メンテナンスの意味。

昨日は、アプレンティスで知り合った人物のところへ行くため、布施駅へ。

はじめて布施駅に来ましたが、打ち合わせ後に食べた店主がいうところの「昭和風のつくり」が言い得て妙でして、あの雑多な感じがいいなぁ、と一人感慨深い気分でした。

とある記事ライティングのための打ち合わせ、ということで、この手の案件であれば日比野さんだろうし、一年以上講座に来ているので仕事が細やかで連絡も取り続けることができる。

事情はともあれ、連絡が取れなくなる人もいる中で、単発の案件をお願いすることはまだしも中長期的な案件を任せるとなれば、人間性やマナー、そして仕事に対する感覚が合うかどうかは大切だと僕は考えています。

だから大丈夫ということで日比野さんを誘い、スターバックスで待ち合わせしてから移動。

その人物に会うのは3年ぶり程度でして、相変わらず元気そうですし、リピート率が高そうな方でした。

実際、記事ライティングの話ではありましたが、なぜライティングが必要なのかという話をしていたら自ずと現在の集客状況の話をしてくださいまして、

聞くと、ちょっと違うのですが整体とか接骨院とか、そういう店舗型の経営をされている方が聞いたら相当うまくいっている模様。

理念とか夢とかビジョンとか、この際言葉はなんでもいいのですが、人が聞くとこの人ならばというようなフィットした思いはある。実際に共感する人が集まり、紹介やリピートでその言葉に実体がある。そして経営もうまくいっている。

しかし、何をやるにしても手が足りていない。

やっぱり課題の本質はここにあるのかなぁ、と思いつつ、一度施術を受けてみてくださいと言われていたのと、木坂さんのパフォーマンスアップセミナーで学んだ筋膜リリースの話がちょうど合わさりまして、

まさにそういうことをやっています、普通の人でも全国クラス、世界クラスで活躍できるようにしたいのです、というようなことを言っていたのですが、その施術を受けてみることになりました。

まず立って触診みたいなことからはじまり、小野さん、このへんが圧迫されているので心配です、しびれたりしませんか?と言われ、

え、なんでわかるんですか、実は半身がしびれてたまにうごきづらかったり・・・のような話に。

なぜそういう風になるのかというと、頭が正しいポジションに乗っていない、姿勢が正しくないからだ、と、たぶんこれ、僕相当意訳していますが、そんなことを言われて筋膜リリース(たぶん)。

ポールの上に乗っかり、ゆらゆらするわけですが、力の入れ方を説明する時の感覚値が言葉になっているの、エラくわかりやすいんですよね。これ、技術的にもいける人だ、と感じました。

筋膜リリースのあと、関節の可動域が広がったこともあって、頭を正しいポジションにおいておくことができるようになってきまして、

また同時にどうお腹に力を入れるべきなのかもわかってきた感がありました。

一晩経つともとに戻るかな、と思っていたのですが、まだその姿勢のイメージは残っているようで、現在これを書いています。

整体師さんや接骨院さんのコンサルティングをする方々が、リピートは大切です、だからメンテナンスが大切であることを患者さんに教育する必要があるのです、と話しているのを聞いてきましたが、

なぜ痛みが取れたのにメンテナンスで通う必要があるのか。

そもそも本質的に治るとはどういう状態なのか。

ということには僕自身よくわかっていないところがありました。しかし昨日の施術を受けて

「メンテナンスが必要なのは、正しいポジションに頭を載せたり、姿勢を正しくし続けるためである」

というように、これが全てだとは考えていませんが、一つ言語化できたように思います。

書くなら、経験してこそですね。

身体性を伴った経験を、大切にしたいものです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




孤独のススメ(そして博多は寒い)。

今朝、博多に到着しました。

タイ時間で1時AM、日本時間では3時AMですね、バンコクから福岡に向けて飛行機が離陸し、8時ちょっと前に着陸。

昨日のバンコクは涼しいとは言いながらも日中は27度で基本は30度の都市。福岡は九州だから暖かいだろうと、勝手なイメージを持っていたのですが、到着して飛行機をでたときの第一声は寒い。

あたりを見るとダウンジャケットとかコートとか、皆さん着込んでおりまして、ジャケットを羽織るだけの僕はバンコクでも福岡でも浮いているという状態。

バンコクでジャケットは暑いし福岡でジャケットは寒い。

ファッションとは相手へのマナーである、のようなことを言われたとき、なるほどと考えておりましたが、まだまだ配慮が足らず、一歩間違えたら勘違い野郎になってしまうと反省中。

マフラーと毛糸の帽子をスーツケースから引っ張り出して、なんとか街の景色に溶け込んだかな、とホッとしています。

それで現在、博多駅前にあるスターバックスでこれを書いています。

これから小倉に移動し、島田さんと待ち合わせしてビーコンのグランドデザインを作成の続きを行うので、それまでに書いておこうかと。

昨日からメルマガで募集を開始した「ライティング実績と報酬を獲得する半日セミナー」。これは実戦で仕事として書かないとライティングスキルは伸びないだろうという僕の経験(やや主観)と、クライアントさんから依頼される主にオウンドメディア記事のライティング需要から生まれたセミナーでして、ここで取り組んでもらう課題という名の仕事は、1年間の講座として開講しているセールスライティングクラスで実際に依頼する記事内容と同じです。

ライティングを生業とする向き不向きはやってみないとわからないけれど、一本実績があれば仕事は取りやすくなるでしょうし、僕としてもクライアントさんに納品できる記事が増えるわけですから、お互いにうれしいセミナーになればと考えています。

ライティングというのは個人的に、孤独な作業だと考えておりまして、いや、仕事というのは基本的には個としての取り組みがあるわけですから、全て孤独なものなのかもしれません。

だから、ライティングをする際というのは孤独のススメと言うものを僕は推奨しておりまして、つまり他者と一緒にいることで安心しない、ということをオススメしています。

他者は実在の人のみならず、本なども含みます。

他に答えを求めたってそれはその外にいる人の答えに過ぎず、自分自身の答えではない。

結局のところ、一足飛びに何かを成し遂げるなどありえないわけですから、淡々とした反復が血肉になり、レジを鳴らすライティングスキルなり、選ばれるライティングスキルなりになる。

僕がアプレンティスで学んでいた時、寺本さん以外の言葉を聞かず、ただ量をこなしていた結果が今をつくっているわけですから、これが孤独のススメをお伝えする根拠になっています。

もちろん、仕事は他者に何かを提供することですから、他者の存在を考えない、ということではありません。

書けない時はリサーチ不足のケースがほとんどですから、そういう時は他者をリサーチする必要があるわけで。

しかし、書くときは一人で淡々と。他に逃げない。

主観ではありますが、ライティング時の心構えとして。

セミナーへの参加検討の参考になれば、幸いです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ライティングの手が止まった時こそ、インターネットから離れておきたい。

ビーコンコーチングに参加していたメンバーの、延長していた最後のスカイプセッションが本日開催。

彼は現在、7年か8年だったかな、勤め続けた会社をやめて、ライティング一本でやっていこうとしておりまして、ではどれだけ書くのかと待っていたところ、どうも手が止まってしまっているらしい。

このままだと生命の危機を迎えるという、なんとも面白い表現をしてくれたので、つい先日開催したオウンドメディア記事の書き方講座に特別参加してもらい、あらためてビーコンで発注しているオウンドメディア記事のルールや書くときの基本、またコツなどを学んでもらった次第。

交通費入れると半日で10万円近くの講座でしたから、それなりの覚悟を持って参加を決めた様子。

とはいえ、少し話してみたら、2月になったらアルバイトをすることも検討していると言うので、

「それはやめてください」

と伝達。なぜなら、それをやってしまうとライティングをいつまでたってもやらなくなるからです。それにアルバイトをやるなら、会社をやめないでライティングすればよかったとなりますからね。

実際他の参加者も、「会社をやめて後がないはずなのに、切羽詰まった感が感じられなくて・・・」と言われていましたから、対処方法と言うか逃げ道を用意しておくと、空気として伝わるもの(これが良くないというわけではありません)。

背中を押してくれた奥さんのためにも、彼にはこんな課題を提案しました。

「毎日書いて、2月末までに28本納品してください」

1月29日の講座でしから、30本とか31本でもいいのですが、最低でも28本書けば2月は毎日書いていることになります。

今日のスカイプでは毎日書いているようでしたので、このままやり続けてほしいと願いつつ。

書き方やコツ、心構えを伝えることはできても、「書きはじめる」というのは自分でやることですから。

それで、手が止まった時にどうすればいいですか、と聞いてきたので、2日前かな、リサーチ不足をチェックした方がいいですよとか、アウトプット不足をチェックして方がいいですよとか、ヒマなのでしょうからそういう時こそランニングした方がいいですよ、ただし、ライティングの締切は厳守で、などなど記事として書いた次第です。

そして今日はもう一つ。

これも見たほうがいいかなと思うのは、

「リサーチ対象から、インターネットを外しているか」

ということです。

インターネットというのは目的ありきで使われるものであり、検索キーワードを入力して使うものですから(基本はです)、

検索キーワードを想定できなければ、インターネットで記事を書くときの素材を集めることは難しい。

たとえば、心斎橋でランチ場所を探している人ならば、

「心斎橋 ランチ」

と入力するでしょうが、もし心斎橋という地名を知らなかった場合は「心斎橋 ランチ」とはGoogleなどに入力できない。

ですから、特にファッションや釣りに関しての知識や経験が豊富でない場合、そもそもファッションや釣りで登場する言葉を知らない可能性もあるわけで、

そんなライティング担当さんが、ファッションや釣りについて調べている人たちがどんな言葉で入力するのか、知るはずがないってことなんですよね(キーワードプランナーなどのツールはありますが、もっと根本的な部分、悩みを知らなければ、そもそも読まれる記事にはなりづらいと考えています)。

そこで、ファッション誌や釣りショップなどでリサーチをすることが必要になってくる。

雑誌や本、店舗などをリサーチする利点というのは、キーワードを知らずとも、眺めることができる、感じることができる、ということにあると僕は考えています。

詳しくない分野の記事を書くときほど、インターネットから離れる。

これは必ずしもこうした方がいいというものでもないですが、これで書きやすくなったという人もいます。

手が止まった時には、インターネットから離れてみる。

試してみてくださると。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




早朝のドライブには青空と雪化粧された山が似合う。そして、情熱とか熱量とか。

12月に以前お世話になった学校法人さんのオープンスキーに参加するため、今日は神奈川県の海老名・・・綾瀬かな、まぁ、そこまで行くことに。

妹に前から25日は学校まで送迎して、とお願いされていたので、今朝は妹の車に乗って勤務する中学校まで。

妹が学校に行くのを見送り、そこから自分で車を運転し、先ほど海老名駅そばまでやってきました。

この学校法人さんとの付き合いは、僕が広告営業を担当していたときだから・・・もう16年前とか15年前からになります。

最初にオープンスキーへと参加させてもらったのは結婚前だったことは覚えているのですが、ということは、8年とか9年前になるのかな・・・いや、その前にも一回参加しているか・・・

いずれにせよ、今回で参加は三回目。

以前の参加時に「来月結婚してきます」と言って以来ですので、今回は結婚報告をしに行く、という感じかな。

担当者さんとは1年前か2年前に一度飲みに誘ってもらい(僕は飲めないんですけどね)、札幌のろばた焼きの店がオススメのようで、じゃあそこで、と約束をしていたので、

来月それが2年とか3年越しに実現できることは、うれしい限りです。

さて、早朝のドライブ。

昨日雪が降ったせいか、今日の青空は一層澄んでいて、太陽の光がエラく眩しい。

しかしふと横を見ると雪化粧された山と青空の境目がくっきりしていて、これこそ早朝にドライブすることのベネフィットだよな、と思った次第。

冷たく澄んだ空気を吸い込むかのように、目から入る景色も澄んでいて、脳が冴えるようになる。

車を持っていた頃は、よく朝も夜も走らせていたように思いますが、車をもたなくなってからは何はなくとも走らせることなど当然のようにしなくなるため、

たまに父か妹に借りての運転が、とても新鮮になります。

ライティングでもなんでもそうですが、常に新鮮さを感じるように、冷たく澄んだ空気をスーッと吸って爽快な気分になるかのように、

そんな感じでできるようになると、それ自体がうれしいことになります。

家に閉じこもってリサーチしたり、図書館やシェアオフィスにこもってライティングしたりも大切ですが、それ以上に新鮮さというか、外の空気感を味わうとか、

そんなふうに動けるようになると、いっそう早く良いレターを書けるようになるものだと僕は考えているんですけど、

これに同意してくれる方がいると、うれしい。

僕らの役割は、セールスレターや記事を書くことではなく、レジを鳴らしたりアクセスを集めたり、読み込ませたりすることですから、

自分自身が熱量というか、情熱を注げるものでない限り、それは言葉を通して伝わらない。

逆もまた然りで、単にこなそうと思って書くレターや記事は、それが読み手に伝わってしまうもの。

なんかうまいけど、読まされている気がする・・・

こんな風に言われたことあるのは僕ですが、1年半程度前に言われたこの言葉も今では、よくわかるような気もします。

うまさじゃないんですよね、読まれるというのは。

現にダイレクト出版さんのスプリットランテストで勝ち続けた時は、熱量が勝因でしたから(私見ですけどね)。

P.S.
ちょうど昨日今日の『ワイルドサイドを歩こうよ』は、熱量が溢れている感じ。さすがに、本業城ドラと名乗るだけあるなぁ。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




『ワイルドサイドを歩こうよ』で気づいた驚異的事実。

昨日のブログを更新した時、智頭合宿の感想を島田さんが『ワイルドサイドを歩こうよ』で紹介してくださっていたので、

参加した6名の感想をそれぞれ、『ワイルドサイドを歩こうよ』の該当する記事からリンクを張る作業をしていたのですが、

この時おもしろい事実に気づきました。

それは

「そういえば、1つのグループでこんなに毎日ブログを更新するのってなかなかないんじゃないかな」

ってことでして・・・

自分という器クラスだけではなく、セールスライティングクラスでもブログをやっているメンバーがいることもあり、

なぜかわからないんですけど、面白くて吹き出してしまいました。

というのも

メンバーによってはメルマガをやっている人もいますし、僕も登録することもあるのですが、

たとえば、そういえば彼は最近どうだろう?と思った時、まずブログを見に行ったりするわけです。

そこで元気そうならいいですし、元気そうでないならどうしたのかなーと思う。

かと言って何かするわけではないんですけど。

そんな感じで状況確認する自分におかしくなってしまったわけで。普通はFacebookとかだと思ったので。

今回の自分という器クラスの面々も、感想とか所感とか、人によっては連載モノで智頭合宿の感想を綴っている者もおりまして、

別にブログを強制しているわけではなく(毎日書いたほうがいいですよ、とは伝えていますが。ライティングの引き出しを増やすので)、チェックをしているわけでもないですが、

おそらくですが自主的にブログを書いているグループでは日本一とかになるんじゃないかな、と思った次第。

そもそも何をもって日本一かどうかはわかりませんが、

「修行のように更新し続ける」部門で日本一とか。

個人的には日本一と言わず世界一となりたいところですが、ここまでグループとして個々人が書き続けるのもめずらしいんじゃないかな、と思い、

ちょっと書いてみた次第です。

ちなみに僕が毎日ブログを書き続けるのは、最近こそ人の役に立つものを、という意識で書いてはいますけれども、

昔も今も変わらず、ライティングを無意識で書き続けるため、ライティングの引き出しを増やすためです。

ダイレクト出版の小川さんが、毎日3,000文字だったかな、なんでもいいので書くことをノルマにしたほうが調子が良かったという話を3年前に知り(どこかに書いてあるかもしれません)、

毎日の更新に加えて1日3,333文字をノルマにしたことから、今に至ります。

たぶん平均すると1日1万文字は書いていると思いますが(最近また増えてきました)、こう書き続けていると、急遽「明日までにセールスレターをお願いします」と言われても、普通に書けるもの。

そういう意味では異様というか、変わった人たちに囲まれて、僕もライティングしたり講座運営させてもらっているんだな、と思いまして、

感謝したくなった次第。

今でも一緒に僕と過ごしているメンバーも、かつて僕と一緒に過ごしていたメンバーも、

なんというか、ブログを書くという一点では共通のコミュニケーションツールがあるというか、

あうんの呼吸が在るんじゃないかなと思っています。

そのうち、ビーコンに関わってくださる皆さんのブログを一挙に紹介したいなぁ、なんて思いつつ、

今日はこのへんで。

おやすみなさい。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




気合を誰かに伝える必要はない(ライティングでも仕事でも)。

ライティングの仕事を受けても書けない時、納期が遅れがちになっている時、人によってはクライアントに対して、

「次こそは納期内に書きます!」
「今回は書けませんでしたが、次回は期日までに今回分も書きます」
「今週は悩みがちでしたが、ようやく吹っ切れそうです。来週は書きます!」

こんなことを伝えることもあるでしょう。

伝えられるだけ、クライアントとの距離感が近いのだろうなぁ、と思いますが、しかし仮に初めてのクライアントに対してならば、こういうことを伝えるのだろうか?

おそらく、伝えないですよね(よほど図太いというか、天才というか、いい仕事をしている人なら、伝えるかもしれませんが)。

初めてのクライアントに対して言わないことならば、既存のクライアントにも言わないほうがいいと僕は考えていて、

なぜなら、仕事だからです。

そこに納期に間に合わない理由とか、悩みがちな理由とか、クライアントは知りたいとは思いません。

ただ欲しいものは、依頼した仕事という成果。トム・クルーズ主演の『エージェント』で言うと、 “Show me the money” ですね。エージェントならオレに金を見せろ、もっと多くの契約金を勝ち取れ、そんな感じでしょうか。

なぜクライアントが依頼するのか。

セールスレターや記事という成果がほしいからです。だから、これらが手に入らない理由は、いらない。ただ、成果を納品すればいいだけ。約束通り、期日までに。

僕は冒頭で書いたような言葉を「気合系の言葉」と考えているのですが、気合を誰かに伝えるときは細心の注意が必要だと考えておりまして、

なぜなら、「気合を伝えればその相手も納得してくれるだろう」、という甘えを僕は感じるからです。

「スミマセン!次こそは!」
「申し訳ございません!風邪をひきまして!」
「誠に失礼しました!台風で電車が止まりまして!」

仕事を約束通り行わない理由には、どれもならない。

だからどんなに気合が入っているように伝えても、クライアントとの関係性は良くならない。

むしろ逆じゃないかな。

ではなぜこれらの言葉が口をつくかというと、これは私見ですが、取り繕いたいからかな、自分自身を。

これまでたくさんの、こういう「気合系」の言葉を聞いてきましたが、約束が果たされた試しはほとんどない・・・たぶん、記憶では皆無です。

ああ、これは自分も含めてです。

だから、これはつまり自分自身を取り繕っているのなんだなぁと。そう気付いたわけです。

「配慮すべきは、クライアントの方を」、だと思うんだけどね・・・。

ライティングでも仕事でも何でもそうですが、必ずしもそれをやらなければならないという理由は、ほとんどの人にはないでしょう。

「オレは特別だから」

こう思って会社員など雇用される側になることを、よろしくないと考える人たちもいます。

しかし、そういう生き方をしたいならば、資格が必要です。

何者かに頼らず、甘えず、生きることに自分自身で責任を取る。

そういう資格。

だから、気合というものを伝えるべきは、自分自身に対してであり、他の誰かに伝える必要はない。

あ、会社員であっても、気合を誰かに伝えるのは違うんじゃないかな、と思うことも、残しておきます。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




視点を変える。コピーが変わる。

ビーコンの対面セッションのため、新宿へ移動。

実家最寄り駅の橋本駅までバスで向かい、橋本駅到着後は京王線で新宿へ。始発駅なので準特急の席に座れたのですが、お手洗いに行こうかどうか決めかねていたので目の前に停まっていた区間急行に乗り込み、とりあえず京王多摩センターへ。

お手洗いに行くまでもなく、このまま新宿に行ってしまおうと決め、多摩センターで準特急に乗り換え。

すでに席はほぼ満席だったので、ドアそばで立つことに。

しばらくは車内と車外の景色を眺め、特に何も考えずただジーっと見ていただけだったのですが、ふとドアに貼られていたシールに目がとまり、これはいいものを見つけたと写真を一枚。

京王線、やるなぁ、と。

日本の電車に乗ると、「戸袋に手を引き込まれないようにご注意ください」というような表記が自動ドアに貼られていますが、京王線のそれはとても秀逸でして、

子ども用の表記も用意しているのです。しかも、子どもの目線に合わせて。う〜ん、これはやられた。

子どもがこの言葉を見たらより興味を持ってしまって戸袋に手を引き込まれることもあるかもしれませんが、子どもの目線の高さにシールを貼り、言葉を子ども言葉に書き換える。

視点が変わるとメッセージが変わることの好例だな、と思いました。

男性向けなのか女性向けなのか。既婚者向けなのか独身者向けなのか。成人向けなのか未成年向けなのか。

大雑把に視点を変えるだけでも、メッセージやコピーは変わってくるはず。世代が違えば使う言葉も異なってきますし、盛り上がる話題も異なりますね。

最近、僕の周りでふつふつと盛り上がっている音楽だって、X世代もいれば、LUNA SEA世代もいる。そうそう、Xといえば、X JAPANとXは違うよ、とかね。あ、構成人員や曲が違うという意味ではなく・・・察してください。

まあ、いろいろあるわけです。

視点が変わるだけでコピーが変わるということは、市場自体も変わるということ。同じ男性向けファッションや釣りの記事を書くにしても、視点を変えるだけで新しい市場が出現したりするわけです。

読み手の役に立つような記事を書く場合、形式としても読み手に寄り添った記事を書く必要があります。

写真のような、子ども向けの言葉でメッセージを書くとかですね。

今書いている何気ない一文でさえ、視点を変えれば強烈なメッセージを生み出せる可能性持っています。これは、読み手とのコミュニケーション次第。どこまでも読み手と寄り添えるか。斜め後方から並走するイメージ。

ライティングのスキルを磨き続けていきましょう。

P.S.
写真が小さくて見えないじゃないか・・・という方のために。下のシールには「ひらくドアからてをはなしてね」と子どものイラストともに書かれています。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓