リアリティ(ミスターGは本当に酒飲んだら寝るんだよ)。

現在、東新宿のアパホテルにいます。ブログを更新してから外に出て、ラーメンでも食べてこようかなと考えているのですが、東新宿って日清食品さんやスクエア・エニックスさんなど、オフィスが多いせいか、落ち着いた感じです。ちょっと歩いて歌舞伎町だなんて信じられない程の静けさ。もちろん、車とかは結構な量なわけですが、それでも西新宿並みに静かです。緑がないので、それがちょっと、という感じですが。

さて、ホテルに向かう途中で撮ったのが冒頭の写真。エネジードリンクのMonsterを無料配布するキャンペーンです。

そういえばこういう無料配布って受け取った記憶がないなぁ、とこの写真を撮ってから僕も若い子たちや中国の方々がひしめくエリアに参入し、手を伸ばしてMonsterをもらってきました。運良く、僕がもらってからすぐに品切れになったみたいなので、タイミングって大事だなぁ、と思ったり。

しかしこの無料配布って、果たして意味があるのかどうか、ちょっとわからないな、と。あ、でもこのエネジードリンクって中毒性があるとかないとか(伝聞です)聞いたことがあるので、コレ飲んだらまた買いたくなったりするのかなぁ、と。でも中国からの観光客が買っても、リピートしないよなぁ、とか考えてしまいました。

たぶんですが、相当な量を配っていたので、100配るより1万配ったほうが1%の反応率でも分子は大きくなるというような、そういう作戦なのかもしれませんね。

いずれにせよ、新宿とかならではのキャンペーンを体感できたのは収穫でした。実際に体感することほど大事なリサーチって、なかなかないでしょうから。リアリティ、なんですよね。

リアリティ。

コレが本題かついでの話か、ここまで書いてしまうと疑問なのですが、街頭配布前に自分という器クラスのメンバーで、焼き鳥か焼き豚を食べていました。

そこで話したことはさておき、あ、やっぱり本当にブログで書いていたとおりだ、と思った現象に出合います。それは何かというと、

ミスターGこと(というか僕がそう呼んでいるだけですけど)後藤さんは、お酒を飲むとその場でウトウト寝てしまう、という現象です。

結構マッチョな感じでグイグイ仕事も生活もしている人なので、お酒飲んでも「ワッハッハ!もう一杯!」みたいな豪快な感じかなぁと思ったのですが、

一杯飲んで、二杯目を飲みながら目を閉じてうつらうつらと揺れている後藤さんは、豪快というよりも繊細、男というよりは女子でした。

一緒に行動してわかることってありますよね。こういうリアリティって、コピーを書くときはもちろん、プロモーションや事業をプランニングするときにも、エライ活きてきます。

リアリティの積み重ねが、信ぴょう性というか、コピーや事業に力を与えるんだと僕は考えています。

さて、今考えていること、今書き出していることに、リアリティは本当にありますか?あるとしたら、その根拠を客観的に書き出すことができますか?もしリアリティがないとしたら、どうすればリアリティを得ることができますか?

なぜ、リアリティが大事なのですか?

常に、自分自身に問いかけてみてください。

P.S.
ミスターアルケミストがワイルドサイド賞を獲得しましたね!あ、そういえば彼はビーコンメンバーだった、と思いだし、ビーコン賞をプレゼントせねば、とここに記しておきます。まぁ、タルマーリーのパンを語る、というプレゼントなんですけどね。おめでとうございます〜

彼の受賞作品は、こちらです。
http://myasp88.com/l/u/oDCcITZDsToJdPoM

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




お客さんは2人いる(アプレンティス戦術)。

ミスターGこと後藤さんが、「借金4,700万円男の物語」を開始しましたね。今朝なんて第2話と第3話が届くほどの前のめりっぷり。個人的には勝手にキャンペーンで背中からエイヤとプレッシャーをかけた感がありますが、空気感の醸成というのは効果があるんじゃないかな、ってことで。仕事も進んでいることを、願うばかりですね。

さて、ちょうどその第2話か第3話を見ていて、アプレンティス戦術を思い出しました。お客さんは2人いる、というやつです。後藤さんのメルマガを見ていてハッとしましたが、法人間取引は「お客さんは2人いる」なんだな、と。いわゆる、B to Bもそうですね。

一般的にセールスライティングを誰かから引き受ける場合、納品先は発注元であるお客さんで、セールスレターそのものを見て行動するのはお客さんにとっての個人顧客か法人顧客になることが多いです。

僕の例でいうと、オウンドメディア記事やセールスレターなどを発注するミスターフィクサーが「お客さん」。そしてミスターフィクサーにはオウンドメディア記事やセールスレターを見て動く「お客さん」がいる。そんな感じかな。

だから、お客さんは2人いる、ということ。

セールスライティングを学ぶと「ペルソナ」とか「アバター」という概念を学びますから、セールスレターを見て動く「お客さん」についてリサーチする人は割と多い。しかし、発注元である「お客さん」をリサーチする人ってなかなかいないなぁ、というのが僕の私見。

お金の流れを考えてみれば、自分にとってのお客さんが誰なのかは一目瞭然なのですが、ココを見逃している人が多いかな、と。法人間取引を経験ある人ならばスッと入ってくると思いますが、コレを考慮してセールスレターを書いている人が少ないと感じる以上、法人間取引の経験者は少ないのかもしれませんね。

アプレンティス戦術というのは、僕がダイレクト出版のコピーライティング講座でやっていたことでして、簡単に言うと、発注者とであるダイレクト出版が求めるセールスレターを書き、かつダイレクト出版のお客さんが悩みを解決できるように書く、というもの。つまり、ダイレクト出版から選ばれるようにライティングする戦術でした。

発注者が求める雰囲気のセールスレターとかステップメールってやっぱりありますから、それを提案しないことには採用されることが難しい。特に自分自身にライティングの実績や権威性がない場合はなおさらです。関係性が構築されていれば意見もできるでしょうし、聞く耳を持ってくれるでしょうが、一般的にはなかなか難しい。特にダイレクトマーケティングをやっている会社の場合、データを重視しているはずですから、あたっているセールスレターの傾向も踏襲した方がいいと考えるはず。

もちろん提案自体を好む会社もあるでしょうが、物事には順番がありますよ、ってことで。

自分のビジネス向けに書くならまだしも、セールスレターの案件を獲得しようと思うなら、発注者のリサーチも大事。

第2話とか第3話でそんなことを学べる後藤さんのメルマガですが、興味あれば登録してみてください。たぶんステップメールになっていると思うので(違ったらスミマセン)、今から登録しても第1話から楽しめると思いますよー。

P.S.
後藤さんのメルマガ?こちらからどうぞ。
http://gotonobumasa.com/mailmagazine/

P.P.S.
写真はLicense to beatセミナーとビーコンライブセミナー@名古屋のもの。実際に採用されたレターはアプレンティス戦術により修正したものです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ミスターGをてんてこ舞いにさせようキャンペーン。

何やらミスターGが、ブログを新設したらしいんですけど・・・

冒頭画像の通り、ザイアンス効果たっぷりのトップページなんですが、読み込んでみると未投稿のページがちらほら。何でもゴールデンウィーク後には「順次アップしていきます」とのことですが・・・

面白いのはメルマガのオプトインページを用意したものの、まだ肝心要の2話目ができていないという。

なんとも笑ってしまう展開ではありませんか、みなさん。

というわけで、ゴールデンウィークを地元香川で過ごすミスターGを応援するキャンペーンと称し、メルマガに登録してプレッシャーをかけましょう。

なんでも、このゴールデンウィークはクライアントさんからの依頼でてんてこ舞いらしく・・・昨日聞いた限りでは、ステップメールが30通程度とミドルエンドとバックエンドのセールスレターが数本・・・とか言っていたような。

それ聞いた時はいいませんでしたけど、僕は明日までにセールスレター5本とWEBページ10ページのライティングなんですよね。

期間の長さを考えたら、ミスターGもまだまだマッチョさが足りないよね〜ってわけで、皆でケツを叩いてあげましょう。ミスターG、早くメルマガ2話目をお願いします、とかね。コメント欄が「2話目、はやく〜」とかであふれたら、面白いですね!

じゃあこのキャンペーンに参加したらなにか良いことあるの?

って思った方。スルドイ!

それこそミスターGがメルマガでつけてくれる特典に期待!といきたいところですが・・・サービス精神旺盛な彼のことですから、スワイプファイルとか、リクエストしたらくれるかもしれませんよ。

まぁ、このへん未確認ですが、ゴールデンウィークを地元に帰って仕事三昧なんていう、なんと贅沢なことをやっているんだけしからんというわけで、皆さんの協力を仰いでミスターGをてんてこ舞いにさせよう、って考えた次第です。

よかったら、この衝撃的なページを見てみてください〜。

手書き「金返せ」っていうのが、リアリティあっていいですよね。4,700万円の借金を抱えた男は違うな〜と。

では、皆さんの参加をお待ちしていますね!

P.S.
ちなみに、ミスターGのブログ、衝撃的なページはこちら。
http://gotonobumasa.com/mailmagazine/

ブログの更新案内はメルマガで届くんですけど・・・僕がほしいのは借金4,700万円抱えた男のストーリー、なんですよね。

P.P.S.
ミスターGって誰?という方には、こちらのビーコンインタビューをご覧ください。

(前編)
http://beatthecontrol.jp/gotonobumasa-beacon-story/

(後編)
http://beatthecontrol.jp/gotonobumasa-beacon-story-second/

P.P.P.S.
ビーコンメルマガに登録すれば、ビーコンインタビューの感想を書いてもミスターGの特典がもらえますよ。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ミスターG、後藤伸正さんのビート・ザ・コントロール後編。

ミスターGとして紹介している後藤伸正さんのビーコン秘話後編を公開します。

前編をご覧の方はご存じの通り、実は肝心要のところを撮っておらず、慌ててカメラをスタートしたので・・・出足から話がわかりにくいな〜と思われた方もいらっしゃるでしょう。

後編はそんなことなく、道頓堀の紹介から(と言ってもちょっと離れた場所にいますが)はじまり、

*後藤さんが専属的な契約を結んだ会社さんがどんな会社で、
*後藤さんはどんな立ち位置なのか。
*後藤さんがなぜ専属的な契約を結ぶに至ったのか

などを話しています。

冒頭10分の間で、

*仕事があふれるほどある会社さんと仕事が無いライターさんはなぜマッチングできないのか
*セールスレター1本15万円という幻想
*先入観が宝の山を見落としているという事実(優良クライアントもコレを使っている)

などについても話しているので、割と興味をもつ方も多いのかな、と思います。

道頓堀を時折通る通行人の方々や、観覧船のモーター音、救急車の音色とともに、後藤さんのインタビューを楽しんでもらえれば。

後藤さんの堅実というか、目の前のことに集中すれば道は開ける、身を委ねるという在り方は参考になると思います。

他にもスワイプファイルの有効なアウトプット方法とか(今すぐできる方法です)。

前編同様、メモをとりながらの視聴をオススメします。その理由は、明日わかるかもしれませんよ〜。

2年前まで野菜を配達していた八百屋さんのビート・ザ・コントロールを、お楽しみください。

P.S.
後藤さんと僕の共通点は、セールスライティングをやっているだけではありません。他にも共通点はあるのですが、それはなんでしょう?答えは・・・明日おうかがいしますね。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ミスターG、後藤伸正さんのビート・ザ・コントロール前編。

ミスターGとは以前にもブログを紹介したことのある後藤伸正さん。

現在彼は、香川を出て大阪で生活中。ある会社さんと専属的な契約を締結し、3月から来る日も来る日もライティングしているとのこと。

一体なぜ彼が専属的な契約を結べるまでになったのか?
八百屋さんをたたんでから腑抜けになっていた彼を奮い立たせた友人の一言とは?
ドラムを叩いていた頃に味わった屈辱とは一体?
しかしその屈辱を原動力に変えた彼の発想とは?(心理トリガーにもあるほど強力)
卒業文集もまともに書けなかった彼のライティングスキルアップ術とは?

大きなゴールを描くよりも今はスキルにフォーカスで淡々と依頼を引き受ける後藤さんのスタイル、ビート・ザ・コントロールし続ける考え方と行動を、書きとめながら楽しんでもらえると(未編集なので、その辺は笑ってもらえると)。

明日は後編をお届けしますね。

P.S.
何の記念だよ?と気になった方へ。3月23日はビート・ザ・コントロール株式会社の1周年でした。

P.P.S.
後編紹介後、マイルプレゼントのキャンペーンを用意しています。メルマガでの案内になるので、まだの方は以下より登録しておいてください。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




文章力は必要。文章に深みを与えるのは人生経験。そして圧倒的な行動量とミスターG。

昨日はLicense to beatのセミナーを渋谷ヒカリエのシェアオフィスMOVにて。以前、ここの会員だったのですが(会社勤めしていた時ですね)、今回はじめてミーティングルームを借りました。40インチのモニターとホワイトボードつき。部屋の感じはなかなか良くて、参加した方に聞いても「いい雰囲気ですよね」とのこと。人数にもよりますが、他のセミナールームに比べると割高なので、あまり利用する人はいないかも。ただ個人的には、「以前こちらのプランで来られていましたよね」と僕の難聴を覚えている方がいたので、これはまた使いたいな、と思った次第。少人数なら、ここかな。

さて、セミナーですが「今何時ですか」と聴いた時点で時間が経過し、スライド見たら80枚中3枚しか終わっていないという状態。延長を考え、1時間長めに予約しておいてよかったと思いました。時間管理は大事だよねと思うものの参加してくれた方が一歩動ける事のほうがエライ大事なので、今後もセミナーは延長加味して開催しようかな、と。

このセミナーでも、またミスターGとの話でも、さらに京都日々新(そのうち紹介します)との話でも、「文章力って必要ですよね」となったので、今日はちょっとそのことについて。

文章力は必要ない、という言葉はセールスライティングを学び始めた人なら一度は聞いたことがあるはず。セールスライティングはスワイプファイルを真似るものなので、文章力は不要ですよ、と。

これはある側面においてはそうなのかもしれませんが、僕から言わせると大ウソつきめ、って感じ。ダン・ケネディやジョン・カールトンだったと思いますが、「小学校6年生レベルの文章力は必要」ですよ。これを文章力が不要と捉えているなら、その人は小学校の教科書を見なおしたほうがいい。

「てにをは」などの助詞や「しかし」「そして」などの接続詞、意味段落や形式段落などは小学校で習うものだったと思いますが、これらを使えずして、それでも文章力は不要といえるのかどうか。答えは言わずもがな、なぜなら、これらを理解せずして書いた文章は読むことができないからです。

一般に、文章力があると言われている人は上記を理解することはできないかもしれません。しかし順接と逆説の接続詞を同じように使っていたり、そこでその助詞は使わないだろうというのに使ってしまう人は確かにいる。

文章力は必要ない、と言うのは「セールスライティングは魔法の杖ですよ」と言いたい人による思惑が働いてのものであり、少なくとも「小学校レベルの文章力は必要だ」と翻訳した方がいいと思います。

そして文章力の他に、文章に深みや説得力を与えるのは人生経験。人に対する興味関心はもちろんなのですが、多くを経験せずして文章を書くことなどできるはずがない。何かを購入したり自己投資したり恋愛したり歯医者行ったり整体院に通ったり。自分が書こうと思っている分野を経験することなしに、人がなるほどと頷くような文章を書けるというのは、天才か詐欺師か、どちらかなんじゃないかと思う。

とはいえ、仮に現時点においては文章力がなくても人生経験がなくても気にする必要はなく、それらはどちらも伸ばすことができるからです。

ミスターGの話を聞いていると、人生いくつになっても遅すぎるということはないし(あ、彼は若いです、僕に比べて)、圧倒的な行動量さえあれば成し遂げられないことはそうないんじゃないかって思います。

卒業文集で笑ってしまうような文章を書いていた男がどうやって専属的なセールスライティング担当となり得たのか。文章力アップの秘訣は何か。また、いかにして行動し続けることができたのか。

明日、ミスターGのビート・ザ・コントロール実話を公開しますね。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




仕事を抱える起業家や経営者が求めるライティング担当のスキル。

昨日までの話は仕事の発注側、すなわちどんな起業家や経営者と組めばいいのかというヒントを書いてきました。あとは、うまくいっている人の共通する考え方、行動の仕方も紹介していますので、何度でも読み返してみてください。

さて、ミスターG。

僕がライティングを担当しているミスターフィクサーのような人、またダイレクト出版みたいなところとミスターGは専属的な契約を交わした、ということなのですが、

じゃあ一体どんなライティングスキルが必要なんだろう、と思う人もいるかもしれません。そこでこの記事では、僕が見た限りでのライティングスキルを共有します。

何度かミスターGのセールスレターやステップメールなどをレビューして気づいたのですが、それはスワイプファイルに忠実、ということです。

僕はよく寺本さんから評されていたことが、やっぱり「スワイプファイルに忠実」でした。スワイプファイルの論理構造を理解し、それにフィットした形で書いていましたので、レジを鳴らせるセールスレターが書けていた、ということです。

ミスターGのセールスレターからもそれと似たような雰囲気を感じていて、ダイレクト出版のレターを書いたことがあるんじゃないかってくらい、あのトーンでセールスレターを書くことができます。主語述語や接続詞、助詞の使い方も大丈夫だから、読みやすい。

本人曰く、確か高校時代の卒業文集がひどすぎるらしく、とても読めたものではなかったですとのこと。それが事実だとしたら、高校時代以降に文章を学んだことになります。これはつまり、どのタイミングから学び始めても、書けるようになるという意味で、とてもいい話だな、と思いました。

ダイレクト出版のように書けるならなかなかいいライティングスキルなんじゃないか、って人は思うでしょう。しかし僕が思うに、ミスターGのクライアントはライティングスキルで専属的な契約を決めたわけではないと思います。なぜなら、ミスターGのやり取りの仕方にこそ、違いを生み出す違いというか、そういうものがあると見受けられるからです。

なんといってもそのライティングのスピード(納品期日の短さ)と、プラスアルファの期待に応える姿勢なんじゃないかな、と。プラスアルファの期待とは、3本のヘッドライン案を提出してと言われたら、4本や5本のヘッドラインを提出する、という感じのものです。こうすると、クライアントはライティング担当のやる気を感じ、もっと囲い込みたい、と思うのかもしれません。ビジネスの展開は、待ってくれませんから。形にできるライティング担当がほしいのかと。

「タダででもやる」「報酬未払いでもやる」「納期が短くてもやる」などなど、スキルにフォーカスでとにかくなんでもやったら、それはスキルアップも早いだろうと。ミスターGがやっていることは、まさにこうなんですよね。

ああ〜ちょっと身体が言うことをきかなくなってきたので、また明日。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓