答えはすでに、自分が知っている。

ビーコンライブセミナー@東京が終わり、特典セッションも対面の方々には昨日終え、あとはスカイプと当日休まれた方向けのセッションと残すのみとなりました。

今回のビーコンライブセミナー@東京『Be yourself』を伝えるにあたり、昨年の名古屋、そしてLicense to beatのレターを確認しつつ、

またダイレクト出版の寺本さんからもらったメール、そしてワイルドサイドの島田さんからいただいたメッセージなどなどを見返していると、

自分でも驚くほど、同じことをいい続けていることに気づきました。

つい最近もブログで書きましたが、セールスライティングスタートアップガイドの第1章と第2章も読み返してみると、今セールスライティングクラスで伝えていることと同じでして、

異なることはといえば、木坂さんのセミナーに参加したり、岡本さんからの案件に納品したり、島田さんとのプロジェクトを進めていくにあたり、改善されたところ、新たな知見を得たところ。

あれ、ココまで書いて既視感ありますが、まぁいいや、このまま書きますと、

こう見せようとか自分をつくる必要はなく(相手に対する礼節は必要という意味で、身なりを気にしない、という意味ではないですよ。よく見せるのも控えめに見せるのもナルシストという言葉を島田さんか木坂さんが言っていましたが、そのとおりだと思います)、他者からこう見られたいとか思う必要もなく、自分自身の本音で在るだけ。

本音というのはラクなんですよね。最近、僕もこのラクという意味がわかるようになってきました。

一応くれぐれも、今のあなたでいいんですよ、変化する必要などないんですよ、あなたはあなたでいいんですよ、というような意味ではないことも、付け加えておきます。

むしろ僕が考える、自分自身であれ、Be yourselfというのは、なんとなく甘いというか甘やかされるというか、そういうものとは違うステージのものですので。

昨日も特典セッションに参加する皆さんと話していて思いましたが、すでに答えは自分で知っていたりします。

ただそれに気づいたり、それを口に出したりすることは怖かったりするので、それを見ないふりしてその他大勢の人がそうしているように「建前」で行動する。

人と違っていいと口では言うものの、人と違うことを恐れる。これが普通だと僕は考えています。

だから人と違う自分の本音に気づくと、まぁ、怖くなりますよね。

え、オレって本当にこんなこと考えているの?ってなる。

他者との関係性の中で生きている以上、それは当然だと思いますし、そういう選択を取ったほうがいい人生だと思い込める人もいるでしょう。

いずれにしても、自分の本音。

本音というのは実のところ、自分にしかわからないものですし、すでにそれは知っているもの。

セールスライティングスキルが必要ですと言うならば、それは本当に必要なのか。

自分に問いかけてみた時に、どこかで聞いたようなセリフしかでてこないのであれば、それは建前じゃないかと考えてみることも大切だと僕には思えます。

デニーロのように「セールスライティングは必要ないです」と認めてはじめて、それが実は必要だと気づく場合もある。

本音に耳を澄ませ、それに身を委ねてほしいなぁ、と思います。

セミナーでどんな話をしたのかは、ちょうどデニーロと、角舘さんが書いてくれていたので、あと写真を見たらこれはセミナー開場だということで、京都日々新さんのブログを紹介しておきますね。

http://warashibetaxi.com/2016/11/08/osaka-taxi-blog90/
(こちらはデニーロのブログで)

http://kankakukabin-futoko.com/2016/11/07/セミナーでした/
(こちらは角舘さんのブログ)

http://kyotohibishin.com/mind/real-intention-and-public-position
(写真だけセミナーの画像ということで、京都日々新さんのブログ。内容は・・・偶然にも?本音と建前。数日間のブログはセミナーの内容を先取りしているようで、面白いですよ))

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




2年前も1年前も今も、同じことを言い続けている。

昨日のLicense to beatセールスライティングクラスに続いて、今日はビーコンライブセミナー@東京ということで、昨年の名古屋同様に、先ほどまでスライドを作成していました。

スライドの枚数は昨年よりも少なくなり、割とスッキリした印象でしたが、

僕自身の身体性を伴う経験、特にこの1年で素っ裸の経験が赤裸々に語られるハズなので、

参加する皆さんにとって役に立てばいいなぁ、と思いつつ、いい機会をくださり感謝です。

スライドをつくるなかで、過去のメールやチャットワークメッセージ、Facebookのメッセージなどを見返していたのですが、偶然なのか必然なのか、2年前も1年前も同じことを言い続けている自分に結構ビックリしまして、

スタートアップガイドの第1章とか第2章とかもそうなんですけど、本当に根の部分は変わっていないなぁ、と。

大宰府の財津さんが「あの第1章が、一番迫力ありました」というのはなるほどな、と思います。

ちょうど今日のセミナーテーマとも関連するので、なぜ根の部分が変わっていないのか、少し記しておくと、

これは本音を語っているからです。

セールスライティングとか、どう在るかに関して僕は、本音しか語っていない。

セルフイメージ先生こと小坂さんが、小野さんの話は本音だけだからスッと来るんじゃないですか、みたいなことを言ってくれましたが、

本音を語る以上、そこには取り繕うとか、損得勘定とか、人からどう見られようとかという建前がありませんから、

首尾一貫しているのは当然といえば当然なんです。

しかし、人は本音を語ることはなかなかできないし、意識的につくられた何かを本音と勘違いしていることもある。

私見ですが、本音と主張は似ています。

ワイルドサイドの島田さんが紹介してくれた、ピーター・ティールの

あなたが信じる「賛成する人のほとんどいない重要な真実」は何ですか?

ですね。

今写経しはじめた木坂さんの『要塞の中でつかまえて。』といい、抽象度を高めていくと、同じようなことを言うようになる、とも島田さんは言っていましたが、

そういう人たちと一緒にいるからこその、本音で居続けることができる、なのかもしれないなぁ、とも思います。

同じことを言い続けている自分にホッとしつつ、こういう人が増えていけばいい世の中になるんじゃないかな、と思いつつ。

今日はこのへんで。

先ほどスターバックスでアメリカーノを買ったら、カズくんが作業していましたので、彼が出てくる前に移動しておこうかと。

ビーコンライブセミナー@東京の様子は、明日お知らせできたらしますね。

良い日曜日を!

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




智頭合宿の効果(自分という器クラス)。

先週の今日はちょうど智頭合宿が打ち上げになり、デニーロとミズホッチと僕の3人は秘密結社ワイルドサイドの中間報告会があるということで、延泊をした日でもあります。

参加したメンバーの感想は、1週間かけて島田さんが『ワイルドサイドを歩こうよ』で公開してくれているので、そちらをご覧になってくだされば。

京都日々新の感想

デニーロの感想

後藤伸正の感想

さささの感想

カズの感想

ミズホッチの感想

・・・後藤さんだけ本名なので、書いていてウケました。

プッ後藤伸正がペンネームってスゴイな、とか。

他のメンバーがペンネームなので、そういう風に読んでしまうんですよね。

話がそれました。

今日はメンバーの顔を思い出しつつ、自分の話を。

ちょうど現在、島田さんや秘密結社ワイルドサイドの皆さんと時間を過ごしたこともあり、そして島田さんの問いかけもあって「棚卸し」をしています。

自分の仕事を書き出して、最初書き出したのは「ビーコン」に関してメールチェックとかMyASP管理とか入出金管理とか、プロジェクト単位でのタスク書き出しというか、そんな感じ。

書き出していくうちに思い出したのは、コア・バリューに従っているかどうか、という自分の頭への問いかけでして、すると現在止めているバンコク駐妻生活ドットコムとか電子書籍出版とか、そういうものも書き出せるようになりました。

というよりは、頭のなかにあったんですけど、ぼやっとしていたものを今顕在化させたというか、輪郭をクッキリさせたというか、そんな感じです。

あわせて現在、というか1ヶ月ちょっと前のインドから城ドラをはじめ、今ではワイルドサイドグループの他に、ビーコンのグループでも何人かに参加してもらっているわけなんですけど、

一緒にチームを組んで戦いを進めていく毎に、やっぱり自分の性格というか考え方というか、そういうものがでてくるな、ということが見て取れました。

例えば僕の場合、「攻撃力」重視なところがありまして、できれば即効で中央を占拠して、そこをキープしながら敵の城をめがけて攻撃力の高いキャラを次々に繰り出していくのが好きなんですね。

一方で、敵の出方が超攻撃的である場合、こちらの火力が下回るものですから、どうしても攻めることができない。

そして防戦一方になり、なんかよくわからないうちにたくさんの手数が繰り出されたりして、いつの間にか城がやられているーという感じになる。

一人でやると、こんな感じ。前に出たくてたまらなくなる。

ところが誰かと組む場合、面白いことに気づきまして、例えば僕もそうなんですけど、「初心者」と一緒のチームである場合、たぶん敵がガーッと出てくると慌ててしまうだろうからと、できるだけ砦とか城とか、後方支援というか守りに手持ちのキャラを投入するようにします。

だから、ああ、オレはこういう戦い方もできるんだな、と気づく。

しかし、好きなのは攻撃なんですよね。

理想を言えば、サッカーではリベロなんて最高で、野球ならキャッチャー。

キャッチャーが攻撃的なんて意外に思うかもしれませんが、キャッチャーはピッチャーの配球を決めることができますし、ピッチャーとバッターに合わせた守備位置の変更など、ゲーム全体をマネジメントすることが可能になります。

あれ、こんなふうに考えていくとオレはマネジメントが好きなのかと、そういうふうになるのですが、どちらかと言うと全体をコントロールしなければ気が済まないタイプなんでしょうね。

周りの顔を窺うのも僕だし、全体をコントロールしたいと考えるのも僕。

面白いものです。

しかし城ドラの場合、チームプレイを選ぶと手持ちのキャラを出すことのできる数が減りますから、全体を一人で見ることには限界があるため、

役割分担、もっと言うとチームの誰かに任せる、信じて任せることもマネジメント上必要になってくる。

そんなことをチームプレイをする度に、気づくようになってきました。

違うメンバー同士で組むこともありますが、割と勝てるときというのはだいたいこの人たちと組んでいる場合だということにも気づきまして、

なぜ勝てるのかというと、単純にその人達が強いということもあるのでしょうが、

たぶん手持ちキャラが補完関係にあるか、そして互いに互いの出方を知っているか、このあたりにあると思います。

例えば中央を占拠したら、島田さんならトレントを出してくるかな、とか、アオさんならゴーレムが来るな、とか。

前線を取ったらザッキーニさんがスケルトンを大量投入してきそうだな、とか。

実際そんな感じの通りに出してくると、僕はそれに合わせてキャラ投入をおさえておき、勝負どころでガーッと出すこともできますし、

やられそうなキャラの背後に遠隔攻撃のできるキャラを出してサポートをすることもできます。

これは他のメンバーから見ても同じでして、僕の動きを予測し、それを確かめながら僕を補完する動きを取ってきてくれる。

この息が合うほどに、まぁ強力な敵でもやっつけることが可能になるわけです。

このあたりの醍醐味は、ぜひ城ドラを試してみてほしいのですが、たまたま昨日か今日かな、ハッとしたのが、

ああ、僕はこういう感じの人たちとなら、一緒に仕事ができるかもしれないだろうな、ということ。

例えば現在、バックオフィス業務という守りの部分にリソースが足りていませんよね、みたいなことを島田さんに言われたのですが、

人に気を遣い、しかし自分の仕事に関しては神は細部に宿るを地で行くような感じの僕にしてみれば、何者かわからない人に仕事を依頼して、自分でダブルチェックして、疲弊していくようなことをしたくないわけです。

だからこそ、任せられるとわかっている人に委ねることが大切なんだろうな、と。補完し合えるというか、島田さんの言葉を借りると、そういうユニット、バンドを結成するというかね。

ビート・ザ・コントロール株式会社は一人で経営していますが、「棚卸し」しながら気付いたのは、僕が行っている仕事は10とか100とかじゃないだろうな、ということでした。

細やかに書き出してみると、結構な数字になることがわかってきておりまして、だとすると、一人でやるというのはどこかで頭打ちになることを意味しています。

もちろん、インターネットを使って実体を表に出さない・・・セミナーとか講座とか、店舗を構えないようなやりかたをすれば、天井知らずなのかもしれませんが、

僕のコア・バリューからすると、それは面白くない。

どこまでも現実世界において、ビーコンし続けることが大切ですし、そういう人を増やしていくことが大切ですから。

だからこそ、僕自身も天井知らずで展開するためには、そういう体制をつくっていく必要があるってことなんですけど、

秘密結社ワイルドサイドの中間報告会や、城ドラ、そして智頭合宿におけるメンバーの変化とかそういうものを体感しているうちに、

次の展開というか、行うサービス・・・うーんサービスじゃないかな、僕の時間とかリソースを投資すべき対象が見えてきた感があります。

このあたりの話もたぶん、ビーコンライブセミナー@東京で行いますので、参加される方は楽しみにしていてください。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓