スキルにフォーカスの誤解。

お楽しみ様です。小野貴正です。

毎朝長男を幼稚園に送って家に帰ってくると、やはりだいたい毎朝家の真ん前である男性がピックアップトラック型の車を洗う姿を目にします。今日は犬の散歩を雨傘を日傘代わりにして手に持ち歩いていました。もしかしたら、時間的な自由を手にしているのかもしれませんね。それで空間的な自由もあり、経済的な自由もある感じ。

どんなふうにして生活しているのか、ちょっと気になりました。機会があったら、聞いてみよう・・・。

さて、時間的な自由でも空間的な自由でも、精神的な自由でも社会的な自由でも経済的な自由でも、それらを得るために何らかのスキルを身に着けましょうとは、このブログをご覧の方なら考えていると思いますし、実際に実行していると思います。そして、

ダイレクト出版さんのメルマガを購読されているなら、よく寺本さんが話される「スキルにフォーカス」もご存じだと思います。

例えば、年収目標を立てるとその数字に目が行ってしまい、得ようとしているスキルそっちのけになってしまうので、まずはスキルにフォーカスしましょう、ということですね。

年収目標はまだ立てるな、とも言われています。これはもちろん、各自のステージによりますが。特にセールスライティングスキルを学び始めの時は、「スキルにフォーカス」ということで警鐘を鳴らしているわけです。「チャンス追求型」になるな、と。

ここで目移りしてしまってセールスライティングから他のスキルへ浮気、またセールスライティングはセールスライティングでも学ぶ相手を変えてしまうという浮気をしてしまう人もいますが(そもそも学ぶ相手を間違っていたら、変えたほうがいいのですが)、

「これ」と決めて一直線に学び始めた人に訪れる次の落とし穴が、「スキルにフォーカスの誤解」かな、と思います。説明すると、

スキルにフォーカスって、セールスライティングに関してはそのスキルを獲得することですから、「インプット」が想像しやすいですよね。寺本さんが言うところの「大量の良質なインプット」がそう。コレは必要十分条件で言えば、「必要条件」です。

大量の良質なインプットなくして、売れるセールスレターの書き方はわかりませんから。

でもこれだけだと十分ではない。大量の良質なインプットは「十分条件」ではないということです。ですからココが「スキルにフォーカスの誤解」だと僕は考えていて、

寺本さんも言っていますが「アウトプットも必要」なわけです。なぜなら、スキルにフォーカスって、「売れるスキルを獲得することにフォーカス」ですよね。つまり、「売れるスキル」を得ないとならない。売れるかどうかって結局のところ、読み手であるペルソナとかアバターに見せてみないとわかりませんから、実戦でのアウトプットなくして「スキルにフォーカス」って難しい。

実戦でのアウトプットです。セールスに使わない、リードを集めないアウトプットではありません。報酬をもらうアウトプットです。

しかし僕も時にはそうですが、「スキルにフォーカス」を人は自分の都合で解釈します。

「今オレは、1年間勉強し続けているから、実戦で書かなくてもいずれクライアント獲得できるだろう」
「毎日セールスレターを練習で書き続けているから、いつかクライアントを獲得できるだろう」
「2年間も写経してブログ書いてセールスレターを練習しているから、オレも売れるレターが書けるだろう」

おそらくこういう考えを持っている人っていると思いますが、コレは妄想に過ぎません。妄想も実行に移せば現実になりますが、この場合現実というのは、クライアントを取りに行くこと、セールスレターを書いて報酬をもらうことです。

大量の良質なインプットと大量のアウトプットなくして「スキルにフォーカス」とは言わない。

コレ読んでドキッとしたら・・・次にすることは、「実戦でやらない言い訳をしないこと」「どうすれば実戦で書けるのかを考えること」ですよ。

P.S.
学び続けていれば・・・インプットし続けていればいつか・・・という願望に縋りたくなる気持ちはわかります。なぜなら、そのほうが「ラク」だからです。脳は変化を好みませんから。じゃあ、そんな脳とどう付き合うかというと・・・最近人気だったブログ記事がコレ。脳が言い訳しているな、と感じたら・・・

P.P.S.
写真は・・・ダイレクト出版さんの12週間セールスライティング通信講座でもらえるAWAIのスワイプファイルから写経中のもの。この「Fly Fisherman」面白いですよ。釣り好きなら、うぉう!ってなりますね、たぶん。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




“スキルにフォーカスの誤解。” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です