仕事選びに必要な視点。

昨日の打ち合わせが興奮するものだったというか、個人的な課題のためにもエラい貴重なものだったというか、そんな感覚を体感したので、奈良のホテルに移動したあとはフロントにお願いしてチェックアウト時間を延長してもらい、ビート・ザ・コントロール株式会社のコア・バリューとマスタープラン “仕事選びに必要な視点。” の続きを読む

何のために学ぶのか?未来だけじゃなくて過去もみる。

早朝にバンコクへ到着し、次男を幼稚園に送った後で再び空港へ。

今日明日はLicense to beatの3クラス特典、「南国ロマン体験」の開催日でして、参加者を待っているところです。

このあとはホテルにチェックインしてもらい、その後はタイ式フットマッサージミーティングかな。で、タイ料理ではなくて熟成肉のお店に行く予定。

女性の皆さんには申し訳ないのだけれども・・・南国ロマン体験とは男にとってのロマン体験を考えていたため、女性にとっての南国ロマンとは何か、というのが現在到着を待っている僕の課題となっています。

今日のバンコクは僕にとってはめずらしく快晴。遠くまで見渡せる透明感あふれる空気は、記憶にないほどです。

さて、昨日はコンテンツライティングクラスとQUESTセールスライティングクラスを開催し、土曜日には自分という器クラスを開催したのですが、全体を通してのテーマに「体験」と、そして「半年後により良く暮らしている」というのがあります。

昨日のクラスでも割と熱が入ってしまったのは、「どう生きるのかにより、半年後の目標は変わってきますよ」ということ。

毎日の安定・生活の保証のようなものを求めているのか、誰もが通ったことのない道を求めているのか、社会をより良くしたいと思うのか。

もちろん個人個人の「どう生きるのか」に対する回答は人の数だけ存在しているはずでして、だからこそ僕が違和感を感じるのは、例えばですけれども、セールスライティングを学びたい、という理由が似通っていること。

ひとりひとり違う(似ていることはあっても)のに、なぜゴールは同じ言葉なのか。ひとつ思うのは、先を見すぎているというか、先しか見ていないのではないか、というのがあります。

自分の生まれや育ちを見ないで、先だけを語るというのは、誰もができる。

しかし、僕らには人と異なる両親がいて、祖父母がいて、ブラッドライン、ていうんですかね、脈々と受け継がれている何かがあって、それは決して人と同じであるはずがない。

僕と妹のような兄妹であっても、生まれてから今まで出会ってきた人々は異なるわけですから、育ってきた環境、育まれてきた環境というのは異なるわけで。

『進撃の巨人』がクレイジーパパの課題図書だったこともあり、先日の「正しさとは」ディスカッション後に再度読んでいるのですが、

主人公が属する調査兵団の人数が減っていくごとに、各々の役割とか個性とか、そういったものが際立っていくのを感じました。

人数が多い時は気づかなかったけれど、そもそも人って各々の役割とかあるはずだよね、と感じまして、今これを書いています。

僕はコア・バリューとかマスタープランとか、そういうものが大切だとマイケル・マスターソンに学んでいるのですが、例えば理想の一日というものを書き出すにあたって大切にしていることは、僕自身に違和感がないかどうか、です。

違和感はたぶん、自分の生まれや育ちを見ようとしない時に、発生するのだと僕は考えています。

コア・バリューもマスタープランも、自分の生まれや育ち、これまでの環境から切り離すことは、たぶんできない。

セールスライティングを学ぶ理由もまた、自分の生まれや育ち、これまでの環境から切り離すことはできないんじゃないかな、と思います。

自分のルーツを辿る、ということの意味は、もしかしたらここにもあるのかな、と感じました。

なんだか、全てはつながっているんですよね、たぶん。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




大切なことは脳のどこかに眠っていたりする。

セールスライティングをキッカケにビート・ザ・コントロールのブログに辿り着かれた方なら、セールスライティングはもちろんダイレクト出版にも興味があるでしょうし、マイケル・マスターソンの本を読んだことがあるならば、コア・バリューやマスタープランにも興味があると思います。

昨日、あるブログからのトラックバック承認申請がワードプレスから届いていたので、それを確認してオンにしたところ、リンクされた記事を読んでみたら「再新再生」に関するものでした。

2015年4月に山口県の萩市で行った、再新再生については『7つの習慣』をお持ちならばそれを見てくださればと思いますが、そういえばそうだったな、とある事件に関してすっかり忘れていた事実を思い出したので、記しておこうかと。

僕が行った再新再生はこちらの記事を見てほしいのですが、この過程のなかで僕は自分が大切にしている価値観と思われるものに触れ、自分の真意を見つめた結果、砂浜にあることを書き出します。

そのあることとはどんなことかというと、自分の真意が見つめた結果、言語化された不安です。7つか8つ程度、砂浜に書いたと記事には書いてあるのですが、具体的に何を書いたかは今となっては覚えていません。

しかし、そのうちの一つはおそらくですが、仕事・報酬のいただき方について書いてあるはずで、なぜなら同じ月の日誌に、ダイレクト出版さんとの契約形態を成果報酬に切り替える、と書かれていたからです。

一部の読者さんはご存じだと思いますが、僕は2015年9月にダイレクト出版さんとの業務委託契約を解除しています。

これは僕自身がスプリットランテストに勝てなくなったこと、またダイレクト出版さんの求める働き方ができなかったことによるものだと理解していますが、それを寺本さんが会社のため、また僕自身のためにも慮ってくださり、契約を解除してくれたと考えているのですが、

成果報酬というカタチに切り替えることはできなかったものの、契約解除の連絡が来たときはビクッとしながらも、チャンスだ、と思ったんですね。

なぜなら、この働き方だと望むように生きられないことが明らかだったからです。会社員時代と同じような状態になる、そう感じていました。

この話をする時、僕は日誌を書くことの大切さと本音で動くことの大切さを伝えるわけですが、もとはといえば再新再生を行ったからこその結果だったかもしれないな、とも思った次第。

だから昔を辿るというか、ルーツを辿るというか、そういうことはやったほうがいいとなんとなくでも思っていたんですね。

島田さんから、The Great Journey Projectの話を聞いた時、前のめりになっていったのは自分がそういう経験をしていたからこそ。

大切なことは脳のどこかに眠っている。

たまには昔好きだった場所に行ったり、励んだスポーツやゲームをしてみたり、そういうことをしてみることこそ、今の仕事とか生活をより良くするためには必要なんじゃないかな、と思います。

しかし、再新再生で思い出したことを今また思い出すとは・・・アイソレーションタンクでも行ってこようかな・・・。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




自己重要感は、没頭した時に与えられるもの。

PAPA PAZZO STORONZO PROGRAM・・・クレイジーパパのほうがとおりがいいのかな、このコミュニティに参加している関係で、岡本敏子さんの著書を読んでいます。

岡本敏子さんのことを僕は知らなかったのですが、岡本太郎さんの秘書でありパートナーであり、といった女性。

僕自身、言葉にできなかった言葉を持っている人だな、と二人に対して思うとともに、エラく興味を持ちました。

ある著作を読んでいた時にふと気づいたのが、自己重要感とかセルフイメージとかってどうすれば高まるのか、というもの。

そう気づくに至ったキッカケとなる文章を引用すると

生き甲斐が見つからないと言う。生き甲斐はいつだって、いま自分の足もとにあるのよ。それを見ていないだけ。

生きている、いま。そのいまを精いっぱい輝かさないで、何が自分なんですか、と言いたい。

私は岡本太郎と共に五十年走ってきた。自分らしくとか、何が生き甲斐かなんて考えてるヒマはなかった。十分に、ギリギリに生きた。極限まで。

だから、自信をもって言う。そんなことを考えるヒマに、一歩踏み出しなさい。踏み出さなければ、なんにも始まらない。

(『いま、生きる力』岡本敏子著/青春出版社刊より引用)

今ここが大切ということは僕自身そう思うし、今ここが大切であること、今ここに没頭するには自分のコアとかルーツとか、そういうものに素直だからなんだと思います。

よく世間で言われるような、「自分らしく」という言葉の意味を僕はよくわからず、しかしそういうものを求めて少なくとも、悩んでいるだけというか、何も行動していないというか、「生きていない」のであればそのままでいいはずがない。

僕はあまり使いませんが、「本当の自分」というたぶん聞き心地がいいんでしょうね、そういう言葉にすがり、たとえばバックパック背負って旅をし続ける人もいますが、そんなことしたって自分なんか見つかるはずがない。

今ここで何かに没頭している自分。

それが自分であり、言いたくないけどあえて言うならば、本当の自分であり、

もっと言ってしまうと、全て本当の自分だろうと、僕には思えます。今ここで行動する自分の姿が、他者理解を生み出すのですから。

ああ、話がそれました。

それたついでに、今ここが大切、かつコアとかルーツが大切だというと、「どっちが大切なんですか」なんて聞いてくる人もいますが、どっちも大切だろうと僕は思います。

今ここが在るのは過去が在るからなのだから。

すべてつながっているわけだから、今ここが大切なら過去だって大切。

どちらが大切ですかなんて、答えなどない。

もちろん、今ここに没頭することなしに過去を見てばかりいたって何も生まれない。それこそ岡本敏子さんの言うように、「自分らしくとか、何が生き甲斐かなんて考えてるヒマはなかった」に同意でして、過去ばかり見ている人、悩んでいるだけの人は、ヒマなんだと僕にも思えます。

むしろ今ここに没頭すること、一歩を踏み出した結果、不思議なもので、過去を思い出すことだってある。

ああ、これがオレのコア・バリューなのかもしれないな、そんな感じ。

身体性を伴った動きと記憶は連動しているのだと僕は考えていますが、なんというか、今ここを大切にして本音で行動すると、自ずと過去を思い出すってよくあるし、経験したことがある人もいらっしゃると思います。

自己重要感とかセルフイメージとかが高くなくて・・・と悩まれる方は、今ここに没頭してほしいな、と常々考えておりまして、つまりは人からの評価を忘れた時、評価されるものだと僕は体験しているからです。

昨日チャットをしていた時に、僕を「いつも一生懸命に、前向きな」と表現された方がいました。僕自身は、そういう認識はなかったし、そういう評価に感謝するわけですが、

自分のことで恐縮ながら、自分自身で認識がないことを人は見てくれているものなんだと思います。

自己重要感とかセルフイメージとかが高くなくて・・・と感じているならば、まずやるべきはFacebookとかメールとかインターネットから自分自身を遮断し、どう評価されているんだろうとか思うヒマのない環境に身を置き、今一番大切なことを一番大切に、没頭して行動することです。

すると自ずと、評価されるようになります。自ずと自己重要感やセルフイメージも高まります。

自己重要感やセルフイメージを高めるものは、言葉ではなくて、行動。

一歩踏み出して、また一歩と踏み出し続けましょう。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




スケジュールを入れる時の考え方。

ワイルドサイドの島田さんがいつぞやのブログに、木坂さんの言葉を引用しつつ、僕はスケジュールがなさそうなのにうまくスケジュールをとっている、というようなことを書いていました。

それで気づいたことを今日は書こうかと。スケジュールに余裕がない!時間がない!と思っている方の参考になれば。

島田さんも書いてくれていましたが、そもそもとして僕はスケジュールに余裕がない、と考えたり発言したりすることはそうありません。

厳密には、余裕がないーと唸っていることもありますし、何かに集中していて歯を食いしばって目に力を入れて、ぐぬぬぬぬ、とやっていることもあります。

しかしそれでもまだやれるという感覚の方がウワテに来る。

3日徹夜するとか1週間ベッドや布団で寝ないとか、そういうことをこれまでの仕事でやってきましたし、それと比べたってまだまだと感じますし、仕事の種類や質が変わったからってやらない言い訳にはならない。

だから、実際にこんなものではないと思い込んでいるので、実際にやれる。

もちろんこんなふうに動くことは、誰もができるとは思うけれど、「なぜ」がないのにできるとは思いません。

一方、

確かに上に述べたような話も大切だと思いつつも、そもそもの基準値みたいなものが高くない場合、僕のやっていることは異様かもしれないので、

むしろこっちの方が大切かもしれないということも書いておきます。

それは、スケジュールの優先順位を人基準にすることです。

僕の場合、この基準をもとにして予定を決めていますので、その人以外のスケジュールは移動させるようにしています。

僕が主催する講座やプログラム参加者、プロジェクトチームメンバー、そして僕が参加する講座やプログラムを主催する人。

セールスライティングやプロモーションのクライアントさんもそうですね、もちろんこの場合は全員ではありません。

これらを優先させると決めているから、仮にスケジュールが埋まっていても、ズラすように動く。

だからハタから見たらスケジュールがいっぱいのように見えても、僕自身はそうでもないと思っている。

もちろん、その人とのスケジュールを優先させようと決めるのも、コア・バリューとかマスタープランとか、理想の一日次第です。

こう考えると、一足飛びにはできないものだということにも気づきます。

何を学ぶかより誰からそれを学ぶのか。
誰から学ぶのかより何のためにそれを学ぶのか。

順番があるし、順番も、原理原則の一つだと僕は考えています。

いつもと同じこと書いたかもしれませんが、違う視点から書いているようにも思います。

参考になれば。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




手帳を取り出し、2017年12月31日の欄にこれを書こう。

元旦から父が仕事に出かけて、妹も朝からどこかへ出発。

母と妻と長男次男、そして僕で迎えた元旦は、いつもと変わらない感じ。

たぶんですが、おせち料理が朝起きてから登場するかしないかで、僕にとっての日本におけるお正月がはじまるかそうでないのかが決まるのだと思います。

しかし父が仕事に行っていますから、おせち料理は夜までおあずけ。

そして2日と3日は箱根駅伝。これが僕にとっての3が日。

元旦にまだまだスキキライのある次男がバナナを「美味しい」と言って、コクコクうなずきながら食べている姿に胸キュン。

いつもと変わらないながらも、いい姿を元旦早々体験することができたことに、感謝です。

昨年同様、年越しは車のなかで行いまして、少しだけ違うのは妻と長男と次男、そしてタクシーの運転手との年越しでした。昨年は父と母が羽田まで迎えに来てくれたので、その帰り、首都高速のどこかで年を越した記憶があります。

1月1日の日付がついた領収書を受け取り、トランクから荷物を出すと運転手さんが両手で長男次男にバイバイしてくれていました。

なんというか、こういうふれあいっていいなぁ、と感じる年始でした。お正月の効果ですかね。

4年前にはまだ実現していなかった、タイの家族を日本に連れてきてのお正月は2016年と2017年で2回目です。

このままだとオレは後悔すると決意し、マイケル・マスターソンの『大富豪の仕事術』をきっかけに、マスタープランをつくりだしまして、その中に日本で年を越すというものもあったように思えますが、

4年間というのはエラく長い感じがするけれども、4年経過してみるとあっという間だったなと思える程度の長さしかなく、

しかしその真逆を行くかのように、成し遂げていることはより多い。

そういうふうに在ろうとして思考して行動してきたのだから、そういうふうになっていること自体は当たり前なのですが、

4年前まではそれも当たり前じゃなかったことを思い出してみると、マイケル・マスターソンであったり、ダイレクト出版であったり、寺本さんであったり、小坂さんであったり、島田さんであったり、

こんな感じの人っていいよね、と僕が思う人たちとの時間を何よりも優先させてきたことが、「そういうふうになっていた」理由のひとつだと思います。

それも、とても大きな。

セールスライティングをキッカケに、またマスタープランとかコア・バリューをキッカケに、ビート・ザ・コントロールのブログやメルマガ、僕自身を知ってくださる方がほとんどだと思いますが、

誰もができるけれども、誰もがやらないことである、「一緒にいるべき人と過ごし続ける」。

これこそ、僕が考える人生を変化させはじめる秘密です。

2017年の1月1日ということで、カンタンにできる、しかし誰もがなかなかやらないことを紹介しました。

ぜひこの1週間程度で、

「誰と一緒に過ごし続けるか」
「それはなぜか」

を考え、手帳を取り出して2017年12月31日の欄に書き込んでおいてください。

そして2017年12月31日にどうなっていたか、コメントくださると。

2017年も、ビート・ザ・コントロールでいきましょう。

小野貴正

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




自分の面白さを探そうワークショップ(ワイルドサイド部)。

賢者舎前のワイルドサイド部部活動として開催されたこのワークショップ。

ビーコンのLicense to beat「賢者舎クラス」に参加しているメンバーも3人、僕を含めて全員一緒に参加できたことはないのだけれども(僕はそういう認識はなかったのですが、ビーコンに参加する皆さんはハタから見たら自由人みたいですね)、

部長の島田さんやワイルドサイド部の部員さんには了承を得て(たぶん)、気付いてみたらここ3ヶ月程度は参加させてもらっています。

僕自身が関わっているプロジェクトにスタッフ参加するときもあるので、

こういう大家族的というか、そうそう、イタリアのマフィア的な「ファミリー」というか、

そういう感じで付き合いができるのはうれしい。

ココ2回ほど、ワイルドサイド部の部活動では持ち回りで部員が講師を務め、前回は中平さんが「親指シフトでハピハピ」だったかな、そんなテーマでワークショップを行い、今回はザッキーニだかザッキーだかバーグだかのコードネームを持つ林崎さんが担当。

テーマは「自分の面白さを探そう」ワークショップ。

「面白さ」とか「面白い」という言葉を林崎さんはよく話すと思っていたのですが、今回のワークショップ用の案内を拝見すると、ああ、きちんとその理由はあるんだな、と感じた次第。

さすがに木坂さんのマスタークラスにフル参加している男だなぁ、と。

「面白い」ってなんだよと言われても、使い続ける。ブレないですよね。

賢者舎でも木坂さんマスタークラスでも常にど真ん中の最前列に陣取る男なので、その周辺の席を「ザッキーニ席」と命名するほど(僕が個人的に、です)。

「面白さ」の定義にもよるのですが、案内状を拝見する感じだと、

あ、これは、自分のコアとかコア・バリューとか、そういうものを探すことに近いな、と考えまして、賢者舎クラスの皆さんにも伝えた次第。

個人的にエラいいい経験をさせた貰ったな、と思うのが、

*WORK1:面白いと思ったことを書き出す(たくさん)

*WORK2:なぜ面白いと思ったのかを書き出す

*WORK3:自分にとっての面白いを抽象化し、それが何かを書き出す

たしかこんな感じのワークだったのですが(意訳しています)、

*WORK1回答:タイとか中国とかトルコとか(バンコクやチェンマイ、上海、イスタンブールやサフランボル・・・)に訪れた時、面白いと感じた

*WORK2回答:人との出会いかな・・・

*WORK3回答:魂の共鳴というか、その人の本音に触れること(だったかな)

こんなふうに書き出してみると(厳密には口に出してみるとです)、

ああ、ビート・ザ・コントロールと僕が主張している理由が、意外な視点からもストンと来たな、と思ったわけです。

コアやコア・バリューの探し方というのはお葬式のワークとかルーツを辿るとか、いろいろあるけれども、この面白さを探そうワークショップもいいなぁ、と感じた次第。

どれも基本は、スッと自分の内側から出てきたことを、外側の視線を意識することなく、書き出せるかどうかなんですけどね。

これができないから彷徨う人が多いんだろうなぁ、とも思ったという意味でも、実り多いワークショップでした。

今日はこのへんでー。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓