個人のミッション、コミュニティのミッション。コレがオレだ。

ワイルドサイドランチミーティングでのこと(食事はイタリアンでした。写真についてはP.S.で)。

聞き間違いでなければ、会社やチーム、コミュニティにおいてミッションを共有していますか?のような質問だったと思います。

「小野さんはコミュニティでミッションを共有していますか?」

と振られたので、ちょっと考えてから、こんなことを伝えました。

コミュニティと言っていいかどうかわかりませんが、ブログを書いているので、そこでは僕個人のミッションのようなものを書いています。

先程の話を聞いていて、そうだなぁ、と共感したことがありまして、それは、組織のミッションよりも個人のミッションを先に書き出す、という点です。聞き間違いでなければですが。

ブログで、自分のミッションが感じられるようなことを書いて怖いな、と思うのは、読み手個人のミッションを読み手が感じないままに僕のミッションを読んでしまう場合です。

なぜなら、読み手にとって参考になるのか、何らかのヒントになるのか、判断する基準を持っていないからです。

いわゆるイエスマンができてしまうのは、望むところではないので。

かねてから僕が思うのは、人が人に憧れる、その人を理想としてその人のようになりたい、って本当にあるの?ということです。

憧れの人物がいますか?と聞かれて答えに窮するのは、「その人のようになりたいですか?」と聞かれている空気を感じてしまって、いや、どうやったってその人にはなれないのだから、憧れの人物って本当にいるの?と逆に質問したくなる。

尊敬する人物はいても、憧れの人物はいない。

仮に憧れの人物、というものが世の中一般に存在したとしても、僕はやっぱり憧れることを拒否すると思います。

なぜなら、憧れた時点で、自分の器を広げることをやめた、と僕は考えるから。

本人がどう思おうと、自分は自分を全うするしか、ないのだから。

だからまず個人のミッション、魂の声があって、その上でチーム、コミュニティのミッションなんじゃないかなぁ、と思うのです。

チームプレーとかチームワークとかいう前に、個人の力を全開にまで高めること。

そういう個人が集えば自ずと、チームプレーになるし、結果的に世の中への貢献度は計り知れないものになる。

あらためてそんな事を考える機会になりました。

個人のミッション、魂の声に耳を澄ませたいですね。そしてそんな人たちのコピーを書いて、ミッションの実現に貢献したいと思います。

P.S.
妙に惹かれるコピーだったので思わず写真を撮ったのですが、、、コレ、「なまらうまいべさ」の語源がロシア語だと思いますよね?

「語源はロシア語」が指し示すのは、イクラの画像です。イクラはロシア語で魚卵を意味するそうですが、「イクラー」と発するようで。イクラの語源そのものがロシア語、なんですね。

グレートジャーニーの北方ルート編は、ロシア料理もイクラも登場します。ロシアと日本の近さを、食からも体感できれば。

北方ルート編に参加してみたい方は、メルマガに登録しておいてください。

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




“個人のミッション、コミュニティのミッション。コレがオレだ。” への2件の返信

  1. >本人がどう思おうと、自分は自分を全うするしか、ないのだから。

    >だからまず個人のミッション、魂の声があって、その上でチーム、コミュニティのミッションなんじゃないかなぁ、と思うのです。

    >チームプレーとかチームワークとかいう前に、個人の力を全開にまで高めること。

    >そういう個人が集えば自ずと、チームプレーになるし、結果的に世の中への貢献度は計り知れないものになる。

    これすごく共感します。

    掛け算で考えると凄くシンプルで、

    0.5×0.5=0.25
    1.0×1.0=1.0
    2.0×2.0=4.0
    3.0×3.0=9.0

    …という風に、

    ・半人前(0.5)がタッグを組む(掛け算する)と逆に価値の総量が減るので別々に何かやってた方がマシ(足し算してた方がマシ)
    ・一人前(1.0)同士であってもまだタッグを組むより別々にやってた方がマシ
    ・一人あたりの力が2人分(2.0)になってようやく、掛け算と足し算とで同量の価値を生み出せる
    ・一人あたりの力が2人分を超えて(ex. 3.0)はじめて、タッグを組む方がより多くの価値を生み出せるようになる

    自分自身がエネルギーを余らせることではじめて、タッグを組んでより多くの価値を生み出せる。

    チームプレーとかチームワークとかいう前に、個人の力を全開にまで高めることが大事なんですね。

    1. カンちゃん、ありがとうございますー

      掛け算!わかりやすい!

      一人あたりの力で2人分の力を超えてはじめて、
      タッグを組む方がより多くの価値を生み出せる。

      4年前に、

      「組むなら少なくとも自分以上の力を持つ人ですよ」

      とアドバイスされたことがありましたが、
      このカンちゃん理論で納得です(*´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください