パイナップルケーキと台湾茶。ローカルな出会いが僕らを待っている。

神奈川に戻ってきました。

台湾最終日はグレートジャーニーに参加した皆さんが帰国の途についていたこともありまして、朝から豆乳や揚げパン、肉まんを求めて散歩。歩きながら、前日の新竹市で食べた葱油餅の卵入りも美味しかったなとか、胡椒餅にもチャレンジしたいとか、そんなことを思いながら歩きつづけ、台北駅近辺でまず入手したのは、水煎包と書かれた肉まんたち。

言うなれば肉まんとキャベツまん、ニラまんなんですけれど、ちょっと焼いてあるんですよね、これ。上海で食べる生煎に近い。小ぶりなのも似ています。

これと温かくて甘い豆乳もいただきまして、散策しながらパクリ。ウマイですね、台湾の朝ごはん。

胡椒餅も食べたかったのですが、売り切れで次回販売まで1時間後ということで、泣く泣く断念。台北トランジットで航空券を買う動機になりそうです。

台北トランジットといえばもう一つ動機が生まれました。それはパイナップルケーキと台湾茶。

僕はこれまで台湾茶にはそれほど興味を持たず(コーヒーのほうがメリハリ効いていて美味しい)、パイナップルケーキは「女性と子どものおやつですよ?」とかなり上から目線の評価だったのですが、台湾に来て評価が一変しました。

パイナップルケーキと台湾茶、美味しいです。

今回試したのはホテルニッコー系列の「ロイヤル・ベーカリー」で販売されているパイナップルケーキと、お土産に購入した「サニーヒルズ」のパイナップルケーキ。

一口サイズ(にしては大きいけれど)で柔和な甘みと香り、そしてソフトな触感のロイヤル・ベーカリー製パイナップルケーキは、上品でかわいい(小さい)パッケージがストライクゾーン。

そしてサニーヒルズのパイナップルケーキは、販売店舗とスタッフ、ディスプレイからして「微熱山丘」という自然の恵みを大切にする世界観が感じられ、台湾産パイナップルを100%使用した餡の「繊維繊維した感じ」は健康そうな感じがしますし、やや硬めの生地からは、台湾茶の茶請けとして「オレを選べ」という主張が感じられます。

そんなハードなサニーヒルズのパイナップルケーキではありますが、パッケージは胸キュンものでして、個装氏や10個入り箱にリボン、また麻でつくられた手提げ袋からはニュートラルを好む女性的な香りを感じさせてくれ、買い手のセンスも代弁してくれそうです。コレ選んでいけば、「あの人オシャレよね」と言われる確率が3倍程度高まりそうです。

ホテルからタクシーに飛び乗り、またホテルにベストを忘れてきて舞い戻り、タクシーの運転手さんを待たせていたこともありまして、ロイヤル・ベーカリーのパイナップルケーキとの食べ比べはできなかったのが、気がかりですが・・・。

また、台湾茶。

台湾ジャーニーのテーマは日本人のルーツを辿ることにあったわけですが、その前に台湾茶を試飲しに行こうとなりまして、向かった先は台北のアメ横と言われる問屋街である、迪化街(てきかがい、と読むようです)。

ここに、高城剛さんが購入に訪れるというお店がありまして、そこで台湾茶を購入したわけですが、個人的には今回の台湾におけるハイライトはココにありました。

3日に九份のお茶屋さんで梨山烏龍茶を試したこともあり、高城さんも好むというそのお茶を台北でも「飲みたいんですが」と注文。

ご主人はそれならと、他のお茶も振る舞ってくれまして、30分で移動開始する予定が、1時間30分の滞在に。

女将さんのような人がワンちゃんと一緒に登場してからは、彼女が食べるハンバーガーのようなものに釘付けになりまして、それを紅茶と一緒に食べていることから、食べたくて食べたくてしかたがなくなりました。

ハンバーガーを探しに外に出て、お店を発見してお茶屋さんに戻ると、女将さんが「注文して届けてもらうわね」となっておりまして、しかもごちそうしてくれるのだとか。メニューにはない、裏メニューのようです。

結局、ハンバーガーをいただきながら、紅茶や烏龍茶を楽しみまして、母へのお土産に梨山の烏龍茶を購入。

タクシーを呼んでくださると言うのでお願いし、見送られながら台北駅へ。

ローカルに飛び込んだらローカルな出会いとローカルな体験が僕らを待っている。

そんなことを再確認できたお茶屋さんでの出来事でした。

それで本日、サニーヒルズのパイナップルケーキと梨山の烏龍茶を家で食べてみたところ、母が「コーヒーより合うわね」ということで、やっぱり組み合わせってその土地のモノ同士だと合うんだなぁと。

タイで結婚した僕ではありますが、それでも日本人同士のほうが合うんじゃないかとも実は思っています。

でも台湾とならば合うんじゃないか??

たぶんタイよりも台湾のほうが日本人には一般的にはフィットする。そんなふうに思います。

地理的な近さも、みるべきポイントなのでしょうね。

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です