稼げるスキルを獲得して望む人生を選択する − こんな価値観に共感するあなたへ。

タグ:セールスコピー

セルフコントロールできない人がビート・ザ・コントロールできるのか?

今日の話をする前に、そもそもビート・ザ・コントロールとは・・・ 「セールスレターの世界で、元のコピー(オリジナルコピー)と競い、成約率で上回ること」 を指します。THE CONTROLをBEATする、って感じですね。 会社…

詳細を見る

言葉を変えればうまくいく?それとも?

License to beatの自分という器クラスの第三回で小坂さんが、言葉がよろしくない人とは付き合わないようにしている、という話をしました。 ネガティブな感情が芽生えたら、その言葉を紙に書き出して、破って捨てる、ということも合わせ…

詳細を見る

セールスコピーを学ぶ手順のセオリー(ジョン・カールトンの衝撃)

本日はLicense to beat第三の器、セールスライティングクラスの第三回講座ということで、先ほどまでスライド兼レジュメをつくっていました。 第三回講座のテーマは特徴とベネフィット、そしてブレットライティング。 第一回の講…

詳細を見る

「普通の文章を書きたい!」そんな方が家族と別居してでも読む本。

セールスコピーを書こうとしても、人に伝える文章を書く技術が伴っていない場合、セールスどころか読まれない文章ができあがる。 これは残念なことなのだけれども、よくあることです。 コピーを教える方々は「文章力は不要です」とは言いますが…

詳細を見る

議員という単語が持つイメージと言葉の定義。

参議院議員選挙ですね。夕方にでも、ランニングして投票に行ってこようと思います。 父が町の議会議員に立候補していた間、僕にとって選挙というのはその意味以上の定義付けが個人的になされていたものですが、引退してからはそういう定義も影を潜めて…

詳細を見る

申し込み後に同じキーワードを登場させる利点。

毎月10日近くになると、オウンドメディアの記事への報酬支払いと、源泉所得税と復興特別所得税の支払いがあるため、お金の移動をしに動いたり、支払いをしに銀行や郵便局へ行ったり、という行動をとっています。 今回はそれらのついでに、奈良へ向か…

詳細を見る

セールスコピーのリズム、ペース。読み手と呼吸を合わせるということ。

マンツーマンで行っているビーコンコーチングから、僕は自分自身をより客観的に眺められるというか、より自分自身の価値を眺められるようになっています。 こう言ってしまうと恐縮なのですが、たぶん僕の話を聞く人以上に、僕自身にとっての学びになっ…

詳細を見る

経験が言葉をつくり、言葉が現実をつくる。

「どうすればこのセールスコピーでレジを鳴らすことができるか?」 こう考える時、おそらく人は過去の実績や体験、勉強したことを思い出して「数字を入れることでリアリティを増せば・・・」とか、「オファーを強くすれば・・・」とか、「売れたセール…

詳細を見る

できないことを任せる。できることを任せる。

バンコクに来ると日本よりもブラックコーヒーの希少度が高まるので、というか希少すぎるので、無性にスターバックスに行きたくなります。そんなわけで今日はスターバックスから更新。 店によりけりですが、店内の作りが日本よりもゆったり気味で作られ…

詳細を見る

発想は移動距離に比例する。

島田さんの「ワイルドサイドを歩こうよ」ブログで、「発想は移動距離に比例する」と高城さんが話されていたことを聞き、その後アパホテルのアメニティに印字された言葉でも「発想は移動距離に比例する」と見ました。 そういえばそうかもな、と思い当た…

詳細を見る
単身赴任サラリーマンのスキルの秘密

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密
などの無料メルマガはここからどうぞ

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密

最近のコメント