雲の形が際立つ青い空と心和らぐ緑、そしてパラソルの白。南の島の朝と家族。

トロピカルフルーツこそまだ食べてはないけれど、プーケットの朝は夜よりも、南の島を感じることができる。

一階の部屋の向こうにはプールが見え、早くから散歩をする宿泊客と清掃をするスタッフの方々を眺めつつ、長男はその緑なのか人なのかはわからないけれども、それらを見て手を振っている(じゃあ、人かな、やっぱり)。

妻がこのホテルに泊まりたいと言ったのは多分、友だちが勧めてくれたからというのと同時に、ちょっとセレブレティな感じを味わってみたいとか、これまで実現できなかったようなことを経験するという、そんな気持ちもあったのかもしれないけれども、

トモヤ(長男です)にしてみたらそんなことはどうでもよくて(ついでにいうと、友だちのひとりはモルディブ、もうひとりはローマ、そしてタイのどこかの島に行っているらしい。LINEの連絡網でお母さんがピサの斜塔を楽しんでいる写真が送られてきたのですが、子どもじゃなくてお母さんが楽しんでいるのは、ちょっと引きつつもいいなぁ、と思いましたが)、

バンコクやプラプラデーン、これまで行ったことのあるアユタヤやチェンマイ、チャイナート、そして東京や神奈川、静岡、岡山、鳥取、京都、長野では見たことのない景色、聞いたことのない音、触れ合ったことのない人との出会いが、エライ新鮮で、すっと身体に吸収されるというか、そんな風に楽しんでいるんじゃないかなぁ、と思ったりしています。

普段と違う場所にいるからトモヤは目覚めがよく、朝からニコニコして「ああ、テンション高めだなー」という感じですが、ユウキ(次男です)は相変わらずまだ寝ています。

それが、僕にしてみたら家族感というか、距離の近さというか、安定感というか落ち着きというか、そういうものを感じさせてくれるわけですが。

一緒にいる時間が長くなると不思議なもので、一緒にいる人のように人はなっていくと僕は体感しておりまして、

コレの最たるものは妻と長男次男、そして僕の両親と妹なわけですが、

ワイルドサイド部の皆さんとタイやインドに行き、毎月の賢者舎で会う時間が増えるに連れて、タイのときよりもインドのときのほうが、やっぱり距離感が近くなる。

いわゆる「あうんの呼吸」になってくるわけなんですけど、

先日の木坂さん西洋思想史クラスか歴史学・地政学クラスか、どちらだったかうろ覚えなのですが、家族の在り方というかそういうものも時代性に応じて変わってきますよね、みたいな話がありまして、

なるほどなぁ、と思うわけです。

なんというか、昔の日本はいわゆる大家族的な家族形態だったと僕は考えているのですが、血縁的な繋がりではない、別の何かでつながる大家族的なコミュニティが成立していくというか、

ゆるやかな、同じような山を登っていくというか、そんな感じ。

仕事をしていない妻にしてみたら、どこに旅行へ行くのか、どこに泊まるのかは僕によるところが大きいですし、属する環境によるところが大きいでしょう。

そしてそれは多分、どの口座に参加するとかどのセミナーに参加するとかいうことも同じだと僕は考えています。

テクニックややり方、目に見えて簡単に手に入りそうなスキルを学ぶセミナーに参加すれば、そういう人に出会うことになりますし、

自分はどう生きるのか、そのためにどう在るのかのような、Beingな講座やセミナーに参加すれば、そういう人に出会うことになります。

そしてそれは多分、その人の人生を決めるものになる。

僕は、自分という人間は他の何者にもなれず、自分という人間にしかなりえないと考えているのですが、それでも一緒にいる人のようになっていくと考えています。

頭が澄んだ状態でサラサラと書く文章も、いいものだなぁ、と思いつつ、今日はこのへんで。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




上海からバンコク、そしてプーケットへ。

上海のいつものホテルから朝4時ころに空港へ向かおうとしたところ、雨のせいか連休のせいかタクシーがつかまらない。

ホテルのベルボーイさんがいろいろと電話をかけてくれていたみたいですが、どうも最後は雨のなか通りに出ていき、流しのタクシーを捕まえてきてくれた模様。

心ばかりのチップを手渡し、タクシーに乗り込む。

東京や神奈川においてタクシーに乗ることはそうないのですが、上海やバンコクの場合、相対的にタクシーの料金が安いということもあって、特に最近は上海の空港ホテル間において、よく利用しています。

乗ってみるとわかることもよくありまして、上海のタクシーは深夜料金があり、どうも30%は上乗せされる模様(タクシーのドアに書いてありました)。

しかし体感的には30%以上だろうと考えておりまして、なぜなら初乗り運賃も5元高くなっていましたし、なんでかわからないのですが、ある区間においてはメーターもスゴイ勢いで上がっていましたから。

うろ覚えですが、以前は同様の距離を200元足らずで走ったのに対し、今日は347元。

う〜ん、もしかするとターボメーターだったのかなぁ、と思いつつ、経験しておくと次回比較ができるので、やっぱり経験しないとね、と自分自身につぶやいた次第。

こんな風につぶやくあたり、まだまだ思考と思考のハザマに入りきれていないなぁと思います。

寝ていないからかな、もしかしたら。

そういえば昨晩のフットマッサージでも前回と同じようにいろいろと指摘されまして、

「あなたは目が良くない」
「睡眠不足」
「腰が良くない」
「運動不足」
「頭が良くない」
「腸が良くない」

こんな感じでほとんど全部じゃねーかよと失笑してしまいました。

足の裏はウソつかないんですね。

しかし不思議なもので、痛いところを刺激してくれるせいか、身体が軽い。

今日も1時間の睡眠でしたが、ブログを書ける程度には頭が働いています。

バンコクに到着したらその6時間後には家族と一緒にプーケットへ向けて飛ぶのですが、家族旅行中は眠る時間と運動する時間を確保して、身体を整えるということをやってみたいと思います。

プーケットは11ヶ月ぶり。

ワイルドサイド部のツアーで行って以来の訪問です。

妻はプーケットに行ったことがなく、長男の友だちのお母さんから、「このホテルがよかったよ」と聞いてきてそのホテルの予約を言ってくるなど、楽しみにしているようでして、僕もうれしい気分になります。

結婚当時の車みたいに、いつの間にか買われてしまって金がザーッと使われていくのは、ちょっとうれしくない気持ちになりますが、

長男次男も一緒に楽しめるもの、妻が喜んでくれるものであれば、逆にいい気持ちになるもの。

車は、妻にしてみればうれしかったんだと思いますけど、僕は「絶対に買わないで」とお願いしていたので。

4年前とか5年前は、家族旅行に行くことを想像もしていなかったですが、こうして行くことができるようになったというのは、

個人的にはいい感じの歳のとり方をしているというか、随分と遠い世界にやってきたなぁという感じです。

明日はプーケットから、更新しますね。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




タクシーで禁煙車を選びたい場合、どうする?

昨晩、羽田に到着して現在実家にいます。

僕は家にいると落ち着く、というような感覚を持ち合わせていないようで、その結果として日々移動するような生活を送っていると考えていましたが、

今回の実家滞在は不思議と心が平穏になりまして、実家のありがたさというか家族のありがたさというか、そういうものを感じるいい機会になっています。

そんな気分でありますから、もっと滞在していたいのですが、

おそらく本日から明後日にかけては東京でホテルに宿泊することが既定路線でして、9月30日と10月1日は羽田空港のそばに泊まり、10月2日からバンコクに戻ります。

タイの場合、妻が言うには10月1日から10月13日か14日までは学校の休み期間のようで、タイは前後期制(という言い方がいいかどうかはわかりませんが)をとっているため、その合間は2週間ほど休みになるとか。

「この時期、子どもたちはお父さんとお母さんとで旅行にいくのに、あなたがいないとトモヤもユウキもどこにもいけないから、かわいそうでしょ」

と言うので、

そう言われたら行かないとなぁとなりまして、10月3日から6日まではプーケットに行くことになりました。

妻はタイ国籍なのですが、プーケットには行ったことがないと。当然息子たちもプーケットには行ったことがないのでエラい楽しみにしているようです。

と同時にプーケットといえば、「TSUNAMI」が注目された島でもありまして、そうです、スマトラ沖地震ですね。

あの地震は日本でも多数報道され、僕の知人がちょうどプーケットに行っていてあの津波に巻き込まれ、

それでもサンゴで足を切った程度で無事に生還したということで、タイのテレビに出演していました。

話がそれたのですが、妻も長男も次男も「ピー」、すなわちおばけですね、これをエラい怖がっているのも事実。

プーケットから船で1時間程度だったかな、ピピ島というレオナルド・ディカプリオ主演の映画で舞台になった島があるのですが、そこには行きたいものの、「おばけがでるでしょ」と言っているではありませんか。

人間亡くなってからも現実世界の方々と関われるなんて、なんてロマンのある話ではありませんか、という僕の主張は通じるはずもなく、まずはプーケットで様子を見てから、ピピ島も行けばいいんじゃないかな、なんて考えています。

そういえばプーケットはタクシーがバンコクよりも随分と高いんだよなぁ、と思ったところで、昨晩のタクシー。

オルトリーブメッセンジャープロがエラく大きいので、昨晩はバスに乗らずにタクシーで実家に向かいました。

タイや中国ではタクシーに乗るものの、日本でタクシーに乗ることは1年間に1回あるかどうか。

つまり、初心者なわけです。

タクシー乗り場に行くと、目の前にタクシーが停まっていましたからそれに乗り込みます。

行き先を告げ、フーと一息つくと、

あれ、タバコの香りがするな、と窓を開けました。

タバコはタバコでもガラムのような香りならばいいのですが、日本でよく売られているような銘柄の場合、それが車に染み付いたニオイだと気分がよろしくなくなります。

窓を開けたので幾分収まりましたが、そもそも禁煙車って選べるのだろうか、とふと疑問に思いました。

タクシー乗り場は乗る人も運転手も並びますよね。

あの中で禁煙車ってどう選ぶのだろうか、と。

流しのタクシーならば選べるのでしょうが、タクシー乗り場だと選べるのかなぁ。

スマートなやり方を知りたいと思いましたし、やっぱり乗ってみないとわからないな、とも思った次第。

本題よりも前書きのほうが長くなりましたが、今日はこのへんで。

P.S.
確かタイは、タクシー全車禁煙だったような・・・中国は、どうだったかな。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




プーケット、パトンビーチの夜。

お楽しみ様です。小野貴正です。

現在、プーケットにいます。もっとも人気と言われるパトンビーチのホテルから、ライティングしています。朝食を食べたあとはワイズマンのセミナー会場をチェックしに行き、夕方からはタイツアー参加者を迎えに再び空港まで。バスが数少ないようなので、バイクで行こうかな、と検討中。

道も覚えられるし、バイクでもいいですね。こう考えると、バイクが一番効率的な予感がしてきました。

さて、パトンビーチの夜。

ホテルにチェックインした時間が21時ころ。その後はご飯を食べにバングラ通りへ。プーケット自体はじめてだったので知らなかったのですが、どうもバングラ通りはバーやゴーゴーバーなど、ナイトスポット専門の模様。ここへは後でまた来ようと思い、ビーチロード側のシーフード屋さんでプーパッポンカリーやお肉などを注文。ソフトシェルクラブはないの?と聞いたらないというので、というかパトンビーチにソフトシェルクラブ自体ないというので、仕方なく普通の硬い殻のカニを注文。食べる様子を見ていたら、若い人たちはあまり好まなかった模様。30代以上の面々は、もくもくと食べていましたけどね・・・。

このバングラ通り、なかなかすごいな、と思ったのは、すべてのお店がバーかゴーゴーバーというところ。もうちょっと高級志向のお店も、もちろんぼったくり系のお店もひしめき合っているわけですが、試しにコーラを注文したところ、ちゃんと料金表示通りの金額で、明朗会計。バーテンダーというか、お酒を作ってくれる人にチップを渡す必要がありますが、これは全体の額からしたら10%とか5%、もしくはそれに満たない金額なので、まぁ、コミュニケーションの円滑材料として。

コピーをやっているものが集まるからなのかどうかわかりませんが、皆が口をそろえて言うのは、「あの営業はセールスコピーそのものだよね」というもの。押してダメなら引いてみる。引いてダメなら押してみる。小さな約束を取り付けて、大きな約束を結ぶ。沈黙で語る。

などなど、もうホントに勉強になります。バングラ通りを舞台に、セールスコピーライティング講座を開こうかな、というくらい。実際、ある意味興味深いコンテンツで学べそうなので、そこそこの需要はあるといいな、と思ったり。

どんなところでも仕事ができることはもちろんですが、行く先々でコンテンツが作れるのもセールスライティングスキルを獲得する理由の一つになると思います。

もちろん、どんなスキルでも必然性が必要なんですけどね。

明日は、ピピ島のマヤベイへ。ちょっと潜ってきます。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




タイタイム

お楽しみ様です。小野貴正です。

あれよあれよというまに11月10日になり・・・案内締切日が来てしまいました・・・。なぜこの案内をお知らせするのが遅くなったかというと・・・タイネタだから、かもしれません。

タイに行かれた方なら同じように感じられたかもしれませんが、タイの人たちはとても緩やかな時間の中で生活されている方がほとんど、という認識です。朝は通勤や通学で慌ただしい動きを見せ、車は隙間があれば入り込み、オートバイは2人乗りや3人乗りで、車と車の間をすり抜けていく。信号があればいつの間にか、オートバイの群れが前方にできるほど。そういうせっかちさを感じるものの、車が渋滞したら遅刻しても仕方がないよね、という大らかさも併せ持つ国民性。それがタイ。

そんなタイのことを考えると、僕の頭のなかもすっかりタイ気分になってしまい、仕事をする氣がなくなるんですよね・・・。実際、タイの男性はホントに働いていないよな、ってくらい働いている姿を見るほうが珍しい(私見たっぷりですが)。妻の親族も、働いている男性と働いていない男性は半々くらいかもしれません。僕の結婚式に参加してくれた友人は、「小野くんの家族ってまともな雰囲気をしてるの、ロッドさんだけだよね」と言ってくれたほど。これはまさに、でした。

ちゃんと調理された食べ物がエライリーズナブルに食べられる、また田舎ではお金を持っていなくてもご飯が食べられてしまうんですよね・・・親族や知り合いのところに行けば。このあたり、大家族主義的な雰囲気がいい感じです。

それになんといってもタイは暑い、というか熱い。だからかな、やっぱり働きたくなくなるのもわかる。

こんな国がタイなので、そこで過ごす時間はタイタイムと言ってもいいほど。例えば15時集合ね、といっても15時に家を出て16時32分に「サワッディーカー」とワイをして登場する(こんにちはとお辞儀をして登場する、のような感じです)。

まぁ、こんな感じなので、今回の案内も遅れてしまった、というのが正直なところです。

このまま案内しなくてもいいのかな・・・と思いましたが、紹介に前のめりな自分に「やらない言い訳」をするのはどうかと思い、タイタイムながらも案内することにしました。

よかったら、このままお楽しみください。

【2015年11月27日から29日まで、タイに行きませんか?】

すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれません。現在、ある企画が進行しており、そのなかでも目玉のひとつであるタイツアー・イベントが近々行われます。11月27日から29日の2泊3日で行われ、行き先はタイ屈指の南の島であるプーケット島。プーケット島で何をするかというと、プライベートボートをチャーターしてのピピ島クルーズとマヤベイでの海水浴。そしてあの賢者舎ワイズマンによるライブセミナー。さらに至近距離でワイズマンとの会話を楽しめる懇親会。もちろんこれらだけではなく、僕を含めたワイルドサイド部メンバーによるオールナイトプランニング。

プーケット島にいる間に、ひとつ自分の事業プランニング、アイデアを出して始めてしまいましょうよ的な、そんなイベントがこれです。

http://projectnagi.xsrv.jp/letter/southisland.pdf
(タイツアー案内状にジャンプします)

こちら、申し込み締め切りは本日2015年11月10日(火)いっぱいです。・・・う〜ん・・・いくらタイタイムとはいえ、結構な金額に急なスケジュールなので、決められるわけ無いだろう・・・とか思ってしまいますが・・・この企画を読んで前のめりになったのならば、ぜひお試しください。

というのも、結構希少なツアーだからです。

ワイズマン今井先生のことは某商社のプランニングを数千万円でやったり、某与党の選挙プランナーを務めたりと枚挙にいとまがないですが、何がスゴイって企画数が5,000本以上ってところ。

バンコクで行うビジネスについてワイズマンに相談すると、これは普通では考えられないなって手を教えてくださり、サービスリリースを待つばかり(似たり寄ったりの情報にお金を払う状況を生み出す秘訣は本当にびっくり)。

流石に長年実践してきただけあるな、とうなずくばかり。もうワイズマンの企画を聞くと笑うしかない。賢者舎に入舎しないと会えないワイズマンに会えるというだけでも、かなり希少だと思いますが、事業プランニングに関する教えを受けることができるというのもレア。しかも、プーケットという南の島で。正直、お金には代えがたい贅沢だよな、って思います。

そしてワイルドサイド部。それぞれがワイズマンの事業プランニングメソッドを身につけた事業プランナーであることはもちろん、その生き方に憧れる人多数(らしいです)。

このタイツアー中に彼らと一緒に、オールナイトプランニングという名のもとに、参加してくれた方々の事業プランを創りあげる、ということをやります。

例えば伊万里焼を世界に広めたい。そして伊万里焼職人が焼き物を作り続け、日本の文化を後世まで伝え続ける伝承を担いたい。こんなことに情熱があり、事業にしたいと考えているならば、本当に一晩のうちに、アクションプランまで設定できるかもしれません。

もちろん、せっかくの南の島ですから、プライベートボートをチャーターしてのクルーズも行います。プライベートボートのチャーターというのもなかなか珍しいと思いますが、行き先はレオナルド・ディカプリオが『ザ・ビーチ』で泳いだマヤベイ。今や観光客が増加したものの、ボートでしか行けないマヤベイに、プライベートボートで行きます。

ボート上ではワイルドサイド部員と一緒ですので、ぜひ自己紹介してみてください。正直、疾走するボート上では風と波の音でコミュニケーションは今ひとつかも知れませんが、打ち解けやすさで笑顔あふれるクルーズになることは約束できると思います。

ボートにあきたらエメラルドグリーンの海にダイブしてみるといいでしょう。透明感あふれる海は、そこで泳ぐだけで至福の笑顔をもたらしてくれると思います。

発着場所を特定できないため、航空券こそご自身で用意してもらいますが、ホテルや空港送迎までついてくることを考えると、何より、一緒に過ごす人物の希少性を考えると、良いツアーになると思うんですよね。

【ビーコン限定のスペシャルオファーもあり】

タイタイムという理由をつけて発表が遅くなってしまったこともありますから、このタイツアーに前のめりな方々の背中を押すため、僕の紹介でタイツアーに参加する場合はスペシャル特典をプレゼントすることにしました。

実は新サービスとして、「コア・バリュー発見&自分プランニング合宿」という1泊2日の企画を今度リリースします。この開催が2016年1月30日(土)31日(日)に決まりました。1泊2日、交通費・宿泊費・飲食費は別途で10万円のサービスです。

このスペシャル特典をタイツアー参加者にプレゼントします。神奈川県は箱根の温泉旅館で、行う予定です。交通費のみ別途必要になりますが、タイツアーに参加することで、この10万円の企画をプレゼントする、というものです。

僕がブログでもメルマガでもよく言うコア・バリュー。これを僕が実践する手法を使って発見します。合宿ですからその日中にコア・バリューを各自が書き出し、どういう方向で走ることが適しているのかなどをマンツーマン、またはグループセッションにて各自がすっと理解していきます。

当日はコア・バリューにゆかりのある人物をスペシャルゲストとして招き、2016年のゴールに向かって各自が走ることのできる環境を作り上げていきます。

まとめると、タイツアーに参加すればコア・バリュー発見&自分プランニング合宿を交通費のみで無料招待する、ということです。

*2015年11月27日〜29日@タイ・プーケット
*2016年1月30日と31日@神奈川・箱根

ぜひスケジュールを調整し、2016年を一緒に走り抜けましょう。お待ちしております!

P.S.
上記合宿特典を希望される場合、タイツアーの申し込みフォーム備考欄に「小野貴正の紹介」とご記入ください。もし記入されない場合、合宿特典をお付けすることができませんので、ご注意ください。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓