リズム、とっています?

昨晩は2つのセールスレターを書いており、寝ないで朝活に参加。朝活メンバーには恐縮ながらも、今日は10分足らずで早々に切り上げまして睡眠とって別のセールスレターへ。

朝活もそうですが、決まった時間に行う活動というのは、身体にリズムをもたらすように思います。なんか調子いいな、というときってリズムがいいときなんですけど、時間を決めて活動するとリズムが “リズム、とっています?” の続きを読む

LA LA LANDに学ぶセールスコピーのテクニック。

現在、JL707便の窓側席に乗っておりまして、たぶん時間的に台湾上空を通過したあたりだと思います。

フライト時間は残すところ3時間ほどで日本とタイの時差はマイナス2時間ですから、日本時間で1時にタイは23時、この時間に到着予定です。

機上の人になる前も機上の人になってからも周囲がすでに “LA LA LANDに学ぶセールスコピーのテクニック。” の続きを読む

課題を知る。こなす。

かねてから予約を入れていた歯医者に行くため、父に車を借りて最寄り駅まで。

京王線で渋谷まで行き、いつもより長くて丁寧で(でも痛い)歯科衛生士による歯石取りとか定期健診を受けた後、そのまま歩いて表参道経由、明治神宮へ。

後厄のお祓いの際にいただいたお神札を返納しにいくためです。

歩いているうちに、段々と雲が厚くなり、表参道ヒルズを越えたあたりから、エラい大粒の雨がぼっつんぼっつん空からおちてくる。

この分だと明治神宮も空いているだろうとニヤリと笑い、雨がますます激しくなるなかをずぶ濡れになりながら明治神宮へ。

原宿駅や明治神宮駅の屋根になっているところはエラい人だかりができておりまして、明治神宮への観光客も雨宿り中。

普段は人で一杯の参道は雨のおかげでエラく空いておりまして、すでに靴もズボンもシャツも水浸しでしたが、そのまま歩いていき、ウッカリ傘の水を外国の方にかけてしまって心のなかでスミマセンと謝りまして、手水舎のあとは神楽殿へ。

そこでお神札を返納し、一礼した後は拝殿へと向かい、お賽銭を入れて二拝二拍手一拝。昨年のお祓い以来ですから、1年ちょっとぶりの明治神宮でした。

お神札を返納して外に出ると雨足がゆるやかになっておりまして、あたりは段々と雨が上がり、雲間からは太陽が見えるように。

四ツ谷によって実家へのおみやげにたい焼きを買い、神奈川に戻ってくるとあたりはすっかり晴れ。夏のような暑さでした。

なんというか、浄化の雨、みたいな感覚を覚えます。

浄化と言えば、仕事の仕方もそうでして、これまでと同じことをやっていては、先に進めないと感じ、自分でコピーを書いたりすることを控え、別の仕事に注力するように切り替えています。まあ、なかなか進まないんですけれど、ちょっとずつ、ですね。

自分の課題がなんなのか?

課題とは問題プラス仮説とはいうものの、この問題がなんなのかを見極めることが結構難しかったりします。

例えば今売り上げが読めずにそわそわしている、ということに問題があるならば、稼げばいいとなりがちですし、手っ取り早く稼ぐなら・・・となって、コンビニでバイトするとか引越のバイトをするとかなりがちです。

しかし、そもそもその売り上げが読めない状況、というところに問題があるのだとしたら、手っ取り早く稼ぐ方法は問題の解決にならないどころかますますよろしくない状況を引き起こしかねないものです(一時は、解消するかもしれませんが)。

問題をどこにおくか、そしてその問題はどうすれば解消されるのか。そしてその主体は自分であるのか。

目の前に並んでいる課題をこなしていくことで、リズムが良くなる。電車のドアが開くタイミングと自分が電車に乗り込むタイミングが合うようになる。こういうものなのでしょうね。

そんなことを感じた、今日の外出時でした。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




セールスコピーのリズム、ペース。読み手と呼吸を合わせるということ。

マンツーマンで行っているビーコンコーチングから、僕は自分自身をより客観的に眺められるというか、より自分自身の価値を眺められるようになっています。

こう言ってしまうと恐縮なのですが、たぶん僕の話を聞く人以上に、僕自身にとっての学びになっている。

自分自身では自分を振り返ることを主観的にも客観的にも、特に客観的にはなかなかできないものだと考えているのですが、ある人から質問されることで自分自身で自分を主観的にも客観的にも見つめ、眺めざるを得なくなる。

この結果、ああ今までは無意識でやっていたのだけれども、意識的に言語化してみれば、これは再現性のあることをやっていたんだなぁ、という気付きがある。

今日、北海道の長谷川さんから「ブログに書かれていた呼吸を合わせること」について質問を受け、かいつまむとこんな回答をしました。

僕は無意識でこれをやっているのですが、リズムというかペースというか、市場、読み手と呼吸を合わせています。

野球で呼吸を合わせた話のほか、ブライダルのDVDを作成する仕事でも、「その披露宴に参加する人がどんなペースで呼吸をするのか」を想像しながら、文章を登場させるタイミングを変えていました。

無意識で呼吸をするかのように淡々と一定のペースで文章を登場させたとおもいきや、注目させたいところではリズムを0.5秒とかズラす。すると、人は「あれ、リズムが変わった」と無意識で感じるみたいで、自然と前のめりになるんですよね。

(補足:もちろん、ストーリーそのものが惹きつけられるもの、役立つものでなければなりませんが)

僕はよく、自分自身に対して書くことを勧めていますが、これは主観的に独りよがりなペルソナ設定を勧めているわけではありません。

披露宴で流すDVD映像の例で言えば、その新郎新婦の披露宴に「僕自分が参加しているかのように」想像しているわけであり、根拠の無い想像ではないのです。

これを、セールスレターを書くときにも僕は無意識で行っています。

もちろん、意識してやり続けたからこそ無意識でできるようになったわけですが、だからこそ量を書くことが必要なんですよね。

(補足:実戦で書かないと、僕の経験上は量を書いても成果が出るかどうかなんともいえません)

こう書いてしまうと、「小野さんだからできるんですよね」、という話になりがちなのですが、これは断言してもいいですけど、誰でもできます。僕がこうして長谷川さんの質問を受け、意識してこう言語化できていることからもわかるとおり、後天的に意識して身につけたからこそ、言語化することができる。本当に無意識で行う先天的なものだとしたら、僕自身言語家できない可能性もあるでしょう。

(補足:仮に先天的なものであった場合、比較検討という方法を取れば、自分の無意識を意識化して言語にすることはできるかもしれませんが)

「小野さんだからできるんですよね」というのは、こう言ってしまうと厳しい言い方かもしれないですけど、やらない言い訳に過ぎない。本当はそんなことをやる必要性、必然性がないから、やめる理由を探しているだけなんですよね。

やめる理由を探しているだけというと、人によっては「そんなことありません」と言いますけど、「そんなことありません」と言う前に、今ここの自分自身を、現在地点の自分自身を認識する必要がある。

ペルソナ設定の仕方がわからない。
どう書いていいかわからない。

セールスライティングをしていると、いろいろな疑問や質問が出てくるものですが、そのたびに「それって本当かな」と僕は考えるようにしています。

ペルソナ設定の仕方がわからない、どう書いていいかわからない、こういう疑問や質問でさえも、一歩間違えるとやらない言い訳になる。

呼吸を合わせるというのは、市場と呼吸を合わせるということ。市場をリサーチしないとならないですよね、ってことでもあるんですよね。

セールスコピー、セールスライティングを学ぶと、これはダン・ケネディとかダイレクト出版さんの功罪だと思いますが、どうしてもテクニックとか目立つ方に焦点が当たりがちです。

しかし、ダン・ケネディがなぜ今でも『スパイ・ダンケネディ・コピー』なんてものをやっているかというと、あれは写経とかブログと同じで、やり続けることが大事だということを、本人がわかっている証拠でもありますよね。僕はそう思っています。

書き手とも呼吸を合わせてみてもらえると。なぜそれをやっているのか?ですね。

フット・イン・ザ・ドア・テクニックというのも、小さいお願いをされたら大きいお願いにノーと言いにくくなることを、僕らは普段の生活から経験してるわけです。それに「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」という名詞が付加されたに過ぎない。もともと、そういうテクニックはあるわけですし、僕らはそれを経験している。

だから、テクニックを学ぶ必要はなくて、経験を思い出して言語化すればいいと思うんですよね。テクニックよりも、読みやすい文章、わかりやすい文章を書くことのほうが、よほど大事だと思います。

他にもいろいろと回答しましたが、話しながら、また聞きながら感じるのは、質問のおかげで僕は僕自身に気づくことができるということなんですよね。

そういう意味でも、人とのコミュニケーションは大事だなぁ、と。

リズム、ペース、呼吸を意識して、その人と、市場とあわせてみてくださると。

そして量を書くようにすれば、自ずと「そう成っていた」に気づくと思いますから。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓