日比谷、銀座、新宿。プロジェクトプランニング。

日比谷にいます。

かつてはよく通った銀座から日比谷公園までの通りにある帝国ホテルや宝塚を眺めつつ、ブログが書ける場所はないかとパークサイドダイナーというお店に入り、コーヒーを注文しました。

エライスタッフの方が親切でして、僕がMacBookAirを取り出すと、「広いテーブルをご案内しましょうか?」と聞いてきてくれます。 “日比谷、銀座、新宿。プロジェクトプランニング。” の続きを読む

団らん。

グレートジャーニの余韻に浸りながら、今朝は5時ころに母を相模大野駅まで送りに車を走らせました。母と母の妹である叔母とで北海道に旅行にいくというので。

いわゆる亭主関白的な父と一緒だった母は友だちが一人もおらず、なぜなら若い時に遊びに行こうとしても「お前は家にいろ」と父に言われていたのだとか。 “団らん。” の続きを読む

予告。グレートジャーニーシーズン2のファイナル。

博多に戻ってきました。

グレートジャーニーシーズン2の南方ルート編は、『魏志倭人伝』から辿る邪馬台国への道をテーマに、1泊2日の行程を終了。

なぜ、地理的な南方ルートの移動ではなく、「魏志倭人伝』と邪馬台国をテーマにしたのかと言うと、日本人の精神的、文化的なルーツに焦点を当ててみたからです。 “予告。グレートジャーニーシーズン2のファイナル。” の続きを読む

グレートジャーニー南方ルート編。博多駅→唐津→志賀島→鐘崎→宗像。

宗像のホテルにいます。

先程まで、一軒家のフレンチレストランで自分自身のルーツを振り返る、という会食を行なっておりまして、いまホテルにやってきました。

明日は10時から見習いの海女さんが1ヶ月に一度開催するという食堂に行き、鐘崎の港へ立ち寄ったあとは『魏志倭人伝』で記されているところの、伊都国、奴国、不弥国へと周り、綿都美神社で本殿から鳥居へと視線を移し、その視線が指し示す地点へと向かいます。 “グレートジャーニー南方ルート編。博多駅→唐津→志賀島→鐘崎→宗像。” の続きを読む

オレのルーツ。

母方のお墓参りに行ってきました。母と母の妹、叔母ですね、と一緒に圏央道を車で走り、茨城まで。

お墓と仏壇に供えるお花を用意したいというので、取手駅まで行って西友に入り、お花を購入。取手と言えば桑田さんがPL学園時代に取手二高に敗れ、なぜ負けたのだろうと取手二高まで訪問したことを思い出しました。母が言うに、取手二高はもうちょっと来るまで行ったところにある、とのことでしたが。 “オレのルーツ。” の続きを読む

住吉大社で力士像の股間に触れ、自然環境の壮大さを考えてみた。

今朝は博多にいます。

もう一日博多にいようか、大阪に移動しようか考え中。人と会う約束をして、そのスケジュールを決まってから、移動しましょうかね。というわけで、博多駅そばのコメダです、今日は。

昨日と一昨日は博多駅前の “住吉大社で力士像の股間に触れ、自然環境の壮大さを考えてみた。” の続きを読む

富良野好み、稚内好み。

7月1日の朝は稚内で迎えました。

昨日6月30日までに一つの時代が終わり、今日から新しい時代がやって来た、というような満足感に包まれております。

まあ言い方を変えると、ひとりごちているのかもしれません。しかし、自分に酔っていると言われようとも、心は穏やかでいい気分です。

この件については、また。

昨日は “富良野好み、稚内好み。” の続きを読む

たぶん、なんとなくは行動していない(目的はある)。

現在、石垣空港にいます。南ぬ島とかいて、ぱいぬしま、と呼ぶそうですね。南ぬ島石垣空港、とディスプレイされています。

今日のお昼でグレートジャーニーの石垣島編は解散となるので、午前中はサンゴ礁で知られる “たぶん、なんとなくは行動していない(目的はある)。” の続きを読む