職業人生で成果を出す人(性格スキル)。

「小野くんは真面目だから成功するよな」

とは島田さんから聞いた今井先生の言葉です。

他にも僕を形容するならばということで、真面目、という単語は僕についてまわります。

真面目、素直、熱い。

人から言われるトップ3です。ついでに、ウソを付くのが下手で、誤魔化せない、何でも話してしまう、とも言われます。

僕自身、意識したことはなかったのですが、そう言われるのだからそうなのかもしれません。

人のよろしくないところよりもいいところに目が行きます。

僕の口から言葉が出たら、当人は傷つくかもしれませんが、僕から見たら長所だったりします。

「自分勝手ですよね」

とか

「矢印が自分に向いていますよね」

とか

「コミュニケーションできていませんよね」

とか

「細やかじゃないですよね」

とか

「白黒ハッキリつけてアソビがないですよね」

とか。

思い当たった方、恐縮です。

だったら言葉を選んでよ、と言われそうですが、このあたり素直なので誤魔化せないんです。顔に出ちゃうので。

コピーを書いている時は僕の顔を皆さん見ることができないので誤魔化しやすいのですが、それでも文章に出るんでしょうね、僕自身違和感を感じて世に出すことができません。うっかり出ちゃっても、閲読率がエラいよくなかったりします。だから個人的には、文章であっても伝わるものなのだと思っているのです。

で、僕の口から出る表現ですが、これをどう受け止めるかは「性格スキル」なのか、と思い当たるメルマガが、アタックスの横山さんから届いたので、紹介します(2018年4月6日の『草創花伝』です)。

そういえば、出会った頃からの伸び率が著しい(といっても印象は変わらないのですが)日比野さんにはその昔、グレーゾーンをグレーゾーンのまま置いておけるようになってください、清濁併せ呑む、ですね、と伝えたことがありました。

エンジニアでプログラマーで白黒ハッキリつけることが仕事の日比野さんでしたから、これけっこう大変なんじゃないかな、と思ったんです。しかし、聞き入れてくれたのだと思います(僕視点ですが)。それで今日、性格スキルを知って、このエピソードを思い出した次第です。

「真面目」であること。

その人の成功とはその人の幸せ度で計れるのだとしたら、ある意味成功法則です。基準値が高いのも、真面目という性格スキルに関わるんじゃないかな、と思います。

横山さん、ありがとうございます。紹介させてくださいー。

小野様

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。

本日のメインテーマは『ここまで大事な「性格スキル」』です。

いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。

———————————————————————-

○門下生:
「師範、もう会社辞めたいです」

●師範:
「今週、入社したばかりだろう」

○門下生:
「はい。まさか、会社がこんな理不尽な場所だとは思いませんでした。やっぱ
り私は会社勤めが苦手なんだと思います」

●師範:
「そうか。じゃあ、辞めたら?」

○門下生:
「と、止めないんですか」

●師範:
「止めてほしいのか?」

○門下生:
「できれば止めてほしいです」

●師範:
「素直だな」

○門下生:
「はい。素直さだけが取り柄です」

●師範:
「じゃあ、辞めずに頑張れよ」

○門下生:
「いや、あんな理不尽な場所にずっといたら、息が詰まってしまいます」

●師範:
「じゃあ、辞めちまえよ」

○門下生:
「なんで、そんな無責任なんですか。私の師範なんでしょう?」

●師範:
「君の師範ではあるが、私もひとりの人間だ」

○門下生:
「それなら、道を踏み外しそうな若者にアドバイスしてもいいじゃないです
か」

●師範:
「じゃあ、アドバイスしよう」

○門下生:
「お願いします」

●師範:
「性格スキルが低いヤツと付き合うな」

○門下生:
「性格スキル?」

●師範:
「そう。脳のミラーニューロンの特性で、近くにいる人の思考パターンに影響
を受けてしまうものだ。だから、目標達成意欲の低い人と一緒にいると、こち
らも無意識のうちに低くなる」

○門下生:
「反対に、やる気のある人と一緒にいると、やる気も上がってくる、というこ
とですか」

●師範:
「そう」

○門下生:
「じゃあ、師範が私と一緒にいたくない、というのは……」

●師範:
「君の性格スキルが低いからだ。アメリカの研究では、性格スキルが低い人は、
生涯の賃金レベルも、人生の幸福レベルも、低くくなる傾向があると明らかに
なっている」

○門下生:
「どんなに頭がよくても、ですか」

●師範:
「そう」

○門下生:
「頭脳より性格のほうが大事、ということですか」

●師範:
「必ずしもそうならないが、統計的にみると、そうだ」

○門下生:
「……」

●師範:
「もし君が、自分で言うように『素直』な性格であれば、統計の結果は信じる
はずだ」

○門下生:
「そ、そうですね」

●師範:
「統計結果がすべてではないですよね、と言うヤツは——」

○門下生:
「ひねくれた性格」

●師範:
「そのとおり」

○門下生:
「ひねくれた性格は——」

●師範:
「生涯年収も低くなり、人生の幸福度合いも低くなる可能性が高い」

○門下生:
「……」

●師範:
「君は統計を信じるか?」

○門下生:
「……信じていなかったかもしれません」

●師範:
「中学のときにFXで財産を築いた」

○門下生:
「中学3年のときです。親から貸してもらった30万円を元手に、1憶円を作
りました」

●師範:
「そういう時代があった」

○門下生:
「FXで失敗する典型例は……」

●師範:
「調子に乗ることだ。FXに限らず、資産運用をする際に、絶対に気を付けな
くてはならない要素だ。まさに統計的な裏付けがある」

○門下生:
「高校1年のとき、強制ロスカットが追いつかないほどの急変動があり、多額
の追加証拠金を請求されました」

●師範:
「それにも懲りなかっただろ」

○門下生:
「ええ。次は不動産投資をはじめたんですが、借金が膨らんでいって」

●師範:
「高校も中退。アルバイトも長続きしない」

○門下生:
「不思議とモテるので、彼女には不自由してませんが」

●師範:
「性格スキルの高い彼女か?」

○門下生:
「どうでしょう……。お小遣いはくれます」

●師範:
「性格スキルには、ビッグファイブと呼ばれる要素がある」

○門下生:
「5つの要素、ということですか」

●師範:
「開放性、真面目さ、外向性、協調性、精神的安定性の5つだ」

○門下生:
「……」

●師範:
「君は知的好奇心が高そうだから、開放性はありそうだ。チャレンジ精神も」

○門下生:
「チャレンジ精神というより、後先考えず、衝動的に動いているだけです」

●師範:
「しかし、その他4つの要素がまったく足りないようだ」

○門下生:
「外向性はないですね。友だちもいないし、彼女と一緒にいても、いつもスマ
ホを眺めてますから」

●師範:
「職業人生に強い影響を与える性格スキルは、ダントツで『真面目さ』だ」

○門下生:
「……」

●師範:
「自己規律、忍耐、根性、粘り強さ、達成努力……といったものが因子だ」

○門下生:
「私の彼女に、『真面目さ』はなさそうです」

●師範:
「君もないからだ」

○門下生:
「ううう」

●師範:
「また、人生のどの側面にも、圧倒的に重要であるのが『真面目さ』と言われ
る。賃金とか、幸福とか、そういう要素以外でも、寿命とか、健康とか、犯罪
とか」

○門下生:
「寿命も!」

●師範:
「『真面目さ』が高い人ほど、健康だし、幸福だし、寿命も長い」

○門下生:
「そうとは限らないでしょう、と言い返したくなりますが……」

●師範:
「君が素直でない証拠だ」

○門下生:
「ど、どうすればいいんでしょうか」

●師範:
「まだ20歳だろう?」

○門下生:
「はい」

●師範:
「もう一度、学校へ通え」

○門下生:
「今からですか?」

●師範:
「そして課外活動に取り組め。できればラグビー部か野球部がいい」

○門下生:
「スポーツなんかやったことありません」

●師範:
「運動系の課外活動は、性格スキルを伸ばす格好の場と言われている」

○門下生:
「それもエビデンスがあるんですか」

●師範:
「厳しいチームスポーツのほうがいい。練習、負荷が相当厳しいため、忍耐力、
やり抜く力、協調性、規律などがしっかり養われていく」

○門下生:
「そんな」

●師範:
「大丈夫だ。頭のよさは、大人になってからそう伸びないが、性格スキルは社
会に出てからも伸びていく」

○門下生:
「それもエビデンスがある?」

●師範:
「統計的に正しい、とされている」

———————————————————————-

……性格スキルの中で最も重要な『真面目さ』は、日本において過去、徒弟制
度、長時間労働、上司からの激しい指導によって養われてきたという側面もあ
るそうです。

すなわち現代、
ブラック企業、パワハラへの過剰なほどのバッシングが、若者たちの性格スキ
ルが上がらない要因にもなっていることでしょう。

成果を最大限にするためにも、「性格スキル」について正しい知識を身に着け
ていきましょう。

■ 性格スキル 人生を決める5つの能力
http://a10.hm-f.jp/cc.php?t=M576722&c=5796&d=ca48

職業人生においての成果は、学歴や知性よりも「真面目さ」をはじめとした
「性格スキル」のほうがはるかに大事であると知り、救われます。

———————————————————————-

【43点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です