環境を変えれば、できることも変わる。

上海に行くと決めた時、僕の頭に浮かぶことのひとつに動画のアップロードに難儀する、という印象があります。

ですから何らかの映像を収録することはできても、アップロードそのものは日本に戻ってから、という対応が必要だと考えていました。

しかし、今回は宿泊場所を他に変えたこともあるのか、VPN接続がしやすいだけでなく、途中で切れることもありません。

(注:VPNってなに?という場合、こちらがわかりやすかったです。中国などインターネットに規制が多い国だけではなく、日本における無料公衆無線LANを使った際のセキュリティ対策がなぜ必要なのかもわかる、、かも)

インターネット環境の違いなのか、数GBの動画を3本、アップロードすることができました。

環境を変えれば、動画のアップロードができるものですね。

コレには視野が広がった感覚を覚えました。

これまで上海に行こうと考えても、アップロードを思えば腰が重いこともあったからです。

もちろん、VPN接続をしなければLINEやFacebook、Gmail、YouTubeなどを利用することはできない(もしくは困難になる)、という知識とそれらへの対応方法は、特に中国のように規制されている国では必要ですし、海外からワードプレスでの投稿をしようとする際も必要です。
上海
エックスサーバーの場合、初期設定では海外からのダッシュボードへのアクセスはできないようになっています。たぶん。ちなみに、警告されるにもかかわらず海外からのアクセスを可にしたら、サーバーがウイルス汚染される攻撃を受けました。。。

どこにいても情報を扱う以上、どんな回線を使ってクライアントからのメッセージを受け取るのか、またクライアントへのメッセージや納品物を送るのか、は大切だと僕は考えています。

守秘義務のある納品物って、例えばお忍びでの旅行のようなものだと思うんですが、返送も何もしないで公共交通機関であるバスとか電車には乗らないと思うんですよね。

できるだけプライバシーが守られる手段を使うじゃないですか、プライベートジェットとか。

あれと同じです。VPNとは。

話がそれました。

しかし、インターネットの接続環境を変えるだけで、VPN接続もしやすくなるし、動画のアップロードもできる。

日本のアップロード時間に比べると遅いは遅いですが、これまではできないと考えていたことがじつはできた、という気付きは生活の幅を広げてくれます。視座がひとつ高くなった感じです。

いろいろと、経験してみるものですね。

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください