一流への道は果てしない。けれど。

神奈川に戻ってきました。

12月にタイで長男次男が通う小学校と幼稚園の父の日イベントとクリスマスイベントに参加するので、11月は日本にいる予定。これは成果を出すことに集中しなさいというメッセージかもしれません。

1本いくらのライティングでない場合、単に書くだけではなくて進行しているプロモーションやプロデュースのライティングを成果が出るように変えていく必要があります。アイディア勝負なところもありますし、オファーを再検討、追加提案する必要もあります。

これを書いている今もランディングページを作成しようと別のワードプレスを起ち上げているところです。

まあ、11月は神無月ですから、個人的にはお墓参りも神社参りもじっとしておこうかと解釈しています(私見です)。

ところで、鈴木先生のところで面白いことがありました。

ベストパフォーマーズのプロジェクトでもセミナー中に参加者とともに身体を動かし、時折診てもらうことはあるのですが、やはりというか当たり前というか、主役は参加メンバーですからね。僕はスタッフに徹するわけです。

そうはいっても、先日アプレンティスに参加していた皆さんから、「貫禄でましたね」と言われ、ああこれは鈴木先生による姿勢改善効果もあるなと思い、その報告と打ち合わせを兼ねて2日連続で訪問。

1年前の僕とは異なり、だいぶ身体を動かせるようになってきたと少しだけ鼻息荒く乗り込んだわけですが、惨敗しました。ええ、まったく身体が動きません。

かつてよりも身体の部位によっては弾力が出てきたようですが、お腹周りの筋肉が使えていないようで、衝撃的なほど動くことができませんでした。。。

そこで2つほど僕でもできそうな動きを教わり、毎日やることに。

どうせやるならこの道で一流を目指すわけですが、この道程は果てしないなぁ、と感じました。

とはいえ、1年前にできなかった動きができるようになってきているので、やれば近づくわけです。

やるならやり続ける。一方で、やらないって判断も必要ですけど。

僕の場合身体とか肉体的な動きはどうも脳に作用するようなので、適切に精確に動かせるようになろうという判断です。

脳を適切に精確に使えるようにするというのもまた、大切だと考えているので。

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください