稼げるスキルを獲得して望む人生を選択する − こんな価値観に共感するあなたへ。

クライアントに評価される記事の条件。

License to beatのセールスライティングクラスでのレビューやスカイプセッションでのレビューでも、いい気付きがあったので共有します。

オウンドメディアの記事を書く際、僕がメンバーの皆さんに伝えていることは、

*アクセスを集める記事
*滞在時間を延ばす記事

両方を兼ねる記事を書いてください、のように伝えています。

簡潔ながら抽象的であるゆえ、この2つがオウンドメディアに必要な記事を書く際、個々人で応用しやすいからです。

*アクセスを集める記事

とはどういう記事かというと、

*Googleなどの検索エンジンにより、検索結果に登場する記事
*検索結果が上位になる記事

であることはもちろん、

*市場性がある

ことは必須となります。

検索結果や検索上位に登場するためには検索キーワードの記事における取り扱いが大事になってきますし、他にも内部リンクとか外部リンクとか、この辺は専門外ですが、大事になってくるでしょう。

しかし中でも大事なことは、市場性があるかどうか、なんですよね。すなわち、

「その記事を読みたいと思える人がどの程度いるかどうか」

これを把握しておく必要があります。

なぜなら、どんなにキーワードを記事に散りばめても、どんなにリンクを貼っても、そもそも検索されないのであれば、アクセスを集めることができないわけですから。

(戦略的・戦術的にエラくニッチな市場に向けての記事を書くのは、もちろんありですが)

そこでチェックすべきは、「検索キーワードの見込み検索ヒット数」、これを何らかの形で事前にリサーチしておくこと。

Googleの検索窓にそのキーワードを入力し、検索結果でボリュームを把握してもいいですし、キーワードプランナーとか、他のソフトウェアもあるでしょう。

そして

*滞在時間を延ばす

のであれば、あるキーワードで検索してきた読み手が欲する記事、悩みが解決される記事を、必要十分に描けているかどうか。

これがその記事単体では必要でしょうし、オウンドメディア全体を考えれば、

*全体として親和性のある記事内容になっているかどうか

これも大事と考えています。

その記事の滞在時間を延ばすほどの「濃い記事」であれば、他の記事も読んで見たいと思うもの。

この時他の記事が全く別のテーマに関する記事である場合、読み手は「あれ?」と思うでしょう。

ファッションの記事を読み込んだのであれば、ファッションの関連記事が読みたいもの。
虫歯に関する記事を読んだのであれば、虫歯の関連記事が読みたいもの。

いわゆる、レコメンド機能で他の記事が登場した時、浮き過ぎないかどうか(あえて浮かせることもありでしょうが)。

記事を書く際には全体を鳥瞰しての視点も、持ちあわせてほしい、と思います。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密
などの無料メルマガはここからどうぞ

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密

最近のコメント