稼げるスキルを獲得して望む人生を選択する − こんな価値観に共感するあなたへ。

タグ:セールスレター

手が動いているときはとめたらダメ。

心斎橋にあるダンコレで打ち合わせをしてきまして、先ほど神奈川に戻りました。 現在のところ、主にセールスライティングクラスやビーコンコーチングに参加していたメンバーにオウンドメディアの記事を書いてもらっているのですが、その記事の他にセー…

詳細を見る

「この本のレターを書くときは一通り読まれてからレターを書いていたのでしょうか?」

今日は京都に来ておりまして、これからオウンドメディア記事の書き方講座をシークレット開催。 シークレットというより、変則的な募集をしていたので気づかなかった方もいると思いますが、うまくできれば一般募集を開始、という感じにて考えています。…

詳細を見る

僕が木坂さんのレターを写経する理由。

久しぶりの写経記事、というよりはセールスライティング関係の記事になるかなと思います。 バンコクの記事も上海の記事も、麻婆豆腐の記事もサウナも足マッサージの記事も、個人的にはセールスライティング関係という括りなんですけど、それはあまりに…

詳細を見る

早朝のドライブには青空と雪化粧された山が似合う。そして、情熱とか熱量とか。

12月に以前お世話になった学校法人さんのオープンスキーに参加するため、今日は神奈川県の海老名・・・綾瀬かな、まぁ、そこまで行くことに。 妹に前から25日は学校まで送迎して、とお願いされていたので、今朝は妹の車に乗って勤務する中学校まで…

詳細を見る

マクロからミクロへ。大枠から細部へ。セールスライティングの教え方。

セールスライティングを教えるにあたり、常に試行錯誤しているのが「細部を教えることに偏っていないか」。 License to beatのセールスライティングクラスは「ゼロからセールスレターを書けるようになる」というテーマで運営しています…

詳細を見る

読み手はどんな状況にいるのか?それがリードを書くヒントになる。

セールスライティングを学ばれている方は知っているかもしれませんが、いわゆるヘッドラインとオープニングをあわせてリードと呼ぶようですし、僕もそういう意味で使っています(誰がそう言っていたかは覚えていないのですが、たぶん、ダン・ケネディかマイケ…

詳細を見る

セルフコントロールできない人がビート・ザ・コントロールできるのか?

今日の話をする前に、そもそもビート・ザ・コントロールとは・・・ 「セールスレターの世界で、元のコピー(オリジナルコピー)と競い、成約率で上回ること」 を指します。THE CONTROLをBEATする、って感じですね。 会社…

詳細を見る

第三回セールスライティングクラス(ブレット)。

歌舞伎町の朝は賑やかだけれども、11時辺りの時間帯は割と落ち着いている雰囲気。ランニングついでに新宿三丁目を通ってきました。それにしても、熱風が舞い上がるかのような暑さですね。 昨日はセールスライティングクラスの第三回講座。 テ…

詳細を見る

早く書くためにはリサーチ量にこだわる。

早く書くことはある局面においては大事ですが、もっと大事なことは納品に足るものであるかどうか。 例えばクライアントが全くそれを見なかったとしても、WEB上にアップすることでクライアントが望む成果を得られるかどうか。 アクセスを集め…

詳細を見る

言葉を選ぶ。神は細部に宿る。

23日の木坂さんインプットクラス島田組の講座に備え、ジョン・ロックを片手に10個のキーワードを探し、ただマインドマップにタイピング。この時自分の解釈を入れず、いわゆる思考と思考のハザマに入ってタイピング。 なぜなら、10個のキーワード…

詳細を見る
単身赴任サラリーマンのスキルの秘密

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密
などの無料メルマガはここからどうぞ

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密