バンコクのスターバックスはシェアオフィスのようだ。

妻が言うに、今日は長男と次男を連れてお寺に行くと。なんでもブッダの日らしく、アンタがお寺に行きたくないならまあいいけどね、というようなことを言っていたので、いやいや、もちろんオレは行くよ、と回答。

そのちょっと前には土日のどちらかに映画へ行くと言っていたので、あれ映画は?と面食らっていたわけなんですが、そばにサイアム・パラゴンというデパート・・・ショッピングモールかな、まあ大きな大きな伊勢丹とか三越とか、そういうところがありまして、そこの映画館に行く、とのこと。

ああ、だったらその隣にお寺があるからそこに行くんだな、と想像したところ、そうだと。

国王陛下が崩御されて100日が経ったとかもう少しで100日だとか話していましたが、街に出ると黒い服を着ている方々が多い。

妻に言わせると、まだ喪に服しているとのことで1年間はそうしたほうがいいかな、と。

いつもタイに来て感じますが、普通に信心深いというか信仰心が厚いというか、そういうものを感じます。生活に根付いているというか、そんな感じ。

それで、お昼あたりから動き始めるようなので、それまで仕事をしようと隣のビルに移動してスターバックスへ。

以前も書いたのですが、オフィスビルにあるせいか朝のせいか、このスターバックスはとても静かでして、天井も高く落ち着いて作業をすることができます。

個人的にいいなと思うのは、音に関してタイは寛容なところでして、例えば静かなスターバックスではあるけれども横を見ると語学の個人レッスンをしている2人組もいれば目の前には4つのノートブックを広げて何やら声を掛け合って作業している4人組もいる。個人レッスンしている2人組の向こうにはノートブックを立ち上げてイヤホンを耳に入れ、誰かと電話している男性もいます。

店内に流れる音楽は僕でも聞こえる程度に大きいので、日本に比べると音に関して緩やかな感じです。これは電車のなかでもそうで、日本のように通話をご遠慮ください、ということはない。電車内の注意書きを見ると、飲食は禁止だけれども、通話は禁止されていない。

文化の違いと一括りにしては乱暴かもしれませんが、やっぱり違うよなぁ、と思います。

こと音に関してはタイの方にありがたみを感じることが多く、例えばスターバックスで打ち合わせしたり、スカイプで会話したりできるというのは、やっぱりうれしい。

タイでもWIFIが無料化され、割とどの席にも電源が完備されているので、これならシェアオフィスとか借りなくても十分に仕事はできそうですし、打ち合わせもできそう。

まだまだ、高校生のような若い世代がバンコクのスターバックスでは見られないので、うまい具合に棲み分けが進んでいる感も覚えます。

日本とそう変わらない料金ですから、タイにおける平均所得を考えると、高校生には敷居が高いだろうとは思いますが。

その土地に行ってみて、初めてわかることってあります。

本を読んだりして知るというのもいいけれど、個人的な解釈をその本に入れるよりは、実際にその場所に行ったほうが身体に染み込むし、語れることも増える。

何より、リアリティがついてきますから。

記事を書くにしても、セールスレターを書くにしても、心がけておきたいものです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




悩みにリアリティ。

那覇にいます。昨晩ふと空を見上げたら満月が近いことを知ったのですが、頭の様子は普段よりも軽い感じ。いつも割と頭痛がするので、満月が近いのにめずらしいな、と感じています。

License to beatの講座開講時は東京など開講場所にいる必要はありますが、沖縄にいても仕事の多くは行うことができるので、自分にあう土地を知ることができるというのは、そこに滞在して仕事の成果を上げていくためにもありがたいものです。

さて、ライティングに関して。

僕は、「自分をペルソナにする」という手を使うことがありまして、実際それでセールスレターにおけるビート・ザ・コントロールをし続けてきましたから、これはひとつの考え方としてありだと思っています。

厳密に言うとこれは、今ここにいる自分自身をペルソナにするというよりも、ある商品やサービスを必要とする人たちがどんな人でどんな場所にいるのかなどを知ることで、その人たちと同じ環境に入った自分をペルソナにする、というものです。

姿は僕のままだけれども、ある商品やサービスを実際に購入してうれしくなっている人の人格を僕の中に取り組むことで、その人だったらどんなことをしてもらったらうれしいだろうかを考えています。

なぜ自分自身をペルソナにするのかというと、そういう環境に置かれた時の自分自身の心の動き、悩みがわかりやすいからです。

これは私見かもしれませんが、人の悩みというものは似ています。だから、厳密にその商品を僕が購入するわけではないかもしれないけれど、僕が仮にその商品を買わざるをえない状況に身をおいているのだとしたら、その時抱えている悩みは人は違えど似ているだろう、そう考える。

実際のところはケースバイケースでしょうし、これを絶対視することはたぶんありませんが、これまで書いた成果を出しているセールスレターを思い出してみると、悩みに光を当てているんじゃないかな、と思います。

だから、そもそもその記事を読む人、その商品やサービスを購入する人の悩みってどんな悩みなのか?を知ることはとても大切。

そもそもこの悩みの設定が違っていたら、セールスレターのヘッドラインだってオープニングだって変わりますから。

書くことに慣れてくると、この最初の設定にどれだけ現実性、リアリティを持たせられるかが、売れるライティングスキルと、そうでないライティングスキルを分けることになるんじゃないかな、と思いましたので、

エラく眠くてちゃんと書けているのかは神のみぞ知るですが、ここの記しておくことにします。

だからこそ、人を知ることって大切なんですよね。身体性を伴った、知るという経験が。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




リアリティ(ミスターGは本当に酒飲んだら寝るんだよ)。

現在、東新宿のアパホテルにいます。ブログを更新してから外に出て、ラーメンでも食べてこようかなと考えているのですが、東新宿って日清食品さんやスクエア・エニックスさんなど、オフィスが多いせいか、落ち着いた感じです。ちょっと歩いて歌舞伎町だなんて信じられない程の静けさ。もちろん、車とかは結構な量なわけですが、それでも西新宿並みに静かです。緑がないので、それがちょっと、という感じですが。

さて、ホテルに向かう途中で撮ったのが冒頭の写真。エネジードリンクのMonsterを無料配布するキャンペーンです。

そういえばこういう無料配布って受け取った記憶がないなぁ、とこの写真を撮ってから僕も若い子たちや中国の方々がひしめくエリアに参入し、手を伸ばしてMonsterをもらってきました。運良く、僕がもらってからすぐに品切れになったみたいなので、タイミングって大事だなぁ、と思ったり。

しかしこの無料配布って、果たして意味があるのかどうか、ちょっとわからないな、と。あ、でもこのエネジードリンクって中毒性があるとかないとか(伝聞です)聞いたことがあるので、コレ飲んだらまた買いたくなったりするのかなぁ、と。でも中国からの観光客が買っても、リピートしないよなぁ、とか考えてしまいました。

たぶんですが、相当な量を配っていたので、100配るより1万配ったほうが1%の反応率でも分子は大きくなるというような、そういう作戦なのかもしれませんね。

いずれにせよ、新宿とかならではのキャンペーンを体感できたのは収穫でした。実際に体感することほど大事なリサーチって、なかなかないでしょうから。リアリティ、なんですよね。

リアリティ。

コレが本題かついでの話か、ここまで書いてしまうと疑問なのですが、街頭配布前に自分という器クラスのメンバーで、焼き鳥か焼き豚を食べていました。

そこで話したことはさておき、あ、やっぱり本当にブログで書いていたとおりだ、と思った現象に出合います。それは何かというと、

ミスターGこと(というか僕がそう呼んでいるだけですけど)後藤さんは、お酒を飲むとその場でウトウト寝てしまう、という現象です。

結構マッチョな感じでグイグイ仕事も生活もしている人なので、お酒飲んでも「ワッハッハ!もう一杯!」みたいな豪快な感じかなぁと思ったのですが、

一杯飲んで、二杯目を飲みながら目を閉じてうつらうつらと揺れている後藤さんは、豪快というよりも繊細、男というよりは女子でした。

一緒に行動してわかることってありますよね。こういうリアリティって、コピーを書くときはもちろん、プロモーションや事業をプランニングするときにも、エライ活きてきます。

リアリティの積み重ねが、信ぴょう性というか、コピーや事業に力を与えるんだと僕は考えています。

さて、今考えていること、今書き出していることに、リアリティは本当にありますか?あるとしたら、その根拠を客観的に書き出すことができますか?もしリアリティがないとしたら、どうすればリアリティを得ることができますか?

なぜ、リアリティが大事なのですか?

常に、自分自身に問いかけてみてください。

P.S.
ミスターアルケミストがワイルドサイド賞を獲得しましたね!あ、そういえば彼はビーコンメンバーだった、と思いだし、ビーコン賞をプレゼントせねば、とここに記しておきます。まぁ、タルマーリーのパンを語る、というプレゼントなんですけどね。おめでとうございます〜

彼の受賞作品は、こちらです。
http://myasp88.com/l/u/oDCcITZDsToJdPoM

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓