人に頼ることがパフォーマンスを上げる?

画像はカマタで入ったお店。怪しさ満点の看板なので、今日の記事にフィットするかと思い。

さて、

今日はエラくクライアントさんをお待たせしておりましたセールスレターを書き上げて納品。

そしてプロジェクトの管理運営に必要な部分をMyASPでちょこちょこいじり、そして確定申告の時期が近いことを思い出したので、税理士さんに支払調書を至急用意してくださいとお願いしたり、まあ月末が近いことを思い出させる仕事をしています。

3ヶ月前からバックオフィス業務を一部、秘密結社の方にお願いしているのですが、どの仕事をどんな風に依頼するのかが僕自身の課題でありまして、10日ほど前に「早めにモノ送ります」と言っておきながら未だに送れていない自分自身にため息をつきつつ、

しかしオウンドメディア記事の発注でもそうですが、誰かに任せることができるようになっている自分自身もいるわけで、

やっぱりそのへんは第一領域なのか第二領域なのか、はたまた第三領域なのかで順番が違ってくるなぁ、とも思います。

そうはいっても、手放すのが早いほどにやるべきことのスペースはできるわけですから、よし今日こそはバックオフィス業務を整理して依頼していこうと意気込んでいる次第。

さて、ココまで書いたとき、もしかしたらこれを読んだ人が、

「よし、オレも誰かに頼ろう」

と思うかもしれない、と気づきました。

誰かに頼ることは賛成ですし、それによってパフォーマンスが上がるというのもそうだと思いますが、

しかし誰かに頼る場合、その人がそういうステージに行っていることが一つの条件だと思います。誰もが、誰かを頼っていい結果を生み出すわけではない。

むしろ何者かになっていない人、選ばれる人になっていない人が誰かを頼ろうとするのは、ハタから見たら単にやらない言い訳をつくりだしているようにも見えるんじゃないか、と思います。

普段エラい行動量で動き続ける人が、人に頼ることが必要だと言った。じゃあオレも、となる人がいるかもしれません。

いやいや、その前にその行動量を同じようにやり続けてこそだろう・・・と思ったり、そもそもその人のように選ばれる人になっているかどうかだろう・・・とも思うのですが、

なんというか、やらない言い訳をしてはいけない人ほど、誰かに頼ることが大切というような、聞き心地のいい言葉にズキュンと来てしまいそうだと思い、こんな文章を書くに至りました。

サッカーとか野球とかと同じで、個人個人のパフォーマンスを上げてこそのチームプレイだと僕は考えています。

チームプレイ優先という人もいるでしょうが、アマチュアならもちろんそれもいいでしょう。

しかし僕らは、価値を提供してお金をいただくプロフェッショナルです。

どこまでもその価値を必要としてくれる人のためにこそ、まずはどう自分自身の価値を最大化するかが大切なんだと思います。

個人スキルの価値を高めるステージ。スキルだけじゃなくて人柄とか人脈とかそういうものすべてをチームとし、その価値を高めるステージ。

それぞれ、多分違う。

なんでも自分でやれるわけではない。なんでも自分でできる、やろうとする人は窮屈にも感じる。

しかし、なんでも自分でやらないことを選択するためには、なんでも自分でやってみたという経験が必要なんだとも思うわけでして。

人に頼ることをある人が書いていた場合、そしてその言葉に説得力がある場合、だいたいその人もかつては自分でなんでもやっていたんだと思います。

都合のいいところだけを見てその人の真似をすることほど、もったいないことはない。

ビビったらゴーで、全部真似することを、僕はオススメします。

なんというか、自分に甘い人がまだまだいらっしゃいます、ホントに。

器を、ひろげましょー。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




行動を見ると、その人がわかる。

似たような内容かもしれませんが、ふと思ったことを。

先日、「もし良かったらで大丈夫ですが・・・」と前置きがあった上で、2016年の年商はいくらですか、という質問をいただきました(ありがとうございます)。

ASKは確かに大切で、面白いことを聞いてくるなぁ、と思いつつ、しかしちょっと上品ではないというか(笑)、なんと大胆な・・・まぁスマートではないよね、とも思ったんですね(その大胆さが好きでなくはないです。人によりけりかなぁ、と)。

僕は人に年商を聞いたことがたぶん無いですし、聞かなくてもその人がどの程度の年商、もしくは粗利を得ているのかは、その人の行動とか着ているものとか食べているものとか考え方とか、そういうものを見れば、大体のところはわかる、というか感じられると考えています。

ただし、自分もそういう風になっている必要があるんですけどね。同じ場所に行ったり、同じようなものを購入したりする必要がありますから。

一緒にいる人のように人はなるとはよく言いますが、例えばその人と一緒に過ごし続けると、自ずとどの程度のお金を使っているのかはわかってくるもの。一緒に過ごす以上、自分も同じだけの額を投資する必要があるのですから、これは当たり前といえば当たり前です。

だからその人と一緒に行動し続ければ自ずと年商もわかるもの、というのが僕の考え。もちろん、精確なところはわからないわけですが、そのミステリアスさがまたいいと考えるのは、僕だけかな・・・。ミニスカート理論というか、そんな感じ。

何を食べるかとか何を着ているとかだけではなく、時間の使い方も参考になりますよね。普段どこにいるのかも、どの程度移動しているのかも(移動することがいいというわけではなく、移動し続けている人ならばその分お金を投資しているはずだからです)。

自分という器クラスで「時間とお金を理由に参加できない」とは言わないでください、と伝えているのはここにも理由がありまして、少なくとも僕が指定する日時に、指定する場所に行くということは、それだけでも変化しているということですし、稼げるようになっている、もしくは稼ぐにはどうすればいいかを考えるようになっているから。

行動を見るとその人のことがわかると僕は学びましたが、壮大なことを言っていたってその人の行動から壮大さが感じられなければ怪しいと思うものですし、言葉だけではいずれ化けの皮が剥がれるもの。

自分自身の言葉と行動を一致させることはもちろん大切だと思いますし、人を見るときもそういう見方を身につけるといいのではないか、と思います。

モデリングはビビったことこそやる、ビビったらゴーだと僕は言いますが、その人物と一緒に居続けると覚悟を決めることこそ、実は最高のビビったらゴーだと僕は考えています。

島田さんが言うように、僕は確かにビビって躊躇することもまた度々ですが、それでも踏み込み続けた結果今がある。

年商を聞くよりも、一緒に行動し続けることなんだと思います、大切なことは。

あ、もちろん、そういう人のように在りたければ、という条件付きではありますので、全員にこれが当てはまるわけではないことを、加えておきます。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




考えるからダメなんだよ。

昨日に続いて富士山を拝んでの朝に感激。雪が降っている場所の方々には恐縮なのだけれども、雪が降っていない場所の冬の澄んだ空気はどこまでも見渡せる感じがしていい。昨日泊まった新宿の高層ビル群ぽいのも見えるし、今日泊まった品川からのほうが富士山までの距離は近く見えます。

富士山の前に連なる山々のどこかが実家のあたりだと考えると、想像力がたくましくなるというか、その場所に行っているような気分になる。体験したことであればなおさら。

音楽と記憶が結びついている人もいると思いますが(僕は大学時代の記憶と結びついています・・・)、場所や景色と記憶が結びついている人もまたいると思います。

僕の場合は・・・関西国際空港ならシンガポール航空とバンコク、バンコクのRCAならリーバイス、高幡不動なら保育園時代とかの幼年期、こんな感じ。まだまだ、あります。八方尾根とか草津とか那須とか。あーセンチメンタル。

奇しくも昨日は、自分という器クラスでした話と銀座の大将がした話に共通点があったので、そのことについて。

人は考えているというけれど、そのほとんどは悩んでいるんだと僕は感じておりまして、なぜなら根拠のないたらればの話をもとに「考えている」と見受けられるから。

すべてがそうだとは思わないけれど、脳が囁くやらない言い訳、現状維持したいという声に耳を傾けてしまっているがゆえに、根拠なく、損得を頭に思い浮かべては、やらないほうがいいとつぶやいてしまうもの。

それよりは、例えばセールスライティングを学ぶにしても、写経をするにしても、ブログを書くにしても、

ピクンと身体が反応していわゆる「前のめり」になったら、ただやる。脳からやらない言い訳が聞こえてきても、それは無視。

現状維持しようとするのは普通の機能ですし、三日坊主であることが普通。やり続けられる方が、おかしいのですから。

だから僕は、「考えないでください」と言います。「前のめりになったらゴーですよ」とも言います。「ビビったらゴー」はその裏返しかもしれませんし、シンプルに初めての経験でビビるのは普通なのだから、自分という器を広げるならやりましょうよ、と。

銀座の大将は、寿司職人の息子さんだか弟子さんだかが4万円から5万円の包丁を買うことであれこれ考えていたらしく、一言、

「考えるからダメなんだよ」

ああ、これよくわかる、と2時間の話のうちこれしか耳に入ってこなかったのですが、いい言葉が届いてきたな、と感じました。

やらない言い訳もそうですが、考えるとか悩むとか、そういう風になるときって損得があるものだと思っています。

やった結果失敗したら・・・

やらないほうがいいのでは・・・

やると大変そうだししんどいし・・・

損得ですよね、これらは。大将がそういう話を妹にしていたのですが、同じことをいうものなのだな、と感じていました。

考えるのは行動してからでいい、とか僕は時に思います。行動したら、そういうふうにつじつまを合わせるために、これを根拠に考えるものですから。

だから行動と思考はワンセット。特に変化しようとしている時は、なおさらです。身体性を伴った行動とか経験とかがあってはじめて、僕は考えることができるんじゃないかな、と思うこともあります(それが全てではないかもしれませんが)。

島田さんが確か『ワイルドサイドを歩こうよ』で書いていたと思いますが、ビビったらゴー、をルールにすることもまた大切、と僕は考えています。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




初めての経験に飛び込み続ける。

昨日の川場スキー場は駐車場からゲレンデそばまでのシャトルバス待ちで30分、リフト券売り場の行列に並んで30分と、かつてないほど混雑したスキー場を体験することができました。

並んでいる間は城ドラに興じておりまして、割と勝利をおさめることができたこともあり、気持ちは落ち着いた状態。

しかしやっぱり白馬のほうが、慣れ親しんでいるだけあってホーム感があるなぁ、とも感じました。

長男次男、そして妻はというと、年始の白馬に続いて2回目のスキー場。

白馬では雪不足だったこともあり、ゴンドラで山頂付近まで行ったもののソリをレンタルすることができず、雪遊びのみの経験でしたが、

昨日の川場スキー場では子ども用のゲレンデでソリデビュー。

長男で1台、次男と妻で1台のソリを借りまして、楽しんでいたのですが、様子を見ているとやっぱり何回もそれを楽しむことで、どんどん上達するんだな、ということが見て取れました。

最初は滑る感覚がわからず、おっかなびっくりでソロソロと滑り出し、なかなか勢いにのることができませんでしたが、2回3回と滑るにつれて、右に曲がったり左に曲がったり、ちゃんと人を避けて滑ったり、止まったり、ということができるようになるので、

僕はもっぱらカメラ係でゲレンデの上からと下からとカメラを構えておりましたが、うまくなるにつれて表情も明るくなっていき、ああ、これは本当に楽しんでいるんだな、という雰囲気を感じ取っていました。

途中、リフトで家族が登ってくるのを待つ間、License to beatに参加する皆さん向けに動画を撮り、その時にももしかしたら話した内容かもしれませんが(いや、話していないかも)、

セールスライティングクラスならば、オウンドメディアの記事でもセールスレターでもライティングをし続けること

賢者舎クラスならば、思考フレームを使って事業プランニングをアウトプットし続けること

自分という器クラスならば、初めての経験をし続けること

「やり続ける」

これが大切なんだろうな、ということを家族のソリ遊びをカメラに収めながら、感じました。

僕自身もそれは同様で、2016年は木坂さんのマスタークラスに参加し、島田さんとイタリアのス・ミズーラ受注会に行く、そしてLicense to beatという講座を開催するなど、初めての経験をし続けてきましたが、

セールスライティングでも思考フレームでも、それらをアウトプットし続けたからこそ今の自分、ビート・ザ・コントロール株式会社をつくってきたように、

マスタークラスでもス・ミズーラでも、License to beatでもやり続けてこそだよな、と思います。

そしてまた、新しい経験をし続けることも、やり続けてこそ。

ええもちろん、今まさに決断すべきものがあるということで、ビビっているんですけどね。

喉の奥にある、胸のちょっと上の部分がキュッと引き締まるというか、同時にスーッと清涼感を出していくというか、

そんな自分を感じながら、またひとつ、新しいことをはじめようと思います。

ちょうど先日、ジャパンネット銀行とみずほ銀行でビート・ザ・コントロール株式会社の口座開設ができたということで、あ、これは島田さんの秘密結社ワイルドサイドで日々精進されているミッキーさんのおかげなのですが(ありがとうございます!)、

法人口座から初めての振込も体験しつつ。

2016年もあと2日。

今一番大切なことを、一番大切にしていきましょうー。

P.S.
スキー場や温泉情報をくださった皆さん、ありがとうございました!
上牧温泉と川場スキー場を、今回は選択しましたー。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




食べてみると意外といけることがわかる。だからやってみるべきなんですよ。

現在、六本木にいます。

今日で食いトレ部の活動も4日目でして、今回のテーマはカツ。

部長厳選のお店に両国から移動し、カツと名のつくものでもうまいと認められたものを次々に注文して行き、

お金を持って席についた時には、「注文しておきました」という事後報告。

個人主義的な雰囲気が日本において広まって久しいですが、

やっぱりこういうですね、先輩の行動は絶対というか無条件でそれに従わなければならないというか、

そういうマッチョな活動も大切だよね、ということで、何を注文したかはわかりませんが、ありがとうございますー、と返しておく次第。

ネギカツに始まり、野菜カツ、そしてぴよぴよメンチカツ、

前菜を食べた後はヒレカツとロースカツとササミカツ、

それらを平らげた後は、有頭海老カツがやってきて、その後はクリームコロッケ。

そしてカツカレー。

実はカツカレーを注文する前にはお米を食べていた関係で、食べきれるのだろうかとビビっていた次第。

向かいの席に座っている城戸さんが、じゃあ半分ずつ食べますか、と提案してくれたにも関わらず、

部長から、小野さんは普通盛りで城戸さんは小盛りで、という風に指名されてしまったこともあり、

うーんと唸っていました。

すると隣に座っていた木坂さんが、

食べてみると意外にいけることがわかるので、大丈夫ですよ、

と後押し。

ではとカレーを注文し、というか部長が注文してくれ、待つこと10分ほどでカレーが登場。

予想に反して以外と小ぶりで、ただカツだけはロースが一枚ドンと乗っかっていますから、

こうなったらと何も考えずにスプーンを入れ、一口カレールーを食べてみました。

あら、いけるじゃないですか。

カツは重かったので肉社長城戸さんにお譲りしつつ、皿を持ってカレーとお米をかきこんでいく。

するとあっという間に完食しまして、美味しかったです、と一言。

だから初めての経験をしてみるべきなんですよ、

とは木坂さんが笑いながら発した一言。

僕自身も初めての経験にはビビることありますが、それでもこの行動指針自体は大切なんだよね。

そう感じた今日の食いトレ部でした。

島田さんはここでお土産にカツサンドを全種類注文し、ただいまカツサンド待ち。

このあとはリッツ・カールトンに行ってハンバーガーを食べるとか。

食べものの話になると冗談のようにも見えますが、実際大切なことだと思います。

変化を望むなら、変化する環境へと飛び込む。

誰もが振り返ると理解できて、しかし誰もがなかなかやらない、

僕にとっては大切な、いい人生を送るための大切な真実なんだと思います。

あ、お金をたくさん使いましょうという話ではないので、一応補足しておきますね。

ビビったらゴーというのは、初めての経験をするとき、未知の経験をする時だよね、ということで。