睡眠とコピーの相関関係。

こんにちは。小野です。

あなたは睡眠とコピーの相関関係をご存じですか?

デイヴィッド・オグルヴィやジョン・カールトンなど、コピーライターとして誰もがスーパースターと認める人の多くは、睡眠の大切さを話しています。

ジョン・カールトンは少しでも疲れていたり眠りたかったりと感じるなら、コピーは書かないことだ、30分で終わるライティングに4時間かかることも珍しくなく、しかもいいものはできない、と話しています。

これは確かにそうだ、と思えることがありまして、

たとえばお客さんのブログ記事やメルマガ記事をライティングしている時、通常30分で終わるはずなのに1時間経っても書き終わらず、読み返してもイマイチな内容・・・ということはよくあります。

つまり、スーパースターたちが話すように、睡眠とコピーには相関関係がある、ということです。

反応が出るコピーを書きたいなら、睡眠をきちんととって脳が常に元気な状態にしているかどうかこそ大事、というワケですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください