見込み客は誰?

現在、蒲田にいます。

蒲田といえば銭湯という印象が、先日のワイルドサイド部中平さんにより植え付けられたわけですが、駅を降りてみると相変わらず活気があるなぁ、とも感じる次第。

今日はこれから、ワイルドサイド部の中平さん宅に伊藤カンちゃんと一緒に訪問し、

なんだったけな・・・羽根付き餃子を30人前と関西風の水炊き20人前を食べようだったかな、そしてその後、熱くて入ることのできない銭湯に行きましょう、だったと思います。

本日中に納品すべき、脳神経外科医さんからの依頼がありますので、そもそも蒲田に行っている場合なのか、と思ったのですが、

コピーを考えているうちに「そもそもこのコピーはどういう状況下で誰が読むのだろう」というのを、もうしばらく頭のなかに置いておいたほうがいいと感じ、

蒲田に行くことを決めた次第。

蒲田に行くことを決めたのは3日前のビーコンライブセミナー後ですので、そろそろ仕上げなければならないというプレッシャーもあり、

さらに自分を追い込んで良いものを仕上げにいこうと思います。

やっぱりコピーを書く以上、お客さんを集めたりレジを鳴らしたりしてナンボの世界ですから。

さて、見込み客は誰。

ペルソナとかアバターとかについてはセールスライティングを学ぶとまず最初に出てくる言葉というか概念だと考えておりますが、

実際にコピーを書く際に、ペルソナとかアバターとかを使いこなせているかというと、なかなかそういうライティング担当さんはいないように思います。

見込み客の悩み、頭のなかに飛び込んで、どんな悩みがあって何を提示すればうれしいのか、そういう内部要因的なところに「形式上」踏み込める人はいつつも(そもそも、そのリサーチが思い込みだったりしますが)、

他にも見なくてはならないところがあることに、気づいている人はまれかもしれません。

それはどこかといいますと、

「どういう環境下で、どういう立ち位置の人が、そしてどういう関係性の人がそのコピーを読むのか」

という、いうなれば外部要因ですよね、ここを見てコピーを書いている人は少ないように思えます。

例えば、電車で読まれているのか、家で読まれているのか。

電車で読まれているのであれば、スマホなのかノートパソコンなのか。

年収1,000万円の人が読むのか、年収300万円の人が読むのか。

仮に悩みは同じであっても、外部要因が異なると、どういう形式でコピーを書けばいいのか違ってきます。

スマホで読むならば、改行は多く取ったほうがいいでしょうし、いわゆるエグゼクティブ向けのコピーならば、彼らのライフスタイルに基づいて書く。

どんなに悩みなどの内部要因に踏み込めたとしても、見た目が「自分にフィットしない」と思われたら、読まれません。

木坂さんが、読まれるかどうかは形式で8割決まる(だったかな?)のようなことを言っていましたが、それはそうだなぁ、と感じます。

あれ、またこのあたり、すでに書いたような既視感があります・・・。

見込み客は誰?としてリサーチする際、内部と外部に分けて書き出してみると、いいかもしれませんね。

人間中身だよ、とは耳にする言葉ですが、外側の見た目も、コピーを書くながら眺めておきたいところです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です