今日の赤面した出来事。

取り急ぎステップメールの配信を開始できるように、登録フォームとサンキューページとサンキューメール、そして1通目のステップメールを送るところまで作業を完了させて、「今日からでも開始し、順次ステップ組んで行こうかと」、と求めると

「毎日つけたしていくのではなく、まずは全体設計しましょう」

と島田さんからきた。

グ、、、そうくる予感はあったんだが、、、そもそもステップメールを組むとき、オレはゴールを設定し、そこに至るためのステップを書き、そのステップごとにタイトルを付けてから本文を書いているじゃないか、とガックリ。

急いでやらなければいけない、となったとき、スタートできるだけのものを用意することができるのは、自分で言うのも何ですが特技の一つだと思います。

しかしこういう場合というのは急かされて形にしているようなものなので、同じ時間で書き上げたとしても、全体設計していたものなのか、そうでないのかであれば、仕上がりの言葉からして違ってきます。

人の書いたセールスレターをレビューするとき、これはどの程度力が入っているのかを感じることがありますが、突貫工事で仕上げたものは、突貫工事の香りが漂ってくる。そういうものなのでしょう。

今年のテーマのひとつに、仕組みを整えていく、というのがあります。全体を設計してからタスク化し、そのタスクを行っていく、というのもその一環として捉えています。

深呼吸すればできるのだけれども、やるべきことが整理され、優先順位をつけていないと、片っ端からガーッと片付けてしまいたくなる。

しかし今年はそういう衝動はどけておき、全体設計からタスク化、仕事をする、という風に、考える時間を設けるようにすることを徹底していければと。

考えることも仕事である(悩むではなくね)。

というわけで、3月1日は3月の全体設計をする日。

考える時間とライティングなどをする時間とを分けて、仕事をすることが成長に必要な課題だと捉えています。

こう書いてみると、なかなか人には言いたくない話ではありますが、人から走らされてしまう人もいるかと思いまして、参考までに書いておきました。

個人的な経験からすると、人の顔色に敏感な人ほど、何かに走らされてしまうと考えています。

セルフマネジメントですね、自分を律する。コレも。

自律して、いい仕事をしていきたいものです。

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください