ライティング集中日と訪タイまで1週間足らず。

お楽しみ様です。小野貴正です。

今日は明日納品するセールスレターのライティング集中日です。夕方からは講演会に参加するので、それはまでは見込み客と書籍と向き合い、ライティングを進めます。

ヘッドラインとオープニング・・・いわゆるリードですね、それを提出したところ、昨日時点でクライアントさんからは「方向性はいいと思います」と返信もらっているので、

あとはボディコピーや価格のプレゼンを書き込んでいくという感じです。

今回のセールスレターの場合、ボディコピーはコンテンツをライティングしていくことになります。例えばですが、「目の前のお客さんに手ぶらで帰らせない19の方法」をテーマとする場合、その19の方法をライティングしていくわけです。

ただなんとなく特徴や利点を書いても飽きてしまいますから、ベネフィットライティング・・・ブレットを書くようにやろうかな、と。

見込み客の課題を解決できるように、クライアントさんのレジを鳴らせるように、しかるべき人が手に取れるように仕上げます。

さて、もう1週間足らずでタイに飛びます。

今回の訪タイは長男の小学校入学に関する父親の役割を果たすためです。どうもタイに行く週に父母面談があり、翌週には長男のテストがあり、という感じのようです。

「感じ」というのは妻がちゃんと調べてくれているのですが、こんなに早くテストがあるのか、というのが意外なためです。

確か5月が新学期ですので、約1年前にテストって早いな、と。このあたりを僕はよくわかっていないので、ちゃんとコミュニケーションを取らなくては、ですね。

いつも遊んでいる長男が、平日は17時まで幼稚園で勉強して、土日は塾に行って午前中の3時間を勉強しているというので、あ、もちろん妻と相談して通わせているわけですが、なかなか感動しています。しかも楽しいらしいです。こういう感覚は、いいですね。

今回の在タイ期間は、長男と次男の誕生日イベントにも合わせるので3週間から4週間になる見込みです。この間、もしかしたらシンガポールに行くかもしれません。シンガポールは今まで入国したことがなかったので、いい機会かな、と。

タイからシンガポールは飛行機で2時間ちょっとみたいですから、日帰りもできますし。ついでに観光もしてこようと思います。

ホントは、家族旅行したいんですけどね・・・長男の幼稚園があるので、今回は一人かなと考えています。

そうそう。昨日ですがユニクロ行って長男次男へのTシャツと、ショートパンツを買ってきました。

バンコクにもユニクロはありますが、円安の現在、日本で買うほうがかなりお得なので。お得といえば、クロックスのサンダル(?)もはじめて買いました。コレ、タイで買うと高いんですよね・・・確か、倍近いんじゃなかったかな・・・。

では、ライティングに入ります。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コア・バリューを持つ利点(判断にブレがなくなる)

こんにちは。小野貴正です。

昨日僕が感じたことを共有します。コア・バリューを持つ利点についてです。

僕が持つコア・バリュー、中心となる価値観のひとつに「時間と場所とお金を自分で決める」というものがあります。すでにこのブログやBeatTheControlのメルマガでもお伝えした、4月6日に行った萩での再新再生。コレをやったあとで気付いた、明確に言葉になった価値観でした。この時の記事には、それを書いていないんですけどね。別の場所で書いたかもしれません。

言うなればコレは、自分を主体とする、ということです。他者に委ねない。会社に勤めることが難しい理由、父に公務員を勧められても乗り気でなかった理由は、この価値観に気づくとよくわかります。

これまた先日の再新再生で明確に言葉になった、人から期待されるとか期待に応えるとか、そういう価値観。コレまでの僕はこれらこそが自分のコア・バリューだと考えていましたし、実際にそれに従って生きてきました。特に周囲の期待に応えて、両親にとって自慢の息子でありたい、とかね。コレも僕の価値観です。

しかしそれだと父に公務員を勧められたり、会社での期待に応えるということに強いストレスを感じる理由がわからない。それで、何かあるなと思い、ふと湧いて出てきたことが、「それ以上に自分を主体とする」ことに重きを置いていることがわかった、というわけです。

中心的な価値観は、「時間と場所とお金を自分で決める」という自分を主体とするもの。コレが僕の現時点におけるコア・バリューです。

すると、こんな利点がありました。昨日ですが、ワイルドサイドの島田さんがプロモートしているワイズマンにある課題を提出しました(賢者舎という事業プランナー養成講座に参加しています。この記事で少し書きました)。

するとワイズマンから、こんな返信が。

実業が虚業であるコンテンツの論拠になるのであって、
虚業は虚業コンテンツのビジネス論拠にはならないと
僕は思っています。

コレはブログで書いたかどうかわかりませんが、なぜ僕がタイで店舗ビジネス・・・ケーキ屋さんをやりたいですと以前書きましたが・・・それをやろうと思ったかというと、実業というところに答えがありました。実業をやることで、タイの家族に安心を提供できると考えたわけです。

そして、セールスコピーを書くにあたっても、レジを鳴らすなら見込み客の実態を認識していることが大事ですから、僕はビジネスをやるにあたって実業はなおさら必須だな、と。

それで、ビート・ザ・コントロール株式会社を設立した時も、定款には「飲食業」とかを書いておきました。

要は、先か後かの違いはあれど、実業はやる気だった。

小野君にはせっかくタイという拠点も
あるわけですから、
僕よりも実業をつくる環境に恵まれています。
その自分の資産も生かしてください。
もったいないな!って思っているだけです。

もうコレ、ホントにそのとおりだな、というわけで、コレはコレで実業を事業プランニングしようと決めました。ワイズマンと一緒に実業の事業プランニングをやって、

1,000万円クラブやABテストチームはそれを活かしながら併行してやる。ここまで、昨日考えたことです。

それで、コア・バリューの利点。

それは、上記の判断をするときにスッと答えを出せたことです。「自分が主体である」ということを認識していたので、実業をやって虚業の論拠にする、そして事業プランニングをやって譲渡、もしくは売却することが、価値観につながると考えた。

要は、判断にブレがなくなる、ということなのですが、コレこそコア・バリュー、価値観を発見して書き出していることの利点だと思い、紹介しておこうと思いました。

たられば、というのはないですが、仮に僕がコア・バリューを発見していなかったら、セールスライティングというスキルに固執するあまり、この実業という視点を持たないふりをしたかもしれません。

しかしそれでは、マスタープランの実現は近づかないんじゃないかな〜と思う。

教材を買ったり、セミナーに参加したり、仕事を依頼を相談された時に、もし判断がしにくいなと感じたら、コア・バリューを見なおしてみることをオススメします。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




女装かな〜

こんにちは。小野貴正です。

現在東京の町田市にあるドトールでこのブログを更新しています。何を書こうかな〜と考えていたところ、目にある人物の姿が入りました。どうも高校時代の同級生に似ているのですが・・・その同級生は男性だったのですが・・・目に入った人物は女性なんですよね。もしかしたら、女装かな〜とか、性が変わったのかな〜と思いましたが、、、彼はオランダにいると思うので、たぶん違うかな。それにしても似ています。

女装といえば、タイは女装・・・というか、戸籍の性別上は男なのだけれど身も心も女性な人とか、やはり戸籍の性別上は男なのだけれども心は女性で身体は男性のまま、という人がかなりいます。以前ベネマンのブログでも書いた気がしますが、市民権を得ている状態で、普通に女性用のトイレに入れます。妻に言わせると、そういう方々が女性用トイレに入ってもそうだとわかるので、気にならないのだとか。確かに、女性なのですからそうですよね。

妻の従兄弟が1人、心は女性で身体は男性なのですが、以前バンコクのアパートに妻が暮らしていた頃、その従兄弟も一緒に住んでいたことがありました。僕自身もはや違和感なく接しているので当時を振り返ると笑ってしまうのですが、例えばシャワーを浴びますよね。それで、シャワー後にバスルームから出てくる。普通、男性の場合は下半身にバスタオルを巻いて出てくるわけですが、その心は女性で身体は男性の従兄弟は、当然のように胸元からバスタオルを巻いて出てくるわけです。

あ〜もうホントに違うんだな、と思いました。女性なんですね。

日本の場合、街を歩いていてもそういう方々をなかなか見かけないですが、タイの場合はかなりの確率で見かけます。先日行った焼肉屋さんなどはそういう人を狙って採用しているのかというほど、青ひげを生やして心は女性で服装も女性なのだけれど、身体は男性の人(たぶんです)がいる。別に照れたりしているふうでもなく、堂々としているわけですよ。

タイは寛容な国だな〜と思ったのですが、例えば従兄弟に聞いてみると、実家では立場上あまりよろしくないみたいです。例えば家からは勘当されたりもしている。でも社会的には受け入れられている。コレ、おもしろくないですか?

目の前の人は女装かな、と失礼ながら考えていたら、タイのことを連想して、そしたらタイで日本食の宅配って需要ないかな、とふと思いました。暑い国なので、お弁当とかよりも、家とかオフィス出たら目の前に屋台があって、そこでチャーハンとか唐揚げとかを買えるからソッチのほうに需要があると思っていましたが、そういえば長男が通っていた塾はお弁当持参だったんですよね。そこで塾の先生が食べ方も教えてくれてしつけをしてくれるわけです。

というわけで、ちょっとメモっておきます。

P.S.
変なブログですね、今日は。。。ドトールから撮った写真も意味不明ですが、、、載っけておきます。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓