大は小を兼ねる。量は質を兼ねる。

お楽しみ様です。小野貴正です。

先日ファミリーマートに行ったらこんなポテトチップスを見つけましたので、購入してみました。

ご覧のとおり、MacBookの画面が隠れるどころか余りあるくらいの迫力。容量は500グラムとのことで、こんなの誰が食べるんだ、と言いながら開けて食べてみると、やっぱり胃のもたれが早いような。

しかし大きいことは素晴らしいなと思っていて、なんといっても食べても食べても減らないから、なんかおおらかな感じになれる。たぶんいつもよりも人に対して優しい自分である予感です。

もちろんこんな画像を紹介するのは、僕が大盛りが好きだとか、食べ放題が好きだとか、大きいことはいいことだなんて言いたいわけではありません。

むしろサイズ感でいったらちっちゃいほうが自分好み。たぶん、僕自身が大型サイズだから、ですかね。ないものねだりです。

このポテトチップスを今日買いたかった理由。それは、「おお!」と思ったのであればそれを経験してみようと考えたから。そして、コレはスキルアップの話に使えるんじゃないかな、って思ったからです。

スキルアップそのものに使えるというよりかは、記号として、ですね。

大は小を兼ねる、という言葉がありますが、スキルアップに関して言うと量は質を兼ねるというか、そんなふうに僕は思うところがあります。

もっとうまくやったほうが・・・

とか

もっと効率的にやったほうが・・・

とか

もっと質がいいものを時間かけて書いたほうが・・・

とか

セールスライティングスキルを学ぶ過程で、いろいろな方が僕にアドバイスをくださいました。

しかし、うまくやるとか効率的とか質がいいものとか言われても、僕自身がピンとこない。なぜなら、それらを僕は知らないから。知らないのにうまくやるとか効率的とか質がいいものとか考えて実践しようとしても、わからないものはわからないから、判断基準を持つことができない。結果、「コレって質がいいのかな?」と考えることになりそう。

要するに、下手な考え休むに似たりになるんじゃないかな、って思っています。

質がわかるのってそういうステージに行けばこそ。かけ算九九を知らない人が二桁の掛け算を効率的にやる方法を知らないのと同じように、セールスライティングの効率的な学び方だってそういう経験をした人でないとわからない。もうちょっと言うと、実戦経験がある人でないと、ですね。

実戦で書くと感じたのですが、どれだけレジを鳴らせるセールスレターを書けるかどうかは結局のところ、普段から語彙や文章、接続詞などを取り入れて、書き出してきたかによるんだな、と。

毎日の写経だってブログやメルマガの更新だって、オウンドメディアの記事ライティングだってセールスレターのライティングだって、インプットしてこそのアウトプットだし、アウトプットし続けたからこそのレジを鳴らせるライティングになるんだと思う。

時間がないんですよね・・・とかいう時間があるならば、量をただこなすことに集中。

周囲でいい感じにライティングしている人、プロモーションしている人は、皆さんコレをやっているんじゃないかな。

大は小を兼ねる。量は質を兼ねる。コレは経験上、真実だと思います。

P.S.
ミスターアルケミストのブログにちょっと感動した・・・やり続けられる人だという確信。いい感じなんですよね。

http://myasp88.com/l/u/F7tHX5mZrHn5inkg

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




正解はない。

お楽しみ様です。小野貴正です。

1月の訪タイテーマも今日で一段落。

長男の学費を納め、次男の幼稚園を予約し、コンドミニアムも予約した。あとは妻に任せても大丈夫だろうということで、近々日本に戻ります。

戻ってからは打ち合わせとかプロモーションとかセミナー参加、ビーコン合宿に対面とスカイプコーチングなど、2月5日までは割と活発。2月6日からは國學院大學に通って神職免許を取得するため、1ヶ月ほど静かになる予定(表向きはです)。

3月後半にまたタイに戻るので、その時はタイ語の家庭教師をつけることになりそう。たまたま長男が通っていた塾っぽいところの先生が、「弟が翻訳とかタイ語と中国語などの先生をやっているの」となり、「よかったら家まで行って教えることもできるわよ」というので、ぜひ、となりました。タイのことなので、マイペンライでスルーしちゃうこともあるかもですが。

しかし3月からの新生活を迎えるにあたり、準備するのはなかなか面白いものです。食器とかベッドシーツとか、何色にして・・・みたいな話を妻にしています。明日で結婚8年目か9年目に入るのですが、思えばこういうことを今までやってこなかったな・・・とちょっとしみじみ。

生活の空間が変わるというのは、エライインパクトのある出来事だと思っていて、習慣を変えるのにももってこいだと考えています。長男次男が自主的に歯磨きとかごはんを食べるとかできるようになるよう、最初は特にタイでの生活時間を増やす予定。

日本には1ヶ月に一度戻る感じで打ち合わせやコーチング、セミナーなどを行うことができれば、と考えています。

日本でお世話になった家賃35,000円のアパートも、3月いっぱいでお別れ。8年間、結婚生活と同じくらい長く付き合った部屋ですから、やっぱり少しは感慨深くなる。

2016年はいろんなところで、新しい生活が始まります。

さて、正解はない。

打ち合わせやコーチングをしている時によく話す内容の一つに、正解はありません、というものがあります。例えばセールスライティングスキルを身につけることに関して、こうすればうまくいく、なんて方程式はない。

生まれ育ちはもちろん、現在に至るまでの過程が異なるわけですから、ある人にとっての正解が、別の人にとっての正解であることはマレ。正解が似ていることはあっても、同じことはまずないんじゃないかな、と思います。

例外は、原理原則的なこと。コレは在り方とかインサイドアウトとか、なぜそれをするのかとか、そういうもの。しかしこれは「型」としての正解であり、内容そのものではない。自分の価値観が他者と同じということは、まずないのですから(私見です)。

正解がないと、人はもやもやするもの。だから、仮にでもいいから「こうである」という絶対的な解が欲しくなる。

AはBで、BはCだったら、AはCである。こんな風に人生とかライティングスキルアップ方法とかを当てはめることができれば、どれほどラクか想像に難くないですし、こういうものを求めている人こそ、いわゆるノウハウコレクターとかチャンス追求型とかなんだろうと思います。

正解がないというもやもやした状況を、飲み込んでおいておく。望む人生を歩みたいならば、こういう在り方を身につけておきたいもの。

わからぬがよろしいで、いきましょう。

・・・とここまで書いたら、以前もこんなこと書いたな〜と思い出しました。

ついでに、と言ったら失礼ですが、ミスターアルケミストもそんなこと書いていましたので、紹介しますね。

(なんでもいいから)病名をつけて欲しい。
(Be Alchemistより)

P.S.
メルマガもはじめたみたいですよ。錬成陣とは、古風な感じにヤラれた。執行草舟さんに好まれそうだ・・・。

P.P.S.
写真は、長男の制服採寸会場。僕が知るかぎり、タイはどうも幼稚園から制服みたいです・・・高校まで、男の子は半ズボン。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




執行草舟さんの「わからぬがよろしい」を地で行く勇気。

お楽しみ様です。小野貴正です。

メルマガでもコーチングでもタレント化プログラムでも、割と最近僕がどこに行ってもオススメしている本があり、それが『生くる』(講談社刊)です。

作者は執行草舟さんで、若い時は『モオツァルト』などを著した小林秀雄さんと知遇を得るなど、一角の人物(と僕がいっていいのかわかりませんが。ちなみに『モオツァルト』は高校3年時の現代文の先生が薦めてくれた本です。ここに「モオツァルトのかなしさは疾走する」「彼は悲しんではいない。ただ孤独なだけだ」という文章が登場するので、カッコいいから読むようにといわれた記憶があります)。

お祖父さんは建築家フランク・ロイド・ライトの親友であったなど、安藤忠雄さんを知る人にとっても親近感を得る人物なんじゃないかな、と思います。執行さんは。

この本を知ったのは、ブログやメルマガでもたびたび登場するミスターアルケミストの紹介があったから。彼はエライ若くして木坂さんのセミナーに参加したり、ワイルドサイドな島田さんが紹介するワイルドサイダーたちのほとんどに会っていたりと、なかなかに交友関係が広い。そして、エラく良い本を読んでいます。

僕の妹にも薦めた『手紙屋』は彼からもらったもので、いい本を読んでいるな、と思っていましたが、この『生くる』に関しては衝撃。一冊だけ持って旅に出るならこの本を選ぶほど、僕にとっても人生を変える一冊になりそうな予感。

不思議なもので、この本を開く度にその時抱えていた葛藤が解消して昇華するような、そんな本なんですよね。

たとえば、最初に登場する「わからぬがよろしい」という文章。

「理解しようとするな。わからぬままに、突き進むのだ。」

と聞くと、頭に「?」がつく人もいるかもしれません。しかし僕の場合、これにはエライ共感するところがあります。

この1年で、ある人物からクビを宣告されたと思ったら、ある人物には言動不一致を感じたりもしました。

これらはともに、客観的に聞いたり見たりしたら、また自分の身に降りかかる話だとしたら、あまりいい話ではない(ですよね?)。

こんな時僕は、「これは逆にチャンスだ」とか「いい話だ」とか「事情があるのだから」と自分に対しても周りに対してもつぶやき、「その現象を理解しようとしていた」んです。

しかしこれって違うよな、と。相手あっての話なのだから、相手に聞いてみないと実のところはわからない。だったら、その機会がある時まで、「自分で考えて理解しようとせずに、置いておく」ほうがいいじゃない、と。これは、『7つの習慣』の話にも通じるところがある。自分は他者を思い通りに操ることなどできないのだから。

「考える」というのは多くの場合、「思い込み」となる危険性をはらむと僕は考えています。自分の脳で勝手に「考え」、勝手に「理解し」、勝手に「結論づけてしまう」。

でも相手に聞いてみたら、そんなことはなかったということもまたあるでしょう(もちろん、思い込み通りだったといこともありますが)。

大事なのは結論とか結果ではなく、その過程において「思い込もうとしていなかったかどうか」だと思うんですよね。ラクになりたいからと、無理やり結論づけようとしていなかったか。もやもやした状態を抜けだそうと、自分の頭だけで結論づけようとしていなかったか。

この「思い込まず、もやもやを置き続ける」こと。これが大事だと僕は思っていて、これがあるならば、一方の脳は解決策を探し続けてくれるもの。

そして何より、思い込みや自分を守ろうとする「我」を外し続けることができる。

自分のことでも他者のことでもそうですが、自分だけで理解しようとすると、なんか苦しくなる。結論づけたい弱さを感じる。

ラクをしたい脳の習性からするとそれはそうなのでしょうが、「我」に支配される自分というのは、僕にとって美しくないんですよね。眉間にしわ寄せて、苦しそうにしているというか。人から声をかけられてもつっけんどんになるというか。家族に対して易しくなれないというか。

じゃあどうすれば?

「わからぬがよろしい」という勇気を持つこと。『生くる』を読むと、そういう気持ちになるわけです。

もやもやを置いたままにしておく、というのはなかなかの試練でして、投げ出したくなる時もありますが、だからこそ、勇気が必要だと僕は考えています。世の中的には、真逆を行くと思うので。わからぬがよろしい、というのは。

在り方が大事、コア・バリューが大事、という言葉に共感する方なら、多分フィットする本だと思います。もちろん、ライティングスキルやマーケティングスキルをアップしたいけれど、思うように成果を出せない方々にも。

WHY HOW WHATで言えば、WHYの話ですから。『生くる』という本は。

P.S.
『生くる』はビーコンコーチングやタレント化プログラムでも課題図書にする予定。というか、読んで!と薦めている次第です。
http://myasp88.com/l/u/E0tP0sBdTeIX4o1Y

P.P.S.
ミスターアルケミストのブログはこちら。何か、企画を考えているそうですよ。
http://myasp88.com/l/u/cirQIP6Vlmpfs5Qs

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




オウンドメディアを書くときのペルソナ設定方法

お楽しみ様です。小野貴正です。

出雲大社での1日目。東京から出雲大社に向かうバスの中で、というよりは2時間毎に停車するサービスエリアで動画を撮ってきましたが、稲佐の浜で撮った動画が結構役に立ちそうな気がするな、と思い、紹介することにしました。

よかったら、感想聞かせてくださるとうれしいです。

ペルソナの設定に関しては、方法論としてこうやるといいよね、というのがありますが・・・個人的にはなかなかちゃんと設定している人は少ないと思っています。

セールスレターならまだしもオウンドメディアの記事にまでペルソナ設定するのですか?みたいな声も聞こえそうですが、記事である以上、読み手は存在しますから、ペルソナのない記事というのはないんじゃないかな、と思います。

そんなわけで、普段からオウンドメディアの記事を書いてもらっているミスターハギヤキとミスターアルケミストとでペルソナ設定談義をしてみたのですが・・・予想に反して、なかなかいいんじゃないかな、というアイデアが登場したので、これは共有しなければということで、動画を紹介します。

もろに「ワイルドサイドを歩こうよ」の『コピーライティングはココロだ!」そのものなんじゃないかな、と思いますが・・・島田さんとジョブズ会長へのオマージュとして、この動画をお届けしたいと思います。

ちなみに個人的にツボだったのは、ミスターアルケミストの「王道」とも言えるペルソナ設定方法(キーワードを検索して出てきた記事をチェックしていくというもの)の後に、ミスターハギヤキが対象市場の年齢層などから好きなアイドルをペルソナとして設定し(動画では30代をペルソナとするなら新垣結衣さんをそれと設定する、らしい)、そのアイドルに向けて記事を書くというもの。

これは亜流な感じもしますが、前のめりで記事を書くという意味では、おもしろいな、と思いました。ちなみに彼は、釣りに関する記事を書いています。釣り記事のペルソナも新垣結衣さんなら、相当ウケるよな、と思いました。

書き方もいろいろありますが、もちろん王道あっての亜流。という意味で、とてもバランスの取れたペルソナ設定方法になったかな、と思います。

参考になれば、幸いです。実際、結構使えると思いますよ。

P.S.
ビーコンランチミーティング@出雲大社の開催はなんともいえませんが、今日はニューフェイスが合流する予定。期せずして僕を含めて5人が集結することになった出雲大社ですが、今日も快晴のようで撮影日和です。またの映像を、お待ちください。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




毎日の習慣が違いを生む。

お楽しみ様です。小野貴正です。

現在、出雲大社に来ています。新宿から出雲大社まで、ずっと雨模様の天気でしたが、出雲大社に着いてからしばらくすると、快晴に変わりました。せっかくなので参拝し、夕日の時間帯には稲佐の浜に行き、神在月の出雲を体験してきました。

海の上には雲の層があり、その雲の先からは八百万の神が姿を現しそうな、そんな雰囲気の稲佐の浜でした。明日も天気が良ければ、また訪問したいと思います。

さて、今回の出雲大社行きは、もともと神在月に参拝したいということで決めた訪問でしたが、ミスターアルケミストも一緒のバスに乗って移動するということになりました。そこで撮った写真が冒頭の写真です。

動画も別に撮ったので、それはまた機会があれば、「ワイルドサイドを歩こうよ」の連載シリーズ、「コピーライティングはココロだ!」バリに紹介したいと思います。深夜にサービスエリアで撮った動画と稲佐の浜で撮った動画が、なかなかいい味出していると思いますので。

ところでこの写真、何をしている写真かというと、ミスターアルケミストが写経中の写真です。バスの出発後、僕がブログを更新しますね、と伝えたら、彼が何やら取り出してノートに一心不乱に書き始めたのですが、まさか写経をはじめたとは。

ロバート・コリアーの『伝説のコピーライティング実戦バイブル』を取り出しての写経です。揺れるバスの中で写経をはじめるとはなかなかすごいな、と思ったのですが、なんか書き方がパワフルなんですよね。しかも速い。

聞くと、昔はこんなに速く書くことはできなかったそうですし、書くとノートの半分とかまでに腕が痛くなって書けなくなったそうですが、今ではそんなことはないとのこと。筋トレと同じだな、と感じました。

毎日続けていると書く場所を選ばなくても書けるようになると考えていましたが、こうミスターアルケミストがそれを体現している様子をみると、やっぱり努力はいい結果を生み出すよな、と思った次第。

もちろん、レジを鳴らすコピーとか、そういったものを実現してこその写経だとは思いますが、毎日やりましょうとはいえバスの中ででもやらなければと言ってやるなんて、なかなかできることじゃない。

毎日の習慣が違いを生み出す。コレは僕が常々考えていることですが、ミスターアルケミストの行動を見ていると、これだけやるのならばやっぱりうまくいって欲しいし、後は時間かな、という予感。それだけ、毎日やり続ける人ってなかなかいないと思うので。

毎日やり続けるなら、それに足る必然性が必要。やれるということは必然性があるということ。必然性を生み出すものはコア・バリューや在り方だと考えていますから、これらもすでに内側に在る。

これを発見するのもなかなか大変なものですが、発見したらうまくいくことを考えれば、ココこそ自分と向き合うべきところなんじゃないかな、と。

実際、エライ読ませる文章を書くようになっていますし。

毎日の習慣、僕は大事だと思っています。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




初めてのスーツケース2つ持ち(ミスターアルケミストはバスで写経中)

お楽しみ様です。小野貴正です。

これから出雲大社に向かい、その後は広島経由で岡山へ。岡山空港からは上海経由でバンコクに行きます。バンコクではワイルドサイド部のタイツアーに参加です。

本来、荷物はそれほどいらないのですが、年末年始の家族訪日用に、大きなスーツケースを置いてきたほうがいいかな、と思い、今回はスーツケース2つを持っての移動です。部屋を出た時に思いましたが、これは結構な荷物だな、と。両方ゴロゴロと転がすことはできますが、結構、周りに気を使います。

現在、相模大野駅まで移動しまして、ロマンスカーを待っています。この荷物ならロマンスカーだろうと思ったものの、今ベンチに座って思うのは、このスーツケースを置くスペースってあるのかな、ってことです。

以前、新幹線のグリーン車でもスペースがなく、前の座席と膝の間にギュッと押し込んだ記憶がありますから、ロマンスカーだと通路に置くか、車両と車両の間に置く感じかな、と思います。いずれにせよ、乗客の方々に配慮しつつ、ですね。

今回の出雲大社行きはバスなのですが、この荷物を考えたらバスだよな・・・と思います。バスか飛行機でないと、スーツケースを置くスペースがないので・・・船は試したことがないので、わかりませんが。

ライティングすべきもの、確認すべきものがまだ完了していないので、どこかで書いておきたいな、チェックしておきたいな、と思うものの、どうも体力が回復しないままの状態です。いろいろとたまっている感があるので、これをクリアせねば、なのですが。バスの中では眠る予定なので、あ、ミスターアルケミストとサービスエリアで動画を撮影しようと思いますが、ひと通りやるべきことをチェックしておかなければ、かなと。

ところでロマンスカーに乗り込みました。最後部席の後ろにスーツケースを入れ、僕は指定された座席に座っています。隣では女性がお化粧をはじめました。なんかバタバタとされていたので、これからお仕事なのかもしれないな〜とか思いつつ、今日のところはこのへんで。

明日は、出雲大社から更新します。

P.S.
コア・バリューとマスタープランのアップデートは12月10日から上海で行う予定。1月30日と31日はコア・バリュー発見&自分プランニング合宿の開催が決定。ビート・ザ・コントロールする人を2016年はいっそう増やせればと思います。もちろん本人が望むならば、ですが。ところで今、ミスターアルケミストと一緒に出雲大社行きのバスに乗っているのですが、隣の席でロバート・コリアーの写経を始めました。バスで写経する人、初めてです。なんかスゲー。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




自分の夢を知る条件?

お楽しみ様です。小野貴正です。

季節の変わり目は体調を崩しやすい、と言います。僕がこの例に当たるかどうか、わからないのですが、どうも風邪をひいたみたいです。一昨日から喉が痛く、昨日はくしゃみと席、鼻水が止まらず、といったところ。熱があるかどうかはわかりませんが、ライティングはできる状態。まぁ、こういう時もあるかな、と。

昨日は新宿で11時からビーコンコーチング対面版。西新宿でミスターアルケミストと待ち合わせし、コピーに関すること、コア・バリューとマスタープランに関することを話してきました。

ちなみにミスターアルケミストとは、彼の愛読書からそのまま命名しています。「小野さん、ミスターアルケミストって以前ブログで紹介してくれましたが、あれ、誤解を招くのでは・・・」と心配されてたので、この場で命名の由来をお話しておこうかと。確かにミスター錬金術士って、まじめに考えたらスゴイインパクトがある。何者だよ?って感じ。

文字通りにGOLDを生み出すことはできずとも、誰もが錬金術士のようになれるんじゃないかな、という意味では、面白い名前だな、と個人的には思います。

さて、ミスターアルケミストとの話で役立ちそうな話を紹介します。音声は録音しているので、そのうちミスターアルケミストが紹介してくれるかも。もしくは、ビーコンマイレージサービスの交換マイル特典にするとか、ですね。昨日感じた波からすると、本質的な話だったと思うので。

簡単に言うと、夢を叶えるには夢を知る必要がある、って話です。コア・バリューの話をしている時に、そういえば夢ってコア・バリューか、それに類するもの、近いですよね、コア・バリューなしに夢ってわかりませんよね、という展開になりました。

その時、紫舟さんの「夢の途中」という個展が開催中であることを、ミスターシンクロニシティーが教えてくださったことを思い出しました。それで、ミスターアルケミストともに、紫舟さんのWEBサイトを見てみることに。

紫舟さんの「夢の途中」が何であるのかは説明を省きますが、僕は「夢の途中」というタイトルを見て、「人は誰でも夢の途中なんだと思うよ」、とミスターアルケミストに伝えます。

「でも、そもそもその夢が何なのかを知らない人が多いと思っていて」
「夢といえばいい家を買うとかいいクルマに乗るとか、いい大学に入るとか」
「他者との相対的な比較によって『よい』とされるモノを手に入れることを指していそうな気がします」
「しかし、そんな夢を追いつづけることはできないと考えていて」
「なぜなら、それを手に入れる必然性がないから」
「だから、それが叶えたいものなのに実現しないのだとしたら、自分の夢とは何なのかを知らない人が多いんじゃないかな、と」

こんな話をしました。夢という言葉の定義にもよりますが。goo辞書で調べてみると・・・

ゆめ【夢】
2 将来実現させたいと思っている事柄。「政治家になるのが―だ」「少年の頃の―がかなう」

・・・とありました。これを夢と定義してみる。将来実現させたいと思っていることを夢というなら、行動し続ける動機にはなるはずです。そして、叶えることができるはず。

でも、目標達成できない人や、3日坊主で終わってしまう人がいることを考えると、やっぱり夢を履き違えているのではないか、と。知らないのかな、と推測するわけです。

では夢を知るにはどうすればいいのか?

僕の解釈として、夢を知るにはどうすればいいかというと、自分を知ること、です。自分を知ることで初めて、自分の夢も知ることができるんじゃないかな、と。

この場合、夢というのは志とかそういうものと限りなく近い意味を帯びると思いますが。より公のため、という意味合いを帯びるというか。個人と社会って切っても切れないですから、それはそうかな、と。

だから自分を知るために、コア・バリューの発見て大事なんですよね、とう話をミスターアルケミストとした次第。コア・バリューというのは在り方とも言えるかもしれません。自分の立ち位置、この場合はコア・バリューですが、これがわからずして、自分がどこに行きたいかを考えることはできない。僕は、そんな気がします。

その後は何かピンときたので、ミスターシンクロニシティーと紫舟さんの個展に訪問。作品を前に、ああ、やっぱり夢が明確なんだな、と。荒々しさや猛々しさ、繊細さやか細さを感じながら、そう思いました。自分をご存じなんだろうな、とも。

自分を知る。すべては、ここから。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓