リサーチは客観的に、ライティングは主観的に、そして編集は客観的に。

セールスコピーを書く時、どのように僕は書いているのだろう。

セールスライティングの本や教材で書かれているような一般化されているものはもちろん取り入れている。しかし成果を出すコピーを書き続けている以上、何か違いはある。

同じ本や教材、同じ人に学んでも、レジを鳴らす人とそうでない人はたぶんいるので “リサーチは客観的に、ライティングは主観的に、そして編集は客観的に。” の続きを読む

セールスレターのリサーチ時に注目したい「ラベリング」。

レッテルを貼る。ラベリングですね。今日はリサーチ事に気づいたことを。セールスレターを書く時の参考になれば。

人は自分のことを知らない、とはよく言ったものだと思っておりまして、周囲の人のほうがその人自身のことを知っていることってよくあります。

的確に捉えている。

たとえば僕がどんなに “セールスレターのリサーチ時に注目したい「ラベリング」。” の続きを読む

アイデアを生み出すのはアウトプットじゃない。

セールス・スタートアップ・ライティングで新しいクライアントさんとの付き合いがはじまったこともありまして、新しいセールスレターやステップメールを書く機会が増えています。

そんな中で気づいたことは、セールスレターのアイデアを生み出すのは、アウトプットじゃない “アイデアを生み出すのはアウトプットじゃない。” の続きを読む

リズム、とっています?

昨晩は2つのセールスレターを書いており、寝ないで朝活に参加。朝活メンバーには恐縮ながらも、今日は10分足らずで早々に切り上げまして睡眠とって別のセールスレターへ。

朝活もそうですが、決まった時間に行う活動というのは、身体にリズムをもたらすように思います。なんか調子いいな、というときってリズムがいいときなんですけど、時間を決めて活動するとリズムが “リズム、とっています?” の続きを読む

下手な文章には不安がある。

下手な文章には不安がある。

こんなことを言ったのは(一応僕の意訳として)『IT』などでおなじみのスティーブン・キングだそうで、コレを僕は木坂さんの『7つの鍵』セミナーで知りました(木坂さんに興味があれば、こちらを参照)。

僕自身のセールスレターやステップメールを眺めてみても、コレはいまいちだな、という場合は文章が “下手な文章には不安がある。” の続きを読む

自分のサービスを自分でセールスライティングするメリットとデメリット。

2013年の7月からダイレクト出版の寺本さんによるアプレンティスに参加したときのこと。

パートナー養成講座、とセールスレターには書かれていましたから、おお、コレはダイレクト出版さんとパートナーになれるのか。それはつまり、あのメルマガでポンポン登場するセールスレターをガンガン書けるということだな。コレはなんて “自分のサービスを自分でセールスライティングするメリットとデメリット。” の続きを読む

セールスレターを書く時に、大切にしているポイント。

ステップメールを書く前に、セールスレターのフィードバックをもらっておこうと昨晩のうちに納品。

すると、今朝になって岡本さんと黒飛先生からチャットワークで連絡が。

セールスレター、この場合はセミナーのランディングページになるのですが、これを見たら “セールスレターを書く時に、大切にしているポイント。” の続きを読む

目の前の仕事は遠くのゴールに繋がっている(ゴールだけ見ていても到達できない)。

ハタから見ていると、それじゃゴールにたどり着かないぞ、とわかるのに、自分の目標達成に繋がるかになるとわからなかったりします。

僕自身、こういうことを体感しておりまして、それに気づくたびに、穴に入りたい気持ちになるのですが・・・

穴に入ってもモノゴトは改善するわけでも “目の前の仕事は遠くのゴールに繋がっている(ゴールだけ見ていても到達できない)。” の続きを読む