羽田からバンコクへ。

現在、羽田空港にいます。

戻りの便はタイ航空のため、前回の往路便を思い出してチェックイン時にお願いを。

「難聴なので、飲み物や食べ物について聞かれても、聴き取れません。申し訳ないのですが、その旨フライトアテンダントさんに伝えてもらえますか」

こんな感じです。

難聴と言っても音は聞こえますし、僕の場合は言葉を聴き取ることがなかなかできないので、フライトアテンダントさんにしてみたらそれを理解することは難しいようでして、

ですから大体、「なんで声は聞こえているのに言葉が聴き取れないの?」って雰囲気の表情を浮かべられてしまいます。

これはこれで仕方ないなぁ、と思うのですが、毎回のようにそのやりとりをするのも今日はやめておきたいと思ったので、あらかじめの機内連絡をお願いしておいた次第です。

聴き取り具合を確認したあと、チェックインカウンターの方が筆談してくれたことはエラく助かりました。クルーに伝えておきますとのことでホッとしたところです。

調子のいいときは聴き取れているかどうかはわからないけれども会話をすることができますし、聴き取れずとも気にならないときは気にならないのですが、眠っていないときなどはやや神経が張り詰めた感じになっています。

そんな時でも柔和に過ごしたいものだと思い、深呼吸をしつつ過ごすわけですが、自分を鳥瞰して眺めてみるとエラく厳し目な表情をしていることもありまして、まだまだだなぁ、と思ったり。

自分を変化させる、成長させる機会というのは至るところにあるものです。

さて、今回の訪タイは次男が通う幼稚園でお遊戯会的なモノを開催するとのことで、

妻が言うに次男は張り切ってダンスをしているらしいので、観に行こうとなりました。

24日は長男の小学校でナイトパーティー的なことをやっていたらしいので、長男からは怒られそうですが。

次男はというと、妻が言うに僕が行くからと練習を結構やっているようでして、そういうのを聞くと父であることのうれしさというか、タイに行けるようになってよかったと思う次第。

動機として、それが本当かどうかはわからないけれども、お子さんとの時間を増やすためにセールスライティングに引かれる人もいらっしゃると聞きます。

どんなスキルでもそうですが、魔法のように一朝一夕で手に入れられると思わない限り、3ヶ月、半年、1年、2年、3年とやり続けることを当然のように捉えられる限り、

私見ではあるけれど、望むようなスキルや生活を手に入れることは可能だと考えています。

僕の周囲を見ると、これは真実です。やり続ける人にはいい結果がもたらされています。

やったかどうかを判断するのは他者であり、その他者から「あいつはやっているね」と言われるほどの量をこなすことで、僕は誰もがそれなりの人物になれると考えていますし、そういう期待もある。

一日を過ごした結果が明日になるわけですから、今ここでやり続けることなしに、明日が来ることはない。

暦の上での明日は来ますが、その人の成長という明日は来ないわけです。

長男次男に今の自分の仕事、自分の生活、自分のお客さんや付き合っている人を見せられるかどうか。

僕はそう考え、行動するようにしています。

今ここから、変化していきましょう。

そうそう。

28日と3月1日でLicense to beatの講座準備と先日開催したライティング実績を獲得するセミナー、またセールスライティングの裏話的なセミナーの準備をし、告知を開始する予定ですので、

特にライティング実績獲得やセールスライティングに興味のある方は、メルマガに登録しておいてください。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




スキルが先かマインドが先か。

人によって見方は異なると思うけれど、僕が自分自身を眺めた時、どちらかというとスキルよりもマインドの方を重視しているように思います。

厳密には、マインドのなかでも、目的とか現実的にどう在るかとか、そういう部分を重視。

Being Doing Havingでいえば、Beingありき。WHY HOW WHATでいえば、まずWHYが大切。

これは人の話を聞く時、何かを考える時、人に話をするときにも使える手順、コミュニケーションにおいて大切な技術ということもできるのですが、何を学ぶよりも誰に学ぶかのほうが大切、

しかしそれよりも何のために学ぶかのほうが大切とビーコンライブセミナーでも伝えていることから、技術としてよりもマインドセット的なほうを強調しているのかもしれません。

なぜなら、スキルを獲得したいと願っても、3日坊主ならず3ヶ月坊主、あるいは6ヶ月坊主とでもいうのか、途中でスキル獲得をやめてしまう人を見ているからです。

厳密には、スキルを獲得することを途中でやめてしまったのだろうな、と推測しているにすぎないので、厳密なところはわかりませんが。やり続けてくれていればいいな、と願いつつ。

しかし、だからといってマインドが先かというと決してそうではなくて、その人が置かれた状況により、スキルが先かマインドが先かは変わってくると考えています。

いや、私見にはなりますけれども、これらは同時に必要。それはLicense to beatのレターをご覧の方なら思い出してほしいのですが、車の両輪という風に表現していたことからも、僕自身の考えは見て取れます。

僕自身、セールスライティングやプロモーションなど、何かのスキルを獲得しようとするときは、必ずその目的があると考えておりまして、何の理由もないのにそれを獲得できるかというとそれは怪しい。

何のためにという必然性がない限り、そのスキルを学び続ける動機が薄まっていくからです。

じゃあマインドセットから、という方もおりまして、それは間違いではないと思うのですが、往々にしてスキルのないマインドセットはフワフワ感を生むというか、地に足のついていない人たちを生み出してしまうと考えています。

願えば叶う的な言葉とか、今のあなたでいいんですよとか。

いやいや、今のあなたではよろしくないからこそ悩むんであって、行動して、結果変化しない限り悩みは解消されないだろうに、と思う。

自己啓発とかそういうものは、なんだかその気になる魔法のような力がある。だから、これにハマってしまうと抜けられない。

しかし、僕が今でもドクターモルツのサイコサイバネティクスとか、コヴィー博士の『7つの習慣』とか、マイケル・マスターソンの『大富豪の仕事術』を読み上げたりしているのは、行動を伴うことでエラく効果があることを実感しているからです。

一緒にいる人のように自分はなるなんて、まさにマインドセットだと思いますが、

この考えを実際に「行動している」結果、今の自分になっているわけですから。よく一緒にいる人5人を思い浮かべて、その人達の年収を平均すると自分の年収であるなんて最初は「え、ホント?」という感じでしたが、それは確かにそうなんだろうな、と感じています。

くれぐれも、マインドセットだけではないことは強調しておきつつ。

そうではなくて、両方必要なんですよね。僕はマインドに目的意識も含めていますが、スキルとマインドは両方ないと、現実感のないものになってしまう。そう考えています。

その人の言葉だけではなくて、身体性を伴った行動、経験、その結果を観察する。すべてがそうだとは思いませんが、目で見て取れるその人の生き方は、何らかのスキルが雰囲気としてにじみ出る、一挙手一投足に出てくるもので、それを人は自然と感じ取っている。

現実感のなさを感じ取った時、なんとなくでもその人を怪しいと思う。そういうものでしょう。

個人的にはマインドの方を先に、と言いたい気持ちもあるのですが、マインドを先にした結果そこに逃げて現実逃避してしまっては意味が無いので、

スキル獲得に焦点を当てつつ、ちょっと遅れる感じでマインドを育てていく。

こんな感じのほうがいいのかもしれない、と最近は考えています。

スキルという素材を際立たせる調味料がマインドというか・・・そんな感じかな。

スキル偏重でうまくいっていないならば、調味料を加えた方がいい、みたいな感じにて。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓