得している自分もいたりして、面白いものです。

さて、昨晩プーケットからバンコクに戻ると、妻と長男がケンカしていました。

なんでも長男はボール遊びをしてほしかったようなのですが、妻はつかれていると伝え相手にしなかった模様。

それで、妻と次男の写真を、長男はビリっと破いた次第。

おお、これはジェラシーだよな〜と思い、妻に、

「トモヤはかまってほしいわけだ。いつもユウキと一緒にいるでしょ」

そんなことを伝えつつ、長男の頭をなでながら、

「お母さんはわかっているから、泣くな。でも写真を破るのは良くない。あやまりなさい」

そう言うと、長男はワイをしてごめんなさいと。

うーん、お父さん胸が締め付けられちゃったよ。

1年前とか2年前から、徐々に長男との距離感は近くなってきたなと感じていましたが、今回のプーケット行きといい、妻とのケンカといい、

長男の胸の内が伝わるようにもなってきたなぁと感じます。

一緒にいる時間というのは、大切ですね。

これは知人や友人、仕事での付き合いも同じだと考えておりまして、

一緒にいる時間が長いほどにその人の考えや気持ちが伝わるようになってきます。

その人の考えや気持ちがいいものであればそういう風になっていきますし、そうでないのであれば、逆もまた然り。

自分にとって一番大切なことを一番大切にするために、自分にとってよろしくない方々との付き合いは絶つこともまた、必要なんですよね。

一度付き合いを絶ったとしても、自分自身がそういう人物になった時、もしかしたら付き合いはまたはじまるかもしれません。

人はどうステージを変えていくか、わからないものですから。

くれぐれも、人を変えるのではなく、変えるのは自分です。

自分で決めて、自分が付き合う人を変える。

すると妻も長男次男も変化したように、自分が変われば付き合い続ける人も変化するんだなぁ、と思います。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です