スキルアップは「起きてすぐ」がいい理由。

『スターウォーズ最後のジェダイ』を観てきました。観てきたといってもタイ語吹き替えの字幕なしなので、ストーリーはわからず・・・映像で楽しめるかなと思いきや、途中不覚にも眠ってしまいました。やはり映画を楽しむなら、物語がわからないと・・・なのでしょうか・・・。

しかし韻を踏むのは相変わらずで、そこは個人的に前のめりになりました。冒頭の「遠い昔、はるか彼方の銀河系で…」ではじまるオープニングとエンドクレジット。エラい長い映画だなと思いましたが、オープニングとエンドクレジットだけで満足できるから不思議なものです。

さて、夜遅くにブログを書いておきながら、スキルアップは「起きてすぐ」がいい理由を私見にてお伝えできれば。

これはスキルアップに限らず、いわゆる第二領域的なことは「起きてすぐ」が基本的にはいいと思っています。

なぜなら、夕方以降、特に食事をした後になると睡魔のほうが勝るからです。

睡魔がやってこなくても、家族と一緒に生活をしていたら家事もあるでしょうし子どもとの時間もある(離れて生活をするというのもありですが、僕でもバンコクで一緒に生活していたら家事も少しは手伝いますし、子どもが遊んでといったら遊びます)。

一人暮らしであっても日中に仕事をしていたら、エネルギーが消耗しているでしょうから何か理由をつけては「明日にしよう」と言いたくなるもの。そして明日にするどころかやらないまま1年が過ぎ去るなど普通です。

これが期限の決まっているセールスレターやステップメールの仕事ならばやる理由になるのですが、第二領域というのは時間的な期限がありません。だから、エネルギーがエラい少なくなっている時に第二領域をするのは、オススメしていないわけです。

少なくとも僕は、第二領域を寝る前にやって続いている人は知りませんし、僕自身はやってみてこれは優しくない、と体感しています。続いているというのは毎日続いているという意味です。スキルアップは第二領域になると思いますから、毎日やらないとスキルアップにならないですからね(私見ですが)。

ただしただひとつだけ、本日の課題ができたかどうかにチェックを入れる、日誌を書く、翌日の課題を書き出す、理想の一日を読み上げる、という日課は寝る前にやっています。多分エネルギーをそれほど使わないことであれば、できるのかなと思っています。個人差はあると思いますが。

では、例えば写経とか読書とかブレットを書くとか引き出しを増やすためのブログを書くとかはいつやればいいのかといいますと、朝・・・というよりは「起きてすぐ」がいい。いろんな時間、いろんなタイミングでこれらをやっていますが、最も吸収できているなと感じるのは「起きてすぐ」です。

「起きてすぐ」なので、朝型の人なら朝、夜型の人なら夜、ですね、時間的には。

エネルギーが最もあるのは起きてすぐだと思いますし、寝る前に頭のなかにあった情報が取捨選択されて整理されていますし、新たに飛び込んでくる情報がまだない状態。

スキルアップなど第二領域を行うにはもってこいかと。

理想をいうならばセールスレターを書いたりステップメールを書いたりも起きてすぐがいいと思います。

しかし第二領域は、「引き受けた仕事とは別に、時間を確保すべき」です。

今の自分よりも成長、変化するために第二領域を設定するわけですから。

だから起きてすぐに引き受けたセールスレターを書くとしたら、時間を短縮してでも第二領域の時間を確保する。

「今日は仕事がホニャララで・・・」という言い訳ができる環境から、まずは抜け出してください。

すべては、そこからです。

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です