思考は現実化する(昨日体感しました)

こんにちは。小野です。

昨日ですがセルフイメージ先生に誘われて日米野球を観に東京ドームへ行ってきました。まさに『思考は現実化する』を体感したので、いくつか例を記します。

*大リーグを観に行くと言ったことが実現した(東京ドームの巨人最終戦を観た時に、僕がつぶやいていたのです)

*東京ドームのエキサイティングシート(グラウンドの中にある防護ネットがないスリリングな席です。ファールボールとか直撃で来ると結構ハラハラ。一塁手とかも飛び込んできたり)で次は観ましょうとセルフイメージ先生が言っていたことが実現した

*セルフイメージ先生が「実現するリスト」に書いていた「広島の前田健太投手のサインを手に入れる」が実現した(試合前に前田投手と大谷投手、金子投手ともう一人・・・がサインをしにエキサイティングシートまで来てくれました。写真は金子投手ですね)

こう書いてみると、思考を現実化させるには2つの重要なポイントがあることに気付きます。それは、

*実現することを明確にしておくこと(紙に書き出しておくことが理想)
*行動すること

この2点です。こう書き出してみると、誰でもできるような気になってきませんか?

結局のところ、人が目標を達成できないのはこれら2つをやっていないからだと言い切ることもできるくらい、僕は自分が望むことは必ず実現させることができると考えています。

たとえば前田健太投手にサインを貰う場合、どこに行けばサインを貰えるのかを考えることが第一。昨日の例で考えると、東京ドームに行くこと?いや、それだけでは曖昧。彼はすでに日米野球で投げていますし先発型の投手ですから、もう投げない試合のほうがファンサービスに応じてくれる可能性は高そうです。ですから一昨日の第3戦とか昨日の第4戦だと可能性はある。では、どの席を確保すればサインを貰えるか?選手がすぐそこまで来るエキサイティングシートなら貰える確率が高まります。というか、選手がグラウンドにいる間にもらおうと思ったらその席しかない。しかも、1塁側(もちろん試合前と後に追っかけることもできますが)。

コレは僕の想像ですが、セルフイメージ先生は「前田健太投手からサインを貰う」と書き出しておいたからこそ、エキサイティングシートの確保に全力投球したんだと思います。コレは潜在意識です。実際、昨日サインを貰ってから「そういえば」と実現するリストを見たら「前田健太投手にサインを貰う」があったようなので(僕もそれを拝見しました、スゲ〜)。

それで実際、エキサイティングシートに選手たちがサインをしに来たら、まずは写真の通り、一番身近に来た金子投手のサインを貰ったのですが、貰ったら非常に軽い身のこなしで前田健太投手のところにフワッと飛んでいきましたので、これぞ潜在意識の力だと感心しました。

多くの人が願望を実現できないのは行動していないから、行動し続けないからなのですが、もう一つ言うと、何を行動するのかを明確に書き出していないから、行動できないのだと僕は考えています。

*ゴールを明確に書きだすこと
*行動すること

ぜひコレを実践してみてください。あなたが自分のゴールを実現したいなら。

ついでに。

行動することでゴールはより熟成されていきます。セルフイメージ先生が面白いことを言っていました。

「ビジョン(ゴールでも同じ意味かと)は江戸時代からやっているうなぎ屋のタレみたいなものですよね」

返報性の原理(やっぱり強力な心理トリガー)

こんにちは。小野です。

ダイレクト・マーケティングやセールスコピー、もちろんセールスを学ぶと数々の心理トリガーに出会います。見込み客を購入へと導くスイッチですね。希少性とか限定性とか、社会的証明とか、いろいろあります。

どれも強力な心理トリガーで、セールスコピーを書く時にはよくこれらをコピーに含めます。わかりやすいところでは、

「この万年筆はドイツの金職人が全て手作りで作っており、1ヶ月に1本しか生産できないため、1年間にこれを手に入れられる人は世界で12人のみです。」

「さぁ、今回限りの特売だよ〜ゴールドブレンドが何と399円!お一人様2本限りで限定200本!本日限りだよ〜」

「50歳を過ぎても未だにあのスリムな体型をキープしている有名人をはじめ、累計1万人の方々に評価されているダイエットプログラムです。喜びの声を実名入りでご紹介しましょう。」

こんな感じですね。至るところに人の心理を考えぬいたセールスコピーがあふれています。

それでつい先日なのですが、返報性という強力な心理トリガーを経験したので紹介します。厳密には、返報性と一貫性です。

今年の頭に上海で1泊した時、ヒルトンホテル上海虹橋に泊まりました。なぜヒルトンに泊まったかというと、モルツ博士のサイコ・サイバネティクスで、コンラッド・ヒルトンの自伝的物語の『Be My Guest』がヒルトンの客室で読めるから、という話が登場したからです。それでヒルトンに興味を持ち、予約をして泊まったのですが、本が部屋になかったので、ついでに受付スタッフの対応があまり気持ちのいいものではなかったので、「残念です」とアンケートで伝えたところ、マネジャーが本を送ってくださったんですね。

それでその時、では御礼に次回訪問時は宿泊します、と言っておいたのです。

ポイントは2つで、

「マネジャーが本を送ってくれたこと」
「次回訪問時は宿泊しますと言ったこと」

です。

(わざわざ一人の客のために)本を送ってくれたという好意に対して何かお返ししなきゃ!

という気持ちと

宿泊するって言ったので約束を守る自分でありたい

という気持ちがムクムクと湧いてきて・・・予約しました。今度は3泊で、インターネット料金込み、そしてラウンジも使えるということからエグゼクティブルームにしました(ヒルトンは部屋のインターネット、有料です)。経営計画を立てるから、セルフイメージを高めようという建前の理由付きです(ホントは『Be My Guest』を送った貰ったのだから高めの部屋にしないとなと思い、見栄を張ってみたのです。もちろん、純粋にセルフイメージが高まるな、というのもあります)。

ヒルトンの場合、僕のクレームにも似たアンケート内容に対して適切な対応をしたことでリピートを生み出しただけでなく、前回よりも単価が上がっていますから、まさにクレームでリピート客を生むという、王道を実践していますよね。

彼らが気付いているかどうかは不明ですが、返報性という心理トリガーは強力、ということです。その時僕みたいに「次回泊まります」という御礼を引き出しておけば、一貫性もついてきてさらに強力、ですね。

悪用厳禁で、お願いします。

レベルアップのコツ(スキルもライフスタイルも)

こんにちは。小野です。

今日も青空が広がり、清々しい天気です。コレで僕が住んでいるところの日当たりが良かったら最高なんですけどね。コレは来年の課題ということで。

メルマガかどこかで明らかにしているのですが、今の住まいは35,000円のアパートなんですけど、とてもセルフイメージが上がる場所とはいえず・・・ただ日中のお昼くらいの時間なら割と部屋が明るくなるので、この時間だけはいい気分なんですけどね。

セルフイメージ先生の紹介で知った新宿のタワーマンションに引っ越そうかと考え、部屋も見に行ったのですが、その時は部屋の向きが新宿中央公園側ではなく、目の前に別のタワーマンションがそびえ立つという驚くべき光景だったので、そこはやめましたが。

それで本日のブログテーマですが、レベルアップのコツです。住まいを変えるというのもレベルアップのコツで、脳はキャッチする視覚情報や聴覚情報を現実のものだと認識する性質があるので(たぶんこんな感じだったかと)、豊かな気持ちになれる住まいに行けばそういう自分になっている、ということですね。望むセルフイメージを実現する環境に身をおく、ということです。

コレはよく高額セミナーに参加するかどうかを悩まれている方に講師の方が言うセリフですが、

「お金ができたら通いたい」と言う人はお金を稼ぐことがなかなかできない。通うからこそお金が稼げる。考え方、マインドセットの問題なんです。

こういうクロージングトークがあります。コレもまさにセルフイメージを重視していればこそよくわかるクロージングトークです。

高額セミナーに通うことのできる自分、という事実がセルフイメージを高め、実際にそこに参加するからこそ、現実にそういう自分になっている、ということですね。

スキルもライフスタイルもレベルアップをしたいなら、それらを実現する環境に身をおくことが一つのコツだと僕は考えています。たとえば、

*住まいを変える(すぐに変えられないなら、たとえばタワーマンションを内覧に行く)
*食事の場所を変える(高級レストランでも、オーガニックなお店でも)
*泊まるホテルを変える(1泊数千円から1泊数万円にするとか)
*ビジネスクラスに乗る(周囲に座る方々の雰囲気と、乗務員の対応が違います)
*お財布に10万円を入れておく(20万円でも100万円でも!)

上記は僕が実際に試したことですが、ダン・ケネディが言う「お金に好かれるとお金が集まってくる」というのがよくわかるようになります。これらを実現し、また実現し続けるのは、スキルアップですね。付き合うお客さんのレベルが上がるからこそできることでもあります。

そして、最も強力なレベルアップのコツ。それは、

*理想のレベルに到達している人と付き合うこと
*理想のレベルに到達しようと行動している人と付き合うこと
*「どうすればできるか」「どうすればもっとうまくできるか」という思考の人と付き合うこと
*成功を応援し、心から祝福する人と付き合うこと(もちろん、お互いに)
*有言実行・不言実行どちらでも、行動する人と付き合うこと

つまるところ、付き合う人を決めることです。同時にコレは、付き合わない人を決めることでもあります。

セルフイメージは一緒に行動する人の言葉や表情にもいつの間にか(あなたが気づかないうちに!)影響を受けますから、付き合う人は本当に大事だと僕は考えています。

もしかしたらあなたは怒るかもしれませんが、もしあなたが望む自分になっていない場合、それはあなたが普段付き合っている人をみると、その理由がわかるかもしれません。類は友を呼ぶ。コレは、言い得て妙ですね。

もし本当に望むところにあなたが行きたい場合、そういう環境に身をおくことでほとんど達成できたも同然と考えていいと思います。あとは行動量と時間が解決してくれます。

なりたい自分になることが最優先なら、付き合う人を選ぶことは大事です。今まで付き合ってきた人の視線など気にしない勇気を、ぜひ持ってください。

P.S.
ちなみに僕が試しているお財布に10万円を入れておく、というのは「お金はいつでも手に入るし、集まってくる」という象徴です。そういうセルフイメージを持つというのが大事だと考えました。未来預金と同じく、お金に対する安心感を僕にもたらしてくれています。もちろん、金額は人それぞれです。なぜ10万円かというと、1万円札が1枚とか3枚なら昔の僕と同じだったので、桁を変えてみた、ということです。わかりやすいのです。

頭に銃口を突きつけろ!(ライティング時の戒め)

こんにちは。小野です。

今日の写真はベネマンのブログと被ります。ランニング中に撮った写真です。天気が良かったので、思わず。

僕が住んでいる相模原市の東林間という、中央林間駅と相模大野駅の間にあるところには緑道があり、コレは横浜のどこかから相模原の淵野辺公園(相模原球場とかあるところです。今では球場の名称が違うかも・・・)まで伸びているらしく、距離で言ったら10キロ以上はあるはずです。20キロくらいあるのかな・・・もしかしたら。

この緑道を大体3キロくらい走って朝食を食べ、帰りは歩いて帰ってきました。天気が良いとランニングもウォーキングも清々しくていい気分です。

それで、件名の頭に銃口を突きつけろ!ですが、たまたま緑道を歩いてもう少しで部屋につく、という時に、ふと思ったんです。「あのセールスレター、ヘッドラインをジョン・カールトンの『恥をかかせる』を使うとフィットしたな・・・」っていう風に。

コレは、コレでメモしようと思って覚えておこうと足を速めたのですが、同時に思ったんですよね。

なぜオレは今頃になってこのアイデアに気づくんだ?

と・・・。つまり、このアイデアはもともとジョン・カールトンのスワイプファイルを写経していたわけだから、セールスレターを書く時、編集する時に使えたはずなんです。でも、その時は使えなかったんですよね。

もちろんこのアイデアを使ったセールスレターでレジを鳴らせるかどうかはレターを見るお客さんが判断することですから、必ずしも良い反応が出るとは限りません。

しかし、これまでの経験値から、僕がこういう気持ちになった時、つまり「フッと違和感がなくなり軽くなる」ヘッドラインだとうまくいく確率が高い。というか、うまくいくんですね、不思議と。

だから、頭に銃口を突きつけろ!とジョン・カールトンの理論が同時にフッと湧いてでました。

頭に銃を突きつけられ、反応が出ないセールスレターを書いたら死ぬという状況の中で、「面白そうだから」とかいう遊びの気持ちでセールスレターを書くことはあり得ません。

効果が実証されたヘッドラインや言い回し、セールスレターそのもののアイデアを真似することで、反応が出る確率を可能な限り上げていく。これこそがセールスライティングです。

ところが今頃、すでに真似できたはずのアイデアを思い出したということは、そのセールスレターを書いた当時、どこかに遊び心があったんじゃないかな、と思います。ちなみに僕は、目を引きつけるために変わった切り口を狙って(計算ずくで)取り入れることがありますが、これは遊び心ではありません。そういう意味ではないんですね。いくつかアイデアがある中で、最良のものを試さないといけない。その最良のものというのが、効果が実証されているアイデアということですから、この場合の遊び心というのは2番手3番手を使ってしまったのではないか、という意味です。

今日ふと湧き出た「恥をかかせる」というアイデアのほうがターゲットを考えるといい、って思ったんです。これが最良のものだと。つまり、そこまで当時は考えきれていなかった、ということ。

現在、ジョン・カールトンの『The Entrepreneur’s Guide To Getting Your Shit Together』を読んでいますが、第1章はジョン・カールトンが自分を律するリストになっています。これをなんとなく理解しながら読むと、相当自分に対して規律を設けているな、とわかります。

生活そのものもそうですが、僕はセールスコピー、もちろんプロモーション含めてですが、これについては自分自身から遊びをなくすよう律することで、レジを鳴らせる確率を高めないとならないなと思いました。

頭に銃口理論って言ったら「なんだそれは?」と思いますが、ジョン・カールトンの実直さとユーモアがよくわかる表現です。おかげで、気分が晴れ晴れしてきました。

ライティングのコツ(書き続けるには姿勢が大事かも)

こんにちは。小野です。

昨日更新したブログ記事で呼びかけたメッセージに早速のご返信を頂いたのですが、コミュニケーションが双方向になるってなんか素晴らしいな、と昨日はしみじみ思いました。このブログやメルマガをご覧になってくださる方々にもそれぞれのドラマがありますから、そういうものを垣間見ることができる、というのもなかなか素敵な経験だなと思います。ご連絡くださり、ありがとうございました。

それで、その方からどんな机とかを使ってライティングをしているのですかという質問を貰いましたので、今日はそれについて記したいと思います。

【机は何を使っているのか?】

今日の見出し画像が普段使っている机なのですが、机というよりも病室にあるような可動式のサイドテーブルといったほうがいいかもしれません。コレ、Macが載っている場所に注目して欲しいのですが、手前に傾いていますよね。逆に奥に傾かせることも可能です。コレが奥に傾けた場合ですね。

IMG_2976

基本的に僕は、ライティングするときの座り方により、可動テーブルを手前に傾けたり奥に傾けたりしています。そしてその座り方はちょくちょく変えています。ちなみに椅子は、無印良品で15年くらい前に買ったソファーベッドなのですが(未だに使い続けているのも我ながらスゴイと思いますが、コレ丈夫なんです)、僕はこの椅子にあぐらをかいたり、背もたれに寄りかかって深く腰掛けたりというポジションをとっています。それで、なぜ姿勢をちょくちょく変えるのかというと・・・

同じ姿勢をとりつづけると、脚のむくみがハンパじゃないから

・・・なのですが、厳密にはこのむくみに気付いたのは自宅で仕事をしている時でした。自宅では妹が学校の先生なので、日中は妹の机が空きます。それで妹の机に6時間くらい座って仕事をする時があるのですが、コレは普通の学習机みたいなものなので、座るポジションを変えることができません。結果、エライむくんでシンドいんですよね。

でも、自分の部屋でライティングしてもむくまない。コレはなぜか、と思ったら姿勢を変えているからだ、という答えになったわけです。

背もたれに寄りかかる時はテーブルを手前に傾け、あぐらをかいて前かがみになる時はテープルを奥に傾けています。つまり、背筋が常に伸びた状態になるようテープルを調整する、ということです。

こうすると、自分にとってラクな姿勢でライティングし続けることができますから、身体へのストレスは少ないと思います。

後はウロウロすることですかね。散歩行ったり。身体をほぐすことを心がけていると思います。あとは煮詰まったらお風呂に入る。半身浴で汗をドバーって感じです。

【ちなみになぜこの机を使っているのか?】

実はこの机ですが、寝違えがヒドくて起き上がることができなかった時、数年前になるのですが、通販で買ったものです。僕は病院で入院をしたことがないのですが、ベッドに座りながらごはんを食べるためのテーブルってあるじゃないですか?アレを妻が出産するときに病室で見かけて、

「これあれば寝ながらでも仕事ができるな」

という、今書きながらニヤけましたがある意味クレイジーな発想ですが、実際起き上がれなくなった時にこのテーブルがあれば寝ながらでも仕事はできるので、購入しておこうと思ったんですよね。

それまでは部屋で仕事をする場合(あ、当時はコピーのことは知りませんでしたから、会社の仕事です)、コタツで仕事をしていました。つまりあぐらですね。ちなみにタイではRIMOWAというスーツケースを机にしてあぐらかいて仕事しています(今月末の訪タイでは仕事環境づくりがテーマの一つです)。

IMG_2049

あぐらだと、腰に悪いんですよね。それで、寝違えたついでに起き上がれなくなるくらいのダメージが身体に来てしまったのだと思いました。

このテーブルを使ってからというもの、割とラクにライティングはできています。この傾きが絶妙なんですよね。ご覧のとおり、スゴく小さいテーブルですが、かなり重宝しています。

【小野の寝違え防止方法】

ついでの話ですが、寝違えると仕事に支障をきたすので、いかにして寝違えないようにするかを考えていました。これまでは1年に1回は寝違えて1週間近く歩くのもシンドい、という時がありましたので、これを防ぎたかったんですよね。

これは僕の場合、テンピュールのオリジナルピローを使うことで解決しました。もう不思議としか言いようが無いのですが、テンピュールのオリジナルピローを使うと、寝違えません。皆無です。ちなみにコンフォートピローだと低いせいかダメです。低くても、オリジナルピローなら大丈夫です。これまでXSとS、L(普段はLで、XSとSは長男次男がタイで使っています、たぶん)と試してきましたが、本当に寝違えません。

事実、Lを購入する前は他の枕を使っていました(XSとSはタイに置いてきてしまい、気付いたら長男次男が使っていたので持って帰ることができず・・・)が、寝違えたんですよね・・・。

かれこれテンピュール歴は7年近いですが、7年間、テンピュールのオリジナルピローを使っているときは寝違えないってスゴイな、と。

ただ、枕は個人差があるので、一度試したほうがいいかもしれません。低反発がダメな方っているらしいので。

【最近気をつけていること】

これはここ2ヶ月位の話ですが、ランニングをするようにしています。血行とか身体の循環を良くするためと、身体を絞るためにです。血流をスムーズに流すことを意識すると、ライティングしても身体に負担はかかりにくくなるような気がします。

今日のところはこれで。また気付いたことは記していきますね。

情報に対して責任をもつ(自戒の念を込めて)

こんにちは。小野です。

つい昨日のことなのですが、メルマガ読者の方がお一人配信解除されていました。結構最近登録されたようでしたので、気になりました。

もちろん、内容をご覧になって自分には合わない、ということであればいいのですが・・・ちょっと思い当たることがあったので、それを記します。

メルマガ読者の方限定でアンケートを10月26日(だったかな)にお願いしました。その際、動画をYouTubeに載せてブログにも埋め込むということを試したのですが、その動画の内容が、挨拶をしつつ新たにメルマガ登録してくださった方もアンケートに回答くだされば特典をプレゼントします、というものでした。

動画そのものには10月26日限定です、と収録していなかったので、ブログの本文に掲載しておきました。しかし、YouTubeの方にはその記述を載せないまま昨日まで置いたままでした。

だからもしかしたら、この動画を見てくださって登録してくれた可能性もあるな、と思いました。もしそうだとしたら、僕の収録した情報が誤解を招いているので、申し訳ないと思った次第です。

もちろん、イヤイヤ、それは関係ないですよ、という可能性もありますが・・・誤解を招く可能性があったことは事実です。

ですから、取り急ぎ動画は非公開にし、ブログも動画の部分を削除しておきました。

ブログもメルマガも、そしてセールスコピーやプロモーションという、僕自身が担っている仕事の影響力から考えると、発信する情報に責任をもつことは当たり前です。発信する以上、情報については的確に扱わなければならないと考えています。

個人的な情報ですからブログやメルマガについてはゆるい表現もあったりしますが、それでも多くの方々が見てくださっている以上、もはやメディアなんだな、と感じています。

コレまで以上に、情報については誤解を招く書き方や収録をせぬようにしようと思いました。

自戒の念を込めて、記しておきます。

・・・とはいえ、書き方が変わったり、遠慮して書く内容を制限したりするわけではないので、ご安心ください。あくまでも、誤解を招きそうなら招かないように注釈をつけるとか、そういう配慮をすることで、役に立てて楽しめる内容にする、ということです。

今後もよろしくお楽しみください^ ^

P.S.
ひとつお願いです。

10月26日以降にメルマガ登録された方のうち、特典の動画を見て登録された方は、小野までお知らせくださると幸いです。

http://beatthecontrol.jp/contact/

税や保険関係は専門家に聞いたほうが良さそうかな・・・

おはようございます。小野です。

昨日は開業届を提出しようと思い相模原市の税務署まで行ってきました。

結構カンタンに済ませられるかな、と思ったのですが、話を聞いてみると何やら複雑な感じでして・・・。たとえば、開業日をいつにするかというのも自分で決められますし(この日を開業日にしなければならない、という決まりがないようなのです)、それに伴い青色申告用の申請書も開業日から2ヶ月以内に提出する必要があるのですが、開業日次第では今年度の青色申告ができない、ということらしいんですね(ここ、僕の理解違いがあるかもしれません)。

コレがわかった時点で、これはやはり会計士さんか税理士さんに相談しにいこう、と思ったのですがさらに・・・

源泉徴収についても会計士さんとかに相談しなければわからないですね、のような話を税務署の方が仰るので、あ〜コレはもう最初からプロフェッショナルに頼ったほうがいいな、って思いました。

今年頂いた報酬に関し、お客さんによって源泉徴収を差し引いて振り込んでくださるか、差し引かずに振り込んでくださるか、対応が異なるので、コレをどうやって扱ったらいいのかわからなかったんですよね。

今回の確定申告は自分でやってみようと思っていたのですが、どうもコレに時間をかけると仕事に支障が出そうです。他の独立されている方々が言うように、最初は自分でやったほうがいいんじゃないかな、というアドバイスを受け入れようと思ったのですが・・・仕事のパフォーマンスを優先させることにしようと思います。

自分でリサーチしてもできるかな、とは思いますが、税とか保険とか複数の専門的な項目があると、たとえば税務署に行っただけで解決できるわけではなく、市役所にも行ったりする必要があるんですよね(ようやく知りましたが・・・)。

電話一本で片付くようなものでもないですから、だったら頼りになる専門家をこの機会に見つけ、専門家に任せたほうが、僕はスキルにフォーカスできる、そしてお客さんのレジを鳴らすことができ報酬を稼ぐことができる。そして専門家さんにもお金が入ってくる。いい関係ですね、コレは。

たぶん、あまりの煩雑さにそれをやらない論理を組み立ててみましたが・・・実際に会計士さんや税理士さんに頼んだときは、またお知らせしますね。

P.S.
行きは相模大野駅からバスで行ったのですが、帰りは歩いて帰ってきました。途中で仕事しなきゃと思い、コメダコーヒーに入ってライティングして納品しましたが、Macを持ち歩いていて良かったです。10キロ位は歩いたと思うので、いい運動になりました^ ^