にわかサッカーファンによるセールスコピー的戦略解釈。

日本でもワールドカップをご覧の方は多いと思いますが、タイでもワールドカップをご覧の方々は見かけます。同じアジアの国ということで、日本を応援してくれている雰囲気を感じるのは、妙にうれしいものです。

セールスコピーにはレジを鳴らすための戦略がありますが、サッカーにおける戦略にも最近 “にわかサッカーファンによるセールスコピー的戦略解釈。” の続きを読む

バーガーキングのフォーカス戦略。

バーガーキングのフォーカス戦略を思い出したので、記しておきます。

現在、シーロムコンプレックスというところのスターバックスにいます。

長男が通う小学校の親御さんつながりで、ダイエットの何かを紹介したいのだとお願いされて、今待っているところです。プラットフォームセリングですかね、やっぱり。

最寄り駅は “バーガーキングのフォーカス戦略。” の続きを読む

街に出よう。

次男がボーリングやりたい、というので、え、5歳でボーリングって、あのボール持てるのかな、と思いつつ、長男次男と妻とでサイアムパラゴンへ。

バンコク、というよりもタイでは大体そうなのですが、日本でいうところの “街に出よう。” の続きを読む

Blind Massage

Blind Massage、、、バンコクでマッサージが好きならば、きっと目にとまるこのコピー(僕だけですかね??)。

なぜならバンコクでマッサージといえば、、、健全なマッサージなど無い、と言われているからです(一応私見です)。

15年前に初めてバンコクにやってきたとき、今はなきエラワントラベルサービスというところで “Blind Massage” の続きを読む

「ほとんどの人には見えないが、セールスコピーの説得力を圧倒的に強くするものは何か?」

「ベネフィットをボコボコ入れていました。実は、僕もそうしていました。そうしたほうがいいんだ、という人もいますが、大抵の場合においては、完全に信じられた1つの約束を入れたほうがいい」

BGM代わりに、『世界No.1セールスメソッド』を聞いていたら “「ほとんどの人には見えないが、セールスコピーの説得力を圧倒的に強くするものは何か?」” の続きを読む

なぜ、セールスレターは申込みフォームから書くのか?

USPやMSP、ポジショニングとかコンセプトのブログ記事を書いてきたので、今日はセールスレター編。

ちなみに、なぜUSPとかコンセプトを書いてきたかというと、僕がレジを鳴らせなかったり、指摘されたりした時に、必ずといっていいほど悶絶することが、セールスコピーのビッグ・アイディアだからです。

ペルソナに “なぜ、セールスレターは申込みフォームから書くのか?” の続きを読む