バンコク岡山往復で航空機手配(智頭が呼んでいる)

シンクロニシティが続く毎日を過ごしている小野貴正です。

8月30日、あなたは何をしていますか?僕は渋谷で、ワイルドサイドダンサーにメタモルフォーゼしています。

なぜワイルドサイドダンサー?それは、ミスターワイルドサイドの島田さんが「ビクンときたら行かない?」とメッセージくれたからなのですが・・・その日のDJの一人がなんとミスタージョンカールトン。

あ、いや、、、本人ではありませんが、この方が分かりやすいと思ってつい。。。で、この方がサードアイとかCash From Chaosなんていうものだから、これはビクンビクンとなるわけで。

実はココにもエライシンクロニシティがあって、最近僕は自分のことをミスターカオスと言っていたんですよね。これはもう行けってことだろうと。翌日の31日には再び茨城に行くので、3時起きですが。

そしてシンクロニシティといえば、思考と思考のはざま。これは誤解を恐れず言うと、直感で行け、という側面もあるのですが、9月にバンコクから日本に戻る飛行機を岡山着にしました。もちろん11月にバンコクに行くときも岡山発です。ついでにこれは上海経由なのですが、上海岡山間が往路だと時差の関係でわずかに「45分」くらいなのには笑いました。実質、プラス1時間ですが。

時差という概念からすると、僕らは飛行機にのることでタイムワープができるってことですね。

それでなぜ岡山?なのですが、智頭に行くためです。島田さんがシェアオフィスをオープンにしたっていうものだから、コレは部屋なし生活拠点の一つになるかも、とビクンときたわけで。しかもそばに、あのタルマーリーがある。そばに、というか隣です。

そしたらそのタイミングで、ミスターシンクロニシティからDMが届き、そのDMのひとつが脚立。

最初は「なぜ脚立?」だったのですが、リーフレットを見ているウチにコレはヤバイものが来たと前のめり。そして購入。

コレ、サイドテーブルにも椅子にもなるんです。折りたたみ式だから巨大リモワにも収納可能。9月1日からの上海とタイ行きに早速携帯します。

空港でも公園でもどこででも、コレでMacの作業スペースができるってことです。例えばですが、出雲大社の木かげでもパパっと仕事ができる。座る場所のない混雑した空港や駅でも作業するスペースを作り出せるってのは大きい。

後はソーラーパネルと蓄電用のバッテリーかな。電源を借りる必要がなければ、スタバとか行く必要はないので。

脱線しましたが、脚立も装備すれば智頭のような自然豊かなところで「森林浴ライティング」が気軽に楽しめるようになります。もう部屋にこもってライティングやる生活からはお別れ。

僕らはレジを鳴らすコピーを書く必然性があるわけですから、それが出来る環境でライティングすべきで。

というわけで、シェアオフィス→脚立→智頭に行くことにしました。それで岡山往復のチケットを購入。

もし智頭のシェアオフィスかタルマーリーで僕を見かけたら、いろいろお話しましょう。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




プロに学ぶライティング術。

お楽しみ様です。小野貴正です。

賢者舎のライブミーティングを終えて、今日は部屋にいます。昨日はライブミーティング終了後のマクドナルドアフターをした後も、久々にミスターシンクロニシティと2時ころまでご一緒。数々のシンクロニシティな話を聞いていく中で、まさにミスターシンクロニシティな人であることを確認。常に考えたり行動したりするスペースを用意しておき、その徴候をキャッチしたら動く。これがサインを捕まえるコツかということで、僕自身は仕事のやり方を変えていこうとあらためて決意。

せっかくのチャンスに気づけても、行動できなかったら気づかないも同然ですから。それに・・・「忙しい」状態だと、そのチャンスに気づける精度も高く保てないだろうな、と。

賢者舎ライブミーティングといえば、PRマーケッターの平川さんが昨日は登場。プレスリリースに始まるメディアに取り上げてもらう方法は、すぐにでも使えるんじゃないかなって感じでした。「言葉に意味なんてない」という言葉も登場し、コレにはシンクロニシティ。午前中にジョブズ会長と、ちょうどこういう話をしていたので。

さて、プロに学ぶライティング術。

プロとか売れたセールスレターの文章を学びたいなら、写経を繰り返しやればいいと思いますし、語彙を増やすために類義語辞典とか反対語辞典とかも活用するとなおいいと僕は考えています。

しかしたとえばコーチングなどでプロのレビューを受けることが出来る場合、プロのライティング術を学ぶためにはどこに着目したらいいでしょう?添削された文集そのもの?いえ、文章そのものなら添削後のテキストファイルを写経するなりすればいいはず。

僕なら、なぜその文章が出てきたのかという「脳内会話」に着目します。なぜ元の文章を変更して書き換えたのか?結果を出している人なら、何も理由がなく変更したりはしません。一見妙な文章であってもレジを鳴らすことに関係しないなら手を加えることもないでしょう。必ず変更には理由があります。そうでなければ、単に無駄な文章を増やすだけになりますから。

たとえば、万年筆を紹介するオウンドメディアの記事を作成するとします。万年筆の選び方や特徴、ブランドやインクの種類などを紹介する記事はもちろん大切です。しかしそれ以上に大切なのが、ヘッドラインにあたるタイトルとオープニング。

ここでペルソナを設定して彼らに対して語りかけることが、本文まで読ませるためには必須です。

ですからここで、添削をするプロがなぜそのヘッドラインにしたのか、なぜそのオープニングにしたのかを、脳内会話から理解することが、読ませるオウンドメディア記事を書くには必要ですし、レジを鳴らすにも必要です。

「30代のアッパー層起業家なら、万年筆を持つ動機はカッコイイとか、人からよく見られたいとかだと思うんですよね。実際、自分自身もモンブランを手にしたのは『コミュニケーションで生きるものとして必須だから』とか『カッコイイから』という理由で購入したので。だから記事は彼らの志向にそって書く。この場合は、『魅せ方』にフォーカスになるのかな・・・」

それで、出てきたオープニングはこんな感じ。

会社でもプライベートでも常に注目されている、アッパー層なら万年筆選びは外せませんよね。

しかし多くの30代若手アッパー層に確認したところ、実は初めての万年筆選びでかなり悩んだことがわかりました。

今これをご覧のあなたもたくさんある万年筆から「自分だけの1本」をどう選べばいいのかが、わからないのではないでしょうか。

初めてだけど、高級な万年筆が欲しいと思っているあなたも絶対に失敗はしたくないはずですし、何より周りをガッカリさせたくないと思っているはず。

どんなに他と違うジャケパンに身を包んでいても、胸元に刺された万年筆が100円均一ショップで買ったものだったら、ガッカリですよね?

そこで、影響力のあるアッパー層が初めて万年筆を購入する場合には、どこに注目して、どんな万年筆を買えばいいのか?についてわかりやすく紹介したいと思います。

ちなみにコレが、60代の定年退職した男性向けなら、

「今まで働いていて時間がなかったけれど、今は時間があるから・・・たとえば奥さんとか孫とか息子とかに、手紙でも書いてみようかな、なんて思っているかもしれませんよね。コレまで誕生日も満足に祝ってやれなかったけれど・・・とか手紙をしたためて、奥さんに花束を贈るとか。となると、さっきのペルソナとは違って、書き味とか手にしっくりくるとか、そういうところを重視するハズ。ペルソナが違うと、提案すべき使い方が異なるってわけです」

そして出てくるオープニングは・・・

会社勤務時代には考えられなかったことが、今では普通にできるようになっている。

忙しすぎて手紙を書く余裕などなかった時など、今や昔の話。

書斎に入り木のデスクを前に腰掛け、手に馴染む万年筆を片手に思いを巡らす。

大切な家族に向けて、手紙をしたためる。

それが60代男性のたしなみです。

そんなあなたに向けた万年筆選びのコツ。それはブランドや見た目の華やかさではありません。

手にしっくり来る材質、そして軽さ、何よりずっと使い続けたくなる愛らしさです。

これからそんなこだわりを満たす、多くの時間を一緒に過ごすことになるパートナーを探すコツを記します。

・・・こんな感じかな。この後に続く本文は、もちろんペルソナに合わして万年筆の種類やインクで顔料塗料を加えるかどうかなどを選んだほうがいいですが、基本的に同じものでも大丈夫です。

なぜならヘッドラインとオープニングで、読み手の頭のなかが「手にしっくり来る材質」となったならば、そういうものとして本文を読むようになるからです。

よくあるおばあちゃんと若い女性のだまし絵と同じ構造ですね。思い込みの力が役に立つのです。

プロにレビューして貰う機会があるなら、着目すべきはなぜその文章が出てきたのかという脳内会話です。ココを真似することができてこそ、レジを鳴らすセールスレターや読ませるオウンドメディア記事、ブログ記事を書けるようになると思います。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




内宮(ないくう)

「ヤマトヒメのご巡幸」

第十代崇神天皇の時代に疫病が蔓延し、たくさんの国民が死んでしまうという危機を迎えました。そこで、崇神天皇はアマテラス(八咫鏡のこと)をご自分が住むご店外の大和の笠縫邑にお祀りするように皇女のトヨスキイリビメに命じました。そこでアマテラスよりニニギが授かった八咫鏡は笠縫邑にお祀りし、その写しの鏡を作って、皇居にお祀りしました。

第十一代垂仁天皇の時代になると、神々の恵みを得て、天下泰平の世の中になりました。垂仁天皇はさらに神々のお祀りごとを丁重に整えようと考えて、皇女のヤマトヒメにアマテラスをお祀りするのに相応しい場所を探すように命じました。

ヤマトヒメは笠縫邑を出て、伊賀から近江、美濃などを巡って、ついに伊勢の五十鈴川の川上に適地を見つけたのでした。

ヤマトヒメが伊勢についたときに、アマテラスはヤマトヒメに「この神風の伊勢の国は、常世の浪の重浪帰する国なり。傍国の可怜国なり。この国に居らむと欲ふ」と託宣されました。こうして、伊勢の地はアマテラスの神意にかない、この時から二千年におよぶ神宮の歴史がはじまりました。

神話と伊勢『神さまのお話』より(株式会社アイブレーン発行)

20年に一度の遷宮による真新しい雰囲気が漂うなか、内宮に行ってきました。内宮とは伊勢神宮(正式には「神宮」のみで伊勢神宮を指すそうです)にある天照大御神を祀るところです。天照大御神は皇室の皇祖神、日本民族の総氏神とされています。

『日本書紀』においてはスサノオが「姉」と呼んでいることなどもあり、女神とされているとのこと。そして太陽神、です。

内宮に行って何に驚くかというと、若い人たちの多さ。そして鳥居をくぐる時に頭を下げる若い夫婦やその子どもたちの何と多いことか。

父が内宮の方に聞くと、今年は参拝客が少なくなっているとか。そんな中でも若い人たちが拝みに来ているというのは、なんか流れでもあるんだろうな、と感じます。

若い人たちに驚きつつ、さらに驚いたのは式年遷宮。

内宮でも外宮でも、定められた周期、伊勢神宮の場合は690年から20年毎に行われているのですが、簡単に言ってしまうと正宮や別宮を定期的に新しくする儀式です。正宮や別宮の隣に移転して新築するスペースが用意されており、そこに新しい正宮や別宮を建てて、古いものを取り壊す。そしてその取り壊したスペースに、小さな社(呼び名が正しいかどうか不明です)を設ける。20年後にまたその小さな社の場所に新しい正宮や別宮を建てて、神体を遷す。

コレを20年毎に690年からずっとやっているわけです。1300年以上です。コレはスゴイ。

そしてふと気づいたのですが、コレをやるおかげで、宮大工や宮司の衣服、神さまへのお供え物などの需要が生まれます。しかも内宮も外宮も多くの別宮やそれ以外にも宇治橋とか鳥居とか宝殿とか御饌殿などを有しており、これらも20年毎に造り替えられますから、常に需要を生み出すようにしているんじゃないかな、と。

老朽化したり壊れたから直すのではなく、スケジュール化してしまっている。循環させているんじゃないかな、と思いました。それで、コレはスゴイ仕組みだな、と。

式年遷宮をミスターシンクロニシティがこんなことは日本しかやっていない、と言った意味がわかってきました。

明日は外宮について記してみます。

P.S.
伊賀や五十鈴川、外宮より先に内宮に参拝したことで起こったシンクロニシティについても、機会があれば書いてみたいと思います。父も母も目を丸くするほど、不思議なことが起こったので。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




セールスレター納品後にチェックすべきポイントはココもある。

お楽しみさまです。小野貴正です。

ワイルドサイドな888のイベントは12時正午でお開きとなり、部屋に戻ってきました。24時間通しで本当にやるとは、、、ワイルドサイドのパワーには驚きです。ミスターワイルドサイド島田さんとミスターシンクロニシティ末広さんの眠らないエネルギーにもビックリでした。

僕はといえば、ソファーに座っている時とアイソレーションタンクに入っている時、そしてマインドスパをやっている時は目をつぶっていたので、完徹という感じではないみたいです。とはいえ、8月9日の朝に8月8日夜分の日課を終え(中継されていましたが、、、人前で個人的なことを思い切り読み上げるのは恥ずかしいことを知りました、、、)、先ほど8月9日の朝分の日課である腹筋とビジュアライズ、写経を終えました。それで現在、ブログを更新しているところです。

今日はこの後、書きかけのセールスレターを書き、できればもう1本ライティングし、今週の納品スケジュールを確認しておく予定です。13日早朝からは高知ですから、WIFI環境がなくても活動できるようにしておかなければ、です。

さて、888イベントで島田さんと伊藤さん、小坂さんと一緒にコピーに関する話を動画で撮ったので、その内容を共有します。

何本かあったのですが、そのうちの一つが「セールスレター納品後にチェックすべきポイント」。クリック率や成約率をみることはもちろん、クライアントさんにどの数字をチェックするべきなのかを説明したり、それを計測するシステムを持つ必要があったりということも必要ですよね、といった話をしました。伊藤さんは確か、流れをチェックして全体としてのどうパーセンテージを上げていくか、みたいな話だったかな。何かを65%くらいまで高めたこともあると言っていました。コレ、スゴイ。ちなみに小坂さんの話は聞こえなかったみたいですので、、、島田さんから動画を観せてもらったチェックしてみます。

そしてもう1つ僕が話したのは、

ペルソナ通りの人物が来たかどうかをチェックする

コレです。規模にもよりますが、僕はまず「セールスレターの効果」を見るならば、ペルソナが来るかどうか、が大事だと考えています。なぜなら、僕らのビジネス、セールスライティングというスキルはリピートありきのものだと、基本的には考えているからです。リピート、つまり良好な関係性がないと成立しない。コミュニティを作っていくイメージです。

だから、ペルソナがちゃんと来ないとセールスレターの効果としては良いかどうかわからない。コミュニティに入ることがイメージできるお客さんじゃないと、利益が出にくいので。ビジネスとしてはマズイんですよね(フロントエンドとバックエンドについて調べてみてください)。

ペルソナが来たなら、バックエンドまでの仕組みを作ればいわゆる「自動化」できますし、もしペルソナの人数が少ないなら、そもそも市場性が小さいのかもしれないという仮説をたてることもできます(検証が必要ですね)。

このペルソナが来たかどうかは島田さんも見ると言っていました。ワイルドサイドを歩こうよのメルマガで、「神宮に野球みにいかない?」とかはペルソナに向けたメッセージ、というわけです。

コレを個人的なメールでやるのではなく、全体へのメルマガでやるというのが、空気とか場作りに役立っているというのもスゴイんですけどね。

セールスレターを使ってみてチェックするべきもの。

その1つに、ペルソナが来たかどうかを加えてみるといいと思います。クライアントさんとの事実共有にもなりますし、事実を基にした提案もつくれますので。

P.S.
写真は、白金フロートセンターのアイソレーションタンク。電気つけての撮影ははじめて。なかなか、迫力あって感動。このミニマル感はやっぱり良かった。白金フロートセンターはこちら。オーナーの原田さんの本質をとらえた言葉は(経験した話でないと意味がないとかね》、必聴だと思いますよ。
http://floatcenter.jp

P.P.S.
888イベント中に、バンコクフロートセンターのオーナーさんからもメッセージを貰いました。共時性の波に乗っていますね。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




なぜ健康を目指す?(玄米食べててふと思ったこと)

https://www.facebook.com/groups/654598774675859/

第七回ワイルドサイドランチミーティング(大阪)
http://artistinnovation.net/?p=1787

お楽しみ様です。小野貴正です。

玄米食にして数週間が経ちました。と言っても、毎食玄米を食べているわけではなく、外にいたら別のものを食べますし、家にいても他のものを食べる、って感じでやっています。

とはいえ、玄米。玄米を食べるというのはかつての僕では選択肢としてなかったのですが、今では普通に食べているというのも不思議。

そもそもなんで玄米を食べるようになったかというと・・・2015年の6月1日に高城さんのトークライブにミスターシンクロニシティと一緒に行き(そういえば、ライブの音声が聞こえなかった僕のもとに書き起こし文が届いたのはビックリ。facebookのフィードが活躍してくれました)、それをきっかけに高城さんを知って興味を持ち、

『ライフパッキング』という本で玄米とごま塩が主食だと知り、コレはやってみようと考えた次第。

生活そのものをミニマル化して、スーツケースひとつでどこにでも行けるようにするというのを、僕は12年前から・・・20年前かな・・・考えていました。この時は漠然と、子どもと一緒に生活しながら世界を見て回り、仕事もするために、みたいな感じだったかな、確か。

すると高城さんはコレに近い生活をすでにしていると知り、コレは!と思ったわけです。

僕がミスターワイルドサイドに興味をもったのも、同じ理由なんですよね、そういえば。島田さんもそういう雰囲気で生活をしている感があったので。いつでも、どこにでも行ける、という。

各地を転々とするなら荷物は少ない方がいい。食べるものも最低限のものがいい。そこで、高城さんが玄米とごま塩だけを食べている、と知った。もうコレは、やってみようかな、と。

やり始めるといろいろと面白くて、つい先日は無農薬無肥料の発芽前玄米を探し、炊飯する時に水につけて発芽させて炊くようにしようとか、そんなことを調べてから購入したりしました。ごま塩も意外に美味しかったので、追加注文したり。ついでに、わかめのふりかけも買ってみたり(買いすぎたらミニマル化でないですが、、、)。

それで先ほどふと思ったわけです。なぜ玄米なのか?と。

ミニマル化といいましたが、これだけだと答えにならない。荷物は少なく、最低限のものが食べられればいい。つまりコレは、健康な身体を維持できるだけのモノがあれば、ということかな、と。

健康な身体を求めての玄米、でもあったわけです(ごま塩も健康そうなので、、、)。

すると今度は、なぜ健康を目指すんだ、となる。別に健康になりたいわけじゃないんですよね。健康の結果、何かを僕は得たいからこそ健康を目指すわけです。

たぶんそれが、

*時間と場所からの自由であったり
*子どもの成長を見続けるためであったり
*親孝行するためであったり
*家族に事業を残したり
*神社で何かをしようとしたり

かな、と。

セールスコピーを学ぶ時、動機が明確でないと、学び続けてレジを鳴らせるスキルを獲得することは難しいものです。

コレは健康を目指す場合も同じで、動機が明確であるほど、健康に向かって僕は行動し続けることができるんじゃないかな、って思います。

健康って誰もが目指しやすいものですが、実際に健康に向かって行動し続ける人って、やっぱりなかなかいないですから。

P.S.
第七回ワイルドサイドランチミーティング(大阪)
http://artistinnovation.net/?p=1787

https://www.facebook.com/groups/654598774675859/

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




前のめりになったら走れ!(人生に「仕方がない」なんてない)

お楽しみ様です。小野貴正です。

先ほどまでビーコンコーチングのオーナーさんとスカイプ。その時、健康の話になって、

「ちなみに僕は、玄米しか食べないようにしているのです」

と自信満々で語ったトコロ、、、その30分後にはセブン-イレブンに行ってセブンドーナツを3つ買ってしまったという。。。

まぁ、僕の潜在意識が前のめりだったので、美味しくいただけました。潜在意識に耳を傾けるって、大事ですよ。

コレは個人的な話なので話半分で聞いて欲しいのですが、なんとなく、「〜しかしてはならない」とか「〜でなければならない」というふうに、自分の知識や勉強の成果が生み出すもっともな意見、僕はコレを「顕在意識の声」と呼んでいるのですが、コレはファジーにとらえたほうがいいと考えています。

なぜなら、なんか詰まっちゃうから。人間は本来、ラクしたい生き物のはずなので、無理に「〜しなければ」となると逆に抵抗する力が働くものです。

食べ物も同じで、健康のために「〜しか食べないぞ!」とか「オレは絶食しなければならない」とか考えてしまうと、シンドいしストレスになりそう。

だから基本的に「オレは玄米とごま塩で高城さん風に行く」と決めても、食べたいものを食べたほうがいいんじゃないかな、って思います。そしたら、うまくバランスが取れるんじゃないかな。

実際高城さんは、会食に呼ばれたらソコの食事を楽しむと本に書いてありますし、僕の周りで健康志向な鉄人といえばミスターシンクロニシティとミスターワイルドサイドですが、この2人も基本的にその場にあるものを選んで食べるような感じです。この素材が・・・とかこの油は・・・とか考えている感じはしないです(少なくとも、それをその場で言ったりはしないんじゃないかな・・・)。

その分、ほかのところで調整している感はありますが・・・高城さんもミスターシンクロニシティもミスターワイルドサイドもエネルギーにあふれていて笑顔なので、食の方向性としては一つの正解なんじゃないかな、と思いました。

それで、食べたいものを食べるとか行きたい場所に行くとか、そういうことをする場合、多くの人は・・・

「いや、、、今はお金に余裕が無いから、、、」
「いや、、、今は会社勤めで時間が休めないから、、、」
「いや、、、本当にソコに行きたいのかちゃんと考えないと、、、」

・・・というように、理性を司る顕在意識とか、変化を好まない脳(コレも潜在意識の一つだと思います)の声を聞いてしまい、行動に移さないことってかなり経験あると思います。僕もそうだったので、コレ、よくわかる。。。

コレやりたい!と前のめりになっても、妙に「いや、それはちょっと・・・」と理性的になってしまうとか、結構ありました。

しかし、、、以前にも書きましたが、それらは変化を好まない脳の抵抗です。その脳がさも理性的に論理的に顕在意識を使って僕らにそれをやらせないように裏工作しているからこそ、「いや、それはちょっと・・・」という言葉で語りかけてくる。いわば、変化とか目標達成に至るチャンスなわけです。変化の兆候があるからこその抵抗、ですから。

往々にして、僕らにとっては「〜があるから仕方がない」なんてことは、何もなかったりします。「仕方がない」を生み出しているのは、自分自身の思考であり、幻想です。だから、「仕方がない」なんてものは、実は存在しない。

「おおぅ!」と前のめりになったら、「ゴー!」のサイン。

一塁ランナーが二塁に向かう時、「いや、それはちょっと・・・」なんて考えないですから。

P.S.
イチローが盗塁する時、「いや、それはちょっと・・・」と考えていたら、、、と想像したら、吹き出してしまいました。

P.P.S.
写真はタルマーリーと甚平を着たライターさん。WIFI使えるみたいで、MacBookAirをペチペチやっていました。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




シンクロニシティ(2015年8月1日@明治記念館)

お楽しみ様です。小野貴正です。

明治記念館で行われたメキキの会19周年記念の二次会で、ココにまさかこの人がいるとは、という方と再会。そういえばメキキの会に入ると言っていたかもと思い出しましたが、エライ律儀で素直な人だな、と。ご自身でもエライ純粋、みたいなことを言われていました、そういえば。

エイトスター・ダイヤモンドの田村社長。ご自身で話されていましたが、年齢が年齢なので、ビジネス交流会に参加するようなこともないそうで。出口光さんの会だから来ておかないとね、という感じ。しかしそのせいか、「誰も知っている人がいないから、キミがいなかったらもう帰ってるよ」と言いながら、一緒にサンドイッチとかお稲荷さんとか摘んで、1時間近く話をする機会に恵まれました。

出てくる話がまたエライ感激するような、うれしいような話で、

「キミは耳が悪い分、感覚が研ぎ澄まされているんだろうね」
「感じ方が似ているってことは、魂が近いんだろうな」
「目に見えない力が働くと、もう時間は関係ないんだよね」

・・・こんな感じ。目に見えない力、シンクロニシティを話す人って、この1年でエライ周りに増えてきましたが、僕が感じていることを言葉にしてくださるので、自分のコレまでを振り返る時間にもなりました。

ふと思い出したので、大学が同じであること、息子さんの名前の読みと、僕の次男の読みが同じであること、高知の神社で跡継ぎの話をしてくること、先日母方のお墓参りに言った話などを伝えたら、「それは喜んでいるだろうね」と。

今朝も偶然、ちょうど田村社長が明治神宮の神楽殿から本殿にお参りに行かれるときに、僕も本殿前に登場し、笑顔で「おお」と挨拶してくださいましたが、

その後控室で今日は徹夜して奉納に来たことを伝えたら、「体力あるね・・・お幾つだっけ?40歳?なんだ、若造だ」と笑われていました。40歳で若造って、70代の田村社長からしたらそうですが。。。

今思えば、サイババとかダライ・ラマとのエピソードを聞いておけば、、、と思いました。あと、シャーリー・マクレーンの話とか。息子さんの話を聞けたのはラッキーでした。責任重大な仕事を富士山のあたりで実行されているのだとか。

「ちゃんと挨拶してこよう」と言われ、出口光さんのところへ挨拶にいくことに。途中、「3人で写真を撮ろう」となり、撮ってもらったのがこの写真。早速、2人を紹介してくださったミスターシンクロニシティにメッセージを送ると、

この2人が出会ったのも2015年5月だったと教えてくださいました。僕が二人に会ったのも5月でしたから、同じタイミングで四ツ谷のエイトスター・ダイヤモンド前の初対面があったんだな、と。そして約2ヶ月後、明治記念館で再会。僕はこの間1回か2回、2人にお会いしていたのですが、3人で会うっていうのがなんかスゴイ。8月1日に。

田村社長を二次会会場で見た瞬間に、この日はなんかスゴイことが起こっている、と感じたのですが(さらにこの二次会前、ミスターワイルドサイドの東京ドームツアーに行くことに決めていたのもあります。信濃町駅から水道橋駅って10分位なので)、ミスターシンクロニシティからのメッセージを読む限り、なんか象徴的な日だったみたいです。記念日的な。詳しくはわからないので、曖昧な書き方ですが。

東京ドームに行って入場したら9回表というのもワイルドサイドだと思いましたが(しかも例により、主催のミスターワイルドサイド自身が僕より遅く到着するという面白さ)、中日の応援席側に行って感染していたら、9回裏に巨人のサカモト選手がサヨナラ打。劇的なシーンを生のプロ野球でははじめて見たかもしれません。ミスターワイルドサイドはやや残念そうでしたが(中日ファンなのです)。

ちょっと暗号みたいなブログですが、シンクロニシティの波に乗るともう早い、というよりも時空間をすっ飛ばすイメージです。

コレやりたいとかコレ欲しいとかビクンと前のめりになったら、それに従うというのがシンクロニシティの波に乗る一つの方法かもしれません。

ビクンと前のめりになったのに、「でも・・・」とか言い訳をつぶやきはじめたら、その言い訳を無視して前のめりになった自分を信じて行動する、が大事だと思いますよ。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓