ネガティブにフタをしてポジティブであることは、できない(ポジティブとネガティブを併せ持つ)。

意識が判断するのは全体の5%程度で残りの95%は無意識が判断している。

脳科学を学ぶとこんな研究結果に出合うこともありまして、これはなるほどなぁ、と考えていますし、だからこそ習慣化して無意識の力でスキルアップとかダイエットとか体型管理とか、そういうものができるようになったほうがいいわけです。

これはセールスライティングでレジを鳴らすスキルを獲得しようとか、コンサルティングスキルのひとつとしてマーケティング力を磨くとか、経済的・時間的・空間的な自由を獲得するために独立起業しようとか、

そういう場面においても同じように適用されるものと僕は考えています。

意識が判断するのは全体の5%で、残りの95%は無意識が判断している。

歯磨きとか車の運転とか、ごはんを食べる時の所作とか服を着る時の動作とか、友だちと話す時の仕草とか、

思い出してみると意識的にやってはいないけれども、僕らは様々な動作を日々行っています。

セルフイメージ先生と呼ぶ小坂さんが言うに、人が一日に判断する回数は、確か6万回だとか。

6万回。

一日のうちに「これは判断したな」と思えるものなど、思い出してみても10もないんじゃないかなと思いますから、

6万回の5%といえば3千回ですけれども、これもちょっとでかすぎる数字に思えますが、

残りの5万5千回を意識的に判断しようとすることがどれだけ大変なことか、想像しなくてもわかるような気がします。

多くの人がセールスライティングスキルの獲得や独立起業を志し、途中で休まれていきますが、意識と無意識の事を考えてみると、その理由は少しわかる。

意識的にどれだけ論理的に考えて行動しても、気合を入れても、無意識にはかなわないからです。

これはポジティブであろうとすることも同じでして、人は痛みを伴うことを避ける傾向にありますから、痛みを伴う、すなわちネガティブというのを常に内包している、と僕は考えています。

なぜ書かないのか。なぜ営業しないのか。なぜ独立起業しないのか。

「気合でやります!」と言って、自分の中に横たわるネガティブな何かを見て見ぬふりをしたって書くことはできないですし、営業しないですし、独立起業もしない。

なぜなら、書かない・営業しない・独立起業しないという結果には原因が存在しているからです。

原因を知り、それをなくさない限り、結果は変わらないのですから。

ネガティブなものにフタをして、ポジティブであろうとしてもそれは難しいと僕は考えておりまして、

なぜなら、人間は両極を内包しているものですし、中庸であるものだと僕は考えているからです。

ちなみに僕がポジティブな言葉を選んでいるのは、ネガティブなものを認めているからこそ。

ポジティブと言われる言葉が自分の中に在るということは、その対極の言葉も持っているもの。

それを口に出すかどうかは別としても、自分の中にすでに在るわけですから、無きものにはできない。

ネガティブとポジティブを併せ持つ、そんな状況をそのまま自分に置いておくことができる。

そんな人で在ると、いいんじゃないかなぁ、と思います。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




両極は意識した方がいい(仕事や役割に貴賤はない)。

インド最終日はひとりで目覚め。

タージマハールホテルには3つの意味でビビリ、やらない言い訳をしまくりの僕でしたが、島田さんの「その価格ならオーダーシャツをつくれますからね」という一言に気を良くし、

いやいや、そうはいってもビビったらゴーだよね、というネガティブな気持ちを抱えたままホテルにチェックイン。

結局泊まったホテルはインディラ・ガンジー空港そばのエアロシティーにあるノボテルホテル。

img_8398

このホテルはバンコクのスワンナプーム空港徒歩圏にもあり、一度泊まったということで安心感もあり、おいおい、それじゃ新しい経験していないじゃねーかよと思いつつも、新しい体験の対極にある既存の経験も大切だよね、バランスとって中庸だよね、ということで、心穏やかに眠ることができました。

img_8393

タージマハールホテルと比べるとどうかはわかりませんが、バンコクに比べると総じてスタッフのサービスレベルが高く、

僕が「聴きとり苦手なので」と伝えると、ゆっくり喋ったり指差しで会話してくれたりしてくれ、

インド、と一括りにはできないと思いますが、特に古都っぽいマイソールのホテルスタッフのホスピタリティの高さとサービスレベルの高さを思い出しつつ、

この国はそれぞれがジェントルマンだよな、と感じました。

対価としてのチップはありますが、とはいえなければないで大丈夫(と感じます)。むしろデリーのHansホテルだったかな、そこのボーイさんはチップを丁重に断っていましたから、

なんというか、ちゃんと自分の仕事をすることに集中しているんだな、と見て取れる。

空港のトイレを清掃する方は、順番待ちする人のために個室の空きを確認しつつ、空いたらサッと清掃して案内してくれ、

荷物を沢山持っていると見るやスッとお手洗いの水と石鹸を出してくれる。

その後はインドでお馴染みの胸に手を当てた礼とともにほんの傾けるというか振る首。

一直線にこちらを見る眼差しを受け、スーッと気持ちが穏やかになっていきます。

もちろん、スラムのような場所はありますし、空港やホテルだって皆が皆そうではないけれども、泊まるところとかも両極を経験すると、その国のことがよりわかるんじゃないかな、と思います。

僕が思うに、日本の「おもてなしの心」というのは、インドもそうですしタイもそうですが、どこの国にもあるんじゃないかなぁ、と。

そうは思いつつも、日本のおもてなしの心はいいですよね、と世界の人々が言ってくださるのは、やっぱりインドにもタイにもない何かがあるのかもしれません。

道をゆくインドの方々と目が合うと、自分から進んで笑顔と会釈をするはるか嬢のそれは、日本人が持つ何かなのかなぁ、と思いました。

img_8403

さて、先ほど流れでホテルからお願いしたリムジンタクシーに乗り、セダンタイプなのに後部座席も電動リクライニングと電動シェード、そしてエアコンのコントロールまで備えたその車に驚きつつ、

ハリドワールで見たスクールバスの光景を思い出していました。

マイソールのホテルやノボテルホテルのスタッフもそうですし、スクールバスに乗る子どもたちもそうでしたが、

こう言っては誤解があるかもしれないですけれど、生活の違いというものを感じました。

ハリドワールで乗ったロープウェイでは、2時間待ちの列がある一方で、待たずに乗ることができる特別レーンがある。

日本でも飛行機のファーストクラスやビジネスクラスレーンがあるように、それはどこの国にもあるのでしょうが、

あからさまな優先搭乗には恐縮しつつ、しかし2時間待ちの列に並ぶ人たちの一部がこちらに手を振ってくれ、

そういう状況を受け入れているんだな、という空気を感じました。

すべての人がそうではないと思いますけどね。

僕は仕事とか役割とかに貴賤はないと考えており、あるのは仕事とか役割の、世の中においてそれぞれが果たすべき何かだけだと考えています。

インドにおける、昔のカースト制度のような、厳然たる階級社会だとどうにもならないのかもしれませんし、これを僕が語ることは、それを経験していない以上語るに足りませんが、

僕らは日本に生きる以上、自分で選ぶことができます。

そうはいっても何でも選べるかというとそうではなく、選ぶには語るに足る必然的な何かが必要だと思いますし(なんでも選べるのですが、やり続けられないであろうことは、経験上感じています)、それは自分自身の生まれや育ち、ブラッドラインであったり、夢中になったことであったり、

島田さんが言うところの「ルーツ」にそれが在る。

決して言葉にする必要のないほど、自分にとっては自然で普通で当たり前の、大切な何か。

言葉にすることでそれを人に伝えることも大切だと思いますが、それ以上に大切なのは、自分自身が言葉にならなくてもそれを大切にして生きていくことだと思います。

ルーツを辿るとともに、例えばタイや中国、インドに行って、両極を経験することもまた、それを発見するには大切であることを、加えておきます。

img_8170

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ポジティブな言葉を選ぶということは、ネガティブを知らなければできない。

ワイルドサイドのインドツアー最終日。

昨日ハリドワールのバザールを歩いていた時にふと気付いた、

「仮に自分がインドのこの地で生まれていたとするならば、今のような生き方をするだろうか?」

という問いに対する答え。

これはルーツが大切とかコア・バリューとか在り方が大切とか、そんな日々の問いかけに対する一つの答えでもあるなぁ、と感じたのですが、

これについては機会があればまた書きたいと思います。今日はやや関係しつつも、別の話を。

僕は2014年の4月から、セルフイメージ先生と僕が呼ぶ小坂さんに言葉遣いを指摘してもらい、

それ以来脳にとって栄養のある言葉を選んで使ってきました。

例えば、「お金を困らないくらい稼ぎたい」というのではなく、「お金を十分に稼ぎたい」とかですね。

僕らが想像すること、話すことは全て、僕らが経験した、知っている言葉で語られますから、脳への影響を考えるとポジティブな意味合いの言葉を使ったほうがいいと思いましたし、この2年で実際にそれを体験していますから、

僕は常々、ポジティブな言葉を選んで使ったほうがいいですよ、ネガティブな言葉が口癖の人とは一緒にいないほうがいいですよ、と言い続けています。

しかし、先日書いた「気合系の言葉」に関するブログを書いたあとで、気合というのはある意味ポジティブな言葉を使っている結果だよな、とも思っていた次第。

今日、日本に帰る前にワイルドサイドの島田さんや伊藤カンちゃんと話をする中で、ポジティブの弊害という話題になり、ちょうど最近考えていたこととフィットしたのです。

話を聞きながら、確かにネガティブなことをなきものにしてポジティブに在ろうとしても、

そもそもの土台にそれがあるのだから、それをなきものにするって現実的じゃないよね、と。

例えばですが、ライティングをするにしても僕だって毎日毎日書きたい状態ではない。

書きたくないなぁ、とか

今日は休みたいなぁ、とか

なんでこの仕事を受けてしまったのかなぁ、とか

そういう風に思うことも多々ありますし、むしろそういう状態のほうが普通でしょう。

言うなればこれは、ネガティブな状態ですよね。その仕事に対して否定的な感情を抱いているわけですから。

僕の場合はその上で、仕事についてはただやるだけなのですが、だからこそ毎日の日課を行うことで、これがルーティン的な効果をもたらし、ライティングしやすい土壌をつくっている、というわけです。

否定的な感情を眺めた上で、思考する言葉や発する言葉は、ポジティブな言葉を選ぶ。

これは決して、ネガティブな状態をなきものにしようとしているわけではなく、それを眺めた上で、脳にとって効果的だからポジティブな言葉で表現しているってことなんですけど、

人によっては「全てポジティブんじゃないければダメなんだ!」なんて考えている人もいるかもしれないので、今日はこれを書いておこうと考えました。

ポジティブもネガティブも、人は内包しているものですし、両極があるから中庸で在ることができる。

「中庸が大切だと思うんですよね」

というようなことを島田さんが話していましたが、これは僕も同意です。

文脈を伝えるということは大切だなぁ、と思いつつ、

ネガティブを知っているからこそ、ポジティブな言葉を選ぶことができる。

これも伝えておきたいと思いました。

ネガティブもポジティブも眺めて認めた上で、生きていくこと。

中庸で、いきましょう。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓