新しい事業をつくり、継続的な安定収入へと発展させたい経営者の方は他にいませんか?

起業済みの経営者で、年間売上が1,000万円程度はあるならば、15日間で新しい事業をつくることができます。

お客さんリストは100名に満たなくても大丈夫です。

2つ目の事業がない

物販やアフィリエイト、コンテンツ販売、ライティングやコンサルティング、コーチングで起業した人の悩みは、2つ目の事業がないことです。

リストマーケティングを学び、リストの重要性は理解している。

ブログやメルマガを書き、お客さんリストを集め、近い関係性を構築しようとしている。

しかし、リストに対して新たに何を売ればいいのかわからない。

他の人を真似して売ってみたはいいものの、ほとんど売れない、これなら今の事業をやり続けたほうが、今の商品を売り続けたほうがいい。

ところが売れば売るほど、時間の経過とともに購入者が減り、リストの人数も減少しはじめる。

明らかに購入者は十分にはおらず、毎月の収入が不安になってきている。

売ることからはじめるのは、間違いです

セールスが大切とはよく聞く話ですが、だからといって売ることから始めるのは間違いです。

それは今これを読んでいる経営者なら、ご存じのはず。なぜなら行き詰ることは目に見えているからです。

経営者であれば、より多くの売上や報酬、より自由な時間、より自由な移動を無意識のうちに求めるものですが、売ることから始めるとこれらはますます遠のきます。

遠のくどころか、会社員よりも自由のない生活になるでしょう。

会社員ならば法律が守ってくれますが、経営者は生きるか死ぬかしかありません。

だから売上が減少していけば、眠ることができなくなる、というのはある意味自然なことです。

「売らない」、という逆転の発想

では、いったいどうすればいいのか?

それは、「売らない」という発想を持つことです。もちろんこれは、マーケティングのセオリーでもあります。

しかしここでは、商品をつくる→売る→入金してもらう、という流れ自体をやめてみましょう、ということです。

順番を変えること。

ここに2つ目の事業をつくり、安定した売上へと育てていくヒントがあります。

続きは、明日。

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




“新しい事業をつくり、継続的な安定収入へと発展させたい経営者の方は他にいませんか?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください