スキルの獲得は行動し続けられるかどうか。結局、コレです。

こんにちは。小野です。

健康管理のため、そして難聴改善のため(小野は感音性難聴なのです)、1ヶ月に一度鍼灸に通っています。

鍼灸の効果は体質により出る出ないあるようですが、私は非常に効きやすいらしく、決まって鍼を打ったりお灸を据えたりすると、一定時間置いてから眠くなります。これは鍼灸師さんに言わせると、最高の効き目の現れみたいですね。

おかげで肩こりや寝違えたような慢性的な痛みは減り、頭痛も激減しました。例年梅雨から秋までは気圧の変化で頭痛が毎日のように起こり、毎日のように頭痛薬を飲んでいたのですが、今年は1ヶ月に一度飲むかどうか、という頻度です。

鍼を打ってもらったあと、この鍼灸師さんと話をしました。治療家の方々を対象に、集客などマーケティングを勉強する塾の話です。

多くの独立を目指す方々もそうであるように、この塾でもまず治療家の方々が目指すのは年収1千万円だそうです。理由はともかく、宣言しやすいのかもしれません。1千万円を獲得している方って就労人口の5%とか4%だと思いますから、それなりにいい暮らしができるという目安にもなります。

そこで、一つ質問をしてみました。この塾に通われている治療家の方で何%の人が年収1千万円を達成できるのかと。

鍼灸師さんは少し考えたあと、おそらく5%くらいじゃないかなと思います、と話されていました。これは、この塾の上級クラスに会員制のグループがあるようなのですが、そこに参加している方々の人数をこれまでの受講者数で割ったら5%くらいだということですので、

これは、信ぴょう性がありそうです。

年収1千万円以上を得る人も5%、塾参加者の中で年収1千万円以上を得る人も5%。

そしてもう一つ質問してみました。5%に入る人と入れない人を分ける要因は何ですか、と。

鍼灸師さんはまた少し考えたあと、こう話していました。

「まずはやり続けられるかどうかだと思います。そしてその後は、自分に合ったやり方を見つけれられるかどうか。たとえば、チラシのポスティングによる集客方法で結果が出る人もいれば出ない人もいる。この場合でない人はこれでもうやめた、となるのではなく、別の方法、たとえばホームページを作成することによって集客するとか、これをやり続けたりする必要があるんです。すると、そのうち自分が最も集客できる方法を見つけることができますから、後はそれをやり続けるだけ、なんですよね。」

話を聞いていて、これはセールスライティングのスキルアップとか、習慣化とか、そういうものにも当てはまる話だな、と思いました。

あなたは、自分に適した方法を発見し、それをやり続けていますか?

商売にならなくなるので誰もなかなか言ってくれませんが、、、実際のところ、一朝一夕に身に付けられるスキルなど、存在しないものです。

成果を手に入れた人たちの、手に入れた後の習慣よりも参考にすべきは、成果を手にする前にやっていた習慣です。

それは決して片手間でできるものではなく、ただ量をこなすことで身に付けられるような行動の連続だったはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.