稼げるスキルを獲得して望む人生を選択する − こんな価値観に共感するあなたへ。

タグ:主張

自分という器クラスのチャットから。

License to beatの自分という器クラスと言えば、島田さんの『ワイルドサイドを歩こうよ』にて、参加した皆さんからの感想を取り上げてもらったこともあり、 何をしようとしているクラスなのかというのは、読まれる人々の間に伝わり、そ…

詳細を見る

智頭合宿3日目(自分という器クラス)。

昨晩は早く寝る人はそうおらず、リビングというかホットカーペットがある部屋に集まり各々がライティングなど作業。 そういえば、今朝起きてみると目の前でふたりが写経しはじめまして、これが普通だと思えるようになったら、よほど特殊な世界なんだろ…

詳細を見る

智頭合宿2日目(自分という器クラス)。

お酒が響くとはこういうことか。 半ば初めての酔っぱらいを経験し、今朝は目覚めました。 License to beatの自分という器クラスに参加するメンバーは、「自分の器を広げ、深める」ことをひとつのテーマとしてので、「初めての体…

詳細を見る

ハリドワール、リシケシュ。人もバイクも牛も平等な国で考えた。

インドに来て一番最初に印象に残った言葉が、「牛も平等」というもの。 デリーでもコインバトールでもマイソールでも、牛は街の至るところにいましたし、インドにおいてはそれが当然と思うようにもなりましたが、 ふと僕が持っていた主張を思い…

詳細を見る

「主張」がないと、うまくいかない理由。

昨日の続きです。 昨日の最後に、 大切なのは、 一番大事なことを一番大事にしているかどうか 一番大事なことを一番に行うようにしているか 一番大事なことに一番時間もお金も投資しているか だと僕は考え…

詳細を見る

それは主張なのか?(自分という器クラス第三回)

昨日はLicense to beatの自分という器クラス第三回講座。 1年間を通したテーマとして、「どう生きたいのか」を認識し、それを言語化し、他者理解を得るようになる、というものがあるんだけれども、 出てくるものは主張になって…

詳細を見る

小野の頭はデカイ!は主張にならない。

バランスが取れた脳というか心というか、穏やかな状態で在り続けるためには中庸であること、両極を知ることが必要、と考えています。 思考は飛躍したがるという言葉の通り、人は割とどちらかだけに偏ってしまいがちですが、両方経験してバランスを取り…

詳細を見る

対立。形容詞を使わない理由。中庸。両極を見る。人は対立しえない。

意識しないけれども誤解がありそうなことに、主張することは対立をもたらすのではないか、というものがあると思います。ちょうど昨日のブログで、ロンサムワンさんが次のように書いてくれました。 小野さんの文章を読んでつくづくすごいな…

詳細を見る
単身赴任サラリーマンのスキルの秘密

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密
などの無料メルマガはここからどうぞ

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密